1 : 以下、名... - 2018/02/14 10:18:38.70 nFxHvuRk0 1/14

花陽「けど凛ちゃんがなりたいと思ったことなんだもんね…花陽、全力で応援するね!」

「ありがとにゃー!」

花陽「私もサポートするからね。頑張って不良になってね」

「うん!」

元スレ
凛「決めた!凛、不良になるね!」花陽「フリョウニナッチャウノォォ!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518571118/

2 : 以下、名... - 2018/02/14 10:21:40.26 nFxHvuRk0 2/14

「ふーん。それで不良になろうと?」

「うん!希ちゃんもみたことある?学校の先生が…でね、教え子たちがみんな問題児で気がつけばいつもみんなで走ってる学園ドラマがあるんだよ!」

「みたことあるよ。ごく…なんとかせん?みたいな」

「うん!ごく…なんとかせん?みたいな!」

「そっか…凛ちゃんが不良に」

「うん!凛が不良に!希ちゃんも応援してくれる?」

「凛ちゃんがやりたいことを見つけたんだよね?応援しないわけないやん?」

「希ちゃん大好きにゃー!ありがとー!」

「凛ちゃん、頑張ってね」

「うん!とりあえず不良っぽくみんなを睨むにゃー」

「むむむむむっー」ぷくぅ

「わー、凛ちゃんこわーい」

「本当に!?凛、ちょっとは不良に近づいたかな?」

「うん。近づいたんじゃないかな」

「やったー!凛、不良に少し近づけたにゃー!」

「うん!この調子だと不良になりすぎて明日にはのーもあくらいだね!」

「けど…困ったね」

「えっ…」

3 : 以下、名... - 2018/02/14 10:25:10.74 nFxHvuRk0 3/14

「う、ううん!なんでもないんやけど…えっと」

「水臭いよ希ちゃん!悩んでることがあったらなんでも言って欲しいな…ねっ?」

「凛ちゃん…ありがと」

「ねぇ、教えて…どうかしたの?それとも…凛、希ちゃんに何かしちゃった?」

「ううん。そんなんじゃなくて…ひとつ心配なことがあってね」

「…心配?なにが心配なの?」

「花陽ちゃんのことなんやけど…」

「えぇっ!?かよちんがどーしたの!」

「うん。凛ちゃんが不良になるってことは…花陽ちゃんが悪い不良に捕まるやん?」

「えぇっ!?凛が不良になるとかよちんが悪い不良に捕まっちゃうの?」

「うん。だって、ドラマとかでもあるんじゃないかな?不良の幼馴染が隣の高校の悪い不良に捕まるシーン」

「!!」

「ほんとだ、かよちんは幼馴染だし捕まるかもしれない…」

5 : 以下、名... - 2018/02/14 10:27:01.08 nFxHvuRk0 4/14

「凛ちゃんは不良だから怖くないかもしれないけど、不良じゃない花陽ちゃんは凛ちゃん以外の不良の子達に囲まれたら…」

「ダレカタスケテェ…だ、だめだ!凛、不良になれないにゃ!」

「えっ?どうして?」

「かよちんを危険な目にわすなんて絶対だめ!この世で1番やっちゃいけないことだよ!」

「そうなんや…じゃあ、凛ちゃんは不良以外のものになった方がいいかもね?」

「うん!凛、不良以外のものになることにするにゃー」

「うんっ。そうやな」にこにこ

カツ、カツ、カツ…

絵里「…」ガシッ

「ん?」

絵里「ナイスハッスルよ、希」グッ!

