1 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:02:26 b71 1/26

アイドルマスターシンデレラガールズです。

佐藤心「クリスマス」千川ちひろ「残念会」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1514095328/
http://ayame2nd.blog.jp/archives/21749973.html

これと世界観同じですが、読んでなくて問題ないです。
心さんとちひろさんがお友達です。

元スレ
千川ちひろ「さて、作りますよ」佐藤心「はい、先生」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1518440546/

2 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:02:58 b71 2/26

2月13日 夕方 デパート チョコレート売り場

ちひろ(……深い意味はないです。日ごろお世話になってるからそのお礼です)

ちひろ(んー。色々あって迷うなぁ)

ちひろ「あれ?」

留美「あら、ちひろさん」

美優「あ、お疲れ様です」

「おー☆ ちひろちゃんじゃん♪ おっつスウィーティー☆」

ちひろ「お疲れ様です。留美さん達はどうしてここに?」

留美「きっとちひろさんと同じ。バレンタインでしょう?」

ちひろ「あぁ、なるほど」

「うりうり~☆ 誰? 誰にあげるの? 誰にあげちゃうの~☆」

ちひろ「チッ……」

「おい☆ 舌打ちすんな☆」

美優「あはは……」

3 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:03:30 b71 3/26

ちひろ「結構な量買い込んでますけど、事務所のみんなにですか?」

美優「はい。みんなで交換しようって話になってて」

ちひろ「なるほど」

留美「ちひろさんの分もあるわよ」

ちひろ「本当ですか? じゃあ私も用意しなきゃいけませんね」

「ちひろちゃんが……? あの守銭奴の……!?」

ちひろ「心さんの分はなしで良いですね」

「ああ~もぉ~☆ 嘘に決まってんだろ☆」

ちひろ「めんどくせぇ……」

「おい☆」

美優「ふふっ」

「ん?」

美優「あ、すみません。心さんとちひろさんは本当に仲良しなんだなぁって」

「でっしょ~! もうマブ中のマブ☆」

4 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:03:52 b71 4/26

ちひろ「……」

留美「ちひろさんがなんとも言えない顔してるけど……」

「ごめんごめん☆ この子ってばツンデレだから☆」

ちひろ「あ、見てください。心さん。唐辛子チョコですって」

「え? それ、まさかはぁとの分……?」

ちひろ「えー、そんなつもりなかったんだけどなー、そんなにー、言うならー、これは心さんの分と言う事で」

「待って! 戻して! へい! プリーズ!」

ちひろ「お金勿体ないですもんねー! やっぱ無しです無し」

「も~、い・け・ず☆」

ちひろ「うわぁ、殴りたい」

留美「本当に二人は仲良しなのね」

美優「ですね」

5 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:04:22 b71 5/26

ちひろ「はぁ……。あ、ゴディバのコーナーですね」

美優「そう言えばツイッターで見かけましたけど、今年は義理チョコをやめようってゴディバが言ってましたね」

留美「ゴディバを義理チョコに送るのはそうないと思うのだけど」

ちひろ「あれは義理チョコで他のメーカーのチョコを買うのではなくて、本命にゴディバを買いましょうって戦略ですよ」

「あー、そういう事なのか。なるほどなぁ……」

留美「確かにゴディバなら本命だってわかってもらそうよね」

「確かに☆ 他に本命っぽいのだと……」

美優「手作りじゃないですか?」

「だよね☆ やっぱ手作りは本命っぽいよね☆」

留美「美優、心さん」

美優「はい?」

「ん?」

留美「この歳で手作りは重いわ」

ちひろ「ですね」

美優「そうですか?」

6 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:04:50 b71 6/26

ちひろ「手作りが許されるのは付き合ってる方へのチョコか、お金のない学生の子が気持ちを込める時だけですよ」

