1 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:31:24.15 REPHzFdU0 1/16

ラスティックピースの小話です。

元スレ
美由紀「新しい朝がきたー♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509085883/

2 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:32:20.86 REPHzFdU0 2/16



女子寮/美由紀の部屋


美由紀「zzz……」

美由紀「んみゅ……」

ピピピ ピピピ ピピピ

美由紀「ん……はふ……」ググーッ

美由紀「ふわぁ……」ゴシゴシ チラ

時計<5:00>ピピピ ピピピ カチッ

美由紀「はふ……よしっ、と」トタトタ

シャーッ

美由紀「うわぁ……まだ少し暗いなー。……とっても早い朝ってこんな感じなんだね」

美由紀「……よしっ、じゃあ準備っと! お着替えお着替え〜」ルンルン

美由紀「……ふわぁぁ。でもまだ眠いや……」アー

3 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:33:01.83 REPHzFdU0 3/16

ガチャ


美由紀「おはようごさいまー……す?」

悠貴「美由紀さん、おはようございますっ!」

真尋「美由紀ちゃーん! おっはよー!」

美由紀「二人とも、おはよー! びっくりした。とっても早起きなんだね」

悠貴「はいっ、今日は真尋さんとランニングなんです!」

真尋「へへっ、誘われたからには早起きしないとってね! 美由紀ちゃんこそどうしたの、すっごい早いね?」

美由紀「ふふふ……これ!」

4 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:34:21.54 REPHzFdU0 4/16

悠貴「わあっ、箒ですか! お掃除するんですねっ」

美由紀「そうだよ! これで事務所の前をお掃除するんだ〜♪」

真尋「そっかー! うーん、誘いたかったけど……なら仕方ないね!」

美由紀「もう、二人に走られちゃったら着いていけないよ〜」

悠貴「大丈夫ですっ、美由紀さん! 私が精一杯サポートしますから♪」

美由紀「そう? なら……って! みゆきはお掃除なの! ダメだってば悠貴ちゃん〜」

悠貴「えへへっ、ごめんなさい♪」

真尋「よしっ、悠貴ちゃん! それじゃ、いこっか!」

悠貴「はいっ! じゃあ美由紀さん、失礼しますねっ」

美由紀「うん! いってらっしゃ〜い♪」

ガチャ パタン

ーーーー

真尋「……あれっ、そういえば美由紀ちゃんが年上なんだ」

悠貴「? 真尋さんっ、どうしました?」

真尋「ううん、なんでもないよ!」

ーーーー

5 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:35:52.57 REPHzFdU0 5/16

美由紀「真尋ちゃんも悠貴ちゃんもすごいな。こんな朝早く起きて……ふわぁ」

美由紀「うー……ちょっと眠いや。何か冷たいもの……」トタトタ



台所


比奈「」トポトポポ

美由紀「あれっ? 比奈ちゃん、おはよー!」

比奈「あ……美由紀ちゃん、おはようっス。……おっとと」トポトポ

美由紀「わー……コーヒーだ。すごいね比奈ちゃん」

比奈「すごい……っスかね? へへ、なんかどうもっス」

美由紀「みゆきはブラックコーヒーダメなの。んんっ! ってなっちゃう」

比奈「んんっ! っスか。それは辛いっスね」

美由紀「そうっすよー」

比奈「そうっスかー」

美由紀「……ふふっ♪」

比奈「……へへっ♪ ところで、何かご用っスか美由紀ちゃん」

美由紀「うん、みゆきちょっと何か飲もうかなって」

比奈「はー、なるほど。えーっと……ああ、うん。なんか色々あるっスよー」

6 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:36:27.48 REPHzFdU0 6/16

美由紀「どれどれー?」ガチャッ

美由紀「あ、カフェオレー♪」

比奈「えーと……ここかな? あった、コップどうぞっス」

美由紀「ありがと、比奈ちゃん!」

