1 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:00:23.80 T1+j69Ij0 1/37

P「初めまして。少しお時間よろしいでしょうか?」

「」ズキュゥゥン!!

元スレ
凛「プロデューサーに恋した日」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511431223/

2 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:01:09.55 T1+j69Ij0 2/37

未央「待ってしぶりん」

「?」

未央「あれはいつだったかな…って遠い目をしてから一瞬で話し終えるって何なの?」

「話に何か矛盾があったかな?」

未央「なかったよ。そもそも矛盾できるほど長くなかったよ。ていうか、一目惚れって言えば済む話じゃん!」

「一目惚れじゃないよ。運命を感じただけだからね」フフフ

未央「世間一般的にはそれを一目惚れと言います」

3 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:02:03.59 T1+j69Ij0 3/37

「宮城産のお米って美味しいよね」

未央「『ひとめぼれ』の話はしてないよ」

「というより未央。私とプロデューサーのなれそめ話はまだ終わってないよ」

未央「なれそめっていうけど、何も関係を持ってないよね?」

「いいから聞いて」

未央「あ、はい」

「あれは初レッスンの時かな…」

4 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:02:39.83 T1+j69Ij0 4/37

P「今日は初レッスンだな。緊張してるか?」

「」ズキュゥゥン

「別に?」

P「そうか」

5 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:03:15.59 T1+j69Ij0 5/37

未央「ストップ」

「?」

未央「タイミングおかしくない!? どうして声をかけられたくらいで心を撃ち抜かれてるのさ!」

「油断してた」

未央「油断とかいう問題じゃないよね」

6 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:04:12.07 T1+j69Ij0 6/37

「朝イチで声をかけてくるなんてずるいよ…///」

未央「いやいや、ごく普通のことだからね? 知り合いを見かけたら声をかけるのが普通だからね?」

「あの時はギリギリだったね…思わず抱きつきそうになっちゃったよ…」

未央「あ、はい」

「それからまだ話には続きがあるんだ」

未央「うん。聞くだけ聞こう」

「あれは初めてのライブのことだったな」

7 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:05:47.13 T1+j69Ij0 7/37

「…」

P「凛。よかったぞ」

「ううん。普段より上手く歌えなかったし…ダンスもぎこちなかったよ…」

P「初めてなら合格点だ」

「…」

「見にきてくれてる人には関係ないよ。私は新人だけどプロだから」

「…次は絶対にやり遂げてみせるよ」

P「そっか。じゃあ一緒に頑張ろうな」

「…うん」

P「ん。とりあえず今日は帰ろう」ポンッ

「」ズキュゥゥン!!

8 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:06:34.78 T1+j69Ij0 8/37

未央「…ん。まあ、『肩に手を置かれた』くらいでとは思うけど。前のやつに比べればわからなくもないね」

「身体と身体が触れ合う…これはもう結婚にも等しいんじゃないかな。そう思わない?」

未央「いいえ。まったく」

「それでこの後はね」

未央「まだ続くんだね」

9 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:07:26.37 T1+j69Ij0 9/37

P「凛。今日からこの子と一緒に活動してもらうから」

卯月「初めまして。島村卯月です♪」

「」ズキュゥゥン!!

10 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:08:07.06 T1+j69Ij0 10/37

未央「待てぃ!!!」

「何かな?」

未央「なんでしまむーに惚れてるのさ!! 流れ的におかしいよね!?」

「恋はいつだってハリケーン」

未央「しぶりん。意味が通じるようで全然意味のわからないことを言わないでよ」

11 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:08:38.69 T1+j69Ij0 11/37

「卯月って可愛いでしょ。惚れるのは当然だよ」

未央「しぶりん。プロデューサーのことは飽きたの?」

「未央。よくもそんなひどいことを言えるね」キッ

未央「私? 私が悪いの?」

「プロデューサーも卯月も比べられないよ。出来れば両方いただきたい」

未央「『オムライス』と『ハンバーグ』で迷う子供みたいだね」

「まあ、それはさておき。まだ話は続いてね」

未央「聞くだけ聞くよ」

12 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:09:13.94 T1+j69Ij0 12/37

卯月「凛ちゃん。お弁当一緒に食べませんか♪」

「いいよ。結婚しよう」ズキュゥゥン!!

