あやめ2nd

あやめ速報の姉妹サイト。 本家でまとめていないジャンルのSSをまとめます。 主なジャンル(予定):「アイドルマスター」シリーズ,「ラブライブ!」,「アイカツ!」

あやめ2ndのツイッター あやめ2ndのRSS あやめ2ndをブックマーク Facebookに投稿
ヘッドライン

◆8dLnQgHb2qlg

藍子「少女は戦乙女を目指す」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2016/11/07 20:24:51.63 ISgydyMx0 1/25


「わぁ、961プロって初めて来たけど、とっても大きいんだね。迷子になっちゃいそう。
 こんなに大きいビルを何に使ってるんだろう?」

「アイドルだけじゃなくて、他にも幅広く手掛けてるから。そのせいかも」

「藍子ちゃんは迷ってない? ちゃんと集合場所に行けるかな?」

「部屋番号を見てるから大丈夫だよ。この階の……ちょっと先にあるみたい。ほら、案内板」

「あ、ほんとだ!」

「夕美ちゃんも場所をわかってるかと思ってたんだけど……」

「そこはほら、藍子ちゃんがしっかりしてるからついて行けば大丈夫かなって♪」

「もうっ……」

「冗談だってば! 703会議室でしょ?」

「そうそう……って言ってる間に着いちゃった」

 目の前の、703号室と書かれたプレートが掛けられている扉の前で立ち止まる。
 ノックをして、そのドアを開いた。

「失礼します」

「失礼しますっ」

「藍子ちゃんに……夕美ちゃん!
 おはようございます。今日はよろしくね」

 部屋の中には美波さんが居た。椅子から立ち上がって出迎えてくれる。
 さすがに美波さんは私たちよりも先に来てたみたい。

「おはようございます。よろしくお願いしますね」

「おはようございますっ。えっと……」

「あっ、私は新田美波です。夕美ちゃんのことは藍子ちゃんからよく聞いてて、それで知ってたんだ。
 みんなよりちょっとだけ先輩になるけど、これから同じユニットで活動していくんだから気楽にしてね?」

「はいっ。よろしくお願いします、美波さん」

 2人は会うのが初めてだっけ。
 夕美ちゃんも物怖じしない性格だから、美波さんと打ち解けるのも早いと思う。


元スレ
藍子「少女は戦乙女を目指す」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478517874/

続きを読む

佐久間まゆ「運命を辿って」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2016/10/29 17:30:18.04 QJ59XVf90 1/34


 季節は春。入学式を目前に控えた休日に、私は椅子に座って高層ビル群を眺めていた。
 どこまでもコンクリートが広がる街並みを見ると、遠くに来たと実感する。
 東京に越してきて、寮に入ってからまだ数日しか経っていない。
 この街と、個性豊かな寮の住人に慣れるにはまだ少しかかりそうだ。

 微かに聞こえる足音に、視線を室内に戻す。
 部屋の中は最低限の備品しか置かれていない。どこにでもある小さな会議室だ。
 このプロダクションに来るのは二回目だが、こういう部屋だからこそ特に緊張を感じることもなかったのだろう。
 その瞬間が目前に迫りながらも、心拍に乱れはなかった。

「失礼します」

 ノックに続いて、低く落ち着いた声が聞こえてきた。一拍置いてドアが開かれる。

「申し訳ありません、お待たせしました」

「いいえ。私が早く着きすぎただけですから」

 会議室に入ってきた男性に立ち上がって返事をする。
 慣れない電車での移動のため30分は余裕をもって近くまで来ていた。
 待ち合わせまで時間を潰せる場所を探していたところで、このプロダクションの人に捕まってしまったのは誤算だった。

