1 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 11:34:09.72 GOVJwLXAO 1/36


幸子「あっ、プロデューサーさ……」

幸子「ん?」

P「ふぅー」

幸子(プロデューサーさん?)壁|д´)チラッ

幸子(誰もいないレッスンルームで何を……)



元スレ
【モバマス】幸子(プロデューサーのプロポーズ!)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533695649/

2 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 11:41:41.39 GOVJwLXAO 2/36


P「結婚しよう」

幸子(え!ええっ!?)



P「もっと感情を込めた方がいいかな……」

幸子(何事です……?)


P「俺と一緒になってくれないか!?」

幸子(プロデューサーさん、一体何を?)


3 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 11:50:10.93 GOVJwLXAO 3/36


P「もうちょっと捻りがあったほうがいいかな……」

P「我と永劫なる愛の契約を結べ!」

幸子(それは捻り過ぎです!)



P「これじゃあ蘭子もトキメかせられないよな……」

幸子(わりと、ときめきそうですけど)



P「うーん」

P「良いプロポーズの言葉が見つからないな…」ボソッ

幸子(え、え、)



幸子(ええええええええっ!!)


4 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 12:10:40.94 GOVJwLXAO 4/36


ーーーー


幸子「ということがあったんですよ!」

「プロデューサーが……」

志希「プロポーズの?」

みく「練習をしてたああああ!?」



幸子「ちょっと!静かにしてください!」

幸子「過激派に聞こえたらどうするんですか、まったくもう」


5 : ◆YQG2x80jb. - 2018/08/08 12:22:28.73 GOVJwLXAO 5/36


「でもプロデューサーって彼女いたの?」

志希「アイドル以外の女の子の匂いなんて、プロデューサーからしたことないよ?」

みく「そうだよ!Pチャンがアイドル以外の女の子と関係なんて持ってるわけ……」



幸子「はっ!」

幸子「と、ということはですよ……」

幸子「プロデューサーさんはアイドルの誰かにプロポーズしようとしてるんじゃありませんか!?」



「なんだってー!」

志希「興味深いねぇ……」

みく「にゃあーー!?」


6 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 12:37:10.72 GOVJwLXAO 6/36


みく「そ、そんな、みくのPチャンが……Pチャンが!」

「いや、だいたいみくのものでもないし」



幸子「というかプロデューサーがアイドルにプロポーズって大問題ですよね……!?」

志希「でもでもー。よくある話だし、十分予見できるコトなんだよね」

志希「それにそのプロポーズされる相手は、あたしたちかもれないよ~」



みく「なっ!!」

「プロデューサーが杏にプロポーズ……?」ホワホワホワ-ン


7 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 12:39:06.38 GOVJwLXAO 7/36


ーーーー

「いやープロデューサーの部屋は涼しくていいね~」

P「杏の部屋にもエアコンくらいあるだろ?」

「温度調整するの面倒なんだよね」

P「本末転倒だな」

「プロデューサー、飴~」

P「はいはい」

「んー!極楽極楽ぅ」コロコロ


8 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 12:40:31.50 GOVJwLXAO 8/36


「あーあ、ずっとプロデューサーが杏のお世話してくれればいいのになぁ」

P「……してあげるさ」

「え?」

P「アイドルの杏も、プライベートの杏も、俺が面倒を見てやりたい」

「ぷ、ぷぷ、プロデューサー?」

P「だからこれからはずっと一緒にいよう」

「プロデューサー……。本気なの?」


9 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 12:43:35.68 GOVJwLXAO 9/36


P「飴の他にも杏に渡したいものがあるんだ」

「え?なに……?」

P「ほら」カパッ

「指輪……!?」

「き、綺麗……」

P「杏、俺は本気だよ」

P「結婚してくれ」

「い、いきなり結婚!?」


10 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 12:45:16.55 GOVJwLXAO 10/36