卯月「はい?」

「なんでもないよ。ほら、食べよう」

卯月「はい♪」

「あーんする?」

卯月「は、恥ずかしいですよ…」

「卯月は可愛いなぁ」ニコニコ

卯月「えへへ♪」

13 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:10:04.32 T1+j69Ij0 13/37

未央「ストップ」

「?」

未央「その不毛なイチャイチャ話ってまだ続けるつもり?」

「事細かに話すからぜひ聞いてほしいな。卯月が私の差し出したブロッコリーを咀嚼するシーンまで話すから」

未央「嫌だよ。というか、どうしてお弁当の中でも『微妙枠』のブロッコリーをあげるのさ。もっと美味しいものをあげようよ」

14 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:10:36.36 T1+j69Ij0 14/37

「ブロッコリーを馬鹿にしないでよ」

未央「ごめん」

「卯月にあげたのは私が苦手だったからだね」

未央「子供か!」

「まだまだ話のネタはあるよ。あれは夏の頃だったな…」

15 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:12:31.15 T1+j69Ij0 15/37

P「凛。水着のグラビア撮影の仕事来たけど受ける?」

「プロデューサー。私の水着姿を舐めるように見るつもりなの?」ズキュゥゥン!!

P「舐めるようには見ないけど見るよ」

「へ…変態///」ドキドキ

P「どうしよう。反応に困る」

卯月「私は舐めるように見ますよ♪」

「卯月…!」ジ-ン

16 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:13:06.46 T1+j69Ij0 16/37

未央「ストーップ」

「?」

未央「私はどこから突っ込めばいいのかな?」

「グラビアの仕事を取って来たプロデューサーにでしょ」

未央「いやそこはスルーだよ。そこしかスルーするところがないもの」

「スルー…する?」クスクス

未央「いまのタイミングだとすごくイライラするよ」

「イラっとスルー…」フフフ

17 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:14:05.03 T1+j69Ij0 17/37

未央「どうしてしまむーまで変態属性が追加されてるの!?」

「(流された...)」シュ-ン

未央「変態と変態が相思相愛になってるじゃん!! ハッピーエンドがもう出来上がってるよ!!」

「いや、プロデューサーが置いてきぼりになってて可哀想だよ」

未央「そのまま置いてきぼりにしてあげようよー。それが優しさってもんだよー」

18 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:14:43.89 T1+j69Ij0 18/37

「私。仲間はずれとか許せないんだ」

未央「こんなにも時と場合で意味が違ってくる言葉を聞いたのは初めてだよ。ホラー映画に出てくる『お前も仲間にしてやる』と一緒だよ。怖いよ」

「凛とお友達になってくれる?」(裏声)

未央「いや、シャドウバースか!!」

「卯月は元からあんな子だったよ」

未央「私の知らないしまむーだね。信じたくないよ」

「信じられない?」

未央「創作だと思いたい」

19 : 以下、名... - 2017/11/23 19:15:36.19 T1+j69Ij0 19/37

「…」スッ

未央「ん? どうして携帯電話を差し出したの?」

「卯月にかけてみてよ。ほら」

未央「?」

20 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/23 19:16:10.40 T1+j69Ij0 20/37

ポピパピ...トゥルルルル...ピッ!!

卯月『私から電話しない限り話しかけるなって言いましたよね? 凛ちゃん? 犬の分際で何をしているんですか?』

未央「え、ええと…しまむー?」

卯月『…』

卯月『あ、未央ちゃんでしたか♪ おはようございます♪』コロリ

未央「」

25 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:20:32.95 oZ23mxtb0 21/37

未央「アーンに恥ずかしがっていたしまむーはどこへ行ったのかな? 隠しちゃったのかな?」

「食べちゃった」

未央「電話を聞く限りだとむしろ食べられているよね。主従関係の『従』側だよね」

「そんなことないよ。私はただ卯月の喜ぶ顔が見たいだけなんだよ」

未央「ほほう」

「あと優しい卯月に雑に扱われることが興奮するんだ」

未央「なるほど。やっぱりしぶりんは危ない人だね」ススス

26 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:21:02.72 oZ23mxtb0 22/37

「距離を置かれると傷付くよ」

未央「距離を置かれるようなことを言わなければよかったのに」

「大丈夫だよ。未央」

未央「何が?」

「私。未央もいけるから」

未央「…」ススス

「冗談だって。さらに遠くに行かないでよ」

未央「怖いよー。この子怖いよー」

27 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:22:25.37 oZ23mxtb0 23/37

「こっちに来ないならいいや。続きを話すね」

未央「まだ話すの!?」

「あとちょっとだから」

未央「ていうか、何の話だっけ。コレ?」

「プロデューサーと私とある人の話」

未央「ある人?」

「そのうちわかるよ」

28 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:23:03.90 oZ23mxtb0 24/37

P「凛」

「何、プロデューサー?」

P「なんで首輪を付けてるの?」

「気にしないで」

P「いや気にするよ。首輪だけじゃなくてリードを手を持ってるしさ」

「…」

29 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:23:40.24 oZ23mxtb0 25/37

「例えばさ」

P「うん?」

「大型犬が野放しにされてたら怖いと思うでしょ?」

P「まあ」

「それと同じだよ」

P「?」

30 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:24:18.05 oZ23mxtb0 26/37

未央「意味わからーん!!!」ドカ-ン!!

