1 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:18:37.62 1Emvc07i0 1/37

前の
こずえ「こずえはねー……おにんぎょうなのー……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486384458/
http://ayame2nd.blog.jp/archives/12010486.html

ちょっとした番外編
朋「寺生まれのいる事務所」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490174815/
http://ayame2nd.blog.jp/archives/13864770.html

寺生まれのPさんとか、ふじともとか、よしのんとか、茄子さんとかが出ます

元スレ
フレデリカ「緑色の目をした怪物」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494245917/

2 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:19:41.13 1Emvc07i0 2/37

菜々「みなさん、ようこそお越しくださいましたっ!」

茄子「あら、菜々ちゃん♪」

芳乃「別に外で待たずともー」

菜々「いえいえ! こっちが招いたんですから、これくらい!」

菜々「きてくれてありがとうございます、茄子ちゃんに芳乃ちゃん!」

菜々「……それに、朋ちゃん、プロデューサーさんも!」

「いえいえ」

モバP「困ってるのに見過ごすわけにはいかないからな」

モバP「……芳乃と茄子からおおまかな話は聞いているよ」

「緑色の目をした怪物……だっけ?」

菜々「はい……」

菜々「……とりあえず、外で立ち話もなんですし!」

菜々「ささ、中へどうぞどうぞ!」

芳乃「うむ、お邪魔しますー」

3 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:24:05.96 1Emvc07i0 3/37

茄子「広いですねー」

芳乃「うむー、わたくしたちの事務所よりー」

「まあ、あたしたちのとこは最近できたばっかりだしね」

「ここってずっと前からあるでしょ?」

菜々「そうですねー」

菜々「ですから、人もたっくさんいるんです」

モバP「みたいだな」

芳乃「そうでしてー……」

「どしたの芳乃ちゃん?」

「……もしかして少しうらやましくなっちゃった?」

芳乃「いえ、そのようなことはありませぬー。わたくしたちのところも気に入っていますゆえー」

芳乃「ただ、幸いであったと思っただけでしてー」

菜々「……この事務所がですか?」

芳乃「うむー」

芳乃「これほどまでに大きいからこそ、部屋も無数にあるゆえー」

芳乃「怪物が狙う部屋に人がいない確率も大きくなるのでは、とー」

「あー、なるほどね」

菜々「確かにそうですね……規模がもっと小さかったら、人がいる部屋も襲われていたのかもしれません」

菜々「いっぱい部屋があって、人のいない部屋もそれなりにあったことは幸いでしたね」

茄子「私たちの事務所なんかだったら確実に誰か被害を受けますねー」

芳乃「わたくしたちの事務所なら大丈夫でしょー」

芳乃「チートですゆえー」

茄子「それもそうですねー♪」

菜々「うーん……ナナたちももっと修行してればよかったんでしょうか……?」

菜々「……おっと、こちらですね。どうぞー」

「はーい」

4 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:25:19.67 1Emvc07i0 4/37

?????「およ?」

まゆ「あら……」

菜々「あ、お二人とも! お客様です!」

まゆ「うふ……来てくれたんですねぇ」

茄子「ふふ、来ちゃいました♪」

芳乃「頼りになる者も連れてまいりましたゆえー、もう大丈夫でしてー」

まゆ「お二人のプロデューサーさん……」

まゆ「それと……あなたは……?」

「あ、えっと、あたしは……」

?????「はいはーい!」

?????「自己紹介するならフレちゃんにもちゃんとしてほしいなー?」

?????「フレちゃん誰も知らないよー?」

「あ、そうよね。ごめん」

芳乃「では、順に自己紹介をしていきましょー」

?????「賛成!」

?????「それじゃあ……ナナちゃんから!」

菜々「菜々もするんですか!?」

?????「だってアタシ、ナナちゃんのことまだまだわからないしー?」

菜々「えぇ……」

菜々「……まあいいですけど」

まゆ「いいんですねぇ……」

菜々「話が進まなそうですし……」

菜々「……こほん」

菜々「ナナは! ウサミン星からやってきた――」

フレデリカ「――フレちゃんはねー、フレデリカっていうんだよー?」

菜々「ちょっと!」

フレデリカ「うふふっ」

5 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:26:35.58 1Emvc07i0 5/37

芳乃「……自由な方でしてー」

フレデリカ「もちろん!」

フレデリカ「だって、フレちゃんの「フ」と「リ」はフリーダムの「フ」と「リ」だよ!