「初めまして、佐久間まゆです。貴方が私のプロデューサーさんですか?」

「はい。これから佐久間さんを担当いたします。不慣れな部分もありますが、よろしくお願いします」

「こちらこそ。私はアイドルのことはあまりよくわかりませんから」

 軽く挨拶を交わしながらこちらに近づいてきた。

「どうぞ、座ってください」

 机に向かい合うようにして座ると、 プロデューサーさんは鞄から資料を取り出し始めた。


元スレ
佐久間まゆ「運命を辿って」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477729817/

続きを読む

モバP「最近可愛くなりまして」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2016/08/29 12:00:16.99 wrArN0sl0 1/12


 ある休日の午後、昼食をとった後は藍子と並んでリビングのソファに座っていた。
 同棲を始めて約半年、この生活にもずいぶんと慣れてきた。

「あの、どうかしましたか?」

 結婚を半年後に控え、これまで生きてきた中で今が一番幸せだと断言できる。

「急にニヤニヤしないでくださいよ……変質者みたいですよ?」

 冷たい目で見られるのもそれはそれでい――ともかく、今の状態は順風満帆と言っていい。

「はぁ……なんとなく考えていることがわかるのが、わかってしまうのが……」

 大きくため息を吐く、高森藍子26歳。
 幸せの絶頂に居る永で、唯一の問題と言えば――

「……あなた?」

 最近、藍子が可愛くなったのだ。


元スレ
モバP「最近可愛くなりまして」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472439616/

続きを読む

見上げてごらん、夜空の星を【高森藍子】

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2016/08/15 12:01:05.50 guVNrC/80 1/14


以前の続きのようなものです。
色々とオリジナルが入っています。

表通りの喫茶店【高森藍子】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452956219/
http://ayame2nd.blog.jp/archives/5594745.html


元スレ
見上げてごらん、夜空の星を【高森藍子】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471230065/

続きを読む

表通りの喫茶店【高森藍子】

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2016/01/16 23:56:59.85 UAcmi0HA0 1/30


 藍子と結婚してもう七年。
 実家の喫茶店を継いで一人娘にも恵まれ、幸せ一杯な日々を送っている。

「おとうさん、おはよう」

「縁(ゆかり)ちゃん起こしてきましたよ」

 藍子と縁がダイニングに入ってくる。
 ちょうど、つくっていた朝食も出来上がったところだ。

「持ってくから席について。あ、藍子は手伝ってくれるか?」

「はい、今行きますね。縁ちゃんはこっちでちょっと待っててね」

 まだ眠くてフラフラしている縁を抱っこで持ち上げて椅子に座らせる。
 週末の朝の、いつもの風景だ。

「お皿とコップを運んでおけばいいですか?」

「あと、適当にジャムと飲み物も」

「はーい」

 藍子が食器棚と冷蔵庫に向かう。
 縁は大人しくしているが、暇なのか足をぶらぶらさせていた。
 常々主張していることだが……ウチの妻と娘は、世界一かわいい。


元スレ
表通りの喫茶店【高森藍子】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452956219/

続きを読む

高森藍子のゆるふわラジオ SPECIAL PARTY!

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2016/01/10 00:28:58.10 zrlHN6DR0 1/23


藍子「復讐するは我にあり!」


元スレ
高森藍子のゆるふわラジオ SPECIAL PARTY!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452353336/

続きを読む

藍子「今年の年越しは……」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2016/01/01 18:36:56.36 c6AgSt930 1/13


「すまん、遅くなった!」

 私の家の最寄り駅で待つこと二十分。
 改札からプロデューサーさんが走って出てきた。

「本当に遅いですよ。待ちくたびれちゃいました」

 今年の初詣は日付が変わる頃に行くはずだったのに。
 夜中に女の子を待たせるのは感心しない。

「いつも時間に余裕を持ちましょうって言ってるじゃないですか」

「いけるだと思ったんだよ……」

 プロデューサーさんは電車に時間ぎりぎりで乗ろうとして一本逃していた。
 この人が直前までだらだらしているのはいつものことだ。


元スレ
藍子「今年の年越しは……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451641016/

続きを読む

桃華「星降る聖夜に」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2015/12/25 20:35:57.69 g9d8+0Mb0 1/59