「プロデューサーと同じことを言わないでよ。未央」

未央「だって意味わからないんだもん!!」

未央「しぶりんは犬になりたいわけ!?」

「なりたいとかじゃなくて犬だからね」

「私は卯月の犬として過ごすことに決めたんだよ」キリッ

31 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:24:47.28 oZ23mxtb0 27/37

未央「プロデューサーとの馴れ初めがどうこう言ってたのにしぶりんは明後日の方向に進み始めてるね」

「できればプロデューサーの犬にもなりたいな♪」

未央「そんな嬉しそうに夢を語るしぶりんを初めて見たよ」

「未央も犬になってみる?」

未央「お断りさせていただきます」

「遠慮しなくてもいいのに」

未央「遠慮ではなく、これは『拒否』です」

32 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:25:20.53 oZ23mxtb0 28/37

「ここまでの話を聞いて、私とプロデューサーの関係をどう思うかな?」

未央「やばい子と保護者の関係かな」

「ふーん。私、子供に見られてるのかな」

未央「いや子供じゃなくて『やばい子』だよ? 子供とか大人とか関係なしにやばい子だよ」

「…」

33 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:25:51.92 oZ23mxtb0 29/37

「じゃあ、卯月と私の関係についてはどう思うかな?」

未央「しぶりんが楽しければそれでいいんじゃないっすかねー」

「適当だね」

未央「コメントに困るもの」

「では、最後の話です」

未央「やっと終わるんだね」

「これは昨日のことなんだけどね」

未央「ん?」

34 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:26:18.48 oZ23mxtb0 30/37

卯月「ほら、凛ちゃん。見失わないように行きますよ」

「ワンワンッ!」

卯月「あ、こら。お花屋さんに食いついちゃ駄目ですよ。あとで買ってあげますから」

「クゥーン…」

35 : 以下、名... - 2017/11/24 10:27:01.21 oZ23mxtb0 31/37

未央「突っ込んでいい?」

「駄目。これからがいいところなんだから」

未央「不安しかないよ」

36 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:27:41.09 oZ23mxtb0 32/37

卯月「追いつきました…ほら、こっそり見ますよ」ジ-

「…」ジ-

未央「///」

卯月「…やっぱり。未央ちゃん、プロデューサーさんと一緒に出かけてますね」

「しかも…手を繋いでるね」

卯月「おまけに恋人繋ぎ」

「これは」

卯月「あれですね」

「…だね」

未央「♪」ギュム-

卯月「あ、プロデューサーさんに抱きつきましたよ」

「あぅち!!」

37 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:28:11.60 oZ23mxtb0 33/37

未央「」

「さて、私の話はこれでおしまい。今度は未央の話をゆっくり聞かせてもらおうかな」

未央「ち、ちょっ!! た、たんまっ!! いつから付けてたのっ!?」

「さあ? それより詳しく聞かせてもらうよ」ゴゴゴゴ

未央「き、昨日のことはそのー…そ、そうっ! 誤解なんだよ! プロデューサーと付き合ってるとかそういうんじゃなーーー」

38 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:28:48.93 oZ23mxtb0 34/37

カチャ

P「未央ー。そろそろ帰」

未央「」

「…」

P「り、凛もいたのか。2人とも遅くならないように帰れよ」

「いま一緒に帰ろうとしてなかった?」

P「き、キノセイダヨ」

「…ふーん」ゴゴゴゴ

未央「」

「未央」

未央「な、なんでしょう」

「夜道に気をつけてね」

未央「清々しいほどストレートな脅しだね!!」

39 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:29:26.96 oZ23mxtb0 35/37

カチャ

卯月「凛ちゃん。そろそろ一緒に帰」

ジャラリ

「あ、卯月」

未央「」

卯月「み、未央ちゃんもいたんですね。お疲れ様です」

未央「しまむー。いま手に持っていた『極太の鎖』は何だったんだい?」

40 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:30:54.68 oZ23mxtb0 36/37

卯月「こ、こここれは何でもないんですっ!」

「私を繋ぐためだよ」

卯月「凛ちゃん?」ジト-

「くぅん…」

未央「…」

卯月「ほら、帰りますよ」

ズリズリ

「アォォォン(またね。未央)」

未央「…」

未央「今日のことは忘れよう」

トゥルルルル...ピッ!!

未央「あ、プロデューサー? 終わったから今からそっちに行くね」

終わり

41 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/11/24 10:35:15.35 oZ23mxtb0 37/37

以上です
お付き合いいただきありがとうございました

なんでこんなの書いちゃったんだろう…(困惑)
書き終わった後しばらく乾いた笑いが止まりませんでした

記事をツイートする 記事をはてブする