「微妙なところから取ってるわね」

茄子「残りの「レ」と「デ」と「カ」はどこから取ってるんですか?」

フレデリカ「「レ」はねー、レボリューションの「レ」!」

フレデリカ「それで、「デ」と「カ」は刑事!」

菜々「なんでそこだけ日本語なんですか!?」

フレデリカ「だってフレちゃんハーフだしー?」

菜々「うー……!」

菜々「ちょっと納得した自分が……自分が……!」

フレデリカ「うふふっ♪」

まゆ「フリーダムレボリューション刑事……」

フレデリカ「わお! フレちゃんにぴったりそうな職業だ!」

フレデリカ「んー……今日からフレちゃん刑事になろっかなー?」

まゆ「現場が大変なことになりそうですね」

フレデリカ「あははっ、さすがのフレちゃんでも現場をかき回したりはしないよー?」

フレデリカ「ただちょっとかき乱すだけー」

菜々「同じじゃないですか!」

フレデリカ「そうかなー?」

フレデリカ「……ととっ、それで。みんなはなんてお名前ー?」

「……あ、そういえば自己紹介の場だったわ、ここ」

茄子「完全に傍観者になってましたねー」

芳乃「それだけフレデリカ殿がみなを巻き込む人なのでしょー」

まゆ「それがフレデリカさんですからね……うふ」

6 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:30:56.33 1Emvc07i0 6/37

「じゃ、とりあえずあたしからね」

フレデリカ「いよっ! アタシ仲間!」

「あたし仲間……?」

「……まあいいや、あたしは藤居朋よ」

まゆ「うふ……よろしくお願いしますねぇ」

まゆ「まゆは、佐久間まゆって言います」

「ん、まゆちゃんね。よろしく」

芳乃「では続いてー、依田は芳乃でしてー」

茄子「鷹富士茄子ですよー♪」

モバP「それと、三人のプロデューサーだ」

フレデリカ「朋ちゃん、芳乃ちゃん、茄子さん、プロデューサー!」

フレデリカ「うん、フレちゃんメモリーにしっかりインプットしたよー♪」

フレデリカ「よろしくねー♪」

茄子「ええ、よろしくお願いしますねー♪」

「ん、まゆちゃんね。よろしく」

モバP「さて……今日はここに来たのはこの事務所の問題を解決するためだ」

フレデリカ「問題……どれだろ……んー?」

菜々「そんないっぱいありませんよ!」

フレデリカ「そんなことないよー」

フレデリカ「たとえば、フレちゃんが今日の夕飯をなんにするか悩んでる問題とかー」

菜々「それを事務所の問題に含めないでください!」

モバP「緑の目の怪物の話だよ」

フレデリカ「!」

フレデリカ「……」

フレデリカ「……あー、そっちかー。惜しかったなー」

菜々「ぜんぜん惜しくないです!」

フレデリカ「そんなことないよー」

フレデリカ「同じ食事の話♪」

菜々「怪物の話のどこが食事の話なんですか!」

モバP「ははっ」

モバP「……まあそういう理由でここに来たんだ」

モバP「だから……詳しく教えてくれないか?」

菜々「……そうですね」

7 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:34:52.11 1Emvc07i0 7/37

菜々「では……えっと、とりあえず簡単に話しますね」

菜々「……こほん」

菜々「……最近、私たちの事務所に怪物が現れるんです」

菜々「その怪物は、どこからともなく現れて、あたりをめちゃくちゃにした後、消えるそうです」

菜々「そして、その怪物が暴れてるときはあたりが真っ暗になるそうなんです」

「そうです……ってことは、菜々ちゃんは見たことないの?」

菜々「はい。ナナも……」

まゆ「まゆもありません」

フレデリカ「フレちゃんも見たことはないなー」

菜々「……ただ、確かに見た人はいるんです」

菜々「ナナはその子から全部聞いたので……そのまま話しますね」

菜々「……その子が怪物を見たのは倉庫で、でした」

菜々「物を取りに倉庫へと向かって扉を開けたら……」

茄子「その怪物がいたってことですねー」

菜々「そうですね」

菜々「……扉を開いたにもかかわらず、倉庫の中はまったく見えませんでした」

菜々「少しは光が入っているはずなのに、何も見えないほどの暗闇でした」

菜々「……ただひとつ、緑色に光る目を除いて」

芳乃「ふむー……」

菜々「その子は驚いてその場から逃げ出しました」

菜々「そして、周りの人に倉庫で見たものを伝えました」

菜々「もちろん、みんなは信じませんでしたが、その子があまりにも必死だったので、少しの疑念を持って倉庫へと向かいました」

菜々「そして、もう一度倉庫へ戻って扉を開きました」

菜々「そこにはもう暗闇もなく、緑色の目も見えず」

菜々「ただ、ぐちゃぐちゃになった部屋だけが残っていたそうです」

菜々「……これが一度きりだったなら、不思議なこともあったね……とか、誰かのいたずらだったのかな……とかで終わるんですが」

菜々「その日をきっかけに、何度も起こるようになりました」

菜々「それも、その倉庫だけじゃなく、いろいろな部屋で……」

菜々「……今日まで幸いだったのは、誰かがいる部屋でその怪物が現れなかったことですね」

菜々「目撃者こそ多いですけど、まだ誰にも被害はでていません

菜々「でも、それもいつまで続くか……」

モバP「……」

菜々「……これが、ナナが知る限りの緑色の目をした怪物の話です」

8 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:37:44.54 1Emvc07i0 8/37

菜々「どうでしょうか……怪物の正体とか、わかりますか?」

モバP「そうだな……」

モバP「……現れる瞬間、消える瞬間を見た人はいないのか?」

まゆ「目撃者は何人かいますが、誰もその瞬間を見た人はいない……と思います」

モバP「そうか……」

菜々「……だから、ナナたちは急に現れて急に消える怪物なんだ……って思ったんですけど……」

モバP「ふむ……」

芳乃「……同じ部屋に何度か現れたことはありましてー?」

フレデリカ「……うん、あるよー」

まゆ「でも、規則性はわからないんですよねぇ」

菜々「そうですねぇ……二連続で同じ部屋になることもありますし……」

菜々「……だから、一度怪物が現れた部屋は極力使わないようにしてるんですよね」

「まあそうよね……」

「……でもなんで、その怪物は人を襲わないんだろうね」

茄子「あー……確かにそうですねー」

茄子「私たちが知ってる妖怪ってみんな人を襲っていましたよね」

芳乃「うむー。わたくしたちの仲間のあの方も、またー」

「……そういえばそうだったわね」

「最近ぜんぜんそんな素振り見せなかったけど……最初はプロデューサーを襲ってきたのよね」

茄子「懐かしい思い出ですねー♪」

モバP「大概の妖怪や霊なんかは人を糧としているからな」

モバP「それが肉体的なものか、精神的なものかは別として」

モバP「だが……話を聞くと、その怪物は人を襲おうとはしていない」

モバP「……その理由は二つ考えられる」

モバP「ひとつは、一連の現象はただの暇つぶしとしてやっているから」

芳乃「はた迷惑でしてー」

モバP「もうひとつは、その行為こそが糧を得られる手段だから」

モバP「……おそらく、こっちのほうが可能性は高い」

フレデリカ「……」

9 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:39:41.35 1Emvc07i0 9/37

まゆ「えっと……どういうことですか?」

モバP「例えば、その怪物が誰かに取り憑いていたとする」

モバP「そのときその怪物は他の人間を襲う必要がないんだ」

モバP「襲わずともその人間を糧として生きることができるからな」

菜々「なるほどー……」

菜々「あれ……ということは……」

菜々「も、もしかして誰かにその怪物が取り憑いているんですか!?」

モバP「おそらくな」

菜々「えぇっ!?」

「あんたの力で誰に取り憑いているかとか見れないの?」

モバP「……少し難しいな」

芳乃「おや」

モバP「……その人間に影響が出ているならすぐにわかるんだが、そいつがその人間に潜伏しているようなら難しい」

まゆ「潜伏……?」

モバP「ああ」

モバP「宿主に直接大きな影響がなく、ただ中に巣食っている間は感知するのが難しいんだ」

モバP「じっと観察していれば見えないこともないとは思うが……ここにはたくさんの人がいるだろ?」

まゆ「……そうですねぇ」

菜々「アイドルだけじゃなくていろいろなスタッフさんもいますから……」

モバP「……ってなるといくらなんでも時間がかかりすぎる。取り憑かれた人の目星もつかないしな」

芳乃「ほー……」

「ってことは、何かが起こるまではあんたに……あたしたちにできることは何もない……ってこと?」

モバP「今の俺の仮説が正しければな」

モバP「……そう、間違ってる可能性もあるんだ」

モバP「だから、一度その怪物が現れた部屋を見てみたいんだが……」

菜々「あっ、じゃあナナが案内しますね!」

モバP「いや、場所だけ教えてくれれば大丈夫だ」

モバP「何が起こるかもわからないしな」

菜々「わかりました! えっと、場所は――」

10 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:40:13.22 1Emvc07i0 10/37