P「ダメか?」

「……」

「だいたいプロデューサーの方が先におじいちゃんになっちゃうじゃん」

「そしたら杏のお世話できるの?」

P「んー、子どもにお世話してもらうか?」

「こ、子ども!?」

「あ、あ、杏とプロデューサーの……?」

P「ほしくないか?」

「いや、ほ、ほしいけど!」


11 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 12:45:58.83 GOVJwLXAO 11/36


P「でも杏、子育てできるかなー?」

「子育て放棄するほどダメな子じゃないやい!」

「それにプロデューサーのお世話を子どもに押しつけるような子でもない……」

P「杏……」

「杏も少しくらいならプロデューサーの面倒みてあげるから……!」

P「そ、それじゃあ……」

「杏もプロデューサーと結婚したい!」

P「杏!」

「それに2人の貯金なら、もう働かなくても生きていけるでしょ」

P「おいおい」

12 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 12:46:53.05 GOVJwLXAO 12/36


「これからは休むときも寝るときも、食べるときもゲームするときも、杏と一緒だね」

P「ダラけてばかりだな」

「だめ?」

P「ダメなわけあるか」

「ありがとっ」チュッ

P「んっ!?」

「ど、どうだった……?/////」

P「……甘いかった」

「飴のせいだけじゃないんだもんね」


13 : ◆YQG2x80jb. - 2018/08/08 12:54:17.15 GOVJwLXAO 13/36


ーーーー

「悪くないっ!」

みく「悪いにゃ!だいたい何で杏チャンがPチャンの部屋に平然といるの!」

「え!それは本当だけど」

幸子「なんですとぅ!」

「うん。何度か寄ったことあるよ」

「ゲームしたりご飯作ってくれたり」

志希「今度はビニール袋にプロデューサーの匂いを採取してきてよ~」

志希「というかあたしも寄らせてもらえばいいのか」

志希「何からハスハスしようかなぁ……」

みく「み、みくも行くからね!」

幸子「ボクもです!」


14 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:13:43.15 GWnOtJlaO 14/36


志希「でもプロデューサーと結婚か~」

志希「結婚自体あんまり考えたコトなかったド」

幸子「それはそうですよ。ボクたちはアイドルなんですから」

志希「でもでもー」

志希「プロデューサーとならさぁ……」ホワホワホワ-ン

15 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:15:26.17 GWnOtJlaO 15/36


ーーーー

志希「あ、おかえり~」

P「おう志希、ただいま」

志希「お疲れ様ー。上着預かるよ」

P「うん、ありがとう」



志希「……んー。ハスハス」クンカクンカ

志希「ちょっとキミ」

P「ん?どうしたんだ?」

志希「むぅー!」(○`х´○)


16 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:16:38.03 GWnOtJlaO 16/36


志希「女の子の匂いがするよ」

P「えっ!」

P「いや、そりゃアイドルのプロデューサーだし、俺」

志希「これはアイドルの匂いじゃないよね……?」

志希「タバコとお酒とキツめの香水の臭い」

志希「目立った臭いじゃないからキミ自体、吸ったり飲んだりはしていないんだろうケド……」

P「し、志希さん……?」

志希「周りにいた女の子たちは違うんじゃないかな?」

P「…………」



17 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:18:15.37 GWnOtJlaO 17/36


P「……すみませんでした」

志希「会社のおツキアイなら仕方ないケド……」

志希「あたしたちに隠しゴトは無し!だよ?」

P「すまん……」

志希「それにせっかくのキミのいい匂いが霞んじゃうよ」クンカクンカ

P「そ、そうか?」

志希「分かったら、お風呂に入っておいで~。沸いてるからさ」

P「あ、ああ」


18 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:19:01.19 GWnOtJlaO 18/36


P「ふぅー」チャポーン

志希「着替えとタオル置いておくからね~」

P「おう、ありがとう、志希」



志希(あの人の脱ぎたてホヤホヤの下着……)

