1 : 以下、名... - 2018/01/13 13:37:51.19 OlkXMD+80 1/24


「――――え?」

モバP「…………」

「ちょ、ちょっと待って!」

モバP「…………」

「え、プロデューサーさん? じょ、冗談……よね?」

モバP「…………」

「……ふふっ、一本取られちゃったかし――」


ガシッ


モバP「…………」

「え、ちょ、ちょっと……。い、痛いわ」

モバP「…………」

「プロデューサーさん? め、目が怖い……ちょ、近い……んむっ!?」

元スレ
奏「ご褒美にキスが欲しいとこ――」モバP「よし来た」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1515818270/

2 : 以下、名... - 2018/01/13 13:38:41.61 OlkXMD+80 2/24



「んんんっ! んぅ……っ!」


モバP「…………」パンパンパンパン


「ん、ぷはっ……ちょ、もう……許し……んん!?」


モバP「…………」パンパンパンパン


「……あああっ! ちょ、もうキス関係な……ちょっとおおお♥」


モバP「…………出すぞ」パンパンパンパン


「……え!? う、そぉ……ま、待って! お願……くぅ!」


モバP「…………」パンパンパンパンパンパンパンパン


「は、はやいぃい♥ だ、ダメッ! 中は、中はぁああああ”!」


モバP「……くっ!」ビュルルルルルル


「ん、うううっ! ……で、出てる……」


モバP「工事完了です……」カチッ プハー

3 : 以下、名... - 2018/01/13 13:39:35.41 OlkXMD+80 3/24


「……はぁ」

周子「お疲れ~奏ちゃん」

「……あぁ、周子。お疲れ、今日は迷惑かけたわね……」

周子「いやいや、いつも助けてもらってるしね。……で、なにがあったん?」

「!?」

周子「そんなに驚いた顔しなくても……。奏ちゃん、寝不足でしょ? 隈も出来てるし」

「……別に、大したことじゃないの。ちょっと眠れなかっただけ」

周子「はは~ん? ダメだよ、程々にしないと」

「……ちょっと、周子? 何か勘違いしてない?」

周子「まぁしょうがないよねーお年頃だし」

「ちょ、違うわ! 周子の想像しているようなことは――」



モバP「お疲れ、迎えに来たぞー」

4 : 以下、名... - 2018/01/13 13:40:28.40 OlkXMD+80 4/24


「……!?」ビクゥッ

周子「あ、お疲れPさん」

モバP「おう。収録はどうだった? うまくいったか?」

周子「うん、ばっちり。……と言いたいところだけど」

モバP「何かあったのか?」

周子「奏ちゃんがなんか調子悪そうだったんだよね~」

「ちょ、周子!」

周子「いいじゃん、偶には甘えちゃいなよ」ボソボソ

「そうじゃなくって……!」ボソボソ

モバP「そうなのか。……奏? 何かあったか?」

(どの口が……!)

