1 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:46:42.67 506pMAI9O 1/14


これはモバマスssです

元スレ
フレデリカ「妄想恋愛ごっこ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502700402/

2 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:47:15.23 506pMAI9O 2/14



「……あー、虚無な時間を過ごした気がする……」

「なんだったんだ、ほんと」

「……ん?まぁまたよく分かんない遊びに付き合わされてね」

「気になる?部屋行ってみたら?」

「やめた方がお互いの為だと思うけど」

「いやほら、もう夏休みじゃん?」

「暑さで頭がやられてたんだよ、多分」

「まぁ、夏って言えばね……」


3 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:47:48.64 506pMAI9O 3/14



フレデリカ「フンフンフフーン、フンフフーン!」

文香「ふふっ……とても、楽しみです」

「どこでしょう?どこに連れていってくれるんでしょう!」

「……どうしたの?気持ち悪いくらいみんな上機嫌で」

フレデリカ「えっとねー、次のデートの事!」

「……は?」

文香「私たちは今、パセリの気分なんです」

「吹けば飛ぶって事?」

「お祭り気分、と言う意味ですね」

文香「ふふっ……ふふふふふっ……」

「まって文香ちゃんハイライト消えてる。お願いだから説明頼むよ」


4 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:48:29.88 506pMAI9O 4/14



「……成る程ね、夏だもんね」

フレデリカ「夏といえばー?」

「青春、です!」

「彼氏と旅行とかザ・青春だよね」

文香「ですが、私たちはアイドルです……」

「当たり前ですが、許されない事だってあります」

フレデリカ「だからー?!」

「妄想で恋人を作って夏を乗り越えよう、ね……バカでしょ」

フレデリカ「バカって言う方がカバなんだよ?」

「せめて人間でありたかったよ」


5 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:48:57.19 506pMAI9O 5/14



「と言うわけで、お互いの近況報告の様なものをしていたんです」

「……まぁ、楽しんでるんならそれでいいのかな」

文香「杏さん……人の恋愛に口出しはいけません。例えそれが、どんな形であろうと……」

「そもそも形になってないじゃん」

フレデリカ「杏ちゃんも今からバカップルねー!」

文香「頑張って、恋愛を成就させて下さい」

「大丈夫です、私達先輩がついてますから」

フレデリカ「さ、ほらほら!杏ちゃんも近況報告しないと!」

「えぇ……」



6 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:49:27.49 506pMAI9O 6/14



「えっと……こないだ花火大会があったじゃん?」

「あ、私達も行ってきました!とっても綺麗でしたよね……でも、大好きな彼と一緒だったからこそ、より一層楽しめたんだと思います!」

「……雨だったけどね」

フレデリカ「アタシね、傘忘れていってあげたんだー」

「イッツソーTulip」

文香「本が濡れるので、私は参加出来ませんでしたが……」

「せっかく着付けた浴衣は少し濡れてしまったんですが……『そんな肇も可愛いよ』って言ってくれたんです!花火よりも私の顔の方が真っ赤だったかもしれません」

フレデリカ「夏だねー」

「夏のせいにしたら夏に失礼でしょ」



7 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:50:08.85 506pMAI9O 7/14



文香「そういえば……私達は、美術館に行って参りました」

「素敵ですね、美術館にデートなんて」

フレデリカ「アタシも連れてって欲しいなー」

「美術館って楽しいの?」

文香「……はぁ」

フレデリカ「えー……」

「……ぷくー」

「え、何?変なこと言った?」

文香「大好きな彼とでしたら……たとえどこでも、幸せになれるものです」

「それが自分の好きな場所・行きたい場所だったら尚更ですよね」

フレデリカ「水族館だって遊べるものがあるわけじゃないけど楽しいでしょー?」

「珍しく正論で負けた」


8 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:50:45.04 506pMAI9O 8/14