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


モバP「それじゃあ、いってくる」ガチャ

茄子「いってらっしゃーい♪」

「あたしたちはここで待ってるわね」

モバP「ん」パタン

菜々「……大丈夫でしょうか?」

「ま、大丈夫でしょ。あいつなら」

まゆ「……信頼してるんですねぇ」

「付き合いも長いしね」

芳乃「それに、かの者は寺生まれでありますゆえー」

芳乃「よっぽどのことがなければー」

フレデリカ「寺生まれってすごいんだねー」

芳乃「うむー」

芳乃「寺生まれはすごいのでしてー……ふふー」

茄子「そうですよー♪ 寺生まれはすごいんです、ふふん♪」

「なんで二人が自慢げなのよ、ふふっ」

11 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:41:20.17 1Emvc07i0 11/37

菜々「……でも、本当にすごい人ですよねー。みなさんのプロデューサーさんは」

菜々「それがなければ今頃ナナは……ナナたちは……」

まゆ「そうですね……」

フレデリカ「……?」

フレデリカ「二人とも何かあったのー?」

まゆ「……えぇ」

まゆ「まゆも、菜々さんも、みなさんに助けられてるんです」

フレデリカ「そうなんだー」

フレデリカ「どんな感じで助けられたのか聞いてみてもいーい?」

菜々「大丈夫ですよ!」

菜々「えっと……ナナは皆さんとのライブバトルの時に助けてもらったんです」

菜々「その頃、ナナの体力がどんどん落ちていってた頃なんですけど……」

菜々「それがナナに取り憑いた霊のせいだと見抜いて……『破ぁ!!!』って除霊してくれて……」

菜々「その後体力が落ちることもなくって……むしろどんどんあがっていってる感じで!」

フレデリカ「へぇー……」

フレデリカ「その『破ぁ!!!』っていうのがみんなのプロデューサーさんの必殺技なのー?」

「必殺技……まあそうね」

茄子「大体それで何とかなりますしねー」

フレデリカ「そうなんだー……」

フレデリカ「……はぁー!」

菜々「……急にどうしたんですか?」

フレデリカ「フレちゃんにもできるかなって」

菜々「えぇ……」

芳乃「その技は修行の上で実につけるものでありましてー」

芳乃「一朝一夕でできるものではありませぬー」

フレデリカ「そっかー……」

フレデリカ「フレちゃんもたくさん修行してきたからできるかなーって思ったんだけどなー」

「えっ、そうなの!?」

フレデリカ「そうだよー」

フレデリカ「学校でたくさん!」

芳乃「それは勉強ではー?」

フレデリカ「そうともいう!」

12 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:42:26.29 1Emvc07i0 12/37

フレデリカ「まゆちゃんはどうなのー?」

まゆ「……まゆも、霊に取り憑かれていたんです」

まゆ「まゆに成り代わろうとする霊に……」

まゆ「……取り憑かれている間、まゆはまったく行動できなくて……自分とぜんぜん違う自分をずっと見ていることしかできませんでした……」

まゆ「けれど……そんなときにまゆも『破ぁ!!!』って助けてもらって……」

まゆ「そして、まゆは元の生活に帰ってこれたんです」

フレデリカ「おぉー」

フレデリカ「みんなのプロデューサーさんってすごいんだねー」

まゆ「あ、いえ。まゆはプロデューサーさんとは別の方に助けてもらって……」

フレデリカ「そうなの?」

まゆ「はい」

まゆ「歌鈴ちゃん……ってアイドルに」

フレデリカ「ふーん……」

フレデリカ「……もしかして、みんなの事務所ってすごい人の集まり?」

茄子「そうですねー♪」

フレデリカ「わお、即答!」

フレデリカ「そんなにすごい事務所ならフレちゃんも――」

フレデリカ「――」

芳乃「……いかがしましてー?」

フレデリカ「――ううん!」

フレデリカ「フレちゃんも入れるかもなーって!」

13 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:43:34.76 1Emvc07i0 13/37

芳乃「おや、そなたにも何か力がー?」

フレデリカ「んー、わかんない!」

フレデリカ「でも、ハーフだからきっと何かできるようになると思うよー?」

菜々「ハーフってそんなのでしたっけ……」

茄子「そういやさっきも言っていましたね」

フレデリカ「フレちゃんの777ある長所のひとつだからねー」

フレデリカ「ほら、瞳も緑色!」

「あ、ほんと……」

芳乃「おぉ……きれいでしてー」

フレデリカ「ふふ、でしょでしょー?」

まゆ「……あの、フレデリカさん」

フレデリカ「んー?」

まゆ「目の色……前より、もっと緑色になってませんか?」

フレデリカ「!」

菜々「へっ、そうですか……?」

まゆ「はい……まゆにはそう見えましたけど……」

菜々「んー……んー…………んー……?」

フレデリカ「……まゆちゃん鋭いねー」

フレデリカ「そう! 実はフレちゃん、カラコンを入れ始めたのだ!」

菜々「あ、本当にそうなんだ……」

まゆ「……緑のカラコンですか?」

フレデリカ「イェース!」

フレデリカ「実は一ヶ月前くらいからカラコンデビューしたのだ!

「あれ? フレデリカちゃん、元の瞳の色のも緑だったのよね?」

フレデリカ「そだよー」

「じゃあ、どうして?」

フレデリカ「ヒミツー♪」

「……そっか」

フレデリカ「ふふっ、そんなに難しい理由じゃないけどねー♪」

14 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:46:36.76 1Emvc07i0 14/37

菜々「でも話せないんですね」

フレデリカ「これはフレちゃんのトップシークレットだから!」

フレデリカ「ナナちゃんもトップシークレット教えてくれたら、考えないでもないよー?」

菜々「なっ、な、ナナにシークレットなんかありませんよ、たぶん、はい!」

芳乃「あわてすぎでしてー」

菜々「うぐっ!」

まゆ「うふふ……」

まゆ「……あら? プロデューサーさんからメール……」

フレデリカ「!」

菜々「えっと……私たちの……ですよね?」

まゆ「あ、はい」

フレデリカ「なんてー?」

まゆ「えっと……」

まゆ「……その、プライベートな話なんですけど」

フレデリカ「……」

まゆ「今度のお休みに一緒にお買い物にいける……って」

フレデリカ「……そっかー」

菜々「わぁ、よかったじゃないですか!」

まゆ「はい♪」

まゆ「うふふ……お願いしてみてよかった……」

フレデリカ「おめでとー、まゆちゃん!」

まゆ「うふ、ありがとうございます」

フレデリカ「うふふっ」

フレデリカ「……とと、ちょっと失礼」

まゆ「あら、どこへ?」

フレデリカ「やーん、乙女に聞いちゃう?」

まゆ「え……あっ。ご、ごめんなさい!」

フレデリカ「うふふっ、それじゃシーユー♪」

15 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:48:58.22 1Emvc07i0 15/37

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「そういやね、この前こんな話があったんだけど――」

ほたる「――たっ、た、大変ですっ!」バン!