周子「だ・か・ら!」

「!」

周子「Pさん、これで仕事終わりでしょ? あたしはいいから、奏ちゃん送ってあげてよ」

モバP「え、普通に周子も送ってくぞ」

「そ、そうよ! 彼もそのつもりで来たんだから」

周子「いや、あたしは寄るところあるから」

「ちょ……」

5 : 以下、名... - 2018/01/13 13:41:04.86 OlkXMD+80 5/24



ブロロロロロ……

モバP「……」

「…………」

モバP「……なあ」

「…………なによ」

モバP「何かあったのか?」

「っ、あのねえ……」

モバP「なんだ」

「昨日の、どういうつもりかしら?」

モバP「昨日の? あぁ、いや、流れで……」

「流れ? ……ふざけてるの?」

モバP「いや、別に」

「……初めて、だったのに」

モバP「……」

「……からかったのは、悪かったと思ってるわ。でも、あんなのって、あんまりじゃない……」

モバP「……」ムラッ


キキーッ


「きゃっ! ちょ、ちょっと?」

モバP「…………」

「……ここ、まだ寮じゃないわよね? ちょ、近いわ。近――」


6 : 以下、名... - 2018/01/13 13:41:46.30 OlkXMD+80 6/24


パンパンパンパン


「ああっ! ……ぉ、うううっ♥」


モバP「何が『あんまりじゃない』だ! 律儀にゴム用意しやがって!」パンパンパンパン


「そ、それは……んんっ、……中に出されたら、困るっ……からっ♥」


モバP「俺が今まで、どれだけ……っ」パンパンパンパン


「……それは、悪かった……からぁ!」


モバP「……」クリクリ


「あっ♥ そこ、ダメぇっ♥」


モバP「乳首感じるんでしたよね?」クリクリクリクリ


「だ、から……ダメって……うんんんっ!」


ヌポッ


モバP「……」ポイッ


「……え? ゴム、取っちゃ……嫌ああああああ♥」





「ママー、あのお車揺れてる~」

「しっ! 見ちゃいけません!」


7 : 以下、名... - 2018/01/13 13:42:43.22 OlkXMD+80 7/24

――――

ジャラッ

モバP「……クォクォア……」

「あら、起きた?」

モバP「奏……。なんだ、これ? それに、この手錠は……」ジャラッ

「ふふっ……いい気味ね。……ちょっとね、知り合いにお願いして、グッズを色々と取り揃えてもらったの」

モバP「……え、誰?」

「志……そんなことはいいじゃない。私、負けっぱなしなのは嫌なの」

モバP「……話があるって言うから、すっとんできたのに」

「ふふっ、ねぇ、貴方が地方のロケでいなかったこの数日、私がどんな気持ちで過ごしていたかわかる?」

モバP「……」

「泣いて謝ったって、今夜は許してあげないから。……覚悟してね?」

8 : 以下、名... - 2018/01/13 13:43:20.85 OlkXMD+80 8/24



モバP「おらっ、もっと腰動かせ!」パンパンパンパン


「っ……おお゛っ……♥」


モバP「最初の威勢はどうした! ほら、俺は手ぇ使えねえんだから、ちゃんと腰動かせって!」パンパンパンパン


「ちょっと…はん"っっ…♥♥っ待って、休け……うああああっっ♥」


モバP「お前な、地方ロケの間、俺がどんな気持ちで過ごしていたかわかるか?」パンパンパンパン


「えっ……あん"っ♥っ♥ああっ…、なっぁ"♥に……?」


モバP「ムラムラしてたわ! この野郎!」ビュルルルルルル


「はー……はー……」


モバP「……よし、次行こうぜ」


「……へ? ちょ、ま……あああああっ♥」

9 : 以下、名... - 2018/01/13 13:44:13.14 OlkXMD+80 9/24


「納得いかないわ」