比奈「いえいえー」

美由紀「♪〜」ゴクゴク

比奈「ところで美由紀ちゃん、こんな朝早くからどうしたんス?」

美由紀「寮の前をお掃除するの! えーと……あれで!」

比奈「ああ、立派な……竹箒? っスね」

美由紀「でしょ!」

比奈「へへ、偉いっスねー」ナデナデ

美由紀「ありがと〜♪」

7 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:37:22.21 REPHzFdU0 7/16

比奈「ふふ……さて、アタシも帰る用意しとかないと」

美由紀「比奈ちゃん、泊まってたんだ?」

比奈「っス。いやあ、鑑賞に白熱してたらいつの間にか……って、これは美由紀ちゃんには聞かせられないっスね」

美由紀「えー? もう、きになるよー!」

比奈「美由紀ちゃんには不健康なお話っスから……美由紀ちゃん、大人になってもちゃんと寝るんスよ」ナデナデ

美由紀「? よくわかんない……」

比奈「はは……じゃあ、アタシはここらで〜」

美由紀「うん! 比奈ちゃん、気をつけてねー!」フリフリ

トタトタ……

美由紀「……比奈ちゃん、コーヒーなんて大人だなあ」

美由紀「あ、ちょびっとだけポットに……おためしに少しだけ」

美由紀「……んんっ! やっぱりまだだめ……」


ーーーー

8 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:38:16.09 REPHzFdU0 8/16

美由紀「おっそうじ、おそうじ〜♪」トテトテ

飛鳥「……おや、そこに見えるのは美由紀かい」

美由紀「あっ、飛鳥ちゃん! おはよー!」

飛鳥「ああ、おはよう。……こんな朝早くから奇遇だね」

美由紀「だねー! 飛鳥ちゃんも早起きなんだ」

飛鳥「ちょっと違うね……運命のいたずらってヤツさ」

美由紀「えーと……なんとなく起きちゃったの?」

飛鳥「……どうだろうね」

9 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:38:54.07 REPHzFdU0 9/16

美由紀「なるほど〜。あ、ねえねえ飛鳥ちゃん、何してたの?」

飛鳥「ただ赴くままに、歩いていただけさ。人が全くいないこの空間を味わいながら、ね」

美由紀「お散歩してたんだね!」

飛鳥「ふふっ、 まあ言うなれば」

美由紀「へえ〜……みゆきもお散歩好きだよ! 道に迷ったりもしちゃうけど……」

飛鳥「そうか。……まあキミのことだ、迷っても帰るべき所はしっかりと理解ってるんだろう?」

美由紀「うん! 太陽が見えたらわかるよ!」

飛鳥「フッ……対したものだね、キミは。称賛に値するよ」

美由紀「? えっと……うん!」

飛鳥「……ああ、誉めてるのさ」

美由紀「なるほどー! ありがと、飛鳥ちゃん!」

飛鳥「ボクにはないスキルさ……どうやっているのか、とても興味深い」

美由紀「んー、太陽と時間だけでわかるよ?」

飛鳥「……成程。やはりボクには難しそうだ」

美由紀「そんなことないよ〜……時間? あ! もうこんな時間なんだ、ごめんね飛鳥ちゃん!」

飛鳥「? ああ、なんだかわからないが……また会おう、美由紀」

トタトタ……

飛鳥「……箒、ね」

10 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:39:57.21 REPHzFdU0 10/16

女子寮前


ガチャン


美由紀「よいしょっ……と」トントン

美由紀「よしっ、それじゃ始めるぞー!」グイーッ

サッ サッ

美由紀「♪〜」

サッ サッ

美由紀(落ち葉がいっぱいだねー。今さら気づいたけど)

サッ サッ

美由紀(よく見ないと気づかなかったなあ。いつも通ってた道だからすごく……)

美由紀(……いつも、かぁ。もうここの道もなれて来たんだなあ)

サッ

美由紀(……お父さん、元気にしてるかなあ。お母さん、ご飯いっぱい食べてるかなあ)

美由紀(お家でも、おそうじのお手伝いしてたな、なんだか懐かしいや……)

サッ

美由紀(……)

11 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:41:07.44 REPHzFdU0 11/16



