1 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:06:21.84 n8atqcnq0 1/20


アイマスSSです。
プロデューサーはP表記。

タイトルそのまんまです。えへ。



元スレ
P「真、おっぱいを揉ませてくれないか?」真「……はい?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528553181/

2 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:07:54.04 n8atqcnq0 2/20


P「聞こえなかった? 真のおっぱい、揉ませてくれないか?」

「いや、聞こえてますけど」

P「……」

「……」

P「……」スッ

「……」バッ

P「そんな間合いを取らなくても。大体、断りもなしに触るわけないだろ?」

「それなら少しは安心しました。もし触ろうとしてたら、これまで習ってきた空手のすべてをプロデューサーにぶつける所でした」


3 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:12:03.81 n8atqcnq0 3/20


「そもそも、前もって断っていたとしても、ダメに決まってますけど」

P「そんな……まこぱいぱい……」

「棒に乗ってやって来そうな人みたいに呼ばないでください。今のプロデューサー、どちらかというと亀仙人ですよね?」

「……大体、どうして急に揉みたいだなんて言ったんですか?」

「僕のその……お、おっぱい、を」

P「……」

「……」カアァ


4 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:13:21.75 n8atqcnq0 4/20


P「……いや、さっきテレビ見てたらさ、346プロの十時愛梨ちゃんと、283プロの月岡恋鐘ちゃんが出てきてさ」

「ああ……2人とも胸が大きいですよね」

P「それでふと思ったんだよ『ああ、おっぱい揉みたい……』って」

「思いっきり動機が単純で不純ですね」

P「えへへ」

「えへへじゃないですよ。最近、『えへへ』って言ったら何となく許されると思ってるでしょ」

P「やだ辛辣」


5 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:14:30.58 n8atqcnq0 5/20


「それで、レッスンから事務所に帰ってきたボクに、いきなり『胸揉ませろ』だなんて言ってきたんですか」

P「うん。でも2人目だな」

「最初は誰に?」

P「あずささん」

「ボクが言うのもアレですけど、ベストタイミングでしたね」

P「神に感謝したよ。おっぱい神様ありがとう、って」

「それで、あずささんは?」

P「事情説明したら、『プロデューサーさん、そういうのはメッですよ~』って笑顔で言われた」

「流石はあずささん、優しく受け流しましたね」

P「いや、背中から『ゴゴゴゴ』ってオーラが出てた。笑顔も怖かったし」

「うわぁ……」

P「バッド・コミュニケーション通り越して、ワースト・コミュニケーションだった気がする」


6 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:15:30.04 n8atqcnq0 6/20


「その次がボクですか?」

P「いや、その後真が来るまでの間に、何人かやって来た」

「へえ、誰が来たんですか?」

P「あずささんが帰ったあとやってきたのは……律子だな」

「律子にも聞いたんです?」

P「さっきのあずささんの件があったから、聞く勇気がなかった」

「あら、そうだったんですね」

P「それに律子だぞ? 胸揉ませろとか言った途端に、俺のPヘッドがBヘッドになりそうじゃん?」

「案外そうでもないかもしれないですよ? 『し、仕方ないですね。でも、ダーリンのためなら……』とか言うかも」

P「……」

「……」カアァ

P「……真、今のもう一回言っ「イヤですっ!!」///


7 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:17:08.19 n8atqcnq0 7/20


「次は誰です?」

P「やよい」

「ああ……」

P「流石に天使には聞けなかったよ……」

「もしやよいに尋ねたってプロデューサーが言ってたら、ボクは完全に幻滅してましたよ」

P「それに、やよいにお願いしたってバレたら、本当に命消してきそうな子が2人いるし……」

「……そうですね」

P「1人は確実に資本主義の力を全部ぶつけてきそうだよな」

「言ってることがよく分かんないですけど……でもまあ、五体満足ではいられなくないでしょうね多分」


8 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:19:07.40 n8atqcnq0 8/20


「大体プロデューサー、事務所の子の胸触ったことなかったんですね。早々に手を出してるのかと思ってました」

P「お前は俺を一体何だと思ってるんだ?」

「デリカシーもクソもない変態セクハラプロデューサーです」

P「何か一部は聞き覚えのあるひどいネーミングだな」

「えへへ」

P「君もえへへじゃないが」

「でもちょっと安心しましたよ。まだ誰にも手を出してないみたいで」

P「いや、何人か触ったことあるぞ」

「やっぱり全然ダメじゃないですか。ちなみに誰ですか?」

P「例えば……雪歩とか」

「」

9 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:22:55.50 n8atqcnq0 9/20


「よくそんな命知らずなことを……」

P「いや、老人ホームの営業のときに、天気がいいから外でゆっくりしたいって雪歩が言ってさ? そしたら雪歩が寝ちゃって。んで起こそうと体ゆすったときに、つい魔が差して……」

「それで、どんな感じでした?」

P「何が?」

「雪歩の……胸です」

P「何だ、真も興味あるのか」

「た、多少は……」

P「……」

P「……やーらかかった」

「おお……!」


10 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:24:06.55 n8atqcnq0 10/20