美嘉「そ、そうなんだ……」

「……美嘉? 顔色、真っ青じゃない。……どうしたの?」

美嘉「うえっ? い、いや、そんなことないから!」

「それで、ね。どうにか、あの人に一泡吹かせてやりたいの。どうすればいいかしら?」

美嘉「……どうして、アタシに?」

「とぼけちゃって……聞いてるわよ?」

美嘉「え?」

10 : 以下、名... - 2018/01/13 13:45:06.68 OlkXMD+80 10/24


「美嘉……あなた、ギャルで売っていて実は純情……という体で仕事をしているけど」

美嘉「……えっちょっと待ってなにそれ」

「実は裏の裏をかいてヤリまくっているらしいじゃない」

美嘉「……えっ、えっ?」

「噂によると、今まで腹上死させた男は二桁に上るとか……やるわね?」

美嘉「……それ、誰から聞いたの?」

「周子」

美嘉「……」プルプル

「……というわけで、お願い。そのテクニックを私にも教えて」

美嘉「そんなこと、言われても……」

「お願いよ! カリスマの貴方にしか頼めないの!」



美嘉「……」ピクッ



「史上最強のギャルと名高い、美嘉に教えて欲しいのよ!」



美嘉「……」ピクピクッ

11 : 以下、名... - 2018/01/13 13:45:42.72 OlkXMD+80 11/24





美嘉「しょ、しょうがないな~! ……でも、アタシの特訓は辛いよ?」

「本当? ありがとう、美嘉! 本当にうれしいわ! 本当に! キスしちゃいたいくらい」ダキッ

美嘉「だ、だからちょっと落ち着いて! 落ち着い……んむぅう!」

12 : 以下、名... - 2018/01/13 13:46:46.91 OlkXMD+80 12/24




「ふっ……ふっ……」

美嘉「ひゃくさんじゅうさん、ひゃくさんじゅうよん……いいよ! 腕立て伏せは多分……そういう時に役に立つから!」




「じゅぷっ……んぐっ……んぷっ……んぐっあむっ」

美嘉「うわ、すっご……じゃなくて! アイスくらい普通に食べよう? ね?」




周子「はい、エロ本」

美嘉「ひゃっ! えっ、ええ? なんで持ってんの?」

周子「ま、そんなことはええやん」

「差し入れ助かるわ、ありがとう」ジーー

美嘉「……え、そんな……わぁ……すっご……うそ、そんなに?」ジーーーーー




「んっ……」チュパチュパ

美嘉「っ!んんお……"……はーっ…はーっ…っ!…んんっ、ダメだって、おかしぎっ…♥くな…るぅっ♥ぅ……!ゆるしぁッ♥て、ゆるしてぇ……!」

「ん……まだまだっ、こんなキスじゃ、あの人には勝てないわ」チュパチュパ

美嘉「勝ってる! …勝っ…っはひっ…♥…っはぁッ…はひぃっ…♥っぁッっ…♥てるん"っ♥っ…て…! だから一回っ♥やめ……あっぁ…"♥あっ、あっ…ぁ♥あっ……も、ダメッ……いっ♥、くぅ……!」



13 : 以下、名... - 2018/01/13 13:48:22.72 OlkXMD+80 13/24



美嘉「もう、教えることは何もないよ」

「……ありがとう。美嘉」

美嘉「ううん。……ていうか、逆にアタシのほうが色々教わっちゃったていうか、なんていうか……」

「じゃあ、行ってくるわ」

美嘉「うん。……頑張ってね。ゴメン」ボソッ




周子「良かったの?」

美嘉「うん。奏ちゃんなら……大丈夫だと思うから」

周子「……いいの?」

美嘉「……しょうがないよ」

周子「そっか……ふふ、あんなにひよっこだった奏ちゃんも、あんなに立派になっちゃって……」

美嘉「うん」

周子「ちょっと、寂しいかなって。……ね?」

美嘉「うん。……あと、周子ちゃん? ちょっと話があるんだけど」ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ 

