26 : 以下、名... - 2013/04/04(木) 03:02:20.27 jzWPjdPYP 1/9


小鳥「あー! 疲れたー!!」

P「……」

小鳥「本当、仕事は溜め込むものじゃないですね……痛感しましたよー……」

P「……」スッ

小鳥「あれ、プロデューサーさんどうかしたんですか? あ! もしかして手伝ってくれたりなんて!」

P「立ってください」

小鳥「え? あ、はい」スクッ

P「そこに手、付いてください」

小鳥「手ですか? ちょっと、プロデューサーさん一体何を……」

P「いいから」

小鳥「……? こう、ですか?」ペタッ


P「……はっ!!!」バサッ

小鳥「えっ? きゃ、きゃあああ!!! ちょ、ちょっとぷ、プロデューサーさん!!?」


元スレ
P「小鳥のミニスカートまくって机に両手つかせて尻ひっぱたきたい」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365008051/

30 : 以下、名... - 2013/04/04(木) 03:06:15.34 jzWPjdPYP 2/9


P「あぁもう本当にけしからん尻だ!! まくらなくてもわかってたがまくったら尚更ひどいもんだ!!」

小鳥「や、やめ……ぷ、プロデュ……」

パシーン

小鳥「っ~~!!!」

P「静かにして下さいよ。今せっかく堪能してるんですから」

小鳥「い、痛っ……うぅ、プロデューサーさ……」グイッ

バッチーン

小鳥「い、いやああああああ!!」

P「動かないでくださいよ。素直に机に手をついてた方が楽ですって」

小鳥「う、うぅ……どうして、どうしてこんな……」

P「さて、布一枚隔てた感覚も捨てがたいが……」スッ

小鳥「えっ? ま、まさか……い、嫌っ! それはダメ! ダメですプロデューサーさん!!」

ガチャッ

春香「おはようございまーす!」


32 : 以下、名... - 2013/04/04(木) 03:08:07.26 IDDXD3Sa0 3/9


>>30
夜の出来事かと思ったら朝なんだな


38 : >>32昼過ぎくらいを想像してくれ - 2013/04/04(木) 03:12:44.27 jzWPjdPYP 4/9


パチンッ!!

小鳥「いっ!! いたいよぉ……」

春香「……あれ?」

P「この感覚……やっぱりいいなぁ……もういっちょ!」

スパーン!