「(にこっ)」

「?」

「あっ、そうだ!凛、不良をやめることをかよちんに伝えてくるね!」

ダッダッダッダッダッ…

「後輩が間違った道を進もうとしてたら正してあげるのが先輩の役目やん?」

絵里「えぇ、全くその通りだわ」

「うんっ」

花陽「あれー?凛ちゃんはどこだろ…もっと不良になるために3年生の教室の前をウロウロするって言ってたからてっきりここにいると…」

絵里「花陽、どうかしたの?」

6 : 以下、名... - 2018/02/14 10:30:02.39 nFxHvuRk0 5/14

花陽「うん!あのね、凛ちゃんが不良になるって言ったからどんな事をすれば不良になれるか調べたの。それを教えに来て…」

「そうなんや。けど、一足違いやったね。凛ちゃん、不良になるのをやめるって花陽ちゃんに伝えるために1年生の教室に向かっていったよ」

花陽「ピャア!?って…えぇ!凛ちゃん、不良になるのをやめたの?」

「うん。やめたって」

絵里「やめたみたいよ」

花陽「そんなぁ…けどどうして?あんなに不良になりたがってたのに…明日にはのーもあらりいだってすごく張り切ってたし」

絵里「花陽が隣の高校の不良に捕まるからよ」

花陽「えぇっ!」

「幼馴染って捕らえられるやん?」

花陽「そっか…私は幼馴染だから不良に捕まっちゃうんだ」

絵里「そう。捕まってしまうの」

花陽「うっ…うぅ、私のせいで凛ちゃんが不良になれないんだ…。私が…私が隣の高校の不良に捕まるばっかりに」

「元気出して。ね?」にこっ

絵里「そうよ。そもそも不良になんてならない方がい…」

花陽「わかった!」

絵里「い…えぇ?」

花陽「私が捕まらないように努力すれば凛ちゃんが不良になれるよ!」

「!!!」

絵里「…」

花陽「私、凛ちゃんのために捕まらないよう努力する!だから凛ちゃんに安心して不良になってねって伝えてくるね」

「いや…えっと」

絵里「そう、なら急がないと」にこっ

「えっ…ちょっとエリチ!」

7 : 以下、名... - 2018/02/14 10:35:09.85 nFxHvuRk0 6/14

花陽「うん!急いで凛ちゃんに伝えてくる!」

絵里「えぇ。けど…困ったわね」

花陽「えっ、どうして?」

絵里「猫よ」

花陽「ねこ?」

「ねこ…?」

絵里「ほら、不良ってよく捨て猫を助けるでしょ?」

花陽「えっ?」

「助けるね」

花陽「えぇっ?そうなの?」

絵里「えぇ。助けるわ」

花陽「助けるんだ…」

絵里「そう。助ける…けれど凛は…」

「あっ、ねこアレルギーや」

絵里「そう」

花陽「と、いうことはつまり…凛ちゃんが不良になって捨て猫を助けちゃうと、くしゃみが止まらなくなる!」

絵里「そうなの…」

花陽「あっ…あわわ」

絵里「アレルギーを甘く見てはいけないわ。」

「そうやね…甘く見ちゃダメやね」

花陽「アレルギー…」

花陽「私が隣の高校の不良に捕まらないように気をつけたら凛ちゃんは不良になれる。けど、それだと凛ちゃんが猫アレルギーを発症しちゃう」

花陽「私が隣の高校の不良に捕まらないばっかりに凛ちゃんのくしゃみが止まらなくなったら私…ぐすんぐすん」

絵里「アレルギーで苦しむ凛と、その凛の姿をみて悲しむ花陽…どちらの姿も私には耐えられない!」

「うちもエリチと同じ気持ちやね」

絵里「大切な…大好きな後輩だから…」

花陽「絵里ちゃん、希ちゃん…」

8 : 以下、名... - 2018/02/14 10:39:38.30 nFxHvuRk0 7/14

花陽「私はどうすればいいのかな…凛ちゃんや絵里ちゃんや希ちゃんのためになにができるんだろ…」

絵里「答えは1つ。そうでしょ?」

花陽「うん!私が捕まらないようにすると凛ちゃんがアレルギーを起こしちゃうから、不良に捕まらないように気をつけるのをやめるね」にこっ

「グッジョブ!」

絵里「(グイッ)」

花陽「?」

花陽「猫アレルギーで可哀想な思いをするりんちゃんをみたくない…」