周子「げっ」



「勝負よ!」

モバP「へ?」

「美嘉ちゃんとの特訓の成果、プロデューサーさんに見せてあげる」


14 : 以下、名... - 2018/01/13 13:48:54.84 OlkXMD+80 14/24








モバP「コヒュー……コヒュー……」

「ふ、ふふ……勝った」








15 : 以下、名... - 2018/01/13 13:49:41.96 OlkXMD+80 15/24



モバP「――――そこで、俺は思ったわけだ」

モバP「奏に負けっぱなしってのは納得がいかない、と」

モバP「確かに、奏は超絶テクニックを身に着けていた」

モバP「俺のちんこを扱く力加減は絶妙だったし、口もヤバかった」

モバP「何より、キスがヤバかった」

モバP「俺は、力不足を痛感した……このままじゃ、アイドル達をトップに導くことなんてできない、と」

モバP「――――だから、力を貸してほしいんだ!」


美嘉「…………いや、だから、なんでアタシに言ってくるの!?」



16 : 以下、名... - 2018/01/13 13:50:25.96 OlkXMD+80 16/24



モバP「とぼけないでくれ……聞いてるぞ」

美嘉「へ?」

モバP「美嘉……お前、純情カリスマギャルとして売り出している傍ら、夜はSEX三昧の性活を送っているらしいな」

美嘉「せっ……ちょ、待って!」

モバP「噂によると、相手を腹上死させてから、悠々と財布の中身を奪っていく……。狙った獲物は絶対に殺す、ついたあだ名が『ピンクの死神』『カリのカリスマ』」

美嘉「……それ、誰から聞いたの?」

モバP「周子」

美嘉「あいつ……」

モバP「というわけで、頼む! 俺にそのテクニックを授けてくれ!」

美嘉「……そんなこと、言われたって」

モバP「頼むよ! お前にしか頼めないんだ! めちゃんこ可愛いお前にしか!」

美嘉「……」ピクッ

モバP「あと普通に熟練の美嘉とSEXしたい! 俺は死んだっていいんだ!」

美嘉「……」ピクピクッ



17 : 以下、名... - 2018/01/13 13:50:57.15 OlkXMD+80 17/24



美嘉「……セキニン、とってくれるの?」

モバP「え、いいのか!? ありがとう美嘉! じゃあ、早速……」

美嘉「え、ええ!? もうちょっと雰囲気とか、とりあえず今日は……んむぅっ!」


18 : 以下、名... - 2018/01/13 13:51:41.61 OlkXMD+80 18/24



モバP「うおおおおおおっ!」パンパンパンパンパンパンパンパン


美嘉「っ♥ああああああん……"っあっ♥っ♥っ…♥ああああっ! …ぜーっっ…♥っ……ストップ、ストップううぐっ♥!」


モバP「誘い受けですか師匠! 処女偽装のために血も出すし、やっぱり美嘉はすげぇや!」パンパンパンパンパンパンパンパン


美嘉「偽装なんぅ"っ♥てできるわけ……ん……うぐっ♥っ♥んっ…はひっ………は…っはぁ……っはぁッ…ぜ……は…はーっ……っはぁッぁっ…♥ー…っ…はーっ…ーっ…っはぁッッっぁ"…♥ーっ…っはぁッっはぁッ♥っ! ダメッ、そこダメぇっ!」


モバP「乳首感じるんでしたよね?」クリクリ


美嘉「おかしくっ、おか…ひっ♥しぎぃッ♥しくなるっ!…はあぁっ♥っ …は…はっっ…はっす…、好きっっ♥、すきぃ……っっあ……ひぃっ♥あっ♥、うんんんん」


モバP「はぁ、はぁ……で、出るっ!」ビュルルルルルル


美嘉「うううっ……はぁ、はぁ……」


モバP「ふぅ……だめだ、こんなんじゃ勝てねぇ……次だ、次!」


美嘉「え…、へぁッ……♥ぇ……? あっ、うそお"っ♥っ、固っ……あああっぁ"♥あ…あっ♥っめっ♥ああああ」


19 : 以下、名... - 2018/01/13 13:52:15.25 OlkXMD+80 19/24


美嘉「はぁ……はぁ……」

モバP「……ふぅ。どうですか、師匠。今回は、少しはマシになりましたか」

美嘉「……まだ、まだっ♥」ギュウウ

モバP「うおっ!」




モバP「はー……はー……はー……もう、出ない……」

美嘉「そんなんじゃ、奏ちゃんは満足しないよ♥ ほら、もっと頑張ってホラホラ♥」グリグリ

モバP「うおおっ、し、搾り取られるぅっ」

20 : 以下、名... - 2018/01/13 13:53:07.40 OlkXMD+80 20/24



モバP「……もう、もう限界ですぅ! 出させて、出させて下さい!」

美嘉「え~? どうしよっかな?」チョンチョン

モバP「うううっ! やめっ」

美嘉「え、やめちゃっていいの?」パッ

モバP「えっ? あ、ちょ……」




美嘉「……ねぇ、もう奏ちゃんに勝つのは諦めなよ」

モバP「へ?」

美嘉「そしたら、射精させてあげる。……どうかな?」

モバP「……それは」

美嘉「……奏ちゃんのこと、好きなの?」

モバP「……それは」

美嘉「言ったよね。セキニン取ってくれるって。あれは嘘だったの?」グリィッ

モバP「う、ぐううっ! う、そ……じゃ」

美嘉「アタシ、処女だったんだよ? なに、カリのカリスマって。本当に傷ついたんだから」グリッグリッ

モバP「あ、足ぃっ!」ビクンビクン

美嘉「……正直に答えて。プロデューサーは、誰が好きなの?」

モバP「お、俺は……俺は……」

美嘉「……」グリッ

モバP「おうふっ、俺は………………」

美嘉「……へぇ、それが答え? わかった」



美嘉「アタシのものにならないんなら…………腹上死しちゃえ」シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ



モバP「あああっ、ああああああああああああああああああああああ!!!!」ビュルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル!!!