留美「ちひろさんの言う通りよ。私達は働いてお金を稼いでるわけだから、手作りだと想いが重すぎるの」

美優「そんな事ないと思うんですが……」

美優「心さんはどう思いますか?」

「えっ!?」

美優「? 手作りチョコです」

「あ、あぁ! うん! いやぁ、はぁとは良いんじゃないかなーって、思ったり思わなかったり……?」

ちひろ「どっちですか」

「あ、あははー……」

留美「でも私達の歳で本命って事はそのまま結婚も考えるでしょう?」

留美「付き合ってもいない人にいきなり結婚を、って言うのは重いわ」

美優「そうでしょうか……」

「……」

7 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:05:30 b71 7/26

ちひろ「そうですよ。だからゴディバの義理チョコはやめましょうってマーケティングが成り立つんですよ」

「な、なるほど……」

美優「私は手作りって良いと思うんですけど……」

留美「手作りは付き合ってからにしておくのが無難みたいよ」

美優「うーん……」

ちひろ「あ、これ美味しそう」

「どれ?」

ちひろ「これです」

「おー、確かに☆ でも結構良いお値段するね……ひーふーみー……」

ちひろ「心さぁん♪」

「……」

ちひろ「なんですかその微妙な顔」

「気持ち悪いなぁって☆」

ちひろ「殴りますよ」

「めんごめんご☆ で? なに?」

ちひろ「私への本命チョコはこれでお願いします♪」

美優留美「「!?」」

「い・や♪」

8 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:06:07 b71 8/26

美優「ほほほほんめい!?」

留美「え、二人ってそういう……?」

ちひろ「え? ……! ち、違います!」

「ごめんね、留美ちゃん、美優ちゃん。ちひろちゃんって時々こういう妄言が飛び出す悲しい病気なの。優しくしてあげよ?」

美優「ち、ちひろさん……」

留美「そう……だったの……」

ちひろ「違います! 違いますから! 心さんも何吹き込んでくれるんですか!」

「てへ☆」

美優「え、じゃあ本命って言うのは本当……?」

ちひろ「それも違います! 私はただこのチョコが食べてみたいけど自分で買うのにはちょっとお値段がって思ったからです!」

留美「だから心さんにねだったと」

ちひろ「その通りです!」

美優「それはそれでどうなんでしょう?」

留美「それだけちひろさんと心さんの仲が良いって事かしら」

「この娘ってはぁとと一緒だといつもこんな感じだぞ☆」

ちひろ「くそぅ……つい油断してしまった……」

9 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:06:32 b71 9/26

「……ねぇ、ちひろちゃん。ちょいちょい」

ちひろ「はい?」

「あ、ごめんね、二人とも☆ はぁと達ちょっと用があるからここでお別れね♪」

美優「? そうなんですか?」

ちひろ「え? 用って?」

「シーッ!」

留美「あぁ、そういう事ね」

留美「……二人には二人だけの関係があるのよ、行きましょう、美優」

美優「二人だけの……、それって……!」

ちひろ「!?」

ちひろ「ち、ちがっ!」

美優「ちひろさん!」

ちひろ「は、はい!?」

美優「頑張ってくださいね!」

ちひろ「え、なにを……」

「んじゃ、また明日ね~☆ ばいば~い☆」

留美「えぇ、また明日。お疲れ様」

美優「私は応援してますから!」

10 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:06:52 b71 10/26

ちひろ「……」

「おー☆ 美優ちゃんは盛大に誤解してたっぽいねぇ」

ちひろ「何してくれるんですか!?」

「あはは、ごめんごめん☆」

「でも留美ちゃんは分かってたっぽいし、大丈夫っしょ☆」

ちひろ「明日事務所に行って、ホワイトボードに心さんと相合傘でも書かれてたら私は即刻辞めますからね」

「そんな子供っぽい事しないってば☆ 大丈夫大丈夫☆」

ちひろ「その根拠のない自信はどこから……」

「それよりさ」

ちひろ「はい?」

「手作りって……ダメ?」

ちひろ「プロデューサーさんにですよね?」

「うん……」

11 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:07:26 b71 11/26

ちひろ「心さんなら良いと思いますよ」

「はぁとなら? なんで?」

