1 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:00:50.27 8UvPjU7L0 1/42

「それじゃあいくよぉ! せーの…」

伊織「……」

「まっこまっこり~~~ん!」

伊織「……」

「えへへ♪ ありがとぉ~みんな~!」

伊織「……」

「……」

伊織「……」

「……」


元スレ
真「きゃるる~ん! 私はまこりん星からやってきた愛の戦士まこりん!」 伊織「……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526655649/

2 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:02:38.89 8UvPjU7L0 2/42



「いや、なんでもいいから好きなこと話せって言ったのは伊織じゃないか」


伊織「限度があるわよ」


3 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:03:04.43 8UvPjU7L0 3/42


≪注意≫

このssは真と伊織が事務所でぐだぐだおバカな会話をするだけの短編集です。
過度な期待はしないでください。

4 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:04:54.27 8UvPjU7L0 4/42


【〇とゆめ】



伊織「……」

「……」

伊織「ねぇ」

「んー?」

伊織「さっきからなに読んでいるの?」

「少女漫画」

伊織「アンタって、ほんと少女漫画好きよねー」

「伊織も読んでみる? 今月号は特に面白いよ!」

伊織「ふん。お生憎さま」

伊織「私はそんな少女漫画に描かれた夢物語なんかこれっぽっちも興味ないんだかr」チラッ

少女漫画『金と権力(ゆめ)』

伊織「いや少女になんちゅー夢物語見せるつもりよ」

5 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:07:02.34 8UvPjU7L0 5/42

「くぅ~! 今回の≪王子さまは借金まみれ!≫も最高に面白かったなぁ!」

伊織「それもうただの多重債務者でしょ」

「医者から余命半年と告げられた王子様が借金取りと死闘を繰り広げた末に友情が芽生え、突如地球を侵略しに来た宇宙人へ戦いを繰り広げr」

伊織「えっ? ちょっと待って。この作者バカなの?」

「はぁ? 今回で765話目だけど、いつもこんな感じだよ?」

伊織「凄っ! そのペースで何年も続いているとか逆に感服するわ」

「でしょ!? 他にも≪金と権力≫には面白いマンガがたくさんあるんだ!」

伊織「≪ゆめ≫を置き忘れているわよ。あきらめないで」

6 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:07:51.00 8UvPjU7L0 6/42

「なんだよ! 人がせっかくオススメしてるのに文句ばっかり言うじゃないか!」

伊織「はぁ!? あれが文句に聞こえるって言うならアンタの頭は既に手遅れよ!」

「なんだとっ!」

伊織「ったく。訊いた私がバカだったわ…」

「ぐぬぬ…」

伊織「……」

「……」



「そういう伊織だって、さっきから何やっているんだよ」

伊織「はぁ!? そんなの見ればわかるでしょ!」

7 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:08:22.10 8UvPjU7L0 7/42



伊織「やよいの髪の毛を拾い集めているに決まっているじゃない!」


「いや既に手遅れなのは伊織の方だろ」


8 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:08:49.43 8UvPjU7L0 8/42


【日課】



伊織「……」ペロッ

「……」

伊織「違う…」

「……」

9 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:09:36.36 8UvPjU7L0 9/42

伊織「……」

「……」

伊織「あっ…!」ペロッ

「……」

10 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:10:05.65 8UvPjU7L0 10/42



伊織「違う! これもやよいの髪の毛じゃない…っ!」


「識別方法がまさかの味覚」


11 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:10:40.29 8UvPjU7L0 11/42

「ボクはこの事実をどう受け止めれば良いのかなぁ」

伊織「最悪だわ…」

「ホントだよ」

伊織「今日はまだ2本しか見つかっていない…」

「だいぶアグレッシブな日課だよね、それ」

伊織「にひひっ♪ まぁーね。≪継続は力なり≫って言うでしょ?」

「そんな力を習得してもおまわりさんに捕まるだけだと思うけど」

12 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:11:45.94 8UvPjU7L0 12/42

伊織「うっさいわよ! 目障りだからあっち行ってくれる!?」

「なっ!? 伊織だって昨日ボクが読んでいたマンガを貶してきただろ!」

伊織「当たり前でしょうが!」

伊織「あんな条例に引っかかりそうな有害図書、出版社ごと叩き潰してやるわよ!」

「法律に引っかかりそうな伊織に言われたくないね!」

伊織「なんですって!」

「そもそもやよいの髪の毛なんか集めてどうするつもりだよ!」

伊織「そんなの≪やよいクローン化計画≫を遂行するために決まっていr」

「おまわりさーーーーん!! ここに危ない人がいまーーーす!!」

伊織「ちょ!」ガシッ

「んぅ!? んん~っ!!」ジタバタ

伊織「警察なんて、アンタの大好きな金と権力でどうにでもしt」ムニュ

「うわぁぁ!/// ど、どさくさに紛れてどこ触っているんだよっ!///」

伊織「はぁ?」

13 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:12:11.45 8UvPjU7L0 13/42



伊織「元から無いモノをどうやって触れって言うの?」


「……」


14 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:14:28.35 8UvPjU7L0 14/42