小鳥「い、嫌っ!! っぐぅ……!! んぁっ!!」

バタン
春香「……あれー? おかしいな、私ったら自分の事務所もわからなくなっちゃって」

春香「それにしても、小鳥さんに似てるひとだったなー……」


P「流石に俺も手が痛くなってきました」

小鳥「うぅ……ひどい、ですっ、よぉ……ひっく……」

P「これだけ叩いたのにまだこんなにハリがあって、ムチムチで」ペチッ

小鳥「んっ……ダメぇ……」

P「しかも小鳥さん、癖になってるでしょ? ね?」


40 : 以下、名... - 2013/04/04(木) 03:18:25.85 jzWPjdPYP 5/9


小鳥「そんなわけ、ないじゃ、ないですかぁ……それに今誰か……うぅ……」

P「本当です、かっ!」バシッ

小鳥「んあぁっ!!」ビクッ

P「ほら、もうこんなに敏感になってますが。スカート窮屈そうですね、脱がしましょうか?」

小鳥「……プロデューサーさん」

P「あぁでも、このままの方がエロいなぁ。とりあえず俺もそろそろ限界なんで、よいしょっと」ボロン

小鳥「えっ? な、何を……きゃっ!!」ペチン

P「分かりますか、これ? 小鳥さんならわかりますよね?」ペチンペチン

小鳥「熱っ……いや、やめて……プロデューサーさん、ダメですって……」

P「そんな事言って、望んでたんじゃないですか? これ、欲しかったんじゃないですか?」

小鳥「事務所で、こんな……アイドルの誰かがきちゃったら……」

P「まあそんなこと言われても辞める気にはならないので。よく見たら濡れ濡れですし、行っちゃいますね」スッ

小鳥「えっ、だ、ダメですよ、プロデューサーさん! やっ……!」


42 : 以下、名... - 2013/04/04(木) 03:24:00.97 jzWPjdPYP 6/9


春香「あれーおっかしいなぁ? 今のうちの事務所……だよね?」

千早「あら、春香?」

春香「あ、千早ちゃん! 千早ちゃんもこの時間?」

千早「いえ、私は収録の帰りよ。水瀬さんと一緒に来たのだけれど」

伊織「あら、春香じゃない。どうしたのよこんなところで」

春香「あ、伊織もおはよう! なんか私、自分の事務所がわからなくなっちゃったみたいで」

千早「……どういうこと?」

伊織「もしそれが本当なら、ドジなんてレベルじゃないわよ……?」

春香「あ、あはは……だよね。というか、ここで合ってるよね!?」

伊織「……」

千早「その、春香……」

春香「ち、違うんだって! なんか、入ったらその……変なことが、行われてたっていうか……うーん?」

伊織「まあいいわ、きっと疲れてるのよ。中でゆっくり休めば良くなるでしょ」


43 : 以下、名... - 2013/04/04(木) 03:28:18.56 jzWPjdPYP 7/9


千早「そうよ、だいたい変なことって何?」

春香「あー、うーん……なんか、パチン……ってカンジ?」

千早「その……きっと、疲れてるのよ」

春香「千早ちゃんまで!! もー待ってよ!!」

ガチャッ

伊織「戻ったわ。ほら春香、ちゃんと小鳥がいて……」

千早「おはようございます音無さ……」

春香「やっぱり私の勘違いだったみたい! ごめんごめ……え?」

パンパン

P「小鳥さん……小鳥さんっ……!!」

小鳥「嫌っ!! あっ、だめっ、プロデューサーさぁん……んっ……ふっ、あんっ!!」

伊織「……間違えた、かしら?」

千早「間違えた、と思うけれど……」


46 : 以下、名... - 2013/04/04(木) 03:34:47.80 jzWPjdPYP 8/9


小鳥「えっ……嫌っ!! だめ、プロデューサーさん!! やめ、皆、見て!! んやぁん!!」

春香「でも……あれって、小鳥さんと……」

伊織「……」

P「そんなこと言ってよがってるのは誰ですか! ほら、もっと腰振って!!」

小鳥「ダメぇ!! ダメダメ!! 見ないで、春香ちゃん、伊織ちゃん!! やっ、あっ……んぁあ!!」

千早「……」

伊織「ぷ、プロデューサー……よね? いや、えっと……」

春香「だ、ダメ伊織!!」

千早「いや、春香それは今更というか……その、プロデューサー……?」

P「ほら、見てますよ? 小鳥さんが犯されてるところ、事務所のアイドルに見られちゃってますよ!!」

小鳥「やだぁあ!! んっ、だめぇ、止めてぇ……プロデューサーさん、プロデューサーさんん!!!」

伊織「ばっ……か、じゃないの……」

千早「プロデューサー……」

春香「と、とにかく他の子が来ないようにしないと……いや、でも律子さんとかに電話した方がいいのかな……」


48 : 以下、名... - 2013/04/04(木) 03:42:11.71 jzWPjdPYP 9/9


P「さて、そろそろフィニッシュですよ小鳥さん!!」

小鳥「やぁあ!! 抜いて、だめ、だめぇえええ!! あっ、あっ……!」

P「いっくぅうううう!!」ビュッ

小鳥「あ、だ、だ、めぇえええええええ!!!」ビクンビクン

「「「……」」」


小鳥「あ、は……はる、かちゃ……いや……ぷろ……」

P「ふぅ……そんなに公開セッ○スが気持ちよかったですか? 流石変態さんですね」

小鳥「うぅ……ぐすっ……」

----

小鳥(みたいなこと思ってないかな?ないかな?)チラッチラッ

小鳥(あ、でもそれだとやっぱり本当に起きたとき後々面倒かしら? でも……いいなぁ)

小鳥(でももう少し優しくして欲しいかも、なんて? ふ、ふふっ……)

「最近背筋が寒いです」




記事をツイートする 記事をはてブする