1 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:13:11.62 x8Ez3Ozi0 1/101

―――朝、美嘉の部屋


莉嘉「……入れ替わってるね」

美嘉「……そうだよね」

莉嘉「あんたが莉嘉でいいんでしょ?」

美嘉「うん」

莉嘉「何でこんな事に……」

美嘉「うーん、アタシが夜にお姉ちゃんのベッドに潜り込んでー、朝起きたらこうなってたみたい」

莉嘉「勝手に部屋入るのやめなさいっていつも言ってるでしょ!」

元スレ
城ヶ崎美嘉「これ入れ替わってるー!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391101991/

2 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:14:13.65 x8Ez3Ozi0 2/101

美嘉「でもさお姉ちゃん」

莉嘉「ん?」

美嘉「今アタシの体はお姉ちゃんの体でしょ?」

莉嘉「うん」

美嘉「てことは今ここはアタシの部屋で」

莉嘉「うん」

美嘉「勝手に部屋に入ったのはお姉ちゃんという事に」

莉嘉「ならない」

美嘉「ならないよねー」

3 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:14:43.59 x8Ez3Ozi0 3/101

莉嘉「実際どうすんのこれ」

美嘉「アタシ今日お仕事あるよ?」

莉嘉「アタシもあんのよねー……」

美嘉「Pくんに言う?」

莉嘉「やっぱりそれがいいかなあ」

美嘉「……」

莉嘉「……あっ」

美嘉「?」

4 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:15:19.55 x8Ez3Ozi0 4/101

莉嘉「今日の莉嘉の仕事って何?」

美嘉「えーっとね、朝から出発で巴ちゃんとか麗奈ちゃんとか光ちゃんとかと撮影するんだって」

莉嘉「……」

美嘉「お姉ちゃん?」

莉嘉「やっぱり、黙ってよう」

美嘉「え!?なんで!?」

莉嘉「いやほら、プロデューサーにも余計な迷惑かけたくないしさ?アタシ達なら入れ替わっても何とかなるでしょ」

美嘉「えー……でも、お姉ちゃんの仕事は……」

莉嘉「今日はアタシも撮影だけだし、プロデューサーが一緒だから心配ないよ」

5 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:15:49.44 x8Ez3Ozi0 5/101

美嘉「うーん、お姉ちゃんがそう言うならいいけど。Pくんとも一緒にいられるしねっ☆」

莉嘉「あんまり迷惑かけちゃダメだからね?」

美嘉「はいはーい」

莉嘉「それじゃあご飯食べて準備しよっか。どっちも仕事は朝からみたいだし」

美嘉「メイクは?」

莉嘉「薄めでいいよ、向こうでやってもらうらしいから」

6 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:16:35.93 x8Ez3Ozi0 6/101

・・・・


「迎えきたよ」ビープ

美嘉「Pく…プロデューサー待ってたよー!」

「じゃあ美嘉は車乗って、莉嘉はこの後ちひろさんが迎えに来るから」

莉嘉「了解★」

美嘉「じゃあ先行くねー!」

莉嘉「気をつけてね!」

7 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:17:34.73 x8Ez3Ozi0 7/101

・・・・


莉嘉「……ふっ」

莉嘉「ふっふっふっふ……」

莉嘉「フヒヒヒ!」

莉嘉「入れ替わりという事態を飲み込むには若干時間がかかったけど!」

莉嘉「結果的に良い方に運んでるね★」

莉嘉「巴ちゃんと光ちゃんと麗奈ちゃんかー……」

莉嘉「年齢よりもちっちゃい感じで可愛いんだよねぇ~~」

莉嘉「グフフフ……」

ちひろ「莉嘉ちゃん?どうしたのそんな邪悪な顔して」

莉嘉「ハッ!いつからそこに!?」


8 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:18:08.26 x8Ez3Ozi0 8/101

ちひろ「いや、今来た所だけど……なんか今みりあちゃんを性的な目で見つめる美嘉ちゃんみたいな顔してたわよ?」

莉嘉「性的じゃないから!!庇護欲だから!!」

ちひろ「増々どうしたの」

莉嘉「あ、いや、何でもないから!大丈夫!大丈夫だよ!」

ちひろ「ならいいけど……とりあえず車乗ってね」

莉嘉「はーい★」

ちひろ「麗奈ちゃんと光ちゃんを寮で拾って、巴ちゃんは事務所で待ってるみたいだから、そこから仕事に行くね」

莉嘉「分かりました!」

9 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:18:44.64 x8Ez3Ozi0 9/101

・・・・

――Pの車内


美嘉「今日どんな撮影?水着?」

「前言っただろ、『フワフワ感がポイント!オシャレカワイイ冬コーデ』ってコンセプトの企画だよ」

美嘉「今の『フワフワ感~』まで言わなきゃダメだったの?」

「ポイント!とか言ってるしまあ」

美嘉「そういうのって口に出すとアレだね」

「まあ俺も無いなとは思ったけど……ん、もう着くぞ」

美嘉「スタジオ撮影?」

「うん」

10 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:19:37.41 x8Ez3Ozi0 10/101

・・・・


「本日はよろしくお願いします」

美嘉「お願いしまーす☆」

スタッフ「はい!お願いします!」

「予定は」

スタッフ「簡単な打ち合わせの後メイクして着替えて撮影です!フィッティングルームはあちらに――」

美嘉「今日はPくん一緒にいてくれるんでしょ?」

「そうだよ」

11 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:20:06.67 x8Ez3Ozi0 11/101

・・・・


カメラマン「その表情いいねえ!!」パシャッ

カメラマン「そのあどけない感じ!!」パシャッ

カメラマン「まるで大人の顔に子供の純粋さが乗り移ったような!!」パシャッ

カメラマン「可愛い!!最高だ!!」パシャッ

カメラマン「そこで少しアンニュイな感じ出してみよっか!!」パシャッ

カメラマン「そうそれ!!いいねえ!!」パシャツ

カメラマン「オジサンもうなんか興奮してき――」

「あの、美嘉がちょっと引いてるんで」

12 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:21:03.80 x8Ez3Ozi0 12/101

―――撮影終了後


スタッフ「お疲れ様です、できあがった写真を明日にでも送るので確認をお願いします」

「はい、ありがとうございます。ところで美嘉はまだ着替えの途中ですか?」

スタッフ「そうみたいですね、でももうすぐ……あっ、丁度出てきましたよ」

美嘉「Pく~ん!!」

スタッフ「とっても元気がよくて……プロデューサーさん?」

「やめろ美嘉!!それ以上近づくんじゃ……」

美嘉「アタシ頑張ったよ~~☆」

「よせ!!!」

美嘉「いつもみたくギュッってし――」ギュッ

「うおああああああああああ!!!!」ブン

美嘉「グヘァ!!」ビターン

スタッフ「ああ!!プロデューサーが急に抱きついてきた美嘉ちゃんにその勢いを利用して見事な一本背負いを!!?」

13 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 02:22:16.09 x8Ez3Ozi0 13/101