まゆ「きゃっ!」

茄子「あら、ほたるちゃん。お久しぶりですねー♪」

ほたる「あ、はい……じゃなくって!」

ほたる「大変なんです!」

芳乃「……いかがしたのでしてー?」

ほたる「ふっ、フレデリカさんが……っ、か、か、怪物に……!」

茄子「怪物……って、もしかして緑の目をした?」

ほたる「はいっ!」

ほたる「私、見ちゃって、それでっ、誰か、誰か呼ばなきゃっ、って!」

「どこで見たの!?」

ほたる「あっ、えっと、えっと……あの、あそこのっ……」

ほたる「……っ、つ、ついてきてくださいっ!」ダッ

「……ん、わかった!」

茄子「はーい♪」

芳乃「プロデューサーにはいかが伝えましょー」

「あいつなら気配で気づくでしょ!」

「とりあえずあたしたちはそこに向かいましょ!」

芳乃「うむ、了解でしてー」

菜々「……ナナたちも向かいましょう、まゆちゃん!」

まゆ「はい……!」

16 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:50:21.08 1Emvc07i0 16/37

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ほたる「はぁ……はぁ、こっ、ここです!」

茄子「ここですかー♪」

「はぁ……全力で走ったっていうのに、なんでそんなに元気なのよ……」

芳乃「いまさらそれを聞くというのも野暮というもの……ふぅー……」

菜々「はぁ……はぁ……た、体力戻っててよかったぁ……」

まゆ「はぁ……はぁ……こ、この中にフレデリカさんが……?」

ほたる「は、はいっ!」

「それに、怪物もいる……ってことよね」

茄子「んー……じゃ、とりあえず開けてみましょうか」ガチャ

「ちょっ――」

『――!』ギロリ

菜々「ひっ!」

まゆ「ほ、ほんとに……緑の目が……暗闇に……」

芳乃「浮かんでいましてー……ふむー、これでは姿かたちもわかりませぬー」

茄子「そうですねー……部屋の様子もぜんぜんわかりません」

茄子「話に聞いてた通りですねー」

『――』

芳乃「……わたくしたちを見たまま微動だにしませぬー」

「そうね」

「……とりあえず一回閉めましょ。いつ襲ってくるかわからないわ」

茄子「はーい♪」パタン

「……もう、いきなり開けるのはやめてよ」

茄子「ふふ、ごめんなさい。お話を聞く限り人は襲わなそうだったので」

茄子「あと早く見てみたかったんです、怪物♪」

「……」

17 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:52:25.91 1Emvc07i0 17/37

菜々「……三人ともぜんぜん驚いてませんね」

芳乃「この程度のことならばー」

「いろいろあったしね」

「……さて」

「この中にフレデリカちゃんがいるのよね?」

ほたる「あ……は、はいっ!」

ほたる「えっと、あの、私が――」

「――見つけた経緯は後でいいわ」

ほたる「えっ……」

「それより、一刻も早くフレデリカちゃんを助けなきゃ」

「いつ怪物に襲われるかわからないしね」

ほたる「……はい、そうですね」

まゆ「……フレデリカさんのことは心配です」

まゆ「でも……三人も、ここに入って大丈夫なんですか……?」

芳乃「わたくしたちならばー」

茄子「私もいますからね♪」

まゆ「……」

「心配してくれてありがとね、まゆちゃん」

「さて……じゃ、いきましょ。三人は……そうね」

「もしプロデューサーが来たらここが怪物のいる部屋だって教えてくれる?」

菜々「了解ですっ!」

「ん、ありがと」

「じゃ、フレデリカちゃんを助けに行きましょ」

芳乃「おー」

茄子「おー♪」

18 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:57:14.03 1Emvc07i0 18/37

茄子「それでは、もう一回お邪魔しまーす♪」ガチャ

『――!』ギロリ

芳乃「また睨まれましてー」

茄子「ふふっ、この感じ癖になりますねー」

「それは茄子さんだけよ」

芳乃「では、参りましょー」スッ

「うん」スッ

茄子「この中はどんな感じなんでしょうか……ふふっ」スッ

まゆ「……」

菜々「……いってしまいましたね」

ほたる「はい……」

まゆ「……」

まゆ「それにしても……フレデリカさんはどうしてこの部屋にいたんでしょう……」

菜々「さぁ……? さっきの部屋から結構離れてますしね」

まゆ「ですねぇ……」

まゆ「……お手洗いかと思ってたんですけど……」

菜々「んー……」

ほたる「……その」

ほたる「私は、フレデリカさんがここに来た理由はわかりませんけど……」

ほたる「えっと……わ、私、この部屋に必要な書類があったので取りに来たんです」

ほたる「そうしたら、部屋の真ん中にフレデリカさんがうずくまってて」

ほたる「心配になって声をかけたら、『入って来ないで!』って言われて……」

ほたる「私、びっくりして急いで後ろに下がって、部屋からでたんです……」

ほたる「そうしたら……」

ほたる「……きっと、私の見間違いだとは思うんですけど……」

ほたる「……フレデリカさんから怪物が現れたように見えたんです」

19 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 21:58:44.30 1Emvc07i0 19/37

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「……真っ暗ね」

「携帯を開いても……うわ、画面すら見えないわ」

芳乃「特殊な暗闇なのでしょー」

芳乃「あの瞳を除いて互いの姿も見えないくらいであるゆえー」

『――!』

茄子「……今はこっちに目を向けてないみたいですね」

「好都合ね……今のうちに行きましょ」

「芳乃ちゃん、フレデリカちゃんがどっちにいるかわかる?」

芳乃「お任せあれー」

芳乃「迷い子もまた失せ物でありー、それならばわたくしがー……」

芳乃「……うむ、あちらでしてー」

「……あちら?」

茄子「どちら?」

芳乃「……互いが見えないのを忘れておりましてー」

芳乃「ふむ……わたくしが先導するため、服でもつまんでいただいてもー?」

「そうね……えーっと、芳乃ちゃん……芳乃ちゃんは……っと」

茄子「んー……あっ、見つけました」

「それはあたしの服よ」

茄子「あら……」

「んーっと……あ、これかな?」

芳乃「うむ、それはわたくしの服でしてー」

芳乃「では参りましょー」

茄子「あれ、まだ私は芳乃ちゃんとつないでませんけど……」

芳乃「朋殿とつながれているのならば、間接的に私ともつながれておりますー」

芳乃「道にさえ迷わなければよいためー、このままでも問題はないでしょー」

茄子「……それもそうですね」

芳乃「では、先導いたしますー」

20 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:00:17.97 1Emvc07i0 20/37