P「仰向けに眠る彼女の美しき双子山に、俺は目を奪われた。それはまさに絶景であった。しかし、何を思ったか、登攀したいという衝動に駆られた俺は、彼女の胸元に手を伸ばした。山の主は寝息を立てている。そのことが、バレたら大事になるという俺の一瞬の躊躇いを排除した。何よりも、そこに山があったからで」

P「いきなり8合目に到達した俺は、驚愕した。柔らかかった。決して貧相でない彼女の胸は、「え、本当にブラジャー着けてる?」って聞きたくなるほど、ただひたすらに柔らかかった。そして、彼女の胸は無垢であった。今までに何人も触れられなかった未踏峰である。その柔らかきこと、その清白たること、まさに誰にも踏み荒らされていない新雪のようで……」

「ストップ、ストップ。勝手に文語調にならないでください」


11 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:24:35.55 n8atqcnq0 11/20


「その時、雪歩起きなかったんですか?」

P「起きたよ。いや、起きてたって言った方が正確なのかな。必死に謝ったら許してくれた」

「よくもまあ、建築資材の一部にならずに済みましたね……」

P「でも、真なら雪歩に頼めば触らせてくれるんじゃないか?」

「そんなことしたら、雪歩にスイッチ入ってボクが逆に襲われますよ」

P「あるかも。『真ちゃん、やっと本気になってくれたのね!』って」

「……裏声にして再現度高めようとした努力は認めますけど、雪歩に謝ってください」

P「ごめん」


12 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:25:09.63 n8atqcnq0 12/20


P「話を戻すぞ。そしたら真がやって来た」

「相当強引に戻しましたね」

P「単刀直入にお願いするよ。真、おっぱいを揉ませてくれないか?」

「ここまで清々しいと、逆に尊敬しちゃいますよ」

P「えへへ」

「でも、ここまでの成り行きを考えたら、ボクだと何だか都合がよさそうだから、お願いしてみたってことですよね?」

P「ま、まあ、そうなるかな……」

「ノコノコやってきたボクに聞いてきたんですよね?」

P「何か当たりが強くない?」

「そんなことないですよーだ」ツーン


13 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:26:05.88 n8atqcnq0 13/20


「だって、ボクって胸がちっさいし? それに男っぽいし? ちょっと頼めば触らせてくれるとでも思ったんでしょ?」ツツーン

P「いや、真は女の子だろ? 普通に可愛いし」

「えっ」

「そ、そんな、急に言われるとボクだって……」テレテレ

P「って言うと、揉ませてくれるかなとはちょっと思った」

「はっ倒しますよ」

P「すまん」


14 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:26:58.59 n8atqcnq0 14/20


「ハァ……ボクのときめき、返してくださいよ……」

P「でも、真がマジで可愛い女の子だって、俺は本当に思ってるぞ」

「ふえっ」

P「……」ジッ

「はうっ」キュン


15 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:28:45.53 n8atqcnq0 15/20


「……いいですよ」

P「えっ?」

「だーかーら! ボクの胸、触ってもいいですよ?」

P「本当か!?」ズイッ

「わっ、び、びっくりした。そんなにがっつかないでください」アセアセ

P「でも、どうして急に……?」

「ボクも分かんないですよ。でも、いいかなって」アハハ

「さあさあ、早くしないと、ボクの気が変わるかもしれませんし!」


17 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:31:42.84 n8atqcnq0 16/20


「そうだっ。シャツ一枚になった方がいいですよね? いっそジャージも脱ぎます!」スルッ

P「おお……」ゴクリ

「そんなに食い入るように見られると、恥ずかしいですね……」カァ

P「レッスン後でシャツが汗ばんでるから、体のラインが……」

「詳しく説明しないでくださいっ! もうっ!」///

P「本当に、揉んでいいんだな?」

「はいっ! でも……優しくしてくださいね?」


P「……ああ」コクン


18 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:32:52.74 n8atqcnq0 17/20



P「それじゃあ、触るぞ」

「はいっ……///」ドキドキ

P「……」スッ


19 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:33:36.72 n8atqcnq0 18/20




P「ふおおーーっ!! まっ、まこっ、真ぉーーーーー!!!」モミモミモミモミモミ

「ぷ、ぷろっ、プロデューサーーーーーー!!!!!」




「勢いっ!!!」ドゴォ

P「へぶしっ!」


20 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:34:58.70 n8atqcnq0 19/20


P「」シュウウゥゥ……

「ハァ……ハァ……や、優しく触ってくださいって言ったじゃないですかあ……」

P「」ピクピク

「もう少し、ムードとか雰囲気とか、考えてほしかったなあ……これじゃあもう、台無しだよ……」

「……」

P『真は女の子だろ? 普通に可愛いし』

「えへへ……」テレテレ


「プロデューサー、今度は優しくしてくださいね?」ボソッ

P「……」


P(まこっぱい……やーらかかった……)


おわり


21 : ◆kBqQfBrAQE - 2018/06/09 23:36:22.28 n8atqcnq0 20/20



真のお胸は、ハリがあって、でも女の子らしい柔らかさがあると思います。フニフニしたいですね。



記事をツイートする 記事をはてブする