・・・・


美嘉「グスッ……Pくんの事なんて嫌い……」

「悪かったよ……でも前に説明しただろう」

美嘉「説明って何さ……」

ブブブブ

美嘉「あ、メール」


From:お姉ちゃん
Sub:気を付けて
――――――――――――――――
プロデューサーは14歳あたりよ
りも年上の女の人に触られると反
射的に投げ飛ばす習性があるから

莉嘉はセーフだけどアタシの体で
触っちゃうと大変だよ

――――――――――――――――


美嘉「忠告が遅いよ!!」

「あれ、美嘉その携帯って莉嘉のじゃないのか?」

美嘉「うるさい!!」

20 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:36:00.27 dIJkvFAw0 14/101

―――別のスタジオ、撮影終了後


「どうしたんだ莉嘉、誰かにメールをしてるのか!?」

莉嘉「ああうん、ちょっとね」

「む、莉嘉の携帯はそんな色じゃったかのう」

麗奈「それアンタのお姉ちゃんのじゃないの?」

莉嘉「ああ、いや、気のせいじゃない?」

「そうじゃったか」

莉嘉「んもうアタシのケータイの色まで気にかけてくれる巴ちゃんってば可愛い★」ダキッ

「うわっ!よさんか!!」

麗奈「今日のアンタやたらボディタッチ多いわね…」

「撮影中も美嘉お姉さんみたいに鼻息が荒かったぞ!」

21 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:36:39.13 dIJkvFAw0 15/101

ガチャ

スタッフ「次インタビューですんで!着替え済ませた方からお願いします!」

「おう、やっとこのフリフリから解放されるんじゃな」

「何を言ってるんだ!?衣装を見て一番ウキウキしてたのは巴じゃなかったのか!?」

麗奈「素直じゃないわねえ、これだから照れ屋さんは」

莉嘉「フリフリ似合ってたよ」

「貴様らは黙っとけ!!麗奈!貴様は覚悟せえ!!」

麗奈「何でアタシだけなのよ!!!」

22 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:37:27.56 dIJkvFAw0 16/101

スタッフ「インタビューは全員別室で受けてもらうので、お友達の前では言えない事も赤裸々に語っちゃってくださいね」

「それは楽しみだな!!」

莉嘉「みんなと一緒にいれないのか~」

麗奈「雑誌見たら何言ったかバレるじゃないのよ」

「言われてみればそうじゃな」

「確かに!やっぱりレイナは頭がいいな!!」

麗奈「アンタがバカすぎんのよ!」

莉嘉(光ちゃんに褒められてちょっと照れてる麗奈ちゃんめっちゃ可愛い)

23 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:38:06.20 dIJkvFAw0 17/101

Q1.今日の撮影の感想は?


莉嘉「サイコー……だったよ★」


麗奈「別に余裕だったわ」


「麗奈が緊張してたのが可愛かったぞ!」


「慣れん服装で大変じゃった」

24 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:47:48.01 dIJkvFAw0 18/101

Q2.次はどんな衣装で撮影がしてみたい?


莉嘉「今日みたいなのがいい!もっと小っちゃい娘も呼んで!!」


麗奈「アタシの魅力が伝わるなら何でもいいわ!!」


「ヒーローみたいなのがいいな!」


「和装かのう」

25 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:48:22.32 dIJkvFAw0 19/101

Q3.最近ハマッている事は?


莉嘉「プリクラ★」


麗奈「年上にイタズラする事ね」


「ヒーローアニメの後にある女の子のアニメを見る事かな!意外と面白いぞ!」


「他のアイドルの歌を聴く事じゃろうか。昔は演歌ばかり聴いとったから新鮮じゃ」

26 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:49:07.15 dIJkvFAw0 20/101

Q4.最近の悩みは?


莉嘉「みんなが可愛すぎる事!」


麗奈「いい子ちゃんのバカが口やかましいのよね。光の事よ」


「もっと女の子らしくしないといけないのかな……なんてたまに思うんだ」


「同じ事務所におる阿呆に世話を焼かされる事じゃな。そいつはもう二十歳なんじゃが欠片も女っ気が無くてのう、普段から野球ばっかり見てるだらしない奴で……(以下略)」

27 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:49:38.10 dIJkvFAw0 21/101

Q5.最近一番怖かった事は?


莉嘉「今朝あったけど内緒!」


麗奈「着替えの時の莉嘉の視線」


「着替えの時の莉嘉の視線」


「着替えの時の莉嘉の視線」

28 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:51:12.80 dIJkvFAw0 22/101

―――インタビュー終了後、ちひろの車内


ちひろ「みんな撮影お疲れ様、どうだった?」

莉嘉「楽しかったよ!フヒヒ★」

ちひろ「それなら良かったわ。このまま事務所まで送っていく?」

「いや、この後みんなで遊びに行きたいな!」

麗奈「ハァ!?」

莉嘉「それいい!!」

「まあお前らが行く言うなら、ウチはええぞ」

29 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:51:56.35 dIJkvFAw0 23/101

「レイナも行くよね!?」

麗奈「ま、まあ、行ってやってもいいわ。アタシの優しさに感謝しなさい!」

「なんじゃ素直じゃないのう」

麗奈「巴にだけは言われたくないわよ!!」

莉嘉「どこ行く?みんなお金あるならデパートとか行きたいな★」

ちひろ「デパートなら近くにあるわね。みんなそこでいい?」

「うん!」

30 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:52:41.20 dIJkvFAw0 24/101

・・・・


ちひろ「じゃあここで降ろすけど、あんまり遅くなっちゃだめよ?それと迷子になったらすぐ連絡する事」

麗奈「小学生じゃないんだから大丈夫よ」

ちひろ「大人からしたらあんまり変わらないのよ」

「心配してくれるなんてやっぱりちひろさんは優しいな!」

ちひろ「ごめんね?本当は付いて行ってあげたいんだけどこの後も仕事があるの」

「大丈夫じゃ。何かあったらウチのもんが飛んでくるからな」

莉嘉「じゃあ行ってきます★」

ちひろ「楽しんできてね」

31 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:54:36.68 dIJkvFAw0 25/101

―――事務所


美嘉「背中が痛いよぉ清良さ~ん……」

清良「あらあらお帰りなさい」

美嘉「プロデューサーに投げられたんだよ?思いっきり」

清良「うっかり触っちゃった?気をつけなきゃだめよ?」

美嘉「うう……」

清良「はい背中見せて、湿布貼っておくわね」

32 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:55:13.46 dIJkvFAw0 26/101

美嘉「ねえ清良さん」

清良「なあに?」

美嘉「投げ飛ばされる年齢に境目ってあるの?」

清良「明確な境目はないわねえ、基本的に15歳以上の娘は投げられるわ」

美嘉「小さい子ならセーフってこと?」

清良「そうね、たとえば15歳の輝子ちゃんはセーフだけど14歳のナターリアちゃんは駄目だったわね。あと若葉ちゃんは何故かセーフ」

美嘉「若葉ちゃん羨ましい」

清良「本人は複雑みたいだけど」

33 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:55:57.69 dIJkvFAw0 27/101