芳乃「……」

「……こうまで暗いと、進んでるのか、いないのか、わからないわね」

茄子「ですねー」

茄子「なんだか変な感じです……ふふっ」

芳乃「しかしー、フレデリカ殿へは着実に近づいていましてー」

「ん、そっか」

「……あの目がじっと止まってくれてたら目印にできたんだけどね」

茄子「あっ、目だけにですか?」

「……そういうつもりじゃないわよ」

茄子「うふふっ」

茄子「……でも、不思議ですね」

茄子「あの怪物……こっちにはまったく来ません」

茄子「目を向けたのも部屋に入ってきたときだけで……」

茄子「……ちょっと残念です」

茄子「ギリギリのスリルを楽しみたかったんですけど……」

芳乃「……相変わらずでしてー」

「助けに行くうちでは好都合よ……このままこっちに来ないことを祈りましょ」

21 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:01:35.21 1Emvc07i0 21/37

芳乃「うむ、もう少しでしてー」

「……あの怪物、最後までこっち向かなかったわね」

茄子「もしかして、罠だったりするんでしょうか?」

「……否定はできないかも」

芳乃「もしかしたらわたくしたちは誘い込まれたのかもしれませぬー」

芳乃「……とはいえ、ここで引き返すわけにもいかないでしょー」

「もちろん」

「……注意だけは払いましょうね」

芳乃「うむ」

茄子「……そうですね」

茄子「私も、幸運パワーを最大にしていきます」

「……なにそれ?」

茄子「幸運パワーです♪」

茄子「まあ気分的なものですけどね」

「……そう」

芳乃「……お二方ー、もうたどり着きます」

芳乃「一歩、二歩、三歩と進みー」

芳乃「腕を伸ばせば、そこにおりましてー」ピトッ

フレデリカ「……」

芳乃「ほらー」

22 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:03:31.94 1Emvc07i0 22/37

芳乃「そなたはフレデリカ殿でよろしくてー?」

フレデリカ「……そだよー」

茄子「怪我とかはありませんか?」

フレデリカ「……ないよー」

「よかった、無事だったのね」

フレデリカ「でもねー……心が痛いのー……」

フレデリカ「心がねー、チクチク、チクチク、チクチク」

フレデリカ「ザクリザクリ、ザクリザクリ、ザクリザクリ」

フレデリカ「突かれて、刺されて、剥がされて、締め付けられて」

フレデリカ「痛い、痛いよ、痛いの、痛い、痛いよ、痛い」

「フレデリカちゃん……?」

フレデリカ「どうしてアタシだけこんなに痛いの」

フレデリカ「どうしてアタシだけこんな思いしなきゃいけないの?」

フレデリカ「憎い、憎いよ、みんなが憎い」

フレデリカ「羨ましい、羨ましいよ、みんなが羨ましい」

フレデリカ「どうしてアタシだけ? どうして他の子じゃないの?」

フレデリカ「憎い、羨ましい、憎い、羨ましい」

フレデリカ「……妬ましい」

フレデリカ「妬ましい、妬ましい、妬ましい、妬ましい」

フレデリカ「ずるいよずるい、他の人が妬ましい」

フレデリカ「みんなこんな気持ちにならないで生活してるなんて、妬ましい、妬ましい……」

芳乃「これはー……」

茄子「……!」

茄子「二人とも、危ないっ!」グイッ

『――!』

「キャッ!?」グッ

芳乃「おっと……」

23 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:05:57.81 1Emvc07i0 23/37

『まさか避けられるなんて……ああ、惜しかった』

『もう少しで、その体をペロリと平らげられたのに』

「……ありがとね、茄子さん。引っ張ってくれなかったら危なかったわ」

茄子「うふふ、ラッキーでしたね♪」

芳乃「……そなたが最近ここを脅かしている怪物でしてー?」

『その通り』

「……怪物の癖に、言葉は通じるのね」

『何か問題でも?』

「いいえ、別に」

「……で、なんでこんなことをしてるのよ」

『もちろん、生きるために決まっているだろう』

『私は、嫉妬を食べなければ死んでしまうんだ』

茄子「嫉妬を……?」

『その通り』

『……人間とは面倒な生き物だ』

『憎み、羨み、嫉み、妬み……そんな感情はどのような生物にもある』

『しかし、人間は他の生物とは違ってその感情をほとんどさらけ出さない』

『ずっと、ずっと、心にしまって、しまい続けて……その感情は大きくなり続ける』

『……そう、私の餌が簡単に大きくなっていくんだ』

『何もせずとも、感情が大きく膨らんでいく』

『いずれそれらの感情は一つの大きな嫉妬となる』

『それこそが私の主食というわけだ』

芳乃「……そなたの生態はわかりましてー」

芳乃「しかし、なればこのように暴れ散らす必要はないのではー?」

『私とて、毎日極上の嫉妬を大量に食べたいのだよ』

「……それとこれとどういう関係があるのよ」

『極上の嫉妬は普通に過ごしていてもなかなか生まれないんだ』

『だから、私は心に火種を巻くのさ』

芳乃「心に……」

『そうだ、極上の嫉妬が生まれるようにな』

24 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:08:59.60 1Emvc07i0 24/37

『ふむ、ひとつ例を見せてやろう』スッ

「……フレデリカちゃん!」

『なに、取って食ったりはしない。彼女は私の大切な宿主だ』

『傷つけるようなことはしない、ただ私は囁くだけさ』

フレデリカ「……」

『さあ、目を開けるんだ』

『うずくまっていたらダメだ、目を開けるんだ、開けて見るんだ』

『君を助けに来た人間が無残に食い散らかされる姿を』

『泣き叫んでも、わめきもがいても助からず、死んでいく姿を見るんだ』

フレデリカ「いや……」

『君のせいだ、そうなるのは君のせいだ』

『君が私に取り憑かれてしまうからこうなったんだ』

『君が誰かに気がつかれてしまうからこうなるんだ』

『君が殺したんだ、君のせいだ。君のせいだ』

フレデリカ「違う……!」

『何が違うもんか、すべて君のせいだろう?』

『すべて君のせいだ。君がいるから物が壊れる、君がいるから人が壊れる』

『君のせいだ、君のせいだ、すべて君のせいだ』

フレデリカ「違う……違う、違うのに……!」

フレデリカ「どうして……アタシだけ……こんな……!」

フレデリカ「うぅ……なんで……なんで……!」

「……っ、あんた! やめなさいよっ!」

『……ふふ』

『ほら、私が暴れることにも意味があるだろう?』

『それによって、勝手に自己嫌悪に苛まれ、他人への嫉妬が生まれるんだ』

『極上の餌が生まれるんだよ』

『ああ、人間が脆くて、弱くて、本当によかった』

『私はそんな人間が大好きだ』

「……悪趣味ね」

芳乃「最低でしてー」

茄子「さすがに私も楽しめませんね」

『ふふ、非難轟々だな』

25 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:09:50.67 1Emvc07i0 25/37