絵里「そうね。私も見たくな…いいえ、ちょっと待って」

花陽「あっ、そっか…。けどそうすると凛ちゃんが不良になれない…」

絵里「そうね…」しゅん

「そうやね…」しゅん

花陽「どうすれば…」

「その話はもういいにゃ!」

花陽「あっ、凛ちゃん!」

「凛、間違ってた…かよちんが危険な目にあうくらいなら不良になんてならない!」

花陽「凛ちゃん…けど、私は私のせいで凛ちゃんが不良になれないのが悔しい…」

「えっ…」

花陽「でもね、私が隣の高校の不良の子達に捕まらないようにしたらりんちゃんは不良になれる。けど、猫アレルギーの凛ちゃんを苦しめちゃう…」

「ね、猫アレルギー…?」

花陽「うん。不良は捨て猫を助けるでしょ?そうするとアレルギーが出ちゃうって…」

「あっ…そっか。不良は猫を助けちゃうにゃー」

花陽「うん…助けちゃうの」

「けどかよちん、凛のことを考えてくれてるんだね?」

花陽「当たり前だよ!だって、私は…私は…」

花陽「あれ…待って」

「ん?どーしたの?」

花陽「私も不良になればいいんだ…」ぼそっ

「にゃ?」

絵里「えぇっ!?」

「ちょっ、花陽ちゃん!!」

9 : 以下、名... - 2018/02/14 10:47:02.35 nFxHvuRk0 8/14

花陽「私も凛ちゃんと一緒に不良になればいいんだよ!」

「本当にゃ…かよちんが不良になれば幼馴染のかよちんが隣の高校の不良に捕まることもない」

花陽「それに、捨て猫は不良である私が責任を持って飼い主さんをみつけるよ!これで凛ちゃんの猫アレルギー問題も解決だね」

のぞえり「!!!」

「この手があったにゃ!」

花陽「この手があったね!凛ちゃん!」

「じゃあかよちん…凛と一緒に不良になってくれますか?」

花陽「うん!もちろんっ!」

「かよちーん!!!」

花陽「ふふっ、なーに?りんちゃーん」

「エリチ…」

絵里「まずいわ…このままでは私たちの愛する後輩が不良になってしまう」

「バスケ部に襲いかかって泣きながら崩れ落ちバスケがしたいですと呟き…」

絵里「湘南を爆走したのち、グレートティーチャーに…なんとか…なんとか止めないと」

にこ「何?ここは三年生の廊下よ」

りんぱな「にこちゃん!」

絵里「にこ!」

「にこっち!」

にこ「えっ?ちょっ、なに?」

「あのね、にこちゃん!凛とかよちんは不良になったんだよ」

花陽「うんっ!」

絵里「そう、このままでは凛と花陽が不良に…」

「にこっち!」

にこ「不良?ふーん。まぁがんばんなさい」

りんぱな「うん!」

絵里「ちょっとにこ!」

「にこっち…」

にこ「けど…困ったわ…」

のぞえり「んっ…?」

「えっ…」

花陽「なにが困ったの?」

にこ「…えぇ。真姫ちゃんのことよ」

のぞえり「!!!」

りんぱな「真姫ちゃん?」

「真姫ちゃんがどーしたの?」

10 : 以下、名... - 2018/02/14 10:50:42.65 nFxHvuRk0 9/14

にこ「ほら、真姫ちゃんは優等生だしお金持ち…それに、お父さんがお医者さんでしょ?」

花陽「う、うん…」

「それがどうしたの?凛とかよちんは不良になっても今まで通り真姫ちゃんとお友達だよ!」

にこ「それが問題なのよ!」

「えぇっ!!」

にこ「不良と仲良くすることで家庭は荒れ、真姫ちゃんはご両親に歯向い…なんやらかんやらあって離婚し、路頭に迷った真姫ちゃんのお父さんは医師免許剥奪よ」

りんぱな「!!!」

にこ「真姫ちゃんっ…ぬぁんて可愛そうなの!!」ぐすぐす

絵里「にこ!」

「さすがにこっちや!」

にこ「ふっふっ。そーでしょそーでしょ」

海未「それだけではありません!」

「海未ちゃん!」

花陽「ドッカラデテキタノォォォ!?」

海未「穂乃果は和菓子屋の娘。不良の後輩と仲良くしているところを見られお店の評判は落ち経営は悪化。お店を畳むことになるでしょう。そして、なんやらかんやらで離婚することになります」

