1 : 以下、名... - 2017/04/19 23:21:50.69 2z46TJqTO 1/18

 息が熱い。

 今日の今ここへ至るまでに何杯か呑んでいたお酒のせい。そしてそれに別の理由、胸へ溢れる大好きな人への想いが抑えられず高まってしまっているのも併さって、吐いて漏らす息がとても熱い。

 喉が焼けるよう。口の中が煮えるよう。唇が燃え上がるよう。

 熱い。プロデューサーへの想いに濡れた息が、とっても。



「は、……あぁ……」



 吐き出す。

 熱い息を思いきり。ぜんぶぜんぶ絞り出すように大きく、深く、長く。

 焼かれるのを感じながら、それ以上に焼こうと。煮えたぎるように燃え上がらせようと、そう思いの念を込めながら息を吐く。

 目の前のそれ。近すぎて、押し付いているせいでもうすっかり見えないそれ。開いた口の端、上下の唇でその硬さや柔らかさだけを感じられるそれ。服越しの、プロデューサーへと向けて。

 吐く。時々小さくあむあむ、と唇で甘噛むようにしながら。それに反応してぴくんぴくん、と震えるそれを感じながら吐きかける。

 吐いて。私の吐息で焼いて、濡らして、震わせる。

元スレ
高垣楓「私を貰ってください」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492611710/

2 : 以下、名... - 2017/04/19 23:22:55.09 2z46TJqTO 2/18

「……っん、す……うぅー……」



 ぴくんぴくん。びくびく。どくん。

 震えて揺れて昂って。そうしてプロデューサーが反応してくれるのをたっぷりと感じて……それから今度は吸う。

 吐いて注げるぜんぶを尽くし終えて。もう贈れない本当の限界まで届け続けて。それから、今度は吸う。

 プロデューサーと触れ合いながら。服に隔たれてはいるけれど、それでもたくさん……形も、熱も、震えも。そんなたくさんがちゃんとしっかり、隠されることなく伝わってくるようなこの近さで触れ合いながら。そうしながら吸う。空気を。プロデューサーのそこごと、吸い上げるようにして強く。



(あぁ……)



 鼻では吸わずに口でだけ。……でも、それなのに感じられてしまう。熱く濡れた空気に乗ったそれ……吸わず、ただ漂ってくるのを感じているだけなのに、それでも噎せ返ってしまいそうになるような、濃い匂い。

3 : 以下、名... - 2017/04/19 23:23:36.56 2z46TJqTO 3/18

 きっと好きじゃない。べつに嗅ぎたいなんて思わない。なのに何故か求めてしまう。そんな濃い、汗にまみれて香る匂い。

 それを感じて、思わず身体が震えてしまう。びく、と震えて……そして抑えられず、身体も心も高揚してしまう。高まって、高鳴ってしまう。

 私の吐く濡れた息とプロデューサーの漏らすそれ。絡んで混ざるその二つに挟まれてすっかりじとじと湿り気を帯びた熱い空気を吸い込みながら、それと同時に漂う匂いまでお腹の中へと飲み込んで……そうして、たまらなくなってしまう。

 駄目になる。我慢できなくなる。もうほとんど意味を成していない建前を、思いきり投げ捨ててしまいそうになる。

 理性の私が飛んで居なくなってしまいそうになる。……それくらい、たまらなくなってしまう。

4 : 以下、名... - 2017/04/19 23:24:18.64 2z46TJqTO 4/18

(……プロ、デューサー)



 普段よりも少し綺麗に片付いた部屋の中。前に譲ってもらって、それからこの時のためにと大事に置いてあったアロマの匂い。甘く蕩けるようなそれがたっぷりと満ちているはずのこの部屋の中で……でも、それを少しも感じない。

 感じられないほど濃い。感じられないほど近い。感じられないほど……もう、私はプロデューサーでいっぱいになってしまっている。

 シャワーを浴びて身体を清めて。淡く透ける生地の薄い、私には少しサイズの大きなそれを……この時のために用意していた、プロデューサーへ見せるためのネグリジェを纏って。そうして今ここへ寝かせている私の身体は濡れてベタベタ。空調が効いて涼しい部屋の中。それなのに……洗い流した汗よりも更にもっと多くの汗を、べったりと粘付くような濃い汗を溢れさせて……プロデューサーとのこの今に興奮してしまっている私は、熱く火照って濡れている。

 汗に……漏れて溢れるいろいろに塗らされて、べっとり隙間なく汚されている。

 でも。けれど、それでも感じない。

 そんな感覚を。全身を這う粘っこいそれらを。

 感じすぎて。唇で感じるそれの感触。頭を撫でる優しい手の存在。胸に溢れて止まらないプロデューサーへの想い。お腹の中の奥深くに感じる甘い痺れ。寄り添う指に擦られて高まるそこの衝動。

 そんないろいろを感じすぎて……プロデューサーの関わるそんないろいろが感じられすぎて……他のものを、感じられなくなってしまう。

 プロデューサーに染められる。プロデューサーを注がれて、プロデューサーで満たされる。

5 : 以下、名... - 2017/04/19 23:25:07.86 2z46TJqTO 5/18

「…………ん……む、ぅ……」



 あむ。はむ。唇で優しく、服の向こう……このネグリジェと同じ、今日このプロデューサーとの時のために用意していたジャージ。その柔らかい、中の身体の形がくっきりと浮き出るような生地の向こう側。熱く焼けたそれを、何度も何度も挟み込むようにして愛しながら思う。

 今日のこと。今、こうして叶っているここへ届くまでのこと。



(長かった、ですね……)

6 : 以下、名... - 2017/04/19 23:25:56.34 2z46TJqTO 6/18

 始まりは一ヶ月前。大事なライブを控えた、そのちょうど一ヶ月前だった。

 大事な……絶対に成功させたい、大切なライブ。それを迎えるため、私はお酒をやめた。一ヶ月間の禁酒。レッスンに打ち込むための誓い。

 それを立てて、そうして私は打ち込んだ。毎日毎日レッスンに打ち込んで……必死になって、明け暮れた。

 そして叶えた。ライブの成功。プロデューサーにとっても、私というアイドルにとっても大事なライブの成功を。

 そしてもう一つ。その先も、私は叶えた。一ヶ月間の禁酒、ライブの成功、それを掲げて私は叶えた。

 私の願い。アイドルじゃない、ただの高垣楓としての願い。……プロデューサーを部屋へ呼んで。そこで二人きり、お酒を呑みながら夜を明かすこと。

 私の願い。私の、本当の願い。

 ……本当はこれこそが目的で。ライブの成功も、それはもちろん願っていたしそのための努力だって重ねてはきたけれど……でも、違う。それは私にとって目的じゃなかった。目的だったのはこれ。大好きなお酒を我慢するのも、ライブを成功させるのも、それは手段。叶えたかったのは、今このプロデューサーとの時。

 この今を目指して、私はずっと尽くしてきた。

7 : 以下、名... - 2017/04/19 23:26:43.59 2z46TJqTO 7/18

(「ぷーろでゅーさー」)

(「今日のライブ、大成功でしたね。いっぱい盛り上がって、たくさん輝けて。今日までの努力のすべてが……すべてどころか、それ以上に報われたような……そんな、大成功」)

(「プロデューサーも喜んでくれて嬉しいです。……ふふ。終わったすぐ後なんて、あんな……本当に人目も憚らず、大喜びしてくれて」)

(「恥ずかしがらなくてもいいじゃないですか。喜んでもらえて嬉しかったですし……それに、私はあんなプロデューサーも、大好きですよ?」)

(「あら、赤くなって……ふふ、それも可愛らしいです」)

(「あ、でもプロデューサー。喜んでくれて、もう舞い上がっちゃうくらいになってくれるのは嬉しいんですけど……でも、ちゃんとしてくれないとイヤですからね?」)

(「何、って……もう。約束、してたじゃないですか」)

(「お酒も我慢します。レッスンも一生懸命します。きっとライブを成功させてみせます。……だから、それを叶えられたその時には私のお願いを聞いてくださいって」)

(「……どさくさに紛れて無かったことにしちゃおう、なんてダメですからね? 忘れません。覚えてます。ずっと、ずうっと、絶対に」)

(「はい、そうです。私のお願い。プロデューサーと私の二人、私の部屋で、お酒を。……叶えて、くれるんですよね?」)

(「……ふふ、ありがとうございます。良かったです。応えてくれて」)

8 : 以下、名... - 2017/04/19 23:27:21.21 2z46TJqTO 8/18

(「前からずっと『本当になったら、本当にできたらいいなぁ』って思ってたことですから。夢見てた……なんて言うと少し大袈裟かもしれませんけど、でもそのくらい、叶えたいと願っていたことですから。だから、嬉しいです」)

(「叶えてもらえて。プロデューサーに、私のそれを」)

(「……ふふ」)

(「ああ、準備は何も要りません。ちゃんと全部、用意してありますから」)

(「……ええ、ぜーんぶ」)

(「ふふ。……プロデューサー。今日はいっぱい……いろいろ、いーっぱい、楽しみましょうね?」)

(…………なんて)

(そんなふうに誘って。まだそれでも遠慮ぎみだったプロデューサーをぐいぐい引っ張るみたいにして連れてきて)

(そして呑んで。……適当な理由を付けてシャワーを浴びて、浴びてもらって。それからこうして膝枕までしてもらって……そうして、今の、こんなこれまで)

(叶えばいいな、とは思っていたけれど……叶えようとして、そのために尽くせるものはぜんぶぜんぶ尽くしてきたけれど……それでもまだ叶わないかな、なんて思っていたこれ)

(ちゃんと言うならこれはまだ。まだ、その『叶ってくれたらな』なんて思ってるそれの前。それへと続く、それの前の戯れなのだけど)

9 : 以下、名... - 2017/04/19 23:28:01.81 2z46TJqTO 9/18

 それでも、こんなにたまらなくなってしまう。

 はぁふぅ、息が荒れる。ドキドキ、胸が高鳴る。ぴりぴり、全身が痺れる。

 建前の何もかもを投げ捨てて……後のこともプロデューサーの意思さえも考えずにただひたすら、したいようにしたくなってしまう。

 押し倒してしまいたい。押し倒されてしまいたい。求めて、求められて……プロデューサーと、結ばれたい。

 そんな想いが溢れてきてどうしようもなくなってしまう。



「……あ、……っ」

10 : 以下、名... - 2017/04/19 23:28:36.92 2z46TJqTO 10/18

 小刻みに震える濡れた指、両の太ももにぎゅうっと挟まれた腕。他の場所へは動かせない、動かしたくないそれとは逆、もう片方の腕を伸ばして掴む。私の肩の辺りへ置かれたそれ、何かを堪えるようにきゅっとネグリジェを摘まむそれ、プロデューサーの手を。

 掴んで、そして引く。

 もう寝言を装う余裕なんて無くて。だからもう何も誤魔化すことなく、引っ張る。ぐいっと、私の胸へと触れるように。

 むにゅり、胸が潰される。ネグリジェを摘まんでいたほとんどその形のまま、開かれずに緩く握られた形の手が胸へと触れて、そのまま私に引かれ導かれるまま押し付いてくる。

 押し付けて、でもそこから動かすことはしない。押し付いたそれが離れてしまわないよう添わせるだけ。柔らかい感触が、とくんとくん高鳴る鼓動が余さずすべて伝わるようなこの場所から、別のどこかへ行ってしまわないようにそうっと。

11 : 以下、名... - 2017/04/19 23:29:27.21 2z46TJqTO 11/18

(……本当は、もっと)



 もっと強く、深く。押し付くだけじゃなくて、動いて。そうして触れてほしい。

 でも、できない。

 それをしてしまったら、もう絶対ダメになる。今のこの状態でさえ、もう、ほんの一欠片ほどの余裕さえ残っていないのに……。これ以上は、ダメ。これ以上に進むのは……私じゃなくて、プロデューサーの意思で、じゃないと。

 これより先に進んでいいのは……アイドルとしての私よりも、ただの高垣楓としての私を選んでもらえた時だけ。

 だからダメ。私にできるのはここ、プロデューサーを精一杯誘惑するところまで。

12 : 以下、名... - 2017/04/19 23:30:04.13 2z46TJqTO 12/18

「…………え……ぁー……」



 添わせたのとは逆の手。頭を優しく撫でてくれていた手の動きが固く鈍ったのを感じて……お酒に酔った私を膝枕しているだけ。酔って微睡んでいる私のすることはすべて寝言。膝枕するプロデューサーと、される私。……それを、そんな建前を必死で崩さないようにしながら、けれどそれを守る余裕を失くしていっている。私と同じ。プロデューサーも、少しずつ私を我慢できなくなろうとしてくれている。そんなプロデューサーを感じて心の中で微笑みが漏れる。もうそんなふうに表情を緩める余裕も無くて、実際の表情はそのまま。きっと熱に浮かされて興奮に焼かれたような、どうしようもなく爛れた表情のまま。微笑むことができたのは心の中でだけ、だったけれど。

 それでも心の中で微笑んで。そしてそれから、舌を伸ばす。

 もうすっかり濡らされて、含んでいられる量なんてとっくの昔に越えてしまって。そうしてぐっしょり、唇がかすかに触れるその度にねちゃねちゃ、ぴちゃぴちゃ、水の音を立ててしまうそこへ。……そこの向こうのプロデューサーへ、舌を。

 伸ばして這わせる。すると舌肌に少しざらざらとしたジャージの感触。そしてその奥の熱くて固い感触がびくん、と跳ねる。

13 : 以下、名... - 2017/04/19 23:30:41.40 2z46TJqTO 13/18

 ねっとりと、ジャージの縫い目の一つ一つを余さず通してこの溢れて止まらない粘付く涎がプロデューサーへ届くよう。じっくりと、ジャージ越しにもそのプロデューサーの形が細かな皺や浮き出る管の筋まで感じられるよう。ねっとりと、じっくりと。時々唇で甘噛んで、ちゅうちゅう、と音を立てて吸い上げながらの口付けも交えつつ、そうして這わせる。

 蕩けた心と身体で何度も。プロデューサーも、こうする私のように蕩けてほしいと想いを込めながら。

 舐めて。咥えて。吸い付いて。そうして愛する。

 むにゅりむにゅり、と噛まれ吸われる度に柔く動いて形を変える感触。その奥の、熱く焼けた固い感触。それをジャージを隔てた向こうに感じて、元々たまらなくなっていた私が、もっとずっとたまらなくなっていく。

 唇も頬も顎も。顔中すべてがべったりと濡れて、汚れて、染められて。心も、それと同じように染め上げられる。

 固まって鈍った頭の手。握られたまま開かず、けれど開いて動いてしまいたい衝動を堪えながらそれにふるふると震えてしまっているもう片方の手。それを感じながら、べったりと染め上げられたまま、プロデューサーを迎え入れる。

 糸引く私の涎に濡れて、粘付くプロデューサーのそれに汚されて。ぐちゅぐちゅ、と泡の立つような音を響かせながら混ぜ合わされた私とプロデューサーのそれに塗り尽くされて。そうして、もうどうしようもないくらいに膨れて溢れたジャージを咥えこむ。

14 : 以下、名... - 2017/04/19 23:31:09.54 2z46TJqTO 14/18

(……ふふ)



 誘惑。

 私にできる限りの……本当は少し、できちゃいけないくらいの、誘惑。

 それをする。繰り返す。何度も何度も、熱く濡れた唇をいっぱいに尽くして愛する。

 好き。好き。好き。

 もっと愛したい。もっと愛してほしい。

 応えてほしい。私のお願いに応えてほしい。私の求めに応えて、私のことを求めてほしい。

 そんな誘惑。

 それを繰り返す。ちゅうちゅう、くぷくぷ。ねちゃねちゃ。何度も何度も。

 だんだんと息が荒くなるプロデューサーへ。胸の高鳴りを強くするプロデューサーへ。細かな震え、その進む先を少しずつ私のほうへと向かわせるプロデューサー。

 まだ応えてはくれない。でも受け入れてくれる。拒まず、突き飛ばして無しにすることはせず受け止めてくれて……そして少しずつ、ほんの少しずつではあるけれど、でも確かに受け入れようとしてくれているプロデューサー。私の今を、私の叶えたいと願うこの今の先を受け入れてくれようとするプロデューサーへ向けて、誘惑を。

15 : 以下、名... - 2017/04/19 23:31:47.17 2z46TJqTO 15/18

「……あ、…………はぁ……」



 ごぽ、と。溢れ出たそれ、私の涎とプロデューサーの液が混じったそれが零れ落ちる音。

 かひゅ、と。もうすっかり無くなりかけていた私の中の空気の最後が漏れ出して、これまで私の中へ入っていた熱いそれを震わせる音。

 放す。そんな音を出しながら、それまで中いっぱいに咥え込んでいたプロデューサーを吐き出して。離れる間際、最後に一度口付けを落としてから放す。口から、そのプロデューサーを。

 そしてぐるん、と身体を回して上へ。びくびく震えるそれに頬を擦り付けるようにしながら上を向いて、プロデューサーを見る。

 もう建前なんて最低限のその更に下だけ。微睡みから覚めたばかりのように半分目は閉じて。口は、まるで寝ぼけているみたいに半開きに……本当はもう蕩けすぎて、プロデューサーへの想いに緩まりすぎて、故意じゃなく自然と……本当にただもう自然にこうなってしまっているだけなのだけど……それも、もう何の役にも立っていない建前の一つにしながら。

 そうしながら。どうしようもない建前を繕いながら……見つめる瞳でだけ、その奥の本音を語って贈る。

 したい。しましょう。してください。この先を。もっと次を。私が本当にプロデューサーと望む、それを。

 してほしい。そう、瞳で伝える。

 かすかに開かれた……でもまだ緩く握られたままの手をゆっくりと引っ張って。寝返って乱れたネグリジェ、それと、それが覆う私の身体。その隙間へと、ゆっくり引っ張って導いて。

 伝える。私を選んで、と。アイドルとしての私じゃない。ただの高垣楓、ただの何にも縛られない私を選んで、と。

 願いを伝える。たくさん。たくさん。

16 : 以下、名... - 2017/04/19 23:33:01.77 2z46TJqTO 16/18

「プロ、デューサー……」



 私を見つめ返してくれるプロデューサーの瞳、それがゆらゆらと揺れているのが分かる。

 私で揺れてくれている。私のことがほしいと願って、私と結ばれたいと望んでくれている。私を、確かに求めてくれているのが分かる。

 だから、一言だけ。

 選んでほしい。だから、選んでもらうために一言だけ。

 多くの言葉は紡げない。そんな余裕はもう、私の中にはすっかり残ってない。

 だから一言。一言だけ。

 たったの一言。……それへ、どうしようもなく溢れてどうにもならないくらい流れ出てくる想いの限りを込めて、言う。



「…………来て、ください……。プロデューサー…………私を、貰ってください……」

17 : 以下、名... - 2017/04/19 23:33:53.33 2z46TJqTO 17/18

以上になります。
お目汚し失礼しました。

18 : 以下、名... - 2017/04/19 23:36:32.02 2z46TJqTO 18/18

新田美波「上書く口付け」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474115827/
http://ayame2nd.blog.jp/archives/6572483.html

高垣楓「特別な貴方との、特別で普通な日常」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475141046/
http://ayame2nd.blog.jp/archives/6902750.html

鷺沢文香「貴方の上で、貴方と共に」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490441680/
http://ayame2nd.blog.jp/archives/13972595.html

三船美優「私を、最後に選んでくれるのなら」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490703252/
http://ayame2nd.blog.jp/archives/14090661.html

荒木比奈「ただただだらだら」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491572925/
http://ayame2nd.blog.jp/archives/14420240.html

以前に書いたものなどいくつか。
もしよろしければどうぞ。

記事をツイートする 記事をはてブする