「私、田植えに行って来ました!」

「農家の老夫婦かよ」

「老夫婦……素敵な響きですね。年を取っても、いつまでも彼と一緒に何かをしていたいです」

フレデリカ「フレちゃんはねー、旅行に行って来たよ」

文香「どちらへ訪れて来たのですか?」

フレデリカ「埼玉」

「埼玉」

フレデリカ「なーんにもなかった!」

「……何もない、がある!」

文香「素敵な旅行ですね」

「今の説明で?!」


9 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:51:24.88 506pMAI9O 9/14




文香「そう言えば……先日、彼にお弁当を作ってみたんです」

「文香ちゃんって料理出来たっけ?」

フレデリカ「前に手巻き寿司は作ってなかった?」

「最近の暑さだとすぐダメになっちゃいそうですね」

文香「画像はこちらになります」

フレデリカ「わぁお、このラグビーボールなーに?」

文香「おにぎりです」

「明らかにお弁当箱の10割以上を占めてるんだけど」

文香「ふふっ……大丈夫です、3段弁当ですから」

「普通にご飯を詰めればよかったんじゃないでしょうか……」


10 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:52:00.80 506pMAI9O 10/14



文香「2段目は、こちらになります」

「この飛び散った肉片みたいなのは?」

文香「タコさんウィンナーです」

「どちらかと言うとひき肉では?」

フレデリカ「この下に敷き詰めてあるのはなーに?」

文香「サンドイッチです……見て、分からないでしょうか?」

「サンドイッチを弁当箱の底に敷く人初めて見たよ」

文香「大好きな彼の為に、初めて作ったものですから……失敗もあるかもしれません」

「そう言えば、三段目には何が入ってるんですか?」

文香「交換日記を……」

「弁当箱」

文香「2冊ほど」

「交換日記の意味分かってますか?」


11 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:52:37.37 506pMAI9O 11/14



文香「彼、口をポカーンと開いてとても喜んでくれて……喜んでいる表情を見ると、此方まで嬉しくなってくるものですね」

「その弁当箱の三段目みたら誰だって唖然とするでしょ」

「いいですね……私も、お弁当を作ってピクニックに行きたいです」

フレデリカ「肇ちゃんは何処に行きたいのー?」

「私の実家に」

「肇ちゃんが……遠い……」

「確かに岡山は遠いですけど、二人で落ち着いて電車に揺られてる、そんな時間も素敵だと思いませんか?」

フレデリカ「お相手の内心はそんな落ち着けないんじゃないかなー?」



12 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:53:08.53 506pMAI9O 12/14



文香「杏さんは、何処へ行きたいですか?」

「えー?んー……家で二人でゲームしてたい」

フレデリカ「……わぁお……」

「……大胆、ですね……」

文香「杏さん……ファイト、です……!」

「なんなのその反応」

「家でだなんて……」

フレデリカ「杏ちゃんは進んでるねー」

文香「間違いが起こらない様に、今のうちに杏さんの部屋にカメラを仕掛けておきましょう」

「張り倒すぞお前ら」


13 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:53:37.83 506pMAI9O 13/14




「……まぁあの3人が実に女子学生してたなーって」

「想像力逞しいのは良い事だけどね」

「杏が迷惑被らない限り」

「……あ!それ今日発売のゲームじゃん!朝並んだの?!」

「ねぇプロデューサー、そのゲーム2人で出来るよね?」

「……よしよし、勘のいいプロデューサーは嫌いじゃないよ」

「さっさと飲み物とお菓子買って杏の家行くぞー!」

「……ちょっと待ってて」

「廊下の角でこっちみてニヤついてる三人を殴ってからね」



14 : ◆TDuorh6/aM - 2017/08/14 17:55:55.78 506pMAI9O 14/14


久し振りに書いた気がします
最近はよく雨が降って蒸し暑いですね、洗濯物よくワンモアーさせられます
お付き合い、ありがとうございました

前作です、よろしければ是非
フレデリカ「怪談ごっこ、その3」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501422268/
http://ayame2nd.blog.jp/archives/17633983.html

記事をツイートする 記事をはてブする