「あら、アナタ……わたくしを見る目つきが普通の人のソレと違ってよ」

「待ってください、怪しい者ではありませんから!」

「……ウフ、いったいナニを考えていらしたの? 教えて下さる?」

「ええと、私はこういう者で……その、アイドルをやってみませんか? きっと貴女なら素晴らしいアイドルになれるはずです。だから……」

「ふぅん、わたくしをアイドルに……それは面白そうですわね」

「はい。よかったら、この後少しお話を聞いてもらえませんか?」

「そうですわね…………興味深いお話ですが、そろそろホテルに戻る時間ですわ。それに、明朝には神戸へ帰る予定ですの」

「じゃあ……」

「そのお誘いは申し訳ございませんが、今はお受けできませんわね」

「そう、ですか」

「ですが……いつかは連絡いたしますわ」

「……わかりました。待ってます」

「ええ、よろしくお願いします。それでは、ごきげんよう」

「……あの! 貴女のお名前は?」

「あら、わたくしとしたことが。失礼いたしましたわ」

「いえ……先程名刺も渡しましたが、改めて。私はCGプロダクションの照井と申します」

「わたくしは櫻井桃華ですわ。また会う日まで、お元気で」


……………
………



続きを読む

藍子「路地裏の喫茶店」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2015/11/07 22:48:14.53 mtLigDEH0 1/29


「藍子、なにかやりたい仕事とかないか?」

「やりたいお仕事ですか?」

 プロデューサーさんにそう訊かれたのは、デビューして一ヶ月になる頃だった。
 今日は学校帰りに軽くレッスンをした後、事務所に寄っていた。
 そんなに広くはない事務所だけど、なんとなく居心地がいいから暇なときに雑誌を読んだりしている。

「人気が出てからじゃないとできない仕事も多いけど、逆に今じゃないとできない仕事もあるからな。どうしてもこれをしておきたいってことがあるのか訊いておこうと思って」

「そういうことでしたか。やりたいことかぁ……」

 改めて考えてみると、けっこう難しい。
 だけど、言うだけならタダなんだから、なにも考えずにやりたいことを言っちゃおうかな。

「例えば……みんなでお散歩したり、とか?」

「んー、参加者との区別が付けにくいか。となると、どこかを貸切にするかスタッフを増やすか……ちょっと難しいかな」

 場所が広いといろいろと問題も出てくるみたい。
 やってることはお仕事だもんね。

「えーと、じゃあ……カフェでファンのみなさんとお話するとかどうですか? 私がウェイトレスさんをしたり、ちょっとだけ歌ったりして」

「なるほどね……」

 座席数も決まってるし、室内だからどうかな?

「でも、これもお店に迷惑かけちゃうかも? あとは……」

「いや、いけるかも。というか、いいなそれ。採用」

「え?」

 企画が通っちゃった?
 ……あんなに軽いノリで?


元スレ
藍子「路地裏の喫茶店」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446904094/

続きを読む

きらり「きらりんルームにご招待☆」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2015/11/03 21:49:21.52 2PG4W3x40 1/14


きらり「いらっしゃーい☆」

藍子「おじゃまします」

きらり「きらりの部屋は二階だから、先に行っておいて?」

藍子「はい。ええと、部屋の場所は……」

きらり「大丈夫! ドアを見たらすぐわかるから☆」

藍子「わかりました。先に行っておきますね」


元スレ
きらり「きらりんルームにご招待☆」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446554961/

続きを読む

藍子「茜色に染まる帰り道」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2015/07/25 00:59:54.19 qmzFL8mx0 1/27


 まだ空が青い時間に、寄り道をしようと思った。


元スレ
藍子「茜色に染まる帰り道」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437753584/

続きを読む

高森藍子「アニベルセル」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2015/07/25 00:00:34.67 qmzFL8mx0 1/16


 今日、私は結婚する。
 少しの不安と、大きな期待を持って。
 きっと、幸せになれると思う。


元スレ
高森藍子「アニベルセル」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437750024/

続きを読む

モバP「藍子と新婚生活」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2015/04/28 18:26:24.60 egOwf1EG0 1/37


