1 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/09 23:54:15.50 ziiqtrw00 1/21


喜多見柚「ねぇねぇPサン」ヒョコ

モバP「お、どうした柚?」

「次の日曜ってアタシOFFだよね?」

P「そうだけど、何かあるのか?」

「あのね、Pサンも予定ないんだったら、どこかで一緒に遊んだりできないカナーって」

P「ああなるほど。ちょっと待ってな……うん、日曜は1日大丈夫だぞ」

「ホント?やったー!どこに行こうかなー」

P「おいおい、気が早いな」

「よーし、日曜はPサンを独り占めしちゃうぞー♪」


元スレ
【モバマス】喜多見柚「まゆチャンとデート♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512831255/

2 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/09 23:56:03.12 ziiqtrw00 2/21


佐久間まゆ「ちょっと待ってください!!!!!!」バーン

「!?」

まゆ「いま『Pさんを独り占め』だなんていう聞き捨てならないワードが聞こえましたよぉ」ズイッ

P「いやいや、そんな大層な事じゃないって……今度の日曜に柚とどこかに遊びに行くっていうだけだよ」

まゆ「!!それって、でででデートじゃないですか!そんなの駄目です!」

「で、デートって……別にそんなつもりじゃないんだケド……」

まゆ「Pさんと二人っきりでお出かけなんて、そんなのデートと同じようなものです!絶対ダメです!」

P「そんな事言われてもなあ……」

まゆ「Pさんが許しても、まゆが許しませんよぉ」

「アタシとPサンが何したって勝手じゃないの?」

まゆ「そ、それは……」

P「ド正論はやめて差し上げろ」

まゆ「うぅ……と、とにかく、駄目ったら駄目なんです!どうしてもって言うなら……」

「なら?」

3 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/09 23:56:57.52 ziiqtrw00 3/21




まゆ「だったら、まゆが代わりに柚ちゃんとデートします!!」




P「……ん?」

「……アレ?」




4 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:01:30.01 3YLNtM4i0 4/21


~~日曜日・駅前~~

まゆ「………………」

「ごめーん、待った?」タッタッ

まゆ「もう、遅かったじゃないですかぁ」プンプン

「ゴメンゴメン、ちょっと寝坊して……」

まゆ「仕方ないですねぇ……それじゃ、行きましょうか」

「うん」


まゆ「……でも、本当によかったんですか?Pさんの代わりにまゆがデートする、だなんて」

「まゆチャンが自分で言い出した事じゃん」

まゆ「それはそうなんですけど、半分出まかせだったのに乗ってくるとは思わなかったので」

「出まかせだったの!?」

まゆ「本気であんな事言わないですよぉ」

(わりと目が本気だった気がするんだけどなぁ……)

まゆ「どうかしましたか?」

「いや、別に……。でもまあ、柚的にはまあ誰かと遊びに行けたらオッケーかなって。Pサンと遊びに行きたい気持ちはあったけどね」

まゆ「なら良いですけど」

5 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:02:50.93 3YLNtM4i0 5/21


「……それに」

まゆ「?」

「それに、まゆチャンにもちょっと興味あったし。あんまり話したこと無かったから、折角だし仲良くなれたらなって」

まゆ「……そうですかぁ。それはちょっと、嬉しいかも」

「えへへ、なんか改まって言うと照れちゃうね」

まゆ「うふふっ。それじゃあ、今日は一緒に楽しみましょうね♪」ニコッ

「うんっ♪」

6 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:03:44.83 3YLNtM4i0 6/21


~~カラオケ~~

「やっぱり遊びの定番といえばコレだよね!」

まゆ「まゆ、あまりカラオケって来たことないです……」

「えっ、そうなの!?」

まゆ「どうしましょう……何を歌ったらいいかな……」

「別になんでもいいんだよー。まゆチャンがライブで歌ったことある曲とかどう?」

まゆ「なるほど……それじゃあ、ちょっとしんみりした曲ですけどいいですか?」

「全然いいよー!はいこれ、ヨロシク!」

まゆ「この機械で曲を選ぶんですね。えーっと、曲名は……」ピッピッ

7 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:04:31.13 3YLNtM4i0 7/21


まゆ「~♪」


まゆ「……ふぅ。どうでしたか?」

「すっごい上手かったよ!ホレちゃいそうなくらい!」

まゆ「うふふ、ありがとうございます。それじゃ、柚ちゃんもどうぞ」

「ありがとっ。よーし、テンションあげていこー!コールお願いね!」

まゆ「えっ、コールですか!?」



「~♪」

まゆ「はいっ、はいっ」

「せーのっ、イエーイ♪」

まゆ「いえーい♪」

(かわいい)