ちひろ「だって付き合ってるようなもんじゃないですか」

「!?」

「つつつ付き合ってないし!」

ちひろ「えぇ……。めんどくさいな……」

「めんどくさい言うな☆」

ちひろ「プロデューサーさんの事、好きなんですよね?」

「そりゃまぁ……好きか嫌いかで言われたら……その……」

ちひろ「好きなんですよね?」

「好きです!」

ちひろ「じゃあ大丈夫です」

「でも、付き合ってないのに手作りは重いって留美ちゃんが……」

ちひろ「お二人なら問題ないです」

「なんで?」

ちひろ「バカなのかな、こいつ」

「おい☆ なんだと☆」

ちひろ「すみません。つい本音が」

12 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:08:14 b71 12/26

ちひろ「とにかく! 心さんなら問題ありません!」

ちひろ「どうせ手作りの材料とか買ってあるんですよね?」

「あ、バレた?」

ちひろ「ホント単純だなこいつ」

「てめぇ☆ なんて言った☆」

ちひろ「初々しくて可愛いなって言いました」

ちひろ「とにかく! 心さんなら大丈夫なんで、思う存分作ってください!」

「あ、はい」

ちひろ「じゃあ私はこれで」

「待って☆」

ちひろ「……離してくれませんか?」

「だって離したら帰るでしょ?」

ちひろ「はい。それはもう迅速に」

「チョコ作るの……手伝って♪」

ちひろ「嫌」

「おい、早いぞ☆」

ちひろ「嫌なもんは嫌です。じゃあさよなら、さよなら、さよなら」

13 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:08:49 b71 13/26

「待ってって言ってるでしょぉ~……!」

ちひろ「は~な~し~て~……!」

「良いの!? ここで『捨てないで!』って泣き叫ぶよ!?」

ちひろ「それなら私は『襲われる』って叫びますよ!?」

ちひろ「「ぐぬぬぬ……!」」

「いーじゃん! ちょっと手伝うだけじゃん!」

ちひろ「嫌ですよ! なんで心さんの乙女回路に付き合わなきゃいけないんですか! 砂糖吐くわ!」

「しゅがーはぁとだけにってか☆」

ちひろ「やかましいわ!」

14 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:09:15 b71 14/26

「お願い! さっきのチョコ買ってあげるから!」

ちひろ「!」

ちひろ「くっ……! いや、でも……。しかし……!」

「ご飯も奢るから!」

ちひろ「ぐぬぬ……!」

「ちひろちゃんが今度コスプレする時にははぁとが衣装作ってあげるから!」

ちひろ「はぁ……。わかりましたよ」

「ホント!?」

ちひろ「その代わり! さっきの約束忘れないでくださいよ」

「任せて☆」

「んじゃ、早速チョコ買ってはぁとの家へレッツゴー☆」

ちひろ「はぁ……私ってば心さんには甘いなぁ……」



15 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:10:04 b71 15/26



心 アパート

「では、これより『ガトーショコラ』作成に入ります」

ちひろ「作れるんですか?」

「んー……。わかんない」

ちひろ「レシピは?」

「ほい、これ」

ちひろ「ん……? これって誰から聞いたんですか? 心さんの字じゃないですよね? 愛梨ちゃんとかな子ちゃんでもないし。菜々さん……でもないですね」

「よっちゃんから☆」

ちひろ「よっちゃん? ……あぁ、妹さんですか」

「うん☆」

「最初は愛梨ちゃんかかな子ちゃんに聞くつもりだったんだけどさ、被っても嫌だなぁって思って」

ちひろ「だから妹さんにですか」

「そゆこと☆」

16 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:10:44 b71 16/26

ちひろ「本気の本命じゃないですか」

「えへへっ」

ちひろ「うわやだ気持ち悪い」

「おいコラ☆」

ちひろ「冗談ですよ、冗談」

ちひろ「で? 私は何をすればいいんですか?」

「一緒に作ってほしいんです」

ちひろ「はい?」

「はぁとと一緒にガトーショコラ作ってください」

ちひろ「はぁ? それじゃ本命の意味ないじゃないですか」

「うまく行く自信がないからまず練習したい……」

「その後にはぁとが自分一人で作る」

ちひろ「うわぁめんどくせぇ……」

「……ごめんね?」

ちひろ「……まぁいいですよ」