21 : 以下、名... - 2018/01/13 13:53:41.99 OlkXMD+80 21/24



モバP「……はぁ」

周子「Pさん、お疲れ?」

モバP「……周子か。いや、ちょっとな……」

周子「悩みがあるなら聞くよ?」

モバP「……いや、俺の問題なんだ。俺が悪いんだ……」

周子「……美嘉ちゃんと奏ちゃん?」

モバP「!?」

周子「なんで、って顔してるけど、そりゃあわかるよ。2人から、色々話は聞いてるからね」

モバP「……」

周子「2人とも、Pさんが最近付き合い悪いって気にしてるみたいだよ」

モバP「そう、か」

周子「だからさ、あたしになんでも話しちゃいなよ。そりゃあ、解決できるかはわからないけどさ。話を聞くくらいはできるし、あたしにできることはなんでもしたげるから」

モバP「……」

22 : 以下、名... - 2018/01/13 13:54:34.50 OlkXMD+80 22/24



周子「……そっか。美嘉ちゃんが、そんな……」

モバP「最初は……そんなつもりじゃなかったんだ。でも、あの日奏に『キス』って言葉を聞いた時、なんだか凄く、ムラムラして……」

周子「うん」

モバP「アイドルになんてことしてるんだろう、って思ったけど……。でも、止まらなくて。あの時、俺は奏のことが好きだったのかもしれない。でも、今になって考えると、どうしてあんなことしたんだろうって」

周子「っ……それで?」

モバP「はは、ずっと……悪い夢でも見てるみたいだったよ。もちろん、いけないことをしているって感覚はあった。でも、どうしてだかずっと頭がフワフワしてて、気が付いたらセッ○スしちゃってて……」

周子「うん」

モバP「美嘉の噂もさ、なんとなく違うってわかってたんだ。ずっと一緒に仕事してたからな。美嘉の気持ちも……」

周子「……そっか」

モバP「……美嘉に告白みたいなことをされた時、やっと目が覚めた。それで、俺は何をしてるんだって思ったんだ。俺は最低だ……」

周子「……」





モバP「俺、プロデューサー辞めるよ」

周子「……」

モバP「2人のことを傷つけてしまった。土下座でもなんでもして、金だって……金じゃないのはわかってるけど、出来る限りの謝罪をする。そうでもしないと……」

周子「……あたしが、どうにかしてあげようか?」

モバP「……え?」

周子「Pさんは色々溜め込みすぎだよ。あたし達も女の子なんだし、恋の一つや二つする。だから……そんなに落ち込まんで」

モバP「周子……」




周子「ね?」

23 : 以下、名... - 2018/01/13 13:55:28.78 OlkXMD+80 23/24


―――


「もしもし? うん、あたし。……うまくいったよ」


「うん、悩みを聞いてあげて、それで流れで……」


「……にしても、すっごい薬だね~。え? ううん、大丈夫だった。自分の気の迷いだって。全然気づいてないっぽいよ」


「ね。理性の塊みたいな人だったのに。……うん、いいよ。約束通り、たまには貸してあげる」


「あの2人は……大丈夫じゃない? うまいことやっとくよ。うん、大丈夫……」


「……うん、それじゃ。……あ、そうだ」



「ダメだからね。もう、あの人はあたしのものなんだから」




終わり

24 : 以下、名... - 2018/01/13 13:57:34.96 OlkXMD+80 24/24

終わりです。読んでいただいてありがとうございました。
もし続きを書くとしたら地の文でしっかり書きたいです。

記事をツイートする 記事をはてブする