『さて……長々とおしゃべりしてしまったな』

『私も誰かと話すのは久しぶりだから、つい楽しくなってしまった』

『今までは彼女に一方的に語りかけるだけだったからな』

『毎日毎日囁き続けていたら、私の言葉に反応してくれなくなったよ』

『最初の頃は返事をしてくれていたというのに』

「……一応聞くわ」

「もうフレデリカちゃんに取り憑くのやめてくれない?」

『やめると思うか?』

「……そうよね」

「言葉は通じても、話は通じないってずっと思ってたわ」

『……さて』

『それでは、君たちにも贄となってもらおう』

『君たちを殺して、彼女にはさらなる罪悪感を植え付けよう』

『そして、極上の嫉妬を――』

茄子「えーいっ!」

『――!?』

茄子「あら、クリーンヒット♪」

芳乃「……何を投げたのでしてー?」

茄子「その辺に落ちてた……なんでしょうね?」

「なんでもいいわ! あいつが怯んでる間にいったん逃げるわよ!」

芳乃「うむ、ではこちらにー」ダッ

26 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:16:55.06 1Emvc07i0 26/37

茄子「フレデリカちゃんは大丈夫でしょうか……?」

「フレデリカちゃんが宿主ならすぐに殺されることはないはずよ!」

「それより、今は時間を――」

『逃げられると思うか?』

「――へ」

茄子「伏せてくださいっ!」

「……っ!」

芳乃「おっと……!」

芳乃「ふむ……姿かたちはみえませぬがー、怪物だけあってさすがに素早いのでしてー」

「……また茄子さんに助けられちゃったわね」

茄子「ふふ、なんとなく気配を感じたので♪」

茄子「みんな避けれて、ラッキーでしたねー♪」

『……ふん、どこまでも幸運な奴らだ』

茄子「まあ、私がいますからねー♪」

『しかし、それも永遠には続かない』

『ここは私の領域だ』

『君たちには何も見えないだろうが、私にはすべて見えている』

『たとえば……そうだな』

『また一人、新たな犠牲がここへ入ってきたことも、見えるている』

『……ふふ、愚かだな。私の下へ一直線に向かって来ているぞ』

『まさか、私を討伐しようとでも思っているのか……ふふ』

「!」

茄子「それって……」

『つくづく人間は愚かだな』

『他人への優しさなど捨て置けばいいものを』

『あの少女のことなど、見捨てていれば、わざわざ死を――』

『――どうした? 何故笑っている?』

芳乃「おや、思わず笑みを浮かべたのはわたくしだけではなかったのですねー」

茄子「そりゃあ……ねぇ♪」

「占わなくてもわかるもんね、ふふっ」

『……どういうことだ?』

「いずれわかるわよ」

『……そうか』

『ならば、君たちを食した後にでも、じっくりと考えることにしよう』

モバP「いいや、そんな時間は与えないさ」

モバP「破ぁ!!!」

『――!?』

27 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:24:25.88 1Emvc07i0 27/37

『馬鹿な……なんだこの力は……!?』

『消える、私の体が消えていく……!』

モバP「……ふん」

モバP「お前が作り出した偽の嫉妬とともに消えてしまえ」

『くっ……くそっ――!』

『――』

芳乃「緑の目が、消えていくのでしてー」

「はぁ……助かったわ」

モバP「おう、遅くなって悪かった」

モバP「……とはいえ、連絡くらいくれてもよかっただろ」

「あんたなら気配で気づくでしょ」

モバP「まあな」

「……っと、それよりあっちにフレデリカちゃんがいるわ」

「あの怪物、フレデリカちゃんに取り憑いていたみたい」

モバP「わかった」

モバP「……あっちってどっちだ?」

茄子「そういえば、まだこの闇も晴れませんねー」

芳乃「……もしやしとめ損ねましてー?」

モバP「いや、それはない。あの、怪物自体はもう消滅させた」

モバP「だからこの闇は……怪物の呪いのようなものだろう」

モバP「宿主がかけられた……な」

芳乃「ほー……」

モバP「だから、フレデリカに会いたいんだが……」

芳乃「うむ、ではわたくしがもう一度案内しましょー」

芳乃「わたくしの服をつまみませー」

モバP「……」

モバP「……どこだ?」

「……ふふっ」

28 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:26:04.00 1Emvc07i0 28/37

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


芳乃「うむ、ここより手を伸ばせばフレデリカ殿に手が届くでしょー」

フレデリカ「どうして……アタシだけ……」

モバP「……なるほどな」

モバP「ならここからで大丈夫だろう」

モバP「破ぁ!!!」

フレデリカ「……!」

芳乃「おー……闇が晴れていきましてー」

茄子「この暗闇ともおさらばなんですねー」

茄子「んー、面白い経験でした♪」

茄子「どこかでまた体験できないでしょうか……今回みたいな暗闇……」

「……ロッカーの中にでも閉じこもってみたら?」

茄子「それだと動けませんし……」

茄子「目が慣れることのないくらいの暗闇が欲しいんですよねー……んー……」

「……」

モバP「……よし、もう大丈夫だろう」

モバP「もうフレデリカの中には悪いものは何も残ってないはずだ」

フレデリカ「……」

芳乃「……フレデリカ殿ー?」

フレデリカ「……」

「……ねぇ、プロデューサー。フレデリカちゃん動かないんだけど」

モバP「……動かないな」

フレデリカ「……」

茄子「……もしかして、失敗しちゃいました?」

モバP「いや、そんなはずは――」

フレデリカ「――フレちゃんふっかーっつ!」

モバP「うわっ!?」

29 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:31:01.94 1Emvc07i0 29/37