17 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:11:08 b71 17/26

ちひろ「二回作るなら早くやっちゃいましょう。朝になっちゃいますよ」

「うん♪」

「じゃあ、はぁとは湯煎するからちひろちゃんはメレンゲ作ってくれる?」

ちひろ「はい。ハンドミキサーどこですか?」

「ほい☆」

ちひろ「え? ただの泡だて器ですよね、これ」

「ハンドミキサーなんてものはない!」

ちひろ「は?」

ちひろ「人力でメレンゲ作れと?」

「うむ☆ 二回もやりたくないから一回目はちひろちゃんがやって☆」

ちひろ「ははは、ぬかしおる」

ちひろ「心さんへの怒りを込めて泡立ててあげますね!」

「怒りはやめて☆ 美味しくならない気がするぞ☆」



18 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:11:35 b71 18/26



一時間後

「さて、出来上がったものがこちらになります」

ちひろ「わぁ、お約束」

ちひろ「でも良い感じに出来ましたね」

「だね☆ 初めてにしては上出来、かな?」

ちひろ「頂いても?」

「どうぞどうぞ☆ ってか一緒に食べよ☆」

ちひろ「はい。お皿どうぞ」

「ありがと☆」

ちひろ「「いただきます!」」

「ん~♪ スウィーティー☆」

ちひろ「結構美味しいですね! 甘さも丁度良くて良い感じです!」

「だね☆ さっすがちひろちゃん☆」

19 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:12:12 b71 19/26

ちひろ「いやいや、このレシピが優秀なんですよ。かなり簡単ですし。教えてくれた妹さんに感謝ですね」

「うん♪ さっすがはぁとの自慢の妹☆」

ちひろ「あー、生クリームあったらもっと良かったかも」

「確かに☆ これでも充分だけど、生クリームとか欲しい☆」

ちひろ「あります?」

「ない!」

ちひろ「ですよねー」

ちひろ「ま、充分美味しいですし、これならプロデューサーさんも喜んでくれますよ」

「だと良いなぁ……♪」

ちひろ「ふふっ。頑張ってくださいね?」

「おう☆」

ちひろ「さて、じゃあ私はそろそろ帰りたいんですが、後片付けはどうしましょうか?」

「あー、気にしないで☆ これからはぁと一人で作ってみるし」

20 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:12:31 b71 20/26

ちひろ「すみません、じゃあお願いします」

「いいってば☆ 巻き込んだのははぁとだしね」

「今日はありがとね。お仕事終わってからだったのに」

ちひろ「美味しいガトーショコラをご馳走になったので気にしないでください」

「……ありがと☆」

ちひろ「じゃあ、私はこれで。おやすみなさい、心さん」

「うん、おやすみ☆ 気を付けて帰ってね☆」

ちひろ「はい、じゃあ失礼します」

「また明日ね☆」

「さて……。じゃあもうひと踏ん張りしますかねっと」



21 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:12:53 b71 21/26



2月14日 事務所

ちひろ「たくさん貰ってますね」

モバP(以下P)「あはは、ありがたい事にたくさん貰っちゃいました」

ちひろ「私からもありますけど、どうですか?」

「いいんですか?」

ちひろ「はい♪ 遠慮なくどうぞ。ブラックサンダーです」

「ありがとうございます!」

ちひろ「お返しは3倍でお願いしますね♪」

「3倍でも100円くらいじゃないですか」

ちひろ「たくさん貰ってるみたいですし、ホワイトデーの出費が大変そうなので少しでも減らしてあげようかなと」

「お気遣い感謝します。でも、せっかく頂いたのでもうちょっとしっかりしたものお返ししますよ」

ちひろ「気にしなくていいですから」

ちひろ「それに、もっとすごいの来ますから」

「すごいの?」

ちひろ「こちらの話です」

22 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:13:19 b71 22/26

「お疲れ様~……げっ、ちひろちゃん居るし……」

ちひろ「お疲れ様です。そして居ちゃ悪いですか」

「そんな事ないけど……」

「お疲れ様です、心さん」

「あ、プロデューサーみっけ☆」

「あ、すみません。探させちゃいましたか。俺に用ですか?」

「えっと……その、これ……」

ちひろ(ん……?)