志希「……ハスハス」

志希「すぅーーーーーーーっ」

志希「はぁーーーーーーーっ」


19 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:20:17.36 GWnOtJlaO 19/36


志希(なんて濃厚な香り……)

志希(ここまでは他の女の臭いは侵食してないみたい)



志希「すぅーっはぁーっ、すぅーっはぁーっ、すぅーっはぁーっ、すぅーっはぁーっ」クンカクンカ

志希(あぁ~っ。匂いだけで……)

志希(トリップしちゃいそぉおーっ)ビクビクッ


20 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:21:08.39 GWnOtJlaO 20/36


ーーーー

志希「妄想だけでトリップしちゃいそーっ」

「変態だー!!」

幸子「もうプロポーズとか関係なくなってるじゃないですか!」

志希「プロポーズされた後の妄想なのだ~」

みく「プロデューサーがプロポーズするかもって話だったでしょー」

志希「じゃあみくちゃんは、どんなプロポーズをご所望なのかなー?」

みく「えっ!み!みくだったら……」ホワホワホワ-ン


21 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:21:57.20 GWnOtJlaO 21/36


P「おおっ、どの子も可愛いな……」

みく「あっPチャンだ!」

みく「Pチャン!Pチャン!みくはここだよ!」

P「ん、この子は……」



P「あのー、すみません」

店員「はい、どうされましたか?」

P「この子に興味があるんですが」

P「少し撫でさせてもらってもいいですか?」


22 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:22:30.33 GWnOtJlaO 22/36


店員「この子……ですか……」

P「ダメですかね?」

店員「いえ、そんなことはないのですけど」

店員「正直おすすめできませんよ」

P「え?」

みく「にゃあ!?」


23 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:23:22.03 GWnOtJlaO 23/36


店員「わがままで好き嫌いが多いですし、もう子猫としては大きくなり過ぎてますし」

P「そ、そうなんですか……」

みく「こらー!店員ならちゃんとみくをアピールしろー!」



店員「どのみち殺処分される予定の猫ですし」

みく「んにゃあ!?そんなの聞いてないにゃ!」

店員「買うならもっと小さくて大人しい子を……」

P「それでも撫でさせてもらえませんか?」

店員「は、はぁ」

24 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:23:51.38 GWnOtJlaO 24/36


店員「はい、どうぞ」

みく「Pチャン!Pチャン!ありがとう!」バタバタ

P「おお、よしよし」

みく「Pチャーン!!」ガリッ

P「あ、痛っ」

みく「え?」


25 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:24:29.10 GWnOtJlaO 25/36


みく「ご、ごめんなさい!みくそんなつもりじゃ……!」

店員「大変申し訳ございません!」

店員「やはりこんな猫はおすすめできません!」

みく「そ、そんな!死にたくないよぉ!」

P「……」



みく「ううっ……」ウルウル

P「よしよし」ナデナデ

みく「え?」

P「うん。やっぱりお前が一番可愛い」

みく「Pチャン……!」


26 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:25:22.97 GWnOtJlaO 26/36


P「俺のところで暮らしてくれるか?」

みく「もちろんにゃあ!」

みく「みくとPチャンはずっと……ずっと一緒にゃあ!!」



P「おいくらですか?」

店員「32万9000円でございます」

P「ガシャおよそ1000回分か。安いな」


27 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:25:59.02 GWnOtJlaO 27/36


ーーーー

志希「でもみくちゃんは魚食べられないからプロデューサーは困っちゃってー」

「犬に浮気しちゃったり?」

幸子「とうとう段ボールに入れられて捨てられてしまったり……!?」



みく「待ったあああーっ!」

みく「みくの妄想はみくにやらせてよ!」

みく「しかもみくペットショップで売られてるし!」


28 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:29:11.21 GWnOtJlaO 28/36