「……ありがとー!それじゃ、次はまゆチャンどうぞ!」

まゆ「コールって楽しいですね……それじゃあ、まゆも明るい曲を歌おうかな……」

「よーし、じゃあ柚はタンバリンで盛り上げちゃうぞー♪」

8 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:05:23.81 3YLNtM4i0 8/21


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


まゆ「カラオケ、楽しかったです」

「なら良かった!まゆチャン、すっごく歌上手いね!なんていうか、感情こもってた!」

まゆ「ふふっ、ありがとうございます♪」

「それじゃ、次はどこ行こっか?」

まゆ「そうですね……この近くにまゆがよく行くお店があるので、そこに行ってみませんか?」

9 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:06:23.99 3YLNtM4i0 9/21


~~セレクトショップ~~


まゆ「このお店、服とか小物とか、よく買ってるんです」

「うわぁ、すっごいフリフリでカワイイ系だね」

まゆ「柚ちゃんは、こういうのあまり着ませんか?」

「うん、アタシは割と飾りっ気のない服が多いカナ。普段はパーカーばっかり着てるしね」

まゆ「折角ですから、柚ちゃんもこういう服、着てみませんか?」

「えぇ!?いやいや、アタシにはそんな似合わないカナーって」

まゆ「そんなことないですよ。柚ちゃんだって可愛いんだから、きっと似合います」

「そう言われちゃったら、断りづらいなー……」

まゆ「あまり着なさそうな服だったら……こういうワンピースなんか、どうですか?」

「うわ、すっごいフリルとかリボンとか付いてる……」

まゆ「試着してみましょうか♪それじゃ、試着室に」

「ちょ、ちょっと待って、まだ心の準備が~」

10 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:07:09.64 3YLNtM4i0 10/21



まゆ「着替え終わりましたか?」

「うぅ……アイドル衣装より恥ずかしいかも……」モジモジ

まゆ「肌の露出だったら、衣装なんかより全然少ないじゃないですか」

「それはそうなんだけど、すっごいフリフリしてるのがなんか落ち着かなくて……」

まゆ「とっても似合ってますよ。自信持ってください」

「そ、そうカナ……?えへへ……」テレッ

まゆ「それじゃ、このまま着ていきましょうか」

「そ、それはムリー!」

まゆ「うふふ、冗談ですよぉ」

11 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:08:49.55 3YLNtM4i0 11/21


~~映画館~~


「色々やってるね。チョイスはお任せしちゃおうかな」

まゆ「まゆが選んでもいいですか?それじゃあ、この映画を……」

「やっぱり恋愛モノかぁ」

まゆ「嫌でしたか?」

「いや、イメージ通りだなって」

まゆ「逆に柚ちゃんは、アクション映画とか好きそうですね」

「当たりー♪とにかくド派手で、ズバーン!ドババーン!みたいなやつが好きなんだー」

まゆ「ふふっ、柚ちゃんらしいですね。ちょっとずつ柚ちゃんのこと、分かってきたかも」

12 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:09:31.07 3YLNtM4i0 12/21


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


『もう離さない……君が全てさ』

『私も……』


まゆ「……♡」ウットリ

(……まゆチャン、すっごい真剣に見てるなあ)

(カラオケの時もほとんどラブソングだったし……やっぱりこういうの好きなんだなあ)

(見たり歌ったりしながら、自分に重ねたりしてるのかな……だとしたら、やっぱり相手は……)

13 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:10:30.06 3YLNtM4i0 13/21


~~ファミレス~~


「映画、よかったねー」

まゆ「はい……まゆ、すっごく感動しました。特に最後の、被ってたお面を外して告白するシーンで、泣きそうになっちゃいました」

「うんうん、アタシもキュンキュンきちゃったよ」

まゆ「本当に素敵な映画でした……ああいう恋、憧れちゃうなぁ……」

「そうだねー。でもまあ、実際には難しいかな……アタシ達、アイドルだし」

まゆ「あ……」

「?」

まゆ「……そ、そう、ですね。まゆ達、アイドルですからね……」

(あ、まずったカナ)

まゆ「……」

「……」

14 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:11:02.55 3YLNtM4i0 14/21


まゆ「……」

「……あ、あの」

まゆ「柚ちゃん」

「え?」

まゆ「柚ちゃんは、運命って、信じますか?」

「……?」

15 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:11:45.61 3YLNtM4i0 15/21


まゆ「まゆは……まゆがアイドルになったのは、運命だって思うんです」

まゆ「モデルをやっていたまゆが、たまたまPさんと出会って……あの出会いがなければ、まゆはアイドルにはならなかったんです」

「……」

まゆ「Pさんと出会ったその瞬間に感じたんです。まゆとPさんは、運命の糸で繋がってるんだって。馬鹿馬鹿しく聞こえるかもしれませんけど……まゆは、そう信じてるんです」

まゆ「今のまゆとPさんは、アイドルとプロデューサーという関係ですけど……でも、それだけじゃない。Pさんはまゆにとって、すごく大切な存在なんです」

「……そっか。そうなんだね」

まゆ「……ごめんなさい、急にこんな話しちゃって」

「ううん、全然大丈夫だよ。まゆチャンの気持ち、アタシもちょっと分かるから」

まゆ「……分かるんですか?」

16 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:14:26.39 3YLNtM4i0 16/21