 朝起きると、妻の顔が目の前にあった。
 結婚して数ヶ月。触れるか触れないかの距離で寝ていることはけっこうあったりする。
 もう驚くことはないけれど、不意にこの距離で顔を見ると少しドキッとしてしまう。

「ん~……すぅ……」

 出会った頃からずいぶん大人っぽくなったが、優しく柔らかい雰囲気は今も変わらない。
 性格はずっと変わらないまま。むしろ一緒に居ると以前より色々な表情を見る。
 まあつまり、なにが言いたいかというと……うちの妻は、世界一かわいい。


元スレ
モバP「藍子と新婚生活」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430213174/

続きを読む

モバP「王道アイドル」

1 : 以下、名... - 2015/03/31 23:58:51.85 RQCj21bf0 1/23


「天海春香と対決、ですか?」

 Aランクアイドルとのライブ。
 その企画を説明したときのちひろさんの反応は、随分呆れたようだった。

「やっぱり賛成できませんか」

「だって、以前その話を潰したのはあなたじゃないですか。どうして今更……」

 あのときは引っ掻き回して潰したから、再戦すると言って素直に認めてはもらえないか。
 だけど、

「これ、卯月から言い出したことなんです」

「卯月ちゃんが……?」

 俺としては、今しておきたいという卯月の想いは理解できる。

「それで、チーフ。当然認めていただけますよね?」

 この場にいたもう一人に話を振る。

「貴様がそう言うからには、勝算はあるんだろうな?」

「いいえ、まったくありませんね」

 そう言うと、チーフまで呆れたような顔をした。
 これ、大丈夫なんだろうか……


元スレ
モバP「王道アイドル」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427813931/

続きを読む

みく「世話焼き」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2015/03/28 23:56:33.71 rDJaPVTu0 1/24


みく「ただいま」

まゆ「おかえりなさい」

みく「疲れたぁ……ってなんでいるにゃ!?」

まゆ「だって、合鍵返せって言われてませんから」

みく「う、それはそうだけど……」

まゆ「そんなことより、今日はしょうが焼きですよぉ?」

みく「ホント? じゃなくて、勝手に入っていいとは言ってないの!」

まゆ「だってみくちゃんは食堂閉まってたら、ほっといたらスーパーのお惣菜で済ませてしまうじゃないですか」

みく「みくだって料理くらいできるにゃ!」

まゆ「面倒だからってしないくせに」


続きを読む

藍子「九度目のバレンタイン」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg - 2015/03/17 17:46:27.08 cySpEggZ0 1/37


 私が大学を卒業して、アイドルを引退してから、もうすぐ二年が経つ。
 この喫茶店で働き始めてからは、二年半。
 アイドルを引退してから次にやりたいことが見つかるまでの間のお仕事として始めたけれど、このお仕事は私に合っていたみたいだ。
 今ではウェイトレスだけではなく、料理やお菓子作りの勉強もしてお店に出したりもしている。

「こんにちはー!」

「いらっしゃいませっ、未央ちゃん」

 この喫茶店のちょっと変わったところといえば、よくCGプロのみんながお客さんとしてやってくることだ。
 私が働き始めてからは何度も訪れる人もいる。

「ご注文が決まりましたら、お呼びください」

「もう決まってるよ。チーズケーキひとつとオレンジジュースひとつと、あとはあーちゃんひとつ!」

「チーズケーキがおひとつとオレンジジュースがおひとつですね。私は……おばさん?」

「未央ちゃんもちょっと久しぶりだからね。藍子ちゃんも休憩してきなさい」

「ありがとうございますっ。少々お待ちください、未央ちゃん」

 エプロンを外しにいったん裏へ。
 みんながお客さんで来ると、たまに私も休憩をもらってお話をすることがある。
 あまり忙しくないときだけだけど、ちょっと多く休憩をもらってるから申し訳ない気持はある。