伊織「バカなこと言ってないでさっさとそこをどきなさいよ」

「……」

伊織「やよいが座ったソファーはそっちの方かもしれないでしょ?」

「っ…」

伊織「ねぇちょっと! 人の話を聞いt」

「伊織だってボクとたいして変わらないだろうがぁぁぁ!!」ムギュ

伊織「いたたたたっ!! もげるわよバカァァ!!」


ギャーギャー ワーワー


15 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:31:25.20 8UvPjU7L0 15/42

おそらく去年の7月くらいに書いていた短編を深夜のノリと勢いで手直ししてあげてみました。
こんなノリの短編があと3話くらいあったので手直して続きはまた後日あげようと思います。

読んでくれた方々ありがとうございます

16 : ◆3QFkN49T2. - 2018/05/19 00:37:03.33 8UvPjU7L0 16/42

ζ*'ヮ')ζ 続きはまたこのスレに書きますねー

34 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:21:55.16 tt2KGrTz0 17/42


【素】


伊織「……」

「……」

伊織「……」

「?」

35 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:22:30.98 tt2KGrTz0 18/42

伊織「ご、ごめんなさ~い。ちょっとうまく聞き取れなかったわぁ~」

「えっ」

伊織「悪いんだけど、もう一度言ってもらえるかしらぁ?」

「いやだから、この子の名前は…」

dotup.org1555821


36 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:22:59.18 tt2KGrTz0 19/42



「フランソワーズ☆マドリーヌ☆マリーアントワネット☆ルイ13世って言うんd」


伊織「バカじゃないの?」


37 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:23:41.83 tt2KGrTz0 20/42

伊織「アンタの頭の中には本当に脳みそって入っているの?」

「えっ。なにこの理不尽な言葉の暴力」

伊織「はぁ!? それはこっちのセリフよ! もうどこからツッ込めばいいかわからないレベルだわ!」

「カワイイ名前じゃないか! ツッ込む所なんてどこにもないだろ!?」

伊織「ありまくりでしょうが! まず男なのか女なのかはっきりしなさいよね!」

「なっ!」

38 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:24:40.39 tt2KGrTz0 21/42



「ボクの事はいま関係ないだろ…っ!!」ギロッ


伊織「いや誰もアンタの話なんかしてないわよ。ホントそういう天然ボケ挟むのやめてくれる?」


39 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:28:04.12 tt2KGrTz0 22/42

「ぐぬぬ…」

伊織「ったく。アンタは落ち着いて人の話を聞くっていうことができn」

「伊織だって、そのうさぎのぬいぐるみに変な名前ついているじゃないか!」

伊織「なんですってぇぇぇぇ!!」ガシッ

「うわっ!」

伊織「もう一度言ってみなさいよ…っ!!」

「な、何度だって言ってやる!! 伊織だってその子に確か……シャルル・マクドナルドっていう」

伊織「シャルル・ド ナ テ ル ロ よ!!」ドガッ

「いてっ!」

伊織「勝手に某店マスコットキャラみたいな名前に改名しないで!! そもそもアンタのバカげたキラキラネームと同等に扱うんj」

「なっ!」

40 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:28:31.95 tt2KGrTz0 23/42



「キラキラした名前をつけて何がいけないんだよ!! そんなのボクの勝手だろ!?」


伊織「えっヤダこの子ったら。なんちゅー事を口走るの」


41 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:29:51.35 tt2KGrTz0 24/42


【どこからどこまでが普通?】


テレビ『高槻やよいの~お料理さしすせそ!』

「おっ。始まった!」

伊織「……」

テレビ『うっうー! 皆さんこんにちは!』

「へへっ。今日はいったいどんな料理を作るんだろうね」

伊織「ねぇ真」

「んー?」

伊織「例えばの話だけど…」

42 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:31:36.97 tt2KGrTz0 25/42



伊織「道端にやよいのパンツが落ちていたとするじゃない?」


「あーごめん。前提からぶっ飛び過ぎて話についていけそうにないや」


43 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:32:28.62 tt2KGrTz0 26/42

伊織「なによそれ! そこは気合でなんとかついてきなさいよ!」

「はぁぁぁぁ…!」(くそデカいため息)






「オーケー。頑張ってみるよ…」ニコッ

伊織「にひひっ。良い心構えね」

伊織「それじゃ話は戻るけど。もしも道端にやよいのパンツが落ちていたら…」

「落ちていたら?」

伊織「食べr」

「食 べ る わ け な い だ ろ」

伊織「はぁぁぁ!?」

44 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:33:27.14 tt2KGrTz0 27/42

伊織「バカじゃないの!? 目の前にやよいのパンツが落ちていたら普通は食べるでしょうが!」

「あはは。伊織の≪普通≫は許容範囲が広いなぁ。広すぎてボクじゃ溺れちゃうよ」

伊織「だーかーら! そこはあくまで例えばの話だって言っているでしょ!」

「もう止めよ? ≪例えば≫も溺死寸前だよ、きっと」

伊織「私は絶っっっっっ対に美味しいと思うの! 間違いないわ!」

「とりあえずその味覚で判断するところから止めようか。ねっ?」

伊織「なにそれ意味わかんない! アンタの思考回路はどうなっているわけ!?」

「ショート寸前かなぁ…」

45 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:35:04.84 tt2KGrTz0 28/42