「ゴディバじゃないですか。高いのに良いんですか?」

「プロデューサーには日ごろお世話になってるからね☆」

「ありがとうございます。お返しは期待しててくださいね」

「お☆ そんな事言われるとはぁとってば期待しちゃうぞ~☆」

「心さんに喜んでもらえるお返し見つけておきますよ!」

「うむ☆」

ちひろ「プロデューサーさん、ちょっと心さん借りますね」

「え? はい?」

ちひろ「おい、佐藤。会議」

「……ウス」



23 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:13:44 b71 23/26



廊下

ちひろ「説明」

「失敗しました」

ちひろ「モノは?」

「一応持ってきたけど……」

ちひろ「出せ」

「ウス」

ちひろ「? 見た目変わらないじゃないですか」

「うん……。でもなんかちひろちゃんと作った奴ほど美味しくなくて……」

ちひろ「手作りで大事なのは味より気持ちですよ」

ちひろ「気持ちは込めたんですよね?」

「それはもう!」

ちひろ「じゃあ大丈夫です。渡してきてください」

「でもあんまり美味しくなくて……」

ちひろ「心さん? これで渡さなかったら手伝った私にも、レシピ教えてくれた妹さんにも会わせる顔なくなりますよ」

「はい……」

24 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:14:10 b71 24/26

ちひろ「ほら! 女は度胸です! 大丈夫ですよ、プロデューサーさんなら喜んでくれますから!」

「ホント……?」

ちひろ「ホントホント。さ、渡して来い」

「うー……」

ちひろ「ほら! 早く! あんたもう26でしょ! 何今更乙女ぶってんだ!」

「女の子は何歳になっても乙女ですぅー!」

ちひろ「片腹痛い」

「てめぇ☆」

ちひろ「あぁ、めんどくせぇ。プロデューサーさーん!? 心さんがお呼びですよー!」

「ちょおおお! おまっ! お前! 何してんの!?」

「はい?」

「ぎゃあっ!」

ちひろ「ぎゃあって……そんな声出さないでくださいよ、自称乙女……」

「え? 俺なんかまずいとこに来ました?」

ちひろ「そんなことはないです。心さんが話あるそうなので、屋上へどうぞ」

「? はぁ、そうなんですか?」

「えっ!? いやっ!? そ、その……?」

25 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:14:33 b71 25/26

ちひろ「あ、このゴディバは本当は私宛らしいので貰っておきますね」

「えっ……。はい、わかりました……?」

ちひろ「ほら、さっさと行った行った」

「……いつか泣かすからな」

ちひろ「やれるもんなら」

(相変わらず仲が良いなぁ……)

「その……じゃあ、屋上行こ……か」

「はい」

ちひろ「はぁ……ようやく行ったか」

ちひろ(まったく世話が焼ける……)

ちひろ(これは妹さんも手を焼いてるでしょうねぇ……)

ちひろ「あ、さすがゴディバ。高いだけあって美味しい」

End

26 : 名無しさ... - 2018/02/12 22:17:15 b71 26/26

以上です。

デレステで心さんのイベントあったり、色々忙しかったりで一ヶ月以上何も書いてませんでした。こんなの久しぶり。

もうすぐバレンタインデーですね。私は貰う宛がないので自分でガトーショコラ作ってました。メレンゲ作るのマジ大変。

では、お読み頂ければ幸いです。

記事をツイートする 記事をはてブする