1 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:38:22.75 JXdUNtZz0 1/17

これはモバマスSSです

元スレ
【モバマス】P「なぁ……俺ボールペンになりたいんだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505831902/

2 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:38:45.79 JXdUNtZz0 2/17

P「ふー……疲れた……」

幸子「お疲れさまですPさん、今お仕事終わったんですか?」

P「お、幸子か お疲れ~」

幸子「最近お仕事多そうですね。無理してませんか?」

P「無理はしてないよ、ありがとうな」

3 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:39:16.33 JXdUNtZz0 3/17

幸子「フフーン、カワイイボクをもっと世界に広めるためにPさんには倒れてもらっては困りますからね!!」

P「おう、任せておけ」

幸子「それで、今何のお仕事してたんですか?」

P「ん~?今は仕事してたわけじゃ無いんだけどな」

幸子「へ?でもなんか考え事していたような」

P「まぁ考え事はしてたな」

4 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:40:10.18 JXdUNtZz0 4/17

幸子「なるほど!カワイイボクのプロデュースについて考えていただいてたんですね!! カワイイボクはいつなんときもPさんの頭を悩ませてしまうんですよ!!」

P「いや、ボールペンになりたいなぁって……」

幸子「……は?」

P「ボールペンになりたいなぁって」

幸子「疲れてるんですね、たまにはボクのお仕事こと忘れて休んできたらどうですか?」

P「疲れてはいるけど休んでるほどでは無いよ」

5 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:40:44.32 JXdUNtZz0 5/17

幸子「そんな考えるってことはもうすでに限界を超えてるんですよ」

P「限界なんて無い、限界は動けなくなった時だ」

幸子「限界あるじゃないですか」

P「そんなことはたいしたことじゃない、おれはボールペンになりたいんだ」

幸子「充分たいしたことです」

P「まぁ少し俺の話を聞いてみないか?」

幸子「なんでそんなことをしなきゃいけないんですか」

6 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:41:34.35 JXdUNtZz0 6/17

P「幸子ずっとカワイイと思ってた」

幸子「フフーン、ボクは宇宙一カワイイですかね!」

P「それでカワイイ幸子、話を聞いてくれないか?」

幸子「フフーン!良いでしょう!何の話ですか?カワイイボクが聞いてあげましょう!」

P「それでボールペンになりたい話なんだけど」

幸子「そこまで言うなら何かしらの理由でもあるんですか?」

7 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:42:01.10 JXdUNtZz0 7/17

P「もちろん、なんだ幸子も聞きたいのか?」

幸子「Pさんが聞けって言ったんじゃないですか!!」

P「それでボールペンになりたい理由なんだがな」

幸子「スルー!? ここでスルーします!?」

P「実は大きく分けて三つあるんだ」

幸子「やけに具体的な数字ですね」

8 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:42:32.11 JXdUNtZz0 8/17

P「まず一つ目なんだけどな」

幸子「はい」

P「ボールペンって普段から持ち歩くじゃないか」

幸子「まぁそうですね、基本的に筆箱の中に入れてますし」

P「大人組の人たちだったらスケジュール帳に挟んだりしてるしな」

幸子「まぁ確かにそれはそうですね」

9 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:42:58.37 JXdUNtZz0 9/17

P「それってつまりみんなのプロデューサーとして常に一緒に居ることができるってことだよな」

幸子「……まぁ、一理ありますね」

P「やっぱりこの職業してるとさ、みんなを常に見守りたいって思うんだよな」

幸子「Pさん……」

P「みんな大事なアイドルだしな!」

幸子「Pさん……見直しました、くだらないとか思ってすいません」

P「なに、いいってことよ」

10 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:43:43.82 JXdUNtZz0 10/17

幸子「それであと二つの理由は……?」

P「お、そういやまだ途中だったな」

幸子「はい、今はもう理由が気になって仕方ないんです」

P「二つ目はな、ボールペンの中には芯を詰め替えれタイプのやつもあるだろ?」

幸子「ありますね、それとどういう関係が?」

P「なんか『あなた色に染められます』みたいな感じで好き」

幸子「なんですかそれ、なんかロマンチックになりましたね」

11 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:47:12.48 JXdUNtZz0 11/17

P「お、幸子わかってきてるじゃないか」

幸子「仕方なく話についていってるだけですよ」

P「まぁはじめはそれでいいんだ、きっと幸子もボールペンになりたい気持ちがわかってくる」

幸子「さっき見直したって言いましたけどなりたい気持ちは1ミリもわかりませんよ?」

P「感じてくれたらいいんだって」

12 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:47:49.32 JXdUNtZz0 12/17

幸子「はいはい、それで最後の理由はなんですか?」

P「女の子にニギニギされたいじゃん?」

幸子「お疲れさまでした、今日はボクもう帰りますね」

P「待ってくれ幸子!これにも深いわけが」

幸子「見直したって言ったの撤回させてください」

P「ちゃんと話は最後まで聞くんだ」

13 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:48:16.05 JXdUNtZz0 13/17

幸子「……仕方ないですね」

P「さすが幸子、そういうところカワイイぞ」

幸子「カワイイって言えば何でも良いと思ってません?」

P「思ってない」

幸子「それで、最後の理由の詳細はなんなんですか?」

14 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:48:42.05 JXdUNtZz0 14/17

P「普通に考えて女の子にニギニギされたいと思わない?」

幸子「もうボク帰って良いですか?」

P「だめだ」

幸子「どうしてですか!何にも深い話では無かったじゃないですか!!」

P「これほど深く哲学的な理由を理解できない……だと……」

幸子「理解したくないです」

15 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:49:13.54 JXdUNtZz0 15/17

P「まぁいい、ここまで聞いてくれた幸子にプレゼントがある」

幸子「いきなりですね……プレゼントですか?」

P「あぁ、せっかく聞いてくれたからな」

幸子「凄く聞いて損した気分ですけど」

P「まぁそう言うなって、ほらこれ」

16 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:49:43.00 JXdUNtZz0 16/17

幸子「何ですかこの長細い箱」

P「開けてみてくれ」

幸子「いまですか?まぁいいですけど(パカッ」

P「ボールペンだ、大事に使ってくれ」

幸子「この話聞いた後だと凄く使いにくい!!!」

17 : ◆9YfKA67h5g - 2017/09/19 23:51:03.98 JXdUNtZz0 17/17

ここまで読んでくださってありがとうございます

この話を書き始めたときはきっと疲れていたのでしょう

それではまたどこかでお会いしましょう

記事をツイートする 記事をはてブする