「うん。……運命の出会いっていうのは、アタシもそうだと思ってて。アタシがアイドルになったのって、街をブラブラ歩いてたときに、Pサンに声をかけられたのがキッカケなんだ」

まゆ「そうなんですね……」

「その時はただ面白そうっていう気持ちだけだったけど……。今にして思えば、運命だったんじゃないかなって思ったりもするんだ。アイドルとしていっぱい楽しいことをさせてもらって、いろんな人や、仲間に会えて……Pサンとの出会いがなかったら、それは全部なかったかもしれないって」

「アタシにとってのPサンと、まゆチャンにとってのPサンは、ちょっと違うかもしれないけど……。でも、Pサンとの出会いを特別に感じてるっていうのは、もしかしたら同じかもしれないって。まゆチャンのお話聞いてて、勝手に思っちゃった」

まゆ「そう……かもしれませんね。ふふっ、意外なところで共通点、見つかりましたね」

「そうだねっ。アタシ達、案外似たもの同士なのかも?」

まゆ「かもしれませんね」

「あ、やっぱり今のナシ。あのヒラヒラだらけの服はやっぱりアタシにはまだ早いカナ……」

まゆ「もう、柚ちゃんったら。ふふっ♪」

「あははっ。……そうだ、最後に行きたいところがあるんだけど、いいカナ?」

17 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:15:58.25 3YLNtM4i0 17/21


~~雑貨屋~~


「缶バッチとか、バッグに付ける小物とか、よくここで買ってるんだー」

まゆ「ちょっと雑多な感じもするけど、オシャレな雰囲気ですね」

「普段もよく来るんだけど……いいコトがあった日はここに寄って、何かひとつ買うようにしてるんだ。記念っていうか、思い出、みたいな?」

まゆ「そうなんですね……素敵ですね」

「今日は、まゆチャンと楽しく過ごせたから。その記念ってことで!」

まゆ「うふふ、まゆも楽しかったですよ。折角ですし、まゆも缶バッチ、買いましょうか」

「どうせなら、お揃いのやつを買おっか!」

まゆ「そうですね……あっ、これ可愛いかも」

「いいね!しかも赤と黄色の色違いがあるよ。アタシとまゆチャンのイメージカラーだし、ピッタリじゃない?」

18 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:16:35.71 3YLNtM4i0 18/21


まゆ「そうですね……あっ、いいこと思いつきました♪」

「なになに?」

まゆ「ふふっ。まゆが赤、柚ちゃんが黄色のバッジを買ってそれをお互いプレゼントする、っていうのはどうでしょう?」

「なるほど!お互いの色の缶バッチを交換するんだ!」

まゆ「はい。今日一日の思い出になるかなって……。一日一緒に過ごして、柚ちゃんのこと、いっぱい知れましたから。今日のことを、思い出せるように。お互いへのプレゼントにしましょう」

「名案だね!そうしよっか!」


19 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:18:21.09 3YLNtM4i0 19/21


~~駅前~~


まゆ「それじゃあ、まゆは寮なので、ここでサヨナラですね」

「うん。まゆチャン、今日はありがとう!おかげで今日、すっごく楽しかったよ」

まゆ「こちらこそ。まゆも柚ちゃんと過ごせて、すっごく楽しかったです。だから、そんな柚ちゃんに、まゆからのプレゼントです。はいっ」

「ありがとう、それじゃアタシからも」

まゆ「ありがとう。大切にしますね」

「また予定が合ったら、一緒に遊ぼうねっ」

まゆ「はい。そのうちお仕事でも、一緒になれる事があるといいですね♪」

「うんっ♪それじゃあ、またね!バイバーイっ」

まゆ「さようならーっ」

20 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:19:55.22 3YLNtM4i0 20/21


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


「……あんなこと言ってたら、まさかすぐに一緒の仕事が来ちゃうなんてね」

まゆ「はい、本当にびっくりしました。偶然ってあるものなんですね」

「もしかしたらさ、これも運命だったのかも♪」

まゆ「うふふ、そうかもしれませんね♪」


カメラマン「はーい、それじゃ撮りまーす」


「はーい!」ギュッ

まゆ「!」

「……へへっ♪」ニコッ

まゆ「……うふふっ♪」ギュッ


カメラマン「そこの二人、仲良くていいねー!それじゃいきますよー」


(もし、この出会いが運命だったのなら……)

まゆ(そんな『運命』も、悪くないですね♪)


おわり

21 : ◆SIevslU5sU - 2017/12/10 00:24:34.33 3YLNtM4i0 21/21

お読みいただきありがとうございました。

柚とまゆが手を繋いでるジャケット絵に感化されて書きました。
2人を含む9名で歌う表題曲ほか2曲が収録されたCD「恋が咲く季節」は12/13発売!みんな買おう!

記事をツイートする 記事をはてブする