清良「私も一つ質問してもいいかしら?」

美嘉「なあに?」




清良「あなた誰?」




美嘉「へ?」

34 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 10:58:00.99 dIJkvFAw0 28/101

清良「最初にプロデューサーに投げられたのは美嘉ちゃんよ」

清良「それ以来美嘉ちゃんが中心になって色々試したわ」

清良「その美嘉ちゃんが今のような質問をするのはあまりのも不自然」

清良「別の誰かの人格が乗り移ってるのかしら?」

清良「それでいて挙動は美嘉ちゃんにそっくり」

清良「つまりあなたの正体は城ヶ崎莉嘉ちゃん、そんな所かしら」

美嘉「なっ……」

美嘉「なんで人格入れ替わりが当然みたいな話に……」

清良「ナース時代に同じ症状で病院を訪れたアイドルを看たのよね、守秘義務があるからそれ以上は内緒だけど」

35 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:00:18.76 dIJkvFAw0 29/101

・・・・


美嘉「とまあこんな感じで……」

清良「プロデューサーに相談は?」

美嘉「お姉ちゃんが黙っとこうって言ったから」

清良「あらあら、美嘉ちゃんが」

美嘉「アタシ達どうなっちゃうの?」

清良「とにかく元に戻さないといけないわねえ。まあアナクロな方法を試すとすれば頭をぶつけ合うとか」

美嘉「お姉ちゃんが帰ってくるのを待つしかないね……」

36 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:01:03.05 dIJkvFAw0 30/101

清良「まっ、思い悩んでもしょうがないわ。美嘉ちゃんにだって考えがあるんだろうし」

美嘉「そうかなあ」

清良「莉嘉ちゃんもせっかくだし遊んでらっしゃい。高校生にしかできない事を今だけ経験できるのよ?」

美嘉「それは楽しそうかも☆」

清良「もうすぐ卯月ちゃん達が帰ってくる筈よ」

美嘉「じゃあ遊びに誘おうっと!」

清良「楽しんできてね」

美嘉「清良さんは?」

清良「夜に千夏と飲みに行くからエネルギー充電中♪」

37 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:01:48.74 dIJkvFAw0 31/101

・・・・


美嘉(清良さんの言う通りなのかな?)

美嘉(そうだよね、お姉ちゃんも考え無しに黙っとこうなんて言わないよね)

美嘉(でもなんで黙っておこうだなんて言ったんだろう)

美嘉(……)

美嘉(か、考える必要なんて無いよね!)

美嘉(お姉ちゃんなら大丈夫!きっと!大丈夫だから!)

美嘉(大丈夫でいて……)

38 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:02:52.01 dIJkvFAw0 32/101

―――デパート屋上


「ちょっ、莉嘉、どうしたんだ!?そんなにくっつかなくても――ヒャンッ!」

莉嘉「もうヒーローショーで目を輝かせてる光ちゃん可愛過ぎてヤバいホント限界まじ無理」スリスリ

「やめてくれ莉嘉!もしかしてアタシがはしゃぎすぎてショーが見辛いのか!?」

莉嘉「ううんもういいの光ちゃんはそのままでいて?むしろアタシの妹になって?」スリスリ

「アタシの方が年上だよ!?」

莉嘉「歳の差なんて大した問題じゃないから……それよりいいの?光ちゃんが大声で騒いだらショーが台無しになっちゃうよ?」スリスリ

「なっ……確かに、ここで騒ぎを起こしては子供達の楽しみを奪ってしまう……!クッ、このままスリスリされ続けるしかないのか……!」

莉嘉「聞き分けがよくて助かるなあもう光ちゃん可愛いなんかもう出そ――」

麗奈「やめなさい」ボカッ

40 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:04:58.87 dIJkvFAw0 33/101

麗奈「アンタ等なにやってんのよ……キモチワルイ」

「助かったぞレイナ!やっぱりお前は正義の心を……!」ダキッ

麗奈「だーーもういちいちくっ付くな!!」

莉嘉「嫉妬?レイナちゃん嫉妬?」

麗奈「違うわよバカ!」

「おうお前ら、堅気のみなさんの楽しみを邪魔しちゃいかん。騒ぐなら他所に行くぞ」

「そうだなっ……名残惜しいがこうなっては仕方ない……!」

麗奈「フンッ、だからヒーローショーなんて子供染みたイベントに行くのはダメなのよ」

「そうじゃのう、だからお前が早く光の為に選んだ服でも見せちゃれ」

麗奈「何っで知ってんのよおぉぉぉぉ!!い、いや、違うわ!誰があんたの為に服なんか選ぶか!!『そうなのか!?』じゃないわよ!!」


42 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:06:56.04 dIJkvFAw0 34/101

・・・・


「こ、これでアタシも女の子らしくなれたかな……?」

「似合うとるぞ」

莉嘉「これは……キテるね」

麗奈「フンッ、このアタシに掛かれば余裕よ」

「……やっぱりレイナには敵わないな」

麗奈「え?」

「周りはみんな可愛くてオシャレな娘ばっかりでさ」

「アタシも少しはそうならなきゃいけないのかな、なんてよく思うんだけど」

「全然分からなくてさ」

「こうやってレイナに頼らないとオシャレもできない」


43 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:08:07.83 dIJkvFAw0 35/101

麗奈「……」

麗奈「……ほんっとにバカねアンタは」

麗奈「アンタにはアンタの良さがあるじゃない」

麗奈「バカでガサツで服は男みたいで」

麗奈「でもその飾らないままで一生懸命ぶつかっていく」

麗奈「オシャレなんていくらでもアタシが面倒見てやるわ。でもそのアンタのいい所はアンタにしか出せない」

麗奈「そうじゃなきゃアタシのライバルとして不釣り合いよ」

「レイナ……」

麗奈「フンッ……」


「おう、その当たりにせんと莉嘉の鼻血が止まらんみたいじゃ」

莉嘉「フオォォォォォ……」ボタボタボタ

44 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:09:27.88 dIJkvFAw0 36/101

「初めて会うた時は何じゃこの生意気はと思ったもんじゃが、何やええ奴じゃのう麗奈は」

麗奈「うっさい!」

「アタシは最初から信じてたぞ!レイナは良い奴だって!」

莉嘉「……ハッ、意識が飛んでた」

「おうお目覚めか」

莉嘉「いっけない、忘れる所だった」

「どうしたんだ!?」

莉嘉「アタシも巴ちゃんに似合いそうなワンピース見つけたんだよねえ★」

「なっ」

45 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:10:23.95 dIJkvFAw0 37/101

「おお!莉嘉も優しいんだな!よかったな巴!」

「いや、ウチはええけぇ……」

麗奈「へえぇぇぇ……そりゃいいじゃない、ね~え巴?」

「キサン……!」

莉嘉「さあ早く早く!こっちの売り場!!」

「ぐぅ……女気見せちゃらあ!!」

46 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:11:15.84 dIJkvFAw0 38/101