フレデリカ「んー、気分も爽快爽快大爽快!」

フレデリカ「スカイダイビング中のときくらいに気分がすっきりしたー!」

茄子「わっ、スカイダイビングの経験あるんですか?」

フレデリカ「あるよー、夢の中でだけど」

茄子「へぇ……うらやましいです」

茄子「私はダイビングで深海まで行く夢ならみたんですけど、スカイダイビングはみたこ

とないんですよねー」

フレデリカ「わお、ダイビングならあるんだねー」

フレデリカ「どんな感じだったー?」

茄子「面白かったですよー♪」

茄子「なんと沈没船があってですねー」

茄子「その中にはいっぱいお宝があったんです♪」

フレデリカ「へぇー、フレちゃんも行ってみたいなー」

「……夢の話よね?」

フレデリカ「そだよー」

フレデリカ「そうですねー♪」

「……」

フレデリカ「でもほんとにすっきりしたー♪」

モバP「フレデリカの中に救っていた嫉妬もほとんど吹き飛ばせたからな」

芳乃「……そなたはそんなこともできたのでしてー?」

モバP「ああ、いや。感情を無理やり無くすことはできない」

モバP「ただ、それが作られたものなら別だがな」

芳乃「ほー……」

モバP「フレデリカの中の嫉妬はあの怪物の手によって無理やり育て上げられたものが大半だった」

モバP「だから、その分の嫉妬はすべて吹き飛ばせたんだ」

モバP「自然に生まれた感情は無理だが、そこに妖怪や霊なんかの力が加わっていれば、どうとでもなる」

芳乃「さすがでしてー」

フレデリカ「んー……よくわかんないけど、ともかくみんなが助けてくれたんだよね?」

モバP「ああ」

フレデリカ「そっかそっかー。うふふっ、フレちゃんほんとに大感謝!」

フレデリカ「サンキュー! スパシーバ! メルシー!」

芳乃「元気になったならなによりでしてー」

フレデリカ「もうすっごく元気だよ!」

フレデリカ「今のフレちゃんの元気度は500%くらい!」

フレデリカ「うふふっ、みんなにも言ってこよーっと♪」

30 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:33:57.30 1Emvc07i0 30/37

フレデリカ「オープンザドアー!」

菜々「きゃっ!」

ほたる「あ……ふ、フレデリカさん……!」

フレデリカ「ノーノー。アタシフレデリカじゃないよー?」

ほたる「えっ……」

フレデリカ「マイネームイズフレデリカ・宮本!」

菜々「フレデリカちゃんじゃないですか!」

フレデリカ「えー、でもちゃんとフルネームで言ってくれないと、ホントにアタシかわか

んないしー」

菜々「この辺のフレデリカちゃんはフレデリカちゃんしかいませんよ!」

フレデリカ「うふふっ」

まゆ「……よかった」

まゆ「フレデリカさん、無事だったんですね」

フレデリカ「傷があるように見えるー?」

まゆ「いいえ……とっても元気そうです」

フレデリカ「でしょー?」

まゆ「うふ……みなさんも無事帰ってきて、本当によかったです」

「ふふ、心配してくれてありがとね、まゆちゃん」

31 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:36:18.10 1Emvc07i0 31/37

菜々「あの……結局あの怪物はなんだったのか聞いてもいいですか……?」

芳乃「嫉妬を食べる怪物……と言っていましてー」

モバP「ああ、そのとおりだ」

モバP「人の心に住み着き、生まれる嫉妬を食べる怪物があの怪物の正体だ」

ほたる「嫉妬を……」

まゆ「……じゃあ、フレデリカさんも?」

フレデリカ「……」

モバP「そして、その嫉妬を作るために怪物はあらゆる手段を使う」

モバP「今回の一連の事件も、フレデリカの中の嫉妬を増幅させるための手段だ」

菜々「えっと……部屋を荒らしまわるのがですか?」

モバP「ああ」

菜々「それが嫉妬とどうつながるんでしょう……」

フレデリカ「……あのねー」

フレデリカ「暴れ終わった後、怪物にずっと言われてたんだー」

フレデリカ「『お前が私に取り憑かれなければこんなこともなかったのに』」

フレデリカ「『全部お前のせいだ』……ってねー」

菜々「な、なんですかそれ!?」

菜々「悪いのは全部取り憑いてきたその怪物じゃないですか!」

フレデリカ「……そうだよねー」

フレデリカ「でもねー、フレちゃん、ずっとそんなこと言われちゃってたから、もうわかんなくなっちゃって」

フレデリカ「きっと自分のせいなんだって思うようになっちゃって」

フレデリカ「自分が嫌になったり、苦しくなったり、憎くなったり、暗い感情でいっぱいになっちゃってね」

フレデリカ「それで、思っちゃったんだ」

フレデリカ「どうして、自分だけ……って」

フレデリカ「ほかの人はこんな気持ちになってないのに、どうして自分だけ……って」

菜々「……!」

フレデリカ「……きっとこの気持ちを怪物は食べてたんだよねー?」

モバP「ああ」

モバP「あの怪物は確かに嫉妬を食べる怪物だった」

モバP「しかし、その嫉妬を作るために罪悪感を利用したんだ」

モバP「独占欲から生まれる嫉妬じゃなく、平和に暮らす他人を妬むような嫉妬を作るためにな」

「……ほんっとに悪趣味な奴ね」

モバP「ああ」

モバP「……ただ、そのほうがあの怪物にとっては楽だったんだろうな」

モバP「いちいち心を探って嫉妬になりうる対象を探すよりは、自分から嫉妬せざるをえない状況に追い込む方が」

「……」

32 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:48:53.50 1Emvc07i0 32/37