志希「ごめんごめん。ついつい」

「でもプロデューサーに飼われるのも悪くないなー」

みく「うぅ~、でもやっぱり対等がいいにゃ!」

幸子「みくさんにプロポーズするって決まったわけじゃないですよ?」

みく「わ、分かってるにゃ!」


29 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:30:35.90 GWnOtJlaO 29/36


志希「でも実際、プロデューサーにプロポーズされたら」

志希「みんなはどーするのかなー?」



「ど、どうするって……」

「そりゃあ……ねぇ?」

みく「だ、だって……で、でも!」

みく「みくはアイドルなわけで……」

幸子「ボクがいくらなんでもカワイイからって結婚だなんて……」

幸子「ダメですよ!プロデューサーさああん!」/////

みく「幸子チャンにプロポーズするって決まったわけじゃないにゃ」

幸子「わ、分かってますよっ」


30 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:31:18.03 GWnOtJlaO 30/36


ガチャ


P「お、志希に、みくに、杏に、幸子」

志希「おー、プロデューサー♪」

「プ、プロデューサー」

みく「Pチャン!」

幸子「プロデューサーさん……」



P「いやーこの時期外回りはキツいな……」

志希「プロデューサーからいい匂いがたくさん噴出される季節だよね~」ハスハス

P「志希あんまりくっつくなよー。暑いんだからー」

幸子「いい匂いなわけありますか!とっととシャワー浴びてきてください!」


31 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 14:37:19.64 GWnOtJlaO 31/36


志希「プロデューサーの下着は渡さないよー?」

幸子「いりませんよ!そんなの!」

幸子「プロデューサーがどーしてもボクに引き取ってほしいならかんがえてあげますけど!」ジロリ

P「いやいや、大切なアイドルにそんなおぞましいもの持たせないし」



「……」ソワソワ

みく「/////」ソワソワ

P「ん?何かあったの?」

32 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 15:06:41.52 GWnOtJlaO 32/36


志希「さぁーねぇ、恋するオトシゴロ?」

P「こ、恋!?」

P「な、なんだ……できれば、すっぱ抜かれる前に俺へ相談をだな……」

みく「Pチャンが思ってるようなことはないにゃ!」

幸子「そうですよ!」

「そうだそうだー」

P「杏に関しては心配なしだ」

「どういうことだよ」


33 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 15:07:28.96 GWnOtJlaO 33/36


P「あ、そういえば幸子」

幸子「え!な、なんですか!?」

P「お前に大事な話があるんだ」



志希「…!」

みく「むぅ!」

「なっ!」


34 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 15:08:46.81 GWnOtJlaO 34/36


幸子「な、なな、何ですか!大事な話って!!」

P「まぁ、なんだちょっと恥ずかしいんだがな……」

幸子「……!!」



みく「早まるんじゃないにゃ!」



P「いや前々から言おうかどうか迷ってたんだよ」

P「でもそろそろ言わないとな」


「プロデューサー……」


35 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 15:09:26.75 GWnOtJlaO 35/36


P「今度バラエティー番組でプロポーズのネタをすることになったんだがどうすればいいと思う?」

幸子「よろこんで!」

幸子「って……」

幸子「はい?」



P「いやな、他局のアイドルに俺がプロポーズしてビンタされてフラれるっていう演出がしたいらしくてな」

P「ネタっていうのは丸分かりだから、それ自体に問題はないと思うんだけど……」

P「なかなか良いプロポーズの言葉が浮かばなくて」


36 : ◆0M6Vl56tJ6 - 2018/08/08 15:10:05.58 GWnOtJlaO 36/36



志希「あ~、そっか。幸子ちゃんはバラエティー慣れしてるし意見を承りたいと」

P「そうそう」

幸子「……」

幸子「素人に完成度とかは求めませんから、とにかく一生懸命やればいいと思いますよ」

P「それもそうだな」

P「ありがとう、幸子」

幸子「はいはい」



幸子(でもいつか待ってますからね)

幸子(プロデューサーさんのプロポーズ!)





おわり

記事をツイートする 記事をはてブする