・・・・


「ど、どうじゃ……」

「可愛いぞ!」

麗奈「写真撮っとこ」パシャッ

莉嘉「待ち受けにしよ」パシャッ

「撮るなや!」

莉嘉「巴ちゃんそこでスカートをヒラッって」

「せん!!」

麗奈「いい気味じゃない」

「麗奈!貴様は覚悟せえ!!」

麗奈「だから何でアタシだけ!?」

47 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:12:10.95 dIJkvFAw0 39/101

・・・・


「いい買い物ができたよ!ありがとうレイナ!」

麗奈「あーはいはい、感謝するならアタシの周りで口うるさくしない事ね」

「押されて買ってしもうたのう、ワンピース」

莉嘉「もうすぐクリパあるから着てきなよ★」

「それは恥ずかしいから嫌じゃ」

「それにしても、本当に領収書切って落ちるのかな?」

麗奈「物は試しよ」

「莉嘉は何か買うたんか?」

莉嘉「うん、ちょっとしたアクセだけど」

莉嘉(今日のお詫びとお礼って事で莉嘉にね)

「それじゃあみんな!遅くならない内に事務所に帰ろう!」

麗奈「ホントいい子ちゃんねアンタは」

莉嘉(……莉嘉は今何してるんだろ)

52 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:54:43.20 dIJkvFAw0 40/101

―――商店街


卯月「美嘉ちゃんから誘ってくるって珍しいね!」

美嘉「そうかな?」

「基本的に長電話の途中で卯月から誘ってくる事が多いよね」

未央「あとラジオ放送中にいきなり約束こぎつけたりね!……まあその時私いないけど」

卯月「未央ちゃん!自虐ネタはもうやめようって言ったじゃん!」

未央「そうだねしまむー……これからは美嘉ねーイジりに徹するよ!」

美嘉「アタシに飛び火した!?」

53 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:56:42.82 dIJkvFAw0 41/101

「それで、どこか寄る?別にブラブラしてても構わないけど」

美嘉「あーそうだねっ、じゃあアタシあそこ寄りたい☆」

卯月「ペットショップ?いいよ!行こっ♪」

未央「ナイスチョイス!」

「ハナコの餌買っていこうかな」

54 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:58:17.32 dIJkvFAw0 42/101

・・・・


卯月「うわー!この犬可愛い!!見て見て凛ちゃん!」

「そうだね」

卯月「何か凛ちゃんに似てるよね!ふてぶてしそうに見えて案外人懐っこくてなんか従順そうな所とか♪」

「卯月の中で私はどういうキャラなの?」

未央「あっ、この犬は美嘉ねーに似てるよ!」

美嘉「そうかな?」

未央「なんかおぼこっぽい所とか」

美嘉「おぼこっぽいって何!?」

「いや四人ともそうでしょ」

55 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:59:17.33 dIJkvFAw0 43/101

未央「なんというかアレだよ、ボール7個集めて神龍に頼んでもロストさせるのは無理そうなレベル」

美嘉「意味分かんないから!」

「なんか分かるかも」

卯月「彼氏できてもそういうのの直前で逃げ出しそう」

美嘉「みんなは平気だっていうの!?」

未央「無理かな」

「多分逃げる」

卯月「そもそもアイドルだから恋愛とかできないし」

美嘉「じゃあ何なの!!」

56 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 11:59:53.29 dIJkvFAw0 44/101

未央「ところで美嘉ねーさっきカブトムシ見てたけど虫苦手じゃなかった?」

美嘉「えっ」

卯月「莉嘉ちゃんからカブトムシキャラ奪っちゃうのは可哀想だよ」

未央「そんな事してると莉嘉ちゃんに男盗られるよ」

美嘉「盗らないから!あ、いや、盗られないから!」

「いるの?男」

美嘉「いないけども!」

未央「なーんか今日の美嘉ねー違和感あるよね、星の色も違うし」

美嘉「星の色!?」

57 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 12:00:57.81 dIJkvFAw0 45/101

未央「いつもの美嘉ねーなら『よろしく★』みたいな感じなのに今日は『おはよっ☆』みたいな」

「確かに」

卯月「未央ちゃんすごい!」

美嘉「ええ、いやちょっと意味分かんないんだけど」

未央「あっ、なんかお腹減ったな!買い食いしよ!」

美嘉「自由!すごく自由!!」

「友紀が美味しいコロッケ屋さんがこの辺にあるって」

未央「じゃあそこ行こう!あとクレープとか食べたい」

58 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 12:01:48.59 dIJkvFAw0 46/101

・・・・


「おいしいね、コロッケ」

卯月「クレープも美味しい!」

未央「どっちも美味しい!!」

美嘉(これ、どんなに食べても太るのはお姉ちゃんの体……背徳感がヤバい)

「どうかした?美嘉」

美嘉「あ、いや、何もないよ☆」

未央「いらないなら私が食べようか?」パクッ

美嘉「まさかの同意を待たずに!」

59 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 12:03:54.52 dIJkvFAw0 47/101

未央「食べちゃダメだった?」モッシュモッシュ

美嘉「いや、別にいいけど……」

未央「あ、じゃあ代わりにアレ食べる?」

美嘉「アレ?」

未央「しぶりんがペットショップで買った奴」

美嘉「ドッグフードじゃん!!」

未央「いらないの?」

美嘉「当たり前!!」

60 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 12:04:36.99 dIJkvFAw0 48/101

未央「そっかー……いらないかー……」

美嘉「えっ、なんでそんな感じになるの?」

卯月「未央ちゃん、大丈夫?」

「元気出して?」

未央「うんっ!……私は大丈夫だから……」

卯月「未央ちゃん……」

美嘉「えー……」

「美嘉、せめて謝ってあげて?」

美嘉「うっそお」

61 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 12:05:10.92 dIJkvFAw0 49/101

美嘉「未央、その……ゴメンね?」

未央「うん……!大丈夫だよ!」

美嘉「どうしたら、許してもらえるかな……?」

未央「えっとね……その……」

美嘉「うん」

未央「……てくれたら…」

美嘉「え?」

未央「チュー、してくれたら……許してあげるっ」

美嘉「えっ……」ドキッ

未央「地面に」

美嘉「地面に!?」

62 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 12:05:49.15 dIJkvFAw0 50/101

卯月「エヘヘヘッ、未央ちゃんと美嘉ちゃんって本当に仲が良いよね!」

「ふふっ、そうだね」

美嘉(これが!?お姉ちゃんってМなの!?)