モバP「それに……あの怪物はフレデリカに呪いをかけていた」

茄子「……あの暗闇のことですよね?」

モバP「ああ」

モバP「自分の姿しか見えないような暗闇だ、そこに一人でいる孤独感は通常より数倍以上になるだろう」

モバP「それもまた、他者を恨み、妬む、一つの材料となる」

フレデリカ「あの怪物は一緒だったけどねー」

モバP「だが、心が休まることはなかっただろう?」

フレデリカ「……うん」

モバP「……それだけじゃなく、あの怪物は嫉妬心が増幅しやすいような呪いもかけていたんだ」

モバP「きっと、普段よりも嫉妬しがちになっていたことだろう」

まゆ「……そんな呪いもかかってたんですか?」

フレデリカ「かかってたねー」

フレデリカ「んー、たとえば……今日の話だけどね」

フレデリカ「まゆちゃん、今度プロデューサーとお買い物行くことになったでしょ?」

まゆ「え……あ、はい」

フレデリカ「そのときね、どうしてアタシを誘わなかったんだろうって」

フレデリカ「どうしてフレちゃんじゃなくてまゆちゃんだったんだろうって」

フレデリカ「すーっごく、嫉妬しちゃってた」

まゆ「そうだったんですか……」

まゆ「……」

フレデリカ「あ、でも変に考えないでも大丈夫!」

フレデリカ「今のフレちゃんは嫉妬してないし、素直におめでとうって感じだよ!」

フレデリカ「フレちゃんだって今度プロデューサーとお買い物に行く約束してるしねー」

フレデリカ「だから、大丈夫」

まゆ「……そうですか」

芳乃「……なれば、その嫉妬が爆発したときにあの怪物が現れた……ということでしてー?」

フレデリカ「そだねー」

フレデリカ「アタシの中の気持ちがあふれちゃったとき、あの怪物も出てきたの」

フレデリカ「だから、人のいない部屋に行くまで気持ちがこぼれないよう我慢してたんだー」

ほたる「あ……だから誰にも被害がなかったんですね……!」

フレデリカ「今日だけはほたるちゃんに見られちゃったけどねー」

フレデリカ「でも、みんなを連れてきてくれたからラッキーだったかも!」

ほたる「……そうですね」

ほたる「偶然、入った部屋に皆さんがいて……そのまま助けを呼べましたし、幸運だったのかもしれません」

茄子「かも、じゃなくて、幸運だったんですよー♪」

ほたる「そうでした……ふふっ」

フレデリカ「うふふっ♪」

フレデリカ「……それでね、アタシの中から現れた怪物はいっぱい暴れた後私の中に帰ってきてね」

フレデリカ「『お前が自制できないからこうなるんだ。お前が迷惑をかけているんだ』っていっぱい言ってきたんだー」

フレデリカ「それでね、アタシはやっぱり思っちゃうの」

フレデリカ「どうしてアタシだけ……って」

まゆ「……」

34 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:52:12.65 1Emvc07i0 33/37

フレデリカ「だからね、フレちゃんみんなに謝らなきゃなんだー」

フレデリカ「ほたるちゃんにも、ナナちゃんにも、まゆちゃんにも」

フレデリカ「ずっとずっと、アタシの代わりに取り憑かれればよかったのに……なんて思っちゃったから」

フレデリカ「だからね、ごめんなさい」

ほたる「……そ」

ほたる「そんな! フレデリカさんが謝らないでください!」

ほたる「だって、フレデリカさんは被害者じゃないですか!」

菜々「そうですよ!」

菜々「それに、気づかなかったナナたちだって!」

フレデリカ「うふふっ、気づかれないようにがんばってたからねー」

フレデリカ「……気づかれたらみんな殺しちゃうって言われてたから」

菜々「……!」

「……あいつ無茶苦茶ね」

モバP「別にあの怪物にとってそれを実行するしない、はどうでもよかったんだ」

モバP「ただ、フレデリカが『どうして私だけ』と――」

フレデリカ「私じゃなくてアタシだよー?」

モバP「――『どうしてアタシだけ』と思ってくれればよかった」

モバP「罪悪感や恐怖……様々な感情から他人への嫉妬を生み出してくれればよかった」

モバP「だから、そういった感情を増やすために無茶苦茶なことを言っていたんだろう」

フレデリカ「そうなのだろうねー」

フレデリカ「フレちゃん、ずっと怖くて。それで……」

まゆ「……」

35 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:53:29.73 1Emvc07i0 34/37

まゆ「……そんな中でもフレデリカさんはサインを出してたんですね」

フレデリカ「およ、気づいちゃった?」

まゆ「今の話を聞いて、もしかして……って思っただけですけど」

まゆ「……たとえばカラコンの話とか」

フレデリカ「あ、うん。あれ全部嘘だよー」

フレデリカ「あの怪物が入ってからフレちゃんの目もっと緑になっちゃったんだー」

菜々「そうだったんですか……うぅ、気づけなかった自分が情けないです」

まゆ「……ごめんなさい、フレデリカさん。サインに気がつけなくて」

フレデリカ「ううん、いいのいいの」

フレデリカ「アタシの中の怪物にもぜーったいに気づかれないように、いっぱい遠まわしにしたからねー、気づかなくても仕方ない!」

まゆ「でも……フレデリカさんは気づいて欲しかったんですよね」

フレデリカ「……」

まゆ「まゆたちがもっと早く気がついていたら……」

まゆ「もっと早く相談して……」

まゆ「こんなにも長く、フレデリカさんを苦しめることはなかったかもしれないのに……」

まゆ「……」

フレデリカ「んー……」

フレデリカ「……わかった! どうしても気になっちゃうなら、みんなで一回ごめんなさいしよう!」

まゆ「えっ……?」

フレデリカ「アタシもみんなに謝りたくって、みんなもアタシに謝りたい……」

フレデリカ「なら、一緒に謝って、それで、おしまいっ!」

フレデリカ「ほらっ、せーのっ!」

フレデリカ「ごめんなさいっ!」

ほたる「えっ……ご、ごめんなさい……」

まゆ「あ……ごめんなさい」

菜々「ごめんなさいっ!」

フレデリカ「はい、おしまいっ!」

フレデリカ「もうこの後は謝るのは禁止ねー♪」

菜々「……ふふっ、わかりました」

フレデリカ「おお、わかってくれたか安部君!」

菜々「何キャラですか!?」

まゆ「……」

36 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:53:59.89 1Emvc07i0 35/37

まゆ「……フレデリカさんは強いですね」

ほたる「はい……」

ほたる「取り憑かれている間も、いつものフレデリカさんと変わらない感じで……」

ほたる「本当に……強い」

フレデリカ「そんなことないよー」

フレデリカ「ただフレちゃんはフレちゃんであろうとしただけ!」

フレデリカ「たくさん嫉妬しちゃっても、みんなが大好きだったからねー♪」

ほたる「フレデリカさん……!」

菜々「な、ナナも! ナナもみんなが大好きですよ!」

まゆ「もちろん、まゆもですよ……うふ」

ほたる「私も……!」

フレデリカ「わお! 大好きのわっかができちゃった!」

フレデリカ「うふふっ、よかったー♪」

芳乃「……一件落着でしてー」

「そうね、ふふっ」

茄子「仲良しですねー♪」

モバP「ああ」

フレデリカ(……もしあのままずっといたら、きっとアタシは壊れちゃってた)

フレデリカ(こんな風に心の底から楽しむこともできなくなっちゃってた……)

フレデリカ(みんなに助けてもらえなかったら、アタシは……)

フレデリカ(……寺生まれってすごい)

フレデリカ(初めて、アタシはそう思った)





おしまい

37 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:56:32.47 1Emvc07i0 36/37

寺生まれのPさんとか、ふじともとか、よしのんとか、茄子さんとか、緑色の目をした怪物に囚われるフレちゃんとか、書きたかったのを混ぜました

緑色の目をした怪物の元ネタは『オセロ』です。こんな怪物がでてくるわけじゃないけど

誤字脱字、コレジャナイ感などはすいません。読んでくださった方ありがとうございました

38 : ◆6QdCQg5S.DlH - 2017/05/08 22:59:06.47 1Emvc07i0 37/37
記事をツイートする 記事をはてブする