「そんなぁぁ!」

花陽「穂乃果ちゃんちのお饅頭が食べられなくなっちゃうの?」

海未「はい。それに、ことりのお母様は理事長」

花陽「あっ!」

11 : 以下、名... - 2018/02/14 10:55:04.12 nFxHvuRk0 10/14

にこ「不良の子達と仲良くしてるなんて教育委員会のえらいメガネの人に知られちゃったらどーなるのよぉぉ!!」

海未「理事長の席を降ろされ…なんやらかんやらあり離婚します」

にこ「するわね」

海未「しますね」

花陽「するんだ…」しゅん

「しちゃうんだ…」しゅん

絵里「するわね」

「間違いなくしちゃうね」

「ど、どうなるにゃ…」ぶるぶる

花陽「凛ちゃん…」ぶるぶる

絵里「あっ!それに…希は巫女さん…」

りんぱな「!!」

「あっ…不良の二人と仲良くしてることが知られたら…」

花陽「ひぃぃっ!!!」

絵里「巫女をやめさせられ、なんやらかんやらありご両親は離婚」

「!!」

にこ「海未のご家族も怒るんじゃない?」

海未「はい…母は私と口を聞いてくれなくなるでしょう。そしてなんやらかんやらあり離婚…」

花陽「!!」

絵里「そうね。私には可愛い妹の亜里沙それに…にこには…ううっ…ぐすっ」

にこ「うちには…ひっ、ぐすっ…まだまだ育ち盛りのこころとここあと虎太郎がいるっていうのにぃぃぃ!!」

海未「捕まりますね」

「なんやらかんやらで捕まるね」

花陽「ツカマッチャウノォォォ!、」

にこ「そーよ!私の可愛い妹と弟が隣の高校の不良たちに捕まるぅぅぅ!!!」

絵里「亜里沙ぁぁぁ!!」

12 : 以下、名... - 2018/02/14 10:59:56.06 nFxHvuRk0 11/14

花陽「ど、どうしよう…」ぶるぶる

「凛たちが不良になることでみんなに迷惑をかけてしまうにゃ…」ぶるぶる

花陽「それじゃあ…私たちの気持ちは一緒だよね…凛ちゃん」にこっ

「うん!」

「凛と!」

花陽「花陽は!」

りんぱな「永遠に不良にならないことを誓います!」

絵里「そうね。とりあえず…」

絵里「あなた達は日本一の高校生になりなさい」

りんぱな「うん!」

「なんの日本一の高校生になろうかな…そうだ!かよちん、凛と一緒に考えてくれないかにゃ?」

花陽「うん!じゃあ私のも一緒に考えてね」

「もちろん!」

花陽「じゃあ一年生の廊下に戻るね」

「お邪魔しました!」

花陽「うん!じゃあ放課後ね」にこっ

絵里「えぇ、放課後に」にこっ

・・・・・。

絵里「ナイスハッスルだったわ。にこ、海未」

「うん、さすがやね」

にこ「あったりまえよ!私を誰だと思ってるの?」

海未「二人が素直ないい子でよかったです」

「そうやね」

13 : 以下、名... - 2018/02/14 11:03:09.06 nFxHvuRk0 12/14

絵里「一体どんな日本一の高校生になるのかしら」

にこ「日本一のアイドルの座は譲らないわよ!」

ピロンッ

海未「ん?ことりからです…。」

にこ「なに?どーしたの?」

海未「えっと…。ま、まさか…」

絵里「どうしたの?」

にこ「なに?一体どう…ぬぁんですって!!」

絵里「そう…」

「今度は穂乃果ちゃん…やね」







穂乃果「どう!カバンをこうやって持つと不良にみえる?」

ことり「うんっ!みえるみえる!」

真姫「みえるんじゃない?」

穂乃果「やっぱり?よぉぉし!穂乃果も、あのドラマみたい今日から不良になるよ!」

14 : 以下、名... - 2018/02/14 11:05:44.17 nFxHvuRk0 13/14

ことり「うんっ!頑張ってね、穂乃果ちゃん。けど…」

穂乃果「けど?」

真姫「私たちは大丈夫だけど、凛と花陽は怖がるんじゃない?」

穂乃果「えぇっ!」

ことり「うん。私もそう思う…不良になったら、今みたいにお話ししてくれなくなると思うな」

穂乃果「そうなの!?」

ことり「2人のことだから子鹿みたいにビクビク怖がりながら話しかけてくるよ。高坂さん…おはようございます…って」

真姫「それならマシよ。むしろ話しかけてもらえるかどうか」

ことり「凛ちゃんと花陽ちゃんが可愛そうだよぉ…」

真姫「…」

穂乃果「うーんじゃあ…穂乃果、不良になるのやめる」

ことり「うんっ!そうだね!やめちゃおー!」

穂乃果「うん!やめちゃおー!」

ことり「はぁ…よかった」

真姫「はぁ…何よこれ。こんな遠回しなやり方じゃなくてバカじゃないの?ってハッキリ言えばいいじゃない」

ことり「はっきり否定しちゃえば反発して逆効果だって絵里ちゃんが」

真姫「確かに不良ってそういうものだけど…はぁ」

ことり「ふぅ…これで穂乃果ちゃんの不良問題も解決だねっ!」

穂乃果「うん!」

真姫「くだらない」

おしまい

15 : 以下、名... - 2018/02/14 11:06:15.04 nFxHvuRk0 14/14

ありがとうございました

記事をツイートする 記事をはてブする