未央「まあでも」

美嘉「?」

未央「たとえば美嘉ねーが」

未央「女児を家に連れ込んだみたいな事案を起こせば」


63 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 12:06:26.39 dIJkvFAw0 51/101

未央「ラジオのレギュラーの席が――」

「未央!」

卯月「その先は口に出しちゃダメ!!」

美嘉(えー……)

未央「なんちゃって!!」

「なんちゃって」

卯月「なんちゃって!」

美嘉(えー……)

64 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 12:07:22.38 dIJkvFAw0 52/101

・・・・


卯月「今日は遊べて楽しかったね!」

「そうだね、そろそろ事務所に戻ろうか」

未央「美嘉ねーもまた誘ってね!」

美嘉「う、うん……」

美嘉(そろそろお姉ちゃんも帰ってきてるかな)

67 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 13:53:18.39 dIJkvFAw0 53/101

―――事務所


卯月「島村卯月17歳、ただ今帰りました!」

清良「お帰りなさいみんな……こっちは大変みたいよ」

「大変?」

未央「何かあったんですか?」

美嘉「まさか……」

清良「ええ、莉嘉ちゃんが暴走しているわ」

68 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 13:54:13.66 dIJkvFAw0 54/101

莉嘉「ほああああああああ!!!!!みりあちゃんの足の裏スリスリ!スリスリペロペロ!!」

みりあ「ちょっと莉嘉ちゃん!?くすぐったいよお!」

「よさんか莉嘉!ウチらとおった時はまだ法に触れないレベルじゃったろう!!」

「それはどうだったかなあ」

莉嘉「ふああああああああ!!!!!仁奈ちゃんの普段は見せないうなじ!!うなじクンクンモグモグ!!!」

仁奈「やめてくだせーー!変な気持ちになっちまうですよ!!」

麗奈「ど、どうすれば……警察!?警察なの!?」


69 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 13:54:44.93 dIJkvFAw0 55/101

清良「抜かったわ……ウコンドリンクを買いに行っている隙にこんな事になるなんて……」

「どこまで買いに行ったんですか」

清良「どこも売り切れだったのよ」

未央「そもそもどうして莉嘉ちゃんがこんな事を!?」

美嘉「それは……」

清良「話すしかないわね、事情を」

卯月「事情?」

70 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 13:55:29.98 dIJkvFAw0 56/101

・・・・


美嘉「……」

卯月「そんな……まさか美嘉ちゃんと莉嘉ちゃんの人格が入れ替わってるなんて……」

未央「じゃあ今日遊んでたのは莉嘉ちゃんだったって事!?」

「それじゃあ未央の美嘉いじりは少し刺激が強かったかな」

美嘉「それはもういいけど……」

清良「現状は美嘉ちゃんを抑え込むしか手はないけど、莉嘉ちゃんの体に手荒な事はしたくないし……」

卯月「どうすれば……」

未央「晶葉ちゃんが人格を入れ替える機会を発明して持ってくるしかないよ!」

「でもそんな都合よくは……」

ガチャ

晶葉「できたぞ!アイドルの人格を入れ替える装置だ!!」

「行くもんだね」

清良「マザー2みたい」

72 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 13:56:47.49 dIJkvFAw0 57/101

晶葉「人をアップルキッドみたいに言わないでくれよ?」

卯月「でもどうしてそんなピンポイントな発明を?」

晶葉「プロデューサーから連絡があったのさ」

美嘉「プロデューサー?」

晶葉「ああ。『美嘉の様子が普段と違った。具体的にはなんか莉嘉と人格が入れ替わってそうな気がする。星の色も違うし』とな」

美嘉「だから星の色って何!?」

晶葉「ともかくだ、その連絡を受けて急遽この装置の発明に取り掛かったんだ。少し時間はかかったがな」

「時間かかったって言ってもほんの何時間かだよね」

清良「デスノートみたい」

73 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 13:57:28.79 dIJkvFAw0 58/101

晶葉「人をジェバンニみたいに言わないでくれよ?」

「その装置の使い方は?」

晶葉「おっとそうだったな、まずこの電極メットを入れ替わりを起こしたい二人の頭に装着し、それからスイッチをオンにして二人の頭を思いっきりぶつけるんだ!」

美嘉「えー……」

未央「なんでそこまできて古典的な手順が必要なの」

晶葉「様式美って大事にしたいし……」

清良「どっちにしろ美嘉ちゃんを捕まえるしかないみたいね」

卯月「だけど手荒な真似はできない……」

清良「困ったわね……」

美嘉「……いいよ」

清良「え?」

75 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 13:58:33.87 dIJkvFAw0 59/101

美嘉「少しくらいアタシの体が傷ついてもいい」

未央「莉嘉ちゃん!?」

美嘉「こうしてる間にも色んな娘が被害を受けてるし」

「ホントだ、今はこずえちゃんの髪の毛がテイストされてる」

美嘉「何よりもアタシは早く自分の体に戻りたい!」

美嘉「だって――」

晶葉「おっと、あまりお喋りしている時間はないぞ」

卯月「どうしたの?」

晶葉「入れ替わりのメカニズムは省略するが、ともかく入れ替わったままで時間が経つと少々マズい事が起きる」


76 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 13:59:16.36 dIJkvFAw0 60/101

美嘉「それは……?」

晶葉「精神が肉体に同調し始めるんだ」

卯月「どういう事!?」

晶葉「つまり美嘉の体に入った莉嘉の精神は大人に近づき、莉嘉の体に入った美嘉の精神は子供に近づく。心当たりはないか?」

「確かに……今日の莉嘉のツッコミは美嘉と比べても遜色なかった!」

清良「なるほど……今美嘉ちゃんが節操無く女児に変態行為を働いているのも自制心まで中学生レベルに退化しているからという事ね」

晶葉「早く美嘉を捕まえなければ、このままでは即席の装置では二人の人格を元に戻せない……」

美嘉「……覚悟はできてるよ、清良さん」

清良「……人口肛門って思ったより大変よ?」

美嘉「いやそこまではちょっと」

77 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:00:20.02 dIJkvFAw0 61/101

清良「まっ、本気を出していいのなら話は簡単ね」

美嘉「お尻はやめてね?」

清良「こちとら毎日問題児の相手してる訳」

美嘉「ねえ、聞いてる?聞いてますか?」

清良「愛海ちゃんのに比べれば莉嘉ちゃんのなんてガバガバフリーパスよ!!」

美嘉「何が!?何がガバガバでどこがフリーパスなの!?」

清良「待ちなさいそこの変態!!薫ちゃんの腋から柑橘の香りはしないわ!!!」

美嘉「あーもう待ってってば!!」

「私達も追いかけよう!」

卯月「うん!」

78 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:00:54.23 dIJkvFAw0 62/101

「ふえええええ……」

莉嘉「チッ、やっと手に入れた楽園を易々と手放してたまるか!!」ビュン

清良「速い!思ったよりも!」

美嘉「んっ、この体思ったよりも走りにくい……!ッ!?」

「美嘉!?」

美嘉「キャア!」ドンガラ

清良「美嘉ちゃん!怪我は無い!?」

美嘉「いたた……」

79 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:01:37.08 dIJkvFAw0 63/101

清良「まだ体の大きさに馴染んでないみたいね……」

卯月「じゃあなんで美嘉ちゃんは小さい体であんな動きが?」

清良「……1つは、経験ね」

清良「美嘉ちゃんにもあのくらいの大きさの時期はあったでしょうし」

清良「もう1つは……」


80 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:02:15.98 dIJkvFAw0 64/101

