1 : 以下、名... - 2016/08/26(金) 17:57:39 BkbpSDh6 1/12


冬馬「完全に迷っちまったな……」

翔太「冬馬くーん、僕もうお腹すいて死にそうなんだけど」

冬馬「俺に言われてもどうしようもねぇよ」

北斗「せめてどこか休めるところでもあればな……」

冬馬「こんな山の中にそんなとこあるわけ……」

翔太「ねぇ、あれ家じゃない?」

北斗「本当だ……ちょっと行ってみよう」


2 : 以下、名... - 2016/08/26(金) 18:05:23 BkbpSDh6 2/12


翔太「すみませーん」

ガチャ

P「はいはいっと……こんな山小屋に何の用だ?」

冬馬「実は俺達道に迷ってしまって……」

P「はぁ」

北斗「もし良ければ、少しの間こちらで休息させてもらっても構わないでしょうか?」

P「ああ、構わないぞ。ただし条件を付けさせてくれ」

北斗「……その条件、とは?」

P「ウチには今13人の可愛い可愛い娘達が居るんだ」

P「その娘達とお前らの様な男達をひとつ屋根の下に置いとくというのはな……」

P「もしもお前達があの子達を見てムラムラっと来てしまった時は、お前達の命は無いものと思え」


3 : 以下、名... - 2016/08/26(金) 18:07:13 BkbpSDh6 3/12


冬馬「げっ、それってつまり……」

P「ああ、殺すぞ。それはもう残酷に」

翔太「あはは、そこまで言われたら流石の冬馬君でも変な気は起こせないね」

冬馬「そこまで言われなくても変な気なんて起こさねえっつの!」

P「とりあえずその条件に納得してくれるのであれば上がっていってくれ」


4 : 以下、名... - 2016/08/26(金) 18:31:30 BkbpSDh6 4/12


P「とりあえず空き部屋があるからそこ休むといい、じゃあ俺は少し営業に行ってくる」

北斗「ありがとうございます、お言葉に甘えさせていただきます」

P「まあ、分かってるとは思うが……くれぐれも頼むぞ。うちの可愛い娘達が心配でな」

北斗「ええ、分かっています。それでは」

━━━━━━━━━━━━

翔太「あのお兄さん優しい人で良かったねー」

冬馬「まあ少しだけ恐ろしいけどな……」

北斗「とりあえず仮眠をとって体力を回復させておくか」

冬馬「そうだな……」


5 : 以下、名... - 2016/08/26(金) 18:35:16 BkbpSDh6 5/12


「さて、真実隊員分かっているね?」コソッ

「準備オーケーであります、亜美隊長」コソコソッ

「とりあえず肉は定番っしょ→」

「じゃあこっちの金髪の兄ちゃんには米だね→。なんかテリーっぽいし」

カキカキ

「ふぅ……とりあえずこんなもんで勘弁しといてやるぜぃ」

「おとといきやがれ!」

「亜美ー、それ逃げる方のセリフじゃないっぽいYO」


6 : 以下、名... - 2016/08/26(金) 18:43:43 BkbpSDh6 6/12


「こっすもーすこーずもすとびだしていっく♪」

「ふんふんふーふふーん♪」

「あれ?人が…………っ!?」

「ひぃぃ!お、男の人!!」

「うっ、グスッ、うわああああああん」

━━━━━━━━━━
冬馬(ん……何か聞こえるな……何だこの天使のような泣き声は)

冬馬(天使の声が聞こえるなんて……ついに俺も魔法使いの仲間入りってことか……!)

冬馬「ってそんなわけあるか!おかしいだろ!」

「ひぃぃっ!!ご、ごめんなさいぃ」グスッ


7 : 以下、名... - 2016/08/26(金) 18:47:04 BkbpSDh6 7/12


冬馬「ちょっ、おま、とりあえず落ち着けって!」

P「……おい」

P「お前、ウチの雪歩に何をしているんだ?」

冬馬「Oh」

P「約束通りお前達はここで殺さなくちゃならない」

冬馬「待ってくれ!俺は別にムラムラっと来たわけじゃ……」

P「その股間のテントが何よりの証拠だ、この愚図が……」

冬馬「Oh , my son.」ビンビン


8 : 以下、名... - 2016/08/26(金) 18:50:31 BkbpSDh6 8/12


P「お前達3人ともぶっ殺してやる!」

「ぷ、プロデューサー!待ってください!これは私が勝手に怖がっていただけで……この人は悪くないですぅ」

P「雪歩、しかしだな……男と男の約束は守らなきゃいけないんだ。お前も知っているだろう」

「で、でもせめて生きられるチャンスくらいは与えてあげて下さい!じゃないと私、この人たちに申し訳なくて……」

P「雪歩がそこまで言うのなら……生き残るチャンスを与えよう」

P「……お前達3人にはこの山でフルーツを取ってきてもらう」

P「それを俺のところへ持ってこい」


9 : 以下、名... - 2016/08/26(金) 18:55:25 BkbpSDh6 9/12


━━━━━━━━━━━

翔太「全く……冬馬君のせいで危うく死にかけちゃったよ……それにしても果物なんてこの山にあるのかなー……」

翔太「あっ!さくらんぼだ!もう果物見つけちゃった��。お腹減ってるし少しだけ食べようかな……」パクッ

翔太「おいしい……これならあのお兄さんも納得してくれるかな!」

━━━━━━━━━━━━━

翔太「お兄さん!果物持ってきたよ!」

P「よし、じゃあそれをお前のケツの穴に詰めろ」

翔太「ええっ!?そんなの汚いよー!」

P「嫌ならいいんだ、お前の命がひとつ無くなるだけだ」

翔太「うっ、分かったよ……」

ズププ……

翔太「気持ち悪い……お兄さん、入ったよ」

P「よし、では帰れ」

翔太「うん、休ませてくれてありがとうね!」


10 : 以下、名... - 2016/08/26(金) 19:00:55 BkbpSDh6 10/12


北斗「リンゴを持ってきました……」スッ

P「よし、ではそれをお前のケツの穴に詰めろ。出来ればこのまま無事に帰らせてやる」

北斗「なっ……!あなたがそんな趣味をお持ちだとは……」

P「やるのなら早くしろ」

北斗「これは……入るのか?まあやるしかない、か」

ズププ……

北斗(きっ、キツすぎる……肛門と直腸が裂けそうだ)

北斗(だが、あと少し……あと少しで……)

ズプ……

北斗(入りきる…………ん?冬馬か、あいつは何を持ってきたんだr……)

北斗「ぶふぅっ!」

チャオ☆

P「惜しかったな、あと少しだったのに」

P「何故あそこまで入れておいて抜いてしまったんだ?」

北斗「だって……冬馬が……」


11 : 以下、名... - 2016/08/26(金) 19:01:41 BkbpSDh6 11/12



冬馬「ハァ、ハァ……こんだけデカイスイカならあのおっさんも文句ねぇだろ……」


おわり


12 : 以下、名... - 2016/08/26(金) 19:02:11 BkbpSDh6 12/12


お目汚し失礼しました。では。


記事をツイートする 記事をはてブする