伊織「むきぃぃぃ! なによ! もういいわよ!」

「……」

伊織「そもそもアンタみたいな凡人に私のエレガントな感性が理解できるわk」

「はぁ…」スッ

dotup.org1555821


「いいかい? 君はあんな可哀そうな子にはなっちゃダメだよ?」

『うんわかった! あんな可哀そうなおデコちゃんにはならないよ!』

伊織「ふんっ…!」グイッ

「うわぁぁぁごめん伊織! 謝るからこの子の首引き千切ろうとするのはやめて!」

46 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:35:52.94 tt2KGrTz0 29/42


【それでも世界は廻っていく】


ギャーギャー ワーワー

「いい加減にしろよ! 伊織!」

伊織「なによ! 私はただ本当のことを言っただけじゃない!」

「あっそうですか! だったらもう勝手にしろ!」

伊織「アンタに言われなくたって勝手にするわよ!」

伊織「「ふんっ!」」



伊織「……」

47 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:37:33.74 tt2KGrTz0 30/42

伊織「そういえば…」

「……なんだよ。まだなんか用?」

伊織「アンタにひとつ言い忘れていたことがあったわ」

「はいはい。どーせまたろくでもない悪口だろ」

伊織「……」

48 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:38:05.03 tt2KGrTz0 31/42



伊織「誕生日おめでとう。真」


「へっ?」


49 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:38:34.76 tt2KGrTz0 32/42

「……」

伊織「……」

「……」

伊織「なによ…///」

「あ、いやその…」

伊織「言いたいことがあるならはっきり言いなさいよね…///」

「……」



「えーと…」

50 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:39:24.09 tt2KGrTz0 33/42



「ボクの誕生日、だいぶ前に終わったんだけど」


伊織「へっ?」


51 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:40:21.90 tt2KGrTz0 34/42

伊織「……」

「……」

伊織「……」

「……」

伊織「え、ちょ、ちょ、ちょっと待って。今日って何月何日?」

「5月16日」

伊織「えっ」

「えっ」

伊織「なにそれこわい」

「いやそれボクのセリフ」

52 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:44:08.11 tt2KGrTz0 35/42

「まったく…改まって何を言い出すかと思えb」

伊織「そんなわけないでしょ…っ!!」ガシッ

「ひぃ!?」

伊織「だって昨夜寝る前は確かに8月28日だったはずよ…っ!! だから今日は8月29日…えぇそうよ!! 確かに私は確認したわ…っ!! 何度も何度も何度も何度も…」ブツブツ

「えっなにこれこわい…っ!!」(泣)

伊織「アンタね、下手なウソつくんじゃないわよ…っ!!」

「こんな馬鹿げたウソつくわけないだろぉ…っ!!」

「そもそもこないだ伊織の誕生日をみんなで祝ったばかりじゃないか!! 覚えていないの!?」

伊織「はぁぁぁぁ!? なにそれ!? それじゃアンタは私がいつのまにか16歳になったって言うわk」

P「伊織は15歳のままだぞー」カタカタ (デスクワーク中)

伊織「えっ」

「えっ」

53 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:45:10.48 tt2KGrTz0 36/42

P「いやだから、お前たちはずっと15歳と17歳のままだっt」

ガチャ

「……」

P「え、ちょ! だ、誰ですか貴方たちは! 勝手に事務所へ入っt」

ガシッ

P「んぅ!? んん~っ!!」ジタバタ

「本部へ。イレギュラーを確保しました。ただちに帰還します」

バタン






伊織「……」

「……」

54 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:45:47.80 tt2KGrTz0 37/42

伊織「……」

「……」

伊織「……」

「……」

伊織「なんか…話題を変えた方がよさそうね…」

「う、うん…ボクもそう思う…」

伊織「なんでもいいから好きなこと話していいわよ。アンタに任せるわ…」

「あ、えっと…そ、それじゃあ…」

伊織「……」

「……」

55 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:46:17.56 tt2KGrTz0 38/42



「きゃるる~ん! 私はまこりん星からやってきた愛の戦士まこりん!」


伊織「……」


56 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:46:48.02 tt2KGrTz0 39/42

「それじゃあいくよぉ! せーの…」

伊織「……」

「まっこまっこり~~~ん!」

伊織「……」

「えへへ♪ ありがとぉ~みんな~!」

伊織「……」

「……」

伊織「……」

「……」

57 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:47:15.90 tt2KGrTz0 40/42



「いや、なんでもいいから好きなこと話せって言ったのは伊織じゃないか」


伊織「限度があるわよ」


58 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:47:50.92 tt2KGrTz0 41/42



おしまい


59 : ◆3QFkN49T2. - 2018/06/10 21:48:23.84 tt2KGrTz0 42/42

以上です
最後までありがとうございました。

記事をツイートする 記事をはてブする