莉嘉「シミュレーション」

ありす「ちょっと、ン、なんで太ももを触るんですか!」

莉嘉「『もしある日体が縮んだら?』という状況さえアタシは脳内で訓練を積んだ」

ありす「ちょっ、そこまでは駄目ですっ!や、そこはまだ誰にも……!」

莉嘉「他人からすればバカげた妄想に過ぎなくても」

ありす「も、もうだめぇ……」

莉嘉「こんな日が来る事をアタシは愚直に信じ続けたのよ」

莉嘉「どんなに『非人道的』だろうと」

莉嘉「アタシはこの状況を最大限利用させてもらう!」


81 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:03:44.44 dIJkvFAw0 65/101

清良「こうなれば私達だけでも――」

美嘉「待って!!」

「美嘉……」

美嘉「アタシだって!思わなかった日はないよ!!」

美嘉「朝起きて、もっと大人な体になってればなって!!」

美嘉「そうしなきゃ!子供のままじゃPくんはきっと振り向いてくれないから!!」

美嘉「……アタシも走る」

美嘉「もう、あんなお姉ちゃんは見たくない!!」

美嘉「アタシがお姉ちゃんを捕まえる!!」


82 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:04:13.98 dIJkvFAw0 66/101

莉嘉「来たね莉嘉……」

莉嘉「だからって捕まってあげる訳にはいかないけど」

美嘉「お姉ちゃん!!待って!!」

清良「待ちなさい!」

莉嘉「それは無理!!」

「どうやら一筋縄ではいかないみたいだね」

卯月「島村卯月、頑張ります!」


83 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:04:42.43 dIJkvFAw0 67/101

千枝「アァン……!」


小春「ひゃああああ……」


千佳「魔法出ちゃうううう……」


美嘉「どんどん被害が……!」

清良「無節操に見えて小さい子達を正確に襲うルートね」

「つまり逆に言えば!」

卯月「小さい子がいる所に美嘉ちゃんは行く訳ですね!」



84 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:05:44.76 dIJkvFAw0 68/101

美嘉「今お姉ちゃんが走る先にいるのは……ああ!!」

清良「しまった!!」

卯月「いつの間にか事務所を一周してる!?」

「ということはあそこにいるのは……!!」



莉嘉「グッドモーニング晶葉ちゃん★」

晶葉「くっ……!全ての変態行為は陽動!真の狙いはこの装置か!!」

莉嘉「まあ別に小っちゃい子と戯れるのも目的の1つだけどね」

85 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:06:28.57 dIJkvFAw0 69/101

晶葉「戯れにしては少しやり過ぎではないのか……?」

莉嘉「そうかもね」

晶葉「とは言え私もこの装置をおいそれと破壊させる訳にはいかないな」

莉嘉「……晶葉ちゃんったらちょっと勘違いしてるよ」

晶葉「!?」

莉嘉「まあそういう所も“可愛い”んだけど」

晶葉「ッ!!まさか……!」

莉嘉「そうだよ晶葉ちゃん」

莉嘉「晶葉ちゃんもばっちりストライクゾーンだよ」

86 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:07:10.29 dIJkvFAw0 70/101

晶葉「しまっ……」

莉嘉「さあその鎖骨をフニフニさせて!!鎖骨フニフニ!!ホントは白スク着て欲しいんだけど!!」

晶葉「くっ……ここまでか……!!」



バチィ



莉嘉「……やっぱりアタシの最大の敵(ライバル)はアンタよね」

晶葉「……?」

莉嘉「未央!!」

未央「はーい美嘉ねー、グッモーニン」

87 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:08:00.01 dIJkvFAw0 71/101

莉嘉「全て読んでたってワケ?」

未央「まあねっ。逃げて、追いかけさせた上で孤立した晶葉ちゃんを堪能し装置も壊す」

未央「私が美嘉ねーだったら同じ事をするから」

莉嘉「……やっぱり未央とは気が合うよね」

未央「えへっ、確かにね」

莉嘉未央「「憎たらしいくらいに!!」」

88 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:09:04.09 dIJkvFAw0 72/101

莉嘉「……とはいえ『これ』は読めたかな!?」

未央「!?」

莉嘉「猫騙し!!」パァン

未央「なっ……!」

莉嘉「隙あり!!」

未央(視界が奪われた……!?)

未央(でも……せめて装置だけでも!!)

莉嘉(さすがね未央、一瞬の判断で装置を死守。これ以上時間をかければ今度は追手の方に捕まる!)

莉嘉「称賛するよ、敵ながら!」

シュンッ

晶葉「ヒンッ!」


89 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:10:06.07 dIJkvFAw0 73/101

・・・・


未央「……ごめんねみんな、美嘉ねー捕まえられなかった」

清良「ううん、装置を守っただけでも十分よ」

未央「でも晶葉ちゃんが……」

晶葉「うぅ……グスッ……鎖骨舐められた……」

「大丈夫?」

卯月「セクハラ耐性ないもんね晶葉ちゃん」

清良「愛海ちゃんも鎖骨には興味示さないしねえ」

90 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:10:52.64 dIJkvFAw0 74/101

美嘉「……ごめんねみんな」

美嘉「アタシ達に巻き込まれたせいでこんな事に」

美嘉「これはアタシとお姉ちゃんの問題」

美嘉「だから……決着もアタシが付けなきゃダメなんだと思う」

卯月「美嘉ちゃん……」

美嘉「清良さんは晶葉ちゃんの介抱を、卯月ちゃん達もここにいて?」

清良「そこまで言うなら、あなたを信じるわ」

「うん」

未央「莉嘉ちゃん、頑張って!」

美嘉「後は、任せて!!」

91 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:13:40.47 dIJkvFAw0 75/101

美嘉「お姉ちゃああああああああああああああん!!!!待てえええええええええええ!!!!!」

莉嘉「やっぱり!!最後まで追ってくるのはアンタよね莉嘉!!!」

美嘉「お願い!!!アタシの話を聞いて!!」

莉嘉「話ぃ!?」

美嘉「アタシは今日初めて知ったけど!!!Pくんは大人の女の人に触られたくないんだよね!!?」

莉嘉「……?」

美嘉「大体中2から中3までが限界で!!」

美嘉「アタシは今中学1年生!!!」

美嘉「分かるよねお姉ちゃん!!!!」

美嘉「アタシにはもう時間が無いの!!!!」

93 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:14:21.92 dIJkvFAw0 76/101

莉嘉「莉嘉、アンタ……」

美嘉「ハァ……やっと……ハァ……こっち見てくれた……」

莉嘉「……」

美嘉「前までは早く大人になりたいって思ってたけど、今は違うよ……」

美嘉「子供のままで、無邪気にPくんに抱きついたり、子供みたいに、Pくんと遊んだり……」

美嘉「それは子供でいられる間にしかできない事で……」

美嘉「アタシが、子供でいられるのは、もうあと少しだけなんだよ……?」

美嘉「お願いお姉ちゃん……あと少しだけ、莉嘉を子供でいさせて……!」

莉嘉「……」

莉嘉「ハハッ……」

莉嘉「アタシ、ホントにバカだ……」

94 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:15:08.02 dIJkvFAw0 77/101

莉嘉「ずっとこんな状況に憧れてたからって、舞い上がって」

莉嘉「大事な妹が辛い思いをしてるのに、それから目を背けて」

莉嘉「アタシ、お姉ちゃん失格だ……」

莉嘉「ゴメン、莉嘉、謝って済む事じゃないかもしれないけど」

莉嘉「目を覚まさせてくれてありがとう……」

美嘉「お姉ちゃん……!」

莉嘉「戻ろう、みんなの所に」

美嘉「うん、体も元に戻してもらおっ☆」

95 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:16:17.34 dIJkvFAw0 78/101

・・・・


清良「一件落着って訳ね」

卯月「姉妹の絆ってすごいね!」

「私は一人っ子だからそういうの憧れちゃうな」

未央「莉嘉ちゃんが問題起こしてもおいしくないしねー」

莉嘉「えー……」

未央「なんちゃって!!」

「なんちゃって」

卯月「なんちゃって!」

96 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:17:10.51 dIJkvFAw0 79/101

晶葉「さあ装置の準備が出来たぞ、この電極メットを被ってくれ」

美嘉「はーい☆」

莉嘉「了解★」

美嘉「やっと元の体に戻れるね」

莉嘉「迷惑かけてゴメンね?」

美嘉「それはもういいよっ」

晶葉「それじゃあ頭を――」

ガチャ

「おーい、今日ウイイレ買ったんだけど家にやり来る奴いるか?」

莉嘉「」ガタッ

美嘉「お姉ちゃん!!」

清良「させないわよ!!」

莉嘉「ハッ、危ない体が勝手に」


97 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:17:42.68 dIJkvFAw0 80/101

晶葉「えー、改めて準備はいいかな?」

美嘉「はい」

莉嘉「はい」

晶葉「スイッチオン!その頭をぶつけあってくれ!」

美嘉「えい!」

莉嘉「ほっ!」


ガツン



美嘉「いたたたた……」

莉嘉「痛いよー」

美嘉「ん★」

莉嘉「あっ☆」

美嘉莉嘉「「戻ってる!!!」」

98 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:18:16.35 dIJkvFAw0 81/101

卯月「よかったね!二人とも!」

「どうなる事かと思ったけど」

未央「晶葉ちゃんのお陰だね」

晶葉「いち早く二人の状況に気が付いたプロデューサーにも感謝だな」

美嘉「えっと、ごめんね?みんな」

清良「反省してるならいいのよ」

莉嘉「謝りに行かなきゃいけない子はたくさんいるけどね」

美嘉「た、確かに……」

一同「あははははは……」

99 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:20:04.02 dIJkvFAw0 82/101

晶葉「さて、私はラボに戻るよ」

未央「また研究?」

晶葉「いや、頭をぶつける段階で電極メットが壊れてしまうからな、その修理だ」

「なおさらなんでその手順作ったの」

晶葉「いいじゃないか……それに入れ替わりなど滅多に起こる物でもないしな、のんびり直せば――」

ガチャ

紗枝「お、おはよう……」

周子「おはようさんどす~」

「……えっ」

100 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:20:43.92 dIJkvFAw0 83/101

未央「今もう夕方だよ?」

卯月「未央ちゃん、芸能人のあいさつはいつでもおはようなんだよ?」

未央「え~~芸能人って不思議~~」

美嘉「そこじゃなくて」

紗枝「いや、その……」

周子「周子はん……ウチの口から言わせる気どす?」

紗枝「あの……入れ替わった、みたい……」

晶葉「」



おわり

103 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:30:57.22 dIJkvFAw0 84/101

おまけ1


晶葉「そんな訳で大急ぎで電極を修理してな、中々骨が折れたよ」

「それが城ヶ崎莉嘉大規模集団セクハラ事件とさえしゅう入れ替わり事件の真相なんですねえ」

晶葉「何だその事件名」

「ところでどうしてアイドルの人格が入れ替わったりするのでしょう」

晶葉「それについてだがな、このフリップを見てくれ」

「ふむふむ、分かりません」

104 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:31:47.14 dIJkvFAw0 85/101

晶葉「アイドル二人が同じ寝具を使って寝た時にアイドル特有の脳波が互いに干渉し合い、時に人格の入れ替わりが発生するという訳だ」

「もう一声」

晶葉「アイドルが一緒に寝たら偶に入れ替わる」

「なるほど!」

晶葉「理系分野には疎いようだな」

「……」

晶葉「補足すれば入れ替わりを起こした人格は理性の壁を打ち破りやすいらしい。城ヶ崎美嘉が暴走した原因もそこに……どうした」

「……いや、何か引っかかるような」

ガシャン!

晶葉「何の音だ?」


105 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:32:36.44 dIJkvFAw0 86/101

「あ!晶葉トソン君!」

晶葉「誰が晶葉トソン君だ」

「これを!」

晶葉「これは……盗聴器!!」

「このドールハウスの中に!!」

晶葉「くっ、なんでドールハウスがラボにあるんだと思ったが……!」

「なんで放置してたんですか!多分今の聞かれましたよ!!」

晶葉「しかし今の会話を聞かれた所で……どうして顔が青いんだ、何か心当たりがあるのか?」

「い、いやあ~拙者は何も……」

晶葉「狼狽しすぎだろ!!一体何が!!」

(紗枝ちゃん逃げて……超逃げて……!)

106 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:34:51.59 dIJkvFAw0 87/101

おまけ2


莉嘉「事情はみんなに説明したのですが、まだ何人かはアタシが近づくだけで少し怯えます」

莉嘉「いや、怯えられるだけならまだよかったかもしれません」

ありす「なんで独り言を呟いてるんですか?話し相手がすぐ傍にいるのに非合理的です」

莉嘉「ごめんねありすちゃん」

ありす「分かればいいんですよ、それより今日は私の家に泊まりませんか?」

莉嘉「今日はちょっと家族でご飯食べにいくから」

ありす「いつもそうやってはぐらかして、いつになったら責任を取ってくれるんですか?」

莉嘉「だからそれやったのお姉ちゃんだってば」

ありす「関係ありません、私はあなたの顔を見るだけで……」

莉嘉「ええいうるさい!太もも触っただけで責任が生じるなら留美ちゃんあんなに苦労してないっつの!!」


107 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:35:38.04 dIJkvFAw0 88/101

おまけ3


「ウイイレには何やかんやで光さん達が来た」


「おう、やっぱり赤のチームは使いやすいのう」

麗奈「グギギギギ……あんたらどこにシュート撃ってんのよ!!使えない選手ね!!」

「レイナさんボタン押し過ぎ」

「広島のチームはないんか?」

「さすがにそれは」

108 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:36:07.46 dIJkvFAw0 89/101

「お兄さん達は話が分かるなあ!」

兄者「フハハハ!男はやはりヒーローに憧れるものさ」

弟者「さすが兄貴!」

兄者「南条君!君はライダー派かね!?」

「そうだぞ!」

兄者「そうか!我ら兄弟は戦隊派だ!」

弟者「……すみません兄貴……俺……」

兄者「どうした弟よ!」

109 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:36:36.28 dIJkvFAw0 90/101

弟者「俺……最近、魔法少女物に嵌って……」

兄者「……ふっ、何だそんな事!」

「ニチアサキッズタイムとして同士である事に変わりはないぞ!!」

弟者「二人とも……!」


麗奈「あっちがむさ苦しいんだけど」

「馴染んでるなあ光さん」

「どうした麗奈、6点目が入ったぞ」

麗奈「グギギギギギ……!」

110 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:37:37.95 dIJkvFAw0 91/101

おまけ4


美嘉「入れ替わりの後遺症かなあ」

莉嘉「どうしたのお姉ちゃん」

美嘉「カブトムシが好きになってきた」

莉嘉「へー」

美嘉「あとたまに『まだ星の色が違うね』とか言われる」

莉嘉「何なんだろうね、星の色って」

美嘉「ちょっとやってみるね」

莉嘉「うん」

美嘉「えいっ☆」

莉嘉「あー言われてみれば何か違う気がする」

111 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:38:03.55 dIJkvFAw0 92/101

美嘉「そうだ莉嘉、はいこれ」

莉嘉「なにこれ?」

美嘉「ヘアアクセ。巴ちゃん達と買ったやつ」

莉嘉「アタシに!?」

美嘉「うん、色々迷惑かけたしお詫びね」

莉嘉「似合う!?」

美嘉「可愛いよ」

莉嘉「ありがとうお姉ちゃん☆」

美嘉「どういたしまして★」

112 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:38:53.61 dIJkvFAw0 93/101

おまけ5


珠美「そうですね、あれは以前のライブでの出来事でした」


『よせタマちゃん、もう限界だろう!誰か代役を立てるから……』

珠美『いいえP殿、これは珠美の戦いなのです……!』

『だが……』

珠美『珠美を待つファンがいる限り!!この足が立つ限り!!この声がまだ出る限り!!珠美はステージに行かねばなりません!!』

『タマちゃん、いや、珠美……』

珠美『どうかそこで見守っていてください、願わくば、背中を押して頂けるとありがたいですが』

『分かった……俺はここでお前の帰りを待つ。だから……』

珠美『ええ、絶対に!このライブは成功に終わらせましょう!!』

113 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:39:42.41 dIJkvFAw0 94/101

ワアアアアアアアアアアアア!!!!!


珠美『ハァ……ゼェ……P殿……珠美は……最後まで……』

『ああ……立派だったよ!!お前は最後まで笑顔で歌えていた……!』

珠美『それならば……よかったです……』

『俺はお前を見誤っていた。小さい体で幼い顔で、それでもお前は一人前のアイドルなんだな……!』

珠美『分かって、いただけましたか……あの、手を出してください……』

『手か?わかっ――』

珠美『えいっ』ピトッ

『うおああああああああああああああ』ブンッ

珠美『ゴホァ!!』ビターン



珠美「あれが、珠美がP殿に大人と認められた瞬間ですね」フンス

「たまみん的にはそれで満足なん?」

115 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:40:23.04 dIJkvFAw0 95/101

おまけ6


ちひろ「えーっと、新人の3人は一度プロデューサーにいきなり触ってみてください」

時子「ハァ!?面倒ねぇ」

ちひろ(本当は時子さんは触らせるまでもないけど面白そうだから黙っとこ)


時子「ちょっと貴方、いいかし――」

「ぬうああああああああああ!!!」ブンッ

時子「ガハァ!!」ビターン


116 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:41:15.88 dIJkvFAw0 96/101

飛鳥「何でも大人の女性に触れられると投げてしまう習性があるとか」

飛鳥「まっ、14歳のボクならセーフだろうけどね」

飛鳥「さすがにこんな思春期の小娘を女性扱いすることはないだろう」

飛鳥「うん」

飛鳥「プロデューサー、今日もいい天気だね」ピトッ

「おっ飛鳥かおはよう。構ってやりたいが今忙しいから、ごめんな」

飛鳥「……」

飛鳥「いや、別に悔しくなどは」

117 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:42:27.90 dIJkvFAw0 97/101

くるみ「ぷろでゅーしゃーに触ればいいんですか?」

ちひろ「うん」

くるみ「くるみはお胸が大きいだけのバカな子だから……投げられないよね?うぅ……」

ちひろ(イラッ)

ルーキートレーナ「大丈夫ですよ、Pさんを信じましょう!」

藍子「さあさ、早く触って触って」

時子「ほらとっとと行きなさい」

くるみ「ふぇえええん……どこから出て来たんですかぁ……」

118 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:43:06.58 dIJkvFAw0 98/101

くるみ「ぷ、ぷろでゅーしゃー……」ギュムッ

藍子(抱きついただけで胸の形があんなに変わってる!!)

ルキトレ「ググググググ……」

「お、おはようくるみ。ちょっと近づきすぎだぞ?」

ルキトレ「チッ」

ちひろ「バストサイズは影響少ない、と……」

ちひろ「投げられない子リストと美嘉ちゃんのストライクゾーンって全く同じよねえ」


119 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:43:56.02 dIJkvFAw0 99/101

おまけ7


「ねえ莉嘉」

莉嘉「どしたの?」

「あの時の莉嘉の叫び声、実はこっちまで聞こえてきてたんだ」

莉嘉「いっ」

「それで私、思ったんだ」

莉嘉「な、何を……」

「年齢なんて関係ない、莉嘉も1人のライバルなんだねって」

120 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:44:43.61 dIJkvFAw0 100/101

「私は莉嘉を子供なんて扱いしない、プロデューサーを好き同士、対等な1人の女の子として接する事にするよ」

莉嘉「しぶりんちゃん……」

「これは私の戦線布告、だけど共同戦線でもあるんだよ。お互い頑張ろうね。プロデューサーホモだけど」

莉嘉「うんっ☆……え?」

「え?」

莉嘉「ホ、え?」

「本人はバイとか言い張ってるけど女の人に触れない時点で苦しいよね」

莉嘉「……」

莉嘉「ええええええええええ……」



おわり

121 : ◆jjEzShkDDk - 2014/01/31 14:50:22.77 dIJkvFAw0 101/101

終わりです

美嘉Pにはごめんなさいしときます


過去作は

西園寺琴歌「激論!朝までそれ可愛い」
http://ayame2nd.blog.jp/archives/2627033.html

姫川友紀「冬の朝にキャッチボールを」
http://ayame2nd.blog.jp/archives/2627045.html

です


この話は「冬の朝にキャッチボールを」の一日目と同じ日の出来事、って設定があります、実は



記事をツイートする 記事をはてブする