スタスタ


P「……おっ、美由紀か?」

美由紀「あっ、Pさん! おはようございまーす!」

P「おお、女子寮の掃除か」

美由紀「うん! ……あ、ちょっと待っててね。ササッと掃いて……っと」

美由紀「よしっ、キレイな道のできあがり! どう、Pさん?」

P「うーん、凄く綺麗になったな。えらいぞ美由紀」

美由紀「えへへ〜♪ うん、やっぱり早起きすると良いことあるね! 朝からPさんとも会えたし!」

P「ははは、そんなに会えて嬉しかったのか?」

美由紀「うんっ! だってPさんだもん」

P「それはどうも」ナデナデ

美由紀「えへへ♪」

P「……よしっ、じゃあ俺も手伝ってあげようか」

美由紀「え、Pさんも? いいの?」

P「ああ、今日は早起きしたんでな。時間はまだまだ余裕がある」

美由紀「わーい♪ えへへ、そしたら二倍キレイになるね〜♪」

P「よし、じゃあ……俺は手で拾っていこうか」

美由紀「うん、お願いします!」

12 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:41:50.62 REPHzFdU0 12/16

サッ サッ

美由紀「♪〜」

ヒョイ ヒョイ

P「美由紀、すごい楽しそうだな」

美由紀「うん、楽しいよ! みんなが住んでる女子寮だもん。楽しいし、嬉しいの!」

P「そうかそうか、それならよかった」

美由紀「♪~」

サッ サッ

P「……」

美由紀「……」

美由紀「……今日朝起きてね、色んな人と会ったんだ」

P「寮の皆か」

美由紀「うん! 朝でもみんなはここにいるんだなって。なんだか不思議な気分だったの」

13 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:42:40.31 REPHzFdU0 13/16

P「あー、なんとなくわかるかもしれん。こう……暗いし、まだ夜の続きみたいで誰もいないような気分なんだよな」

美由紀「そうそう! でも起きてる人はいて、でも気分は夜で……なんだかわからなくなってきちゃうね」

P「なんだか複雑だなあ……」

美由紀「たしかにね~。……とにかく、いつどんな時に来てもやさしいみんながいてくれるって思って……なんだかうれしい気分なの」

P「ふふっ、美由紀はみんなのことがだいすきなんだな」

美由紀「うん! みんなみんな、と〜っても優しいしきれいだし……みゆき、ここに住んでるみんながだーいすき!」

美由紀「もちろん、ここに住んでない人も……お父さんやお母さんも、地元のお友だちも、近所の人達も、みんなみんなだいすきだよ!」

P「……そっか」

美由紀「うんっ! みんなのためにできるんなら……みゆき、すっごく頑張れちゃうの」

14 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:43:46.65 REPHzFdU0 14/16

P「うん、やっぱり……美由紀は偉いな。とっても」

美由紀「えへへ……照れちゃうよ」

P「美由紀、その心は大事に……とっても大事にしていくんだぞ。これから将来、その心は美由紀をとっても良い大人にしてくれるから」

美由紀「……うんっ!」

P「……それにな。美由紀がみんなを好きなように……」チラッ

美由紀「?」

タッタッタッ……

P「みんなも、美由紀のことが好きみたいだな」

悠貴「おーい、美由紀さーん!」タッタッタッ

真尋「美由紀ちゃーん!」タッタッタッ

15 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:44:25.18 REPHzFdU0 15/16

美由紀「あ、二人ともー! お帰りなさい! ……あ、それって」

悠貴「はいっ! えっと、私たちも……」スッ

真尋「掃除、手伝おっかなって! 事務所から借りてきたんだ!」スッ

美由紀「わぁ……ありがとう、悠貴ちゃん、真尋ちゃん!」

比奈「……あ、ちょっと出遅れちゃった感じっスかね?」

飛鳥「いや、そうでもないさ。まだ終わってはいないみたいだからね」

美由紀「比奈ちゃんに飛鳥ちゃん!」

比奈「いやまあ、ちょっとだけならアタシもお手伝いしましょうかなーと……」

飛鳥「……ふとした気まぐれさ。でもまあ、たまにはこういうことも良いだろう……ってね」

美由紀「わぁ……みんな、ありがとう!」

P「ふふ、よかったな美由紀」

美由紀「……うんっ! みゆき、すっごく幸せ♪」




16 : ◆Xz1yv1fzOo - 2017/10/27 15:47:41.03 REPHzFdU0 16/16
記事をツイートする 記事をはてブする