元スレ
藍子「九度目のバレンタイン」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426581986/

続きを読む

藍子「一度目のバレンタイン」

1 : 以下、名... - 2015/02/16 11:28:48.01 HRAttITz0 1/9


「お疲れ様です、Pさん」

「おう、お疲れ様、藍子」

 私がデビューしてもうすぐ一年。
 去年は無我夢中で走り抜けてきたけど、ようやく落ち着いてきた。

「もう6時ですよ。まだお仕事してたんですか?」

「今度の藍子の単独イベントのだ」

 私も今では単独でそこそこ大きなイベントをできるようになった。
 活動一年以内の新人アイドルとしては成功した方だと思う。

「たぶん変更はないだろうから、先に伝えておくか。会場は500人、3回公演だ。だいたい最初の予定通りだ」

「ありがとうございます。わがままを聞いてもらって……」

「確かに人数は少ないけど、藍子はこういう方向性だから。企画を通すのはそこまで難しくなかったよ」

 今回は、少人数のトーク中心のイベントだ。
 本当はもっと大きな会場でライブをした方がいいれけど、よくこういったイベントをさせてもらっている。

「ファンも大きい会場でやって欲しいけどこの雰囲気を壊したくないってな。毎回アンケートで葛藤が伝わってくるよ」

「じゃあ、たまにはこういうのもいいですよね?」

「たまには、な。その分大きい仕事もしてもらうからな」

「はいっ」


元スレ
藍子「一度目のバレンタイン」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424053727/

続きを読む

高森藍子のゆるふわラジオ第3回

1 : 以下、名... - 2015/01/23 23:05:36.55 INOPFi1C0 1/22


藍子「『高森藍子のゆるふわラジオ』のお時間です」

藍子「みなさん、こんにちは。高森藍子です」

藍子「今週も『ゆるふわラジオ』のお時間がやってきました」

藍子「この番組は、アイドル高森藍子が、リスナーのみなさんと一緒に日常の小さな幸せを発見していくラジオ番組です」

藍子「この番組はネット配信ラジオで、映像付きとなっています」

藍子「今回が第3回です」

藍子「緊張もなくなってきて、楽しくなってきました」


元スレ
高森藍子のゆるふわラジオ第3回
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422021936/

続きを読む

高森藍子のゆるふわラジオ第2回

1 : 以下、名... - 2015/01/16 20:10:10.94 Pcweh6lW0 1/24


藍子「『高森藍子のゆるふわラジオ』のお時間です」

藍子「みなさん、こんにちは。高森藍子です」

藍子「この番組は、アイドル高森藍子が、リスナーのみなさんと一緒に日常の小さな幸せを発見していくラジオ番組です」

藍子「この番組はネット配信ラジオで、映像付きとなっています」

藍子「無事第2回の放送を迎えることが出来ました」

藍子「一週間お元気でしたか?」


元スレ
高森藍子のゆるふわラジオ第2回
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421406610/

続きを読む

高森藍子のゆるふわラジオ

1 : 以下、名... - 2015/01/10 21:23:20.00 MyfY9B+10 1/27

藍子「『高森藍子のゆるふわラジオ』のお時間です」

藍子「みなさん、こんにちは。高森藍子です」

藍子「この番組は、アイドル高森藍子が、リスナーのみなさんと一緒に日常の小さな幸せを発見していくラジオ番組です」

藍子「この番組はネット配信ラジオで、映像付きとなっています」

藍子「今回が第1回の放送です。ファンのみなさんはお久しぶりです。初めての方は初めまして」

藍子「私はCGプロダクション所属のアイドル、高森藍子です」

藍子「普段はモデルを中心にお仕事をしていますが、この番組で初めてパーソナリティーを務めさせていただけることになりました」

藍子「まだまだ拙いですが、リスナーのみなさんと楽しい時間を過ごしたいと思いますので、よろしくお願いします」


元スレ
高森藍子のゆるふわラジオ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420892590/

続きを読む
最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク