関連
穂乃果「友達だと思ってた」【前編】

240 : 以下、名... - 2017/02/08 21:27:05.91 SGRgCU2b0 177/349

数日後


穂乃果「ねぇ、みんな!」

花陽「どうしたの?」

穂乃果「本大会、ついに明日だね!」

にこ「そうね...私達なら絶対優勝できるわ!」

ことり「うぅー...でも今から緊張して眠れないかも...」

穂乃果「だよねだよね!そこで提案があるんです!」

海未「なんですか?」

穂乃果「お泊まり会だよ!」

全員「お泊まり会?」

穂乃果「うん!今日1日で今よりもっともっと絆を深めよう!」

海未「でも、どこに泊まるんですか?」

穂乃果「学校!」

にこ「穂乃果...学校でお泊まりなんてできるわけないでしょー?」

穂乃果「そんなの理由にならないよ!こっちは理事長の娘がいるんだから!」

全員「なるほど!」

ことり「なんでこっち見るのぉー!」

241 : 以下、名... - 2017/02/08 21:30:17.57 nxUZ2rnS0 178/349

学校

部室



にこ「綺麗に丁度入ったわね」

海未「みんなでざこ寝とは...合宿以来ですね」

花陽「ありがとう!ことりちゃん!」

ことり「えへへ...♪」

ことり(優しいお母さんでよかった...)

にこ「...っとご飯炊けたみたいね」

花陽「白米!綺麗だねぇ!」

穂乃果「そして私はお饅頭も!」

海未「いつのまに持ってきたんですか?!」




屋上


穂乃果「みんなー!明日!精一杯歌うから!聴いてねーーー!!」

全員「聴いてねーー!!」

242 : 以下、名... - 2017/02/08 21:30:51.42 nxUZ2rnS0 179/349

部室


にこ「じゃあ消すわよ?」

ことり「うん。みんな、おやすみなさい」

海未「おやすみなさい」

穂乃果「おやすみ~」

花陽「おやすみなさい」


穂乃果(...隣で花陽ちゃんが寝てると思うと寝れないなぁ...)

花陽(穂乃果ちゃん...もう寝ちゃったかなぁ...)

穂乃果(緊張しないようにお泊まり会提案したのに、私には逆効果だよ...)ドキドキ

花陽(穂乃果ちゃん...あぁ、眠れません!)ドキドキ

243 : 以下、名... - 2017/02/08 21:31:32.31 nxUZ2rnS0 180/349

花陽「穂乃果ちゃん...」ボソッ

穂乃果「...花陽ちゃん...?」ボソッ

花陽「穂乃果ちゃん、こっち向いて?」

穂乃果「どうしたの?もうみんな寝ちゃ...んむっ」

花陽「ん...」チュッ

穂乃果「は、花陽ちゃん...!/////」

花陽「えへへ...穂乃果ちゃん、静かにしないと...」

穂乃果「うぅ...花陽ちゃんったら...もう!」

花陽「ごめんね...?嫌だった...?」

穂乃果「い、嫌じゃないけど...」

244 : 以下、名... - 2017/02/08 21:32:04.22 nxUZ2rnS0 181/349

花陽「そうだよね!じゃあもう1回してもいい...?」

穂乃果「えぇ...!」

花陽「むぅ...」

穂乃果「は、花陽ちゃん...」アセアセ

花陽「...」プクー

穂乃果「...~!もう!」チュッ

花陽「ん!んぅ...」チュッ

穂乃果「...はい!終わり...」

花陽「ふふっ...穂乃果ちゃんからキスしたの初めてだね...」

穂乃果「そ、そうだっけ...」

花陽「嬉しい...♡」

245 : 以下、名... - 2017/02/08 21:32:34.77 nxUZ2rnS0 182/349

穂乃果「もう...恥ずかしいよぉ」

穂乃果(あぁー...この小悪魔め!)

花陽「じゃあ、そろそろ本当に寝なきゃね」

穂乃果「そうだね、おやすみなさい」

花陽「あ、穂乃果ちゃん!」

穂乃果「ん?」

花陽「おやすみなさいのチュー」チュッ

穂乃果「??!!??!!」

花陽「てへへっおやすみっ!」

穂乃果「...やられた.../////」






穂乃果「...ん」

穂乃果「わぁ...!」

穂乃果「んんーーいい天気!!」

ことり「ん...眩しいよ...」

花陽「早く閉めて...」

穂乃果「朝だよ!ラブライブだよ!」

246 : 以下、名... - 2017/02/08 21:34:03.12 nxUZ2rnS0 183/349

ラブライブ会場


にこ「わぁーー!」

穂乃果「おっきいねー!」

海未「さすが本選ですね。スケールが違います」

穂乃果(...ラブライブ...)

穂乃果(...私達が目指した場所...)

花陽「たくさんアイドルがいるねぇ!」

ことり「お客さんたくさん来るんだろうなぁ!」

穂乃果(メンバーは...少なくなった)

穂乃果(優勝...できるの?)

にこ「私達μ'sは一番最後!大トリよ!」

海未「はい!頑張りましょう!」

穂乃果(確かに練習も頑張った、この5人の絆も深め合った)

穂乃果(でも...)

穂乃果「ねぇ、みんな」

にこ「んー?なによ」

穂乃果「頑張ろうね!」

ことり「うん!」

海未「はい!」

花陽「はいっ!」

にこ「よーし!やってやるわよー!」

247 : 以下、名... - 2017/02/08 21:34:31.41 nxUZ2rnS0 184/349

会場前


雪穂「さすが本選...!大きい!」

亜里沙「雪穂!写真!ここを目指す写真!」

雪穂「はいはいっ!」


ミカ「穂乃果達大丈夫かなぁ...」

フミカ「メンバー...減っちゃったしね...」

ヒデコ「...あっ!もう時間だよ!応援席行こ!」

ミカ「あぁ!待ってぇー!」タタタッ

248 : 以下、名... - 2017/02/08 21:35:18.65 nxUZ2rnS0 185/349

ステージ裏


海未「もうすぐ...ですね」

ことり「うぅ...緊張してきちゃった...」

にこ「さ、最高のステージにするのよ!」

花陽「にこちゃん...手、震えてるよ?」

にこ「うぐっ」

穂乃果「大丈夫だよ!私、今ならなんだってできる気がする!」

海未「そうですね!」

穂乃果「...じゃあ、行くよ!」

249 : 以下、名... - 2017/02/08 21:35:55.23 nxUZ2rnS0 186/349

穂乃果「1!」

海未「2!」

ことり「3!」

花陽「4!」

にこ「5!」

穂乃果「みゅ「6!!」

穂乃果「え?!」

真姫「6!!」

花陽「真姫...ちゃん?」

にこ「なんでここに...」

「7!!」

絵里「8!!」

ことり「希ちゃん...絵里ちゃん...」

250 : 以下、名... - 2017/02/08 21:36:49.42 nxUZ2rnS0 187/349

海未「どうして...ここにいるのですか」

真姫「凛は連れてこられなかった。でも、私達μ'sは9人!」

絵里「どうしても諦めきれないの!みんなと歌うことが!踊ることが!」

「みんなごめんなぁ...もう大会には間に合わない。でも、どうしても最初のかけ声だけは一緒にしたかったんよ」

穂乃果(あぁ...真姫ちゃんが珍しく泣いてる...)

穂乃果(絵里ちゃん汗かいてる...走ってきたのかな...)

穂乃果(希ちゃんは相変わらずだね...余裕そうな笑顔だ)

花陽「穂乃果ちゃん...」

穂乃果「今更遅いよ。ステージに全員は立てないよ」

絵里「分かっているわ...」

穂乃果「私はね、別に3人がまたμ'sに戻るのはいいと思ってるよ」

穂乃果「ただ、凛ちゃんだけは無理だよ。私も花陽ちゃんもきっと海未ちゃんことりちゃんにこちゃんだって嫌だって思ってる」

「そっか...そうやね...」

251 : 以下、名... - 2017/02/08 21:37:24.09 nxUZ2rnS0 188/349

穂乃果「全員が揃う日なんて、もうきっと来ない」

穂乃果「誰かがμ'sに入れば、誰かが抜ける」

絵里「そんなの...まだ分からないじゃない」

穂乃果(...絵里ちゃん...分かってないなぁ...よく考えてみてよ...)


穂乃果(事の発端は...全部私なんだから...)


海未「穂乃果、そろそろ時間が...」

穂乃果「うん。じゃあ、行くね」

穂乃果「μ's!」

全員「ミュージックスタート!」


ワアァァァ!


252 : 以下、名... - 2017/02/08 21:38:21.18 nxUZ2rnS0 189/349

応援席


真姫「みんな...綺麗ね...」

絵里「私も...一緒にあの場に居たかった...」

「絵里ち、まだ音ノ木坂の生徒じゃなくなるまで時間はある。まだ間に合う」

絵里「えぇ...そうね...」ニコッ

256 : 以下、名... - 2017/02/11 20:35:12.90 RHb/cYu70 190/349

数日後

卒業式


穂乃果「うっ...にこちゃん...」グスッ

にこ「泣かないでよぉ!またいつでも会いに行くからぁ!」

海未「...寂しくなりますね」

ことり「にこちゃん...元気でね?」

花陽「うぅ...にこちゃぁん...」グスン

穂乃果「絵里ちゃん希ちゃんも...元気でねぇ...」ウルウル

絵里「穂乃果ったら...泣きすぎよぉ」

「絵里ちこそ涙目になっとるよー」クスッ

絵里「だ、だってぇ...卒業式の時にあんな歌うたうなんて知らなかったしぃ...」

海未「いつも凛々しい絵里が...子供みたいですね」クスッ

257 : 以下、名... - 2017/02/11 21:08:11.97 XDDKces60 191/349

ことり「絵里ちゃん可愛い~」

絵里「からかわないで!」グシュ

真姫「まぁ、でも3月いっぱいは一緒に活動を続けるんだからまだ泣かなくてもいいでしょ」

花陽「そうだね!」

にこ「私達8人は最後の最後までμ'sであり続けるのよ!」

絵里「えぇ...!」グスッ

「ちぃとばかしみんなとの思い出を取り戻さんとね」


校門前


絵里「じゃあ...行くね」

穂乃果「...明日から練習だからね!」グスッ

「うん!ちゃーんと来るよ」

にこ「じゃあ...」

ピロリンピロリン

真姫「何よ...こんな時に」

花陽「ご、ごめん...」

258 : 以下、名... - 2017/02/11 21:12:46.58 9BLAyhx30 192/349

花陽「え?あ、あぁぁぁぁぁぁぁぁ...」

花陽「大変ですぅぅぅ!」

穂乃果「どうしたの?」

花陽「ここでは言えません!部室に戻らなきゃ!」

絵里「えぇ?!今日卒業式なのよー!?」

穂乃果「うわわわわわわわわぁ!」

穂乃果「よーし!みんな続けー!」

ダイジョウブダイジョウブタノシモウ
マイニチハッピーメーカー
レッツスマイルレッツスマイル

イコウヨミンナデ-モットネー!



部室


花陽「ドゥームです!!」

花陽「ドーム大会ですぅ!」

全員「ドーム大会!?」

理事長「ラブライブ優勝者のあなた達に協力して欲しいって、今知らせが来たわ」ニコッ

真姫「それって...まさか...」

穂乃果「まさか...!」

259 : 以下、名... - 2017/02/11 21:13:52.01 tcfBy3bq0 193/349

空港


絵里「本当に驚いたわ...」

「これでまたみんなと思い出が作れるね」

絵里「...8人で...か」

にこ「仕方ないでしょうが」

海未「卒業式後に挨拶もしに来ない凛に気を使う必要なんてないですよ」

真姫「ちょっと海未...」

海未「...すみません。少しキツイ言い方でしたね」

穂乃果「みんな、凛ちゃんの話はやめよう?この8人でいっぱい思い出作ろう?」

ことり「...誰かさんはハネムーンに行くみたいにウキウキしてる人がいるみたいだけどぉ...」

花陽「ぴゃ!?は、ハネムーンだなんて...」テレテレ

穂乃果「花陽ちゃん!」

花陽「はい!」

穂乃果「ハネムーンは大人になってからだよ!」

にこ「あんたたち結婚するつもりなの!?」

穂乃果「...///」

花陽「...えへへ///」

真姫「...2人は置いていきましょうか」

「そうやね。さ、飛行機乗ろう」

絵里「なんだか息がしにくいわ。穂乃果、酸素マスク持ってる?」

海未「あ、酸素マスクなら私が」

穂乃果「ちょっとみんなぁ!」

260 : 以下、名... - 2017/02/11 21:15:39.45 tcfBy3bq0 194/349

アメリカ


ネクストパーソンプリーズ

穂乃果「い、イェース」

絵里「花陽カバン!」


ホテル


海未「おーいおいおい」

花陽「カップケーキ買ったよ!」

海未「いただきます」

261 : 以下、名... - 2017/02/11 21:16:22.24 tcfBy3bq0 195/349

夕食


穂乃果「私、あの鉛筆みたいなビル登りたーい!」

海未「花陽と行ってきてはどうでしょう」

ことり「ナイスアイディア」

花陽「え、えぇ...?」

穂乃果「むぅ...もう!みんなふざけないでよー!」

絵里「じゃあ、明日は朝は練習午後は踊りたい場所を見に行きましょう」

262 : 以下、名... - 2017/02/11 21:16:52.53 tcfBy3bq0 196/349



のぞまき部屋


「...これって」

真姫「何勝手に見てるのよ」

「あっ...ごめん」

真姫「中、見た?」

「うん...」

真姫「まぁ、いいわ。本当はこれ9人で歌いたかったんだけどね...」

「みんなと喧嘩してからμ'sと関わらんくなったもんなぁ」

真姫「教室ではたまに話してたのよ。でも...なんて言えばいいのかしら、雰囲気が変わったっていうか...」

「そっか...」

真姫「前ににこちゃんが言ってたでしょ。穂乃果の言うことを聞きすぎだって」

真姫「きっとあれ、私のせいなのよ。穂乃果にあなたが何を言っても着いて行くって言ったから...」

「そうだったんやね。真姫ちゃんがそう言ったのも分かるし、にこっちが言ったことも分かるけど...」

真姫「μ'sが壊れても仕方ないって思って言ったことなの」

真姫「でも今は... 凛がいないμ'sはなんが寂しいわ」

「凛ちゃん...今頃何してるんやろうな...」

263 : 以下、名... - 2017/02/11 21:17:19.11 tcfBy3bq0 197/349

にこえり部屋


絵里「ねぇにこ」

にこ「んー?なに?」キュウリパックペタペタ

絵里「にこはまだ凛に怒ってるの?」

にこ「そうねぇ...怒ってないわけじゃないわ」

絵里「穂乃果には?」

にこ「なんで穂乃果?」

絵里「だって穂乃果の言うことを聞きすぎだって言ってたじゃない」

にこ「あれは穂乃果の言ってたことがμ'sを繋ぎ止める言葉に思えなかったからよ」

にこ「でも今となってはもういいわ。結果的にラブライブは優勝。そしてアメリカ。終わり良ければ全て良しよ」

絵里「そう...」

にこ「別に、凛の気持ちが分からないわけじゃないのよ」

絵里「そう...そうよね。私もよ」

絵里「...実は...私穂乃果のことが嫌いってわけじゃないけど、穂乃果がμ'sを壊したって思ってしまってて...」

絵里「そもそも穂乃果が凛のこと好きじゃないのに付き合ったりしなければって...」

264 : 以下、名... - 2017/02/11 21:17:58.11 tcfBy3bq0 198/349

にこ「あんたの気持ちも分かるわよ。でも、恨んじゃダメよ。穂乃果の気持ちも考えてあげなさい」

絵里「分かってる...わ...」

にこ「絵里...あんた最近泣きやすいわね」

絵里「私...嫌な人だなって...」グス

にこ「そんなことないわ。ただ怒りのぶつけ所が穂乃果だっただけでしょ」

にこ「それほどμ'sを大切に思ってるんだってことちゃんと伝わってきてるわよ」

絵里「にこ...ありがとう」ニコッ

265 : 以下、名... - 2017/02/11 21:18:33.19 tcfBy3bq0 199/349

ことうみ部屋


海未「もう1度!もう1度です!何かある!何かあるはずです!」

ことり「ずるはしてないよぉ~!」

ことり「うぅ...穂乃果ちゃ~~ん!!」

266 : 以下、名... - 2017/02/11 21:19:04.39 tcfBy3bq0 200/349

ほのぱな部屋



穂乃果「すごいねぇさすがアメリカって感じだよね」

花陽「そ、そうだけど...なんでハネムーン仕様になってるのぉ!?」

穂乃果「私に言われても...」

花陽「なんだか本当に新婚さんみたいだよぉ」

穂乃果「私はちょっと嬉しいけどな...」テレ

花陽「穂乃果ちゃん...私も嬉しい!」

穂乃果「ねぇ、花陽ちゃん」

花陽「なーに?」

穂乃果「凛ちゃんと...一緒に来たかった?」

花陽「...なんでそんなこと言うの」

穂乃果「あ、ご、ごめんね!でもちょっと気になって」

花陽「...凛ちゃんの話しないで」

穂乃果「ごめん...」

267 : 以下、名... - 2017/02/11 21:19:37.78 tcfBy3bq0 201/349

花陽「別に怒ってないわけじゃないんだよ?でも凛ちゃんともう話さなくていいって言ったの穂乃果ちゃんだよね」

花陽「もう凛ちゃんのことはいいから。凛ちゃんの話しないで」

穂乃果「花陽ちゃん...変わったね」

花陽「なにが?」

穂乃果「前はちゃんと話さなきゃって言ってたのに...」

花陽「何言ってるの?穂乃果ちゃんが話さなくていいって言ったんじゃん。穂乃果ちゃんの望んだ通りでしょ?」

穂乃果「私は...2人が喧嘩するとは思わなくて...」

花陽「...本当はさ、私だって嫉妬するんだよ?でも穂乃果ちゃんそういうの嫌でしょ?」

穂乃果「全然嫌じゃないよ!それほど想ってくれてるってことでしょ?」

花陽「ううん。私はなるべく言わないようにするよ。好きにしていいよ」

268 : 以下、名... - 2017/02/11 21:20:17.63 tcfBy3bq0 202/349

穂乃果「え...でも」

花陽「凛ちゃんと穂乃果ちゃん見てて学んだからね」

穂乃果「花陽ちゃん...やっぱり変わった...」

花陽「変わったって何?穂乃果ちゃんが望んだ通りじゃないの?何がおかしいの?」

穂乃果「ごめんね...」

花陽「...ごめん...言い過ぎた」

花陽「本当はね、凛ちゃんのことどうでもいいわけじゃないの」

花陽「でも仕方ない。海未ちゃんが言ってた。花陽は友情より恋愛ですかって」

花陽「大切な人を得るためには選ばなきゃいけない」

花陽「大切な人を得るためには大切な人を捨てなきゃいけない」

穂乃果「...そんな...」

花陽「もういいの!もう凛ちゃんのこともういいやーって思えたから、もういいの」

穂乃果「分かった...私はもう何も言わない」

269 : 以下、名... - 2017/02/11 21:21:16.45 tcfBy3bq0 203/349

穂乃果「花陽ちゃんのすることに反対したりしない。ずっと付いて行く」

花陽「お互い我慢はナシだよ?」

穂乃果「うん」

花陽「喧嘩したら仲直りしようね?」

穂乃果「もちろん」

花陽「じゃあ、もうこの話はおしまい!」

花陽「せっかくの外国だよ!誰にも邪魔されずにイチャイチャできるよ!」

穂乃果「そうだね!」

花陽「だから穂乃果!ぎゅ~~!」ギュウ

穂乃果「ひゃ!は、花陽ちゃん~」ギュー

花陽「...ずっと一緒だからね」

穂乃果「うん...!」

花陽「穂乃果ちゃんこっち向いて?」

270 : 以下、名... - 2017/02/11 21:22:09.38 tcfBy3bq0 204/349

穂乃果「嫌です」

花陽「えぇ!?なんで!?」

穂乃果「それはー」クルッ

花陽「んっ!」チュッ

穂乃果「ん...チュ...」チュー

花陽「穂乃果ちゃん...もうビックリするじゃん///」

穂乃果「...嬉しかったでしょ...?」

花陽「お返しだァ!」

穂乃果「んん!んっー!んんー!」チュッ

花陽「チュ...ちゅう」チュッチュッ

穂乃果「んー!ん!ん、んん」チューー

穂乃果「ぷはぁ!」ハァハァ

穂乃果「はーなーよーちゃーんー!!」

花陽「ひゃー!」

277 : 以下、名... - 2017/02/14 22:22:38.37 Uqh1f3iN0 205/349

翌日

街中


穂乃果「すごーい!景色が綺麗!」

絵里「さすが世界の中心ねー」

ことり「穂乃果ちゃん!写真撮ろ!」

穂乃果「うん!」

ことり「じゃあ、いくよ。はい、チーズ!」パシャッ

穂乃果「うん!良く撮れてる!」

花陽「...」

花陽(...やっぱり嫉妬しちゃうなぁ...穂乃果ちゃんと一緒に写ってる写真なんてたくさんあるのに...)

海未(...穂乃果は本当に鈍いのですね)

にこ(...穂乃果とことりは幼なじみだし仕方ないかもしれないけど...)

278 : 以下、名... - 2017/02/14 22:39:25.89 A5U/acn90 206/349

穂乃果「やっぱりみんなと一緒だと楽しいね!」

真姫「そうね。なんだか3年生の卒業のことなんて忘れちゃいそう」

絵里「ふふっ忘れてくれていいのよ」

「忘れてくれた方が寂しくなくなるやろ?ね、真姫ちゃん」

真姫「な、なんで私なのよ!」

にこ「真姫ったら...寂しがり屋ね」

真姫「だから違うってー!」


ピチョン


穂乃果「あ、雨だ...」

海未「あら...どうしましょうか」

ことり「ホテルに戻る?」

にこ「雨強くなるかもしれないし」

花陽「はぁ...残念です」

ことり「まだ行きたいところ...あったのに」

279 : 以下、名... - 2017/02/14 22:43:00.36 A5U/acn90 207/349



真姫「大丈夫よ!」


「!?」

(真姫ちゃん!?真姫ちゃんが壊れた!)

絵里「!?」

絵里(...真姫がはっちゃけてるわ...)


ハーローウタニヨバーレーテー
ヒカリアフーレルーマチハ
カニバミタイ
アシタオキタラードウナルカナー

真姫「星空ね!」


花陽(...真姫ちゃん...)クスクス

280 : 以下、名... - 2017/02/14 22:43:29.58 A5U/acn90 208/349

数分後



改札


ガチャガチャ

穂乃果「あれ...?お金足りないのかなぁ」

「デナーアノトキミンナガ-」
ことり「エー?ソウナノ?ウフフッ」

穂乃果「あ!ちょ、ちょっとみんなー!!」

穂乃果「はわわわわわ!え、えくすきゅーずみーー!」


......



穂乃果「迷った...」

穂乃果「どうしよう...急いでたから間違えちゃった...駅、こんなんじゃなかったよね...」

穂乃果「...」トボトボ

穂乃果(花陽ちゃん...)

281 : 以下、名... - 2017/02/14 22:44:24.60 A5U/acn90 209/349

穂乃果(...こんなこと思っちゃ悪いのかもしれないけど、花陽ちゃんが嫉妬してくれるの嬉しいなぁ)

穂乃果(わざとことりちゃんと仲良くしてるわけじゃないけど、なぜかことりちゃんと話してるときだけ花陽ちゃんの表情が暗くなっちゃうんだよね...)

穂乃果(最近よく、海未ちゃんにも注意されるし...)

穂乃果(...ていうか海未ちゃん、ちょっと口出しし過ぎじゃない...?正直そこまで干渉される理由が分からないんだけど...)


ゴーオースバーン


穂乃果(ん?歌...?綺麗な声...)タタタッ

282 : 以下、名... - 2017/02/14 22:44:53.37 A5U/acn90 210/349




女性「まぁ、たまにいるよ。あなたみたいに迷子になっちゃう子」

穂乃果「うぅ...申し訳ない...」

女性「大きなホテルで、大きなシャンデリアがある所なんでしょ?」

穂乃果「はい!」

女性「じゃ、あそこで間違いないっ!」


穂乃果「こっちでずっと歌ってるんですが?」トコトコ

女性「...うん。そんな感じかな」トコトコ

女性「昔は仲間が居たの。みんなで歌ってた」

穂乃果「へぇ...今は1人なんですか?」

女性「...うん。まぁ、色々あって解散しちゃったの」

穂乃果「...解散...」

283 : 以下、名... - 2017/02/14 22:45:19.16 A5U/acn90 211/349

穂乃果「あ、あの...「穂乃果ちゃん!!」

女性「あら。あれ、お友達さんじゃない?」

穂乃果「あっ!みんな!」タタッ

穂乃果「みんなぁー!」


花陽「なにしてたの!!」


穂乃果「っ...」ビクッ

花陽「どれ...だけ...心配したと...」グスン

穂乃果「花陽ちゃん...ごめん...ごめんね...!」ギュウ

海未「全く穂乃果は...なぜいつもみんなに心配をかけるんですか?」

絵里「ちょっと海未...」

海未「花陽の気持ちも考えてあげて下さい。大体穂乃果は鈍すぎるんですよ」

284 : 以下、名... - 2017/02/14 22:45:49.38 A5U/acn90 212/349

穂乃果「...!」

穂乃果(そりゃあ...私だって電車間違えちゃったのは悪いと思うけど...そもそもみんなが私を置いて行くから...)

海未「...こほん、すみません。つい」

穂乃果「あはは...本当に私ったらバカだから!ごめんね!もうみんなとはぐれたりしないよ!」

真姫「ま、戻ってきたから良かったわよ。さ、部屋に戻りましょ」


「あ!穂乃果ちゃん帰ってきた!」

にこ「遅いわよー」

穂乃果「ごめーん!」

穂乃果(ちょっと落ち込むなぁ...)


絵里「ほら、穂乃果元気出して。明日のライブ頑張りましょう」

穂乃果「うん!全力でがんばるよ!」

285 : 以下、名... - 2017/02/14 22:49:22.03 A5U/acn90 213/349

ほのぱな部屋



花陽「穂乃果ちゃんさっきはごめんね。怒鳴っちゃって...」

穂乃果「ううん。全然だよ!むしろそんなに心配してくれてありがとう!」

花陽「...」ギュウ

穂乃果「おっと、花陽ちゃん?」

花陽「...」ムギュウ

穂乃果「...」ギュッ

穂乃果(心配かけたくないけど...心配されるの好き...)

花陽(心配してる...けど、それよりも...嫉妬心が止まらない...)

穂乃果(花陽ちゃんは...絶対手放したくない...)

花陽「穂乃果ちゃん」

花陽「愛してるよ」

穂乃果「...私も愛してる...」


286 : 以下、名... - 2017/02/14 22:49:57.48 A5U/acn90 214/349

翌日



絵里「...」

穂乃果「緊張してる?」

絵里「当たり前でしょう...」

真姫「絵里でも緊張するのね」

にこ「生徒会長だったから人前に出るのは慣れてそうだけどね」

「絵里ちは元々奥手な方だもんね」

絵里「余計なこと言わないでよー」プンスカ

花陽「そろそろ始まるよ?」

海未「絵里、頑張って下さい」

287 : 以下、名... - 2017/02/14 22:50:41.06 A5U/acn90 215/349

絵里「ねぇ、本当に私がセンターでいいの?」

ことり「絵里ちゃんもっと自信持って!」

「絵里ち、おいで」

絵里「...」トコトコ

「よーしよし」ギュッ

絵里「のぞみぃ...」ムギュウ

「はい、ステージ始まるで。行こ」グイグイ

絵里「え、えぁ...」

ことり「2人とも素敵ぃ...」

海未「惚れ惚れしますね」

花陽「私と穂乃果ちゃんだって負けないもん...」

真姫「変なとこで張り合ってどうするのよ」

穂乃果「恥ずかしいよぉ...」

288 : 以下、名... - 2017/02/14 22:51:40.04 A5U/acn90 216/349

にこ「ったく、ライブ前にイチャつくんじゃないわよ」

「ん?うちと絵里ちは付き合っとらんよ」

花陽「え?そうなの?」

ことり「てっきり付き合ってるのかと思ってた」

「あはは。ほら、絵里ち震え止まったやろ」

絵里「あっ...」

「ほら、行くで」

ことり「希ちゃん紳士ぃ...」

穂乃果「狙ってやってたの?」

「んふっ」

海未「ほ、本当に時間ないですよ!行きましょう!」

海未(全く!破廉恥です!)

289 : 以下、名... - 2017/02/14 22:55:26.21 A5U/acn90 217/349




...


アァモシモハホシクナイノサー
ツバサヲータダノー
エンジェ!
アシタジャナイダイジナトキハー
ココロノハバタキハトマラナイー


アメリカ

空港


絵里「はぁ...緊張したわ...」

「ライブ成功したんやし、良かった良かった」

ことり「日本でもこのライブ配信されてるんだよね?」

花陽「うん!きっと私達が帰った頃にはもう配信されてると思うよ」

穂乃果「みんなの反応が楽しみだなぁ」

297 : 以下、名... - 2017/02/17 21:37:37.80 F/NRDRor0 218/349

飛行機内



「...んー...むにゃ...」Zzz

絵里「すー...すー...」Zzz

にこ(この2人さっきから全然起きないわね。緊張疲れかしら)

ことり「ふふっそうだね!」

穂乃果「でしょでしょ!」

花陽(...なんで穂乃果ちゃんの隣に座ってるのが私じゃないの...)

穂乃果(...本当は花陽ちゃんの隣が良かったんだけどなぁ...まぁ、ことりちゃん楽しそうだしいいか...)

真姫「花陽、顔怖いわよ」

花陽「え?あ、ごめん...」

298 : 以下、名... - 2017/02/17 21:40:20.65 +oUzu9I/0 219/349

にこ「ま、無理ないわーあんなの見せつけられたらね」ズイッ

花陽「いやいや、別にいいんだよ?穂乃果ちゃんが誰と仲良くしようと私が口出しすることじゃないよ」

海未「穂乃果は鈍いと言ったばかりなのに...」ハァ

花陽「まぁ、確かに私だって嫉妬するって伝えたんだけど...」

にこ「それであれなの?ことりもことりだけど、穂乃果がもっとしっかりしなきゃダメじゃない」

花陽「ううん。私がいいって言ったの。好きにしてって」

海未「それでも嫉妬してしまうんでしょう?」

花陽「そうだけど...」

にこ「穂乃果だってわざとしてるわけじゃないとは思うけど、見てるこっちが辛いのよ」

真姫「花陽、ちゃんと穂乃果に言ってみたら?」

花陽「...うん。ちょっと考えてみる...」

299 : 以下、名... - 2017/02/17 21:42:45.45 INPuxIlX0 220/349

海未「凛のときも言いましたが、穂乃果は嫉妬して欲しいだけなのでは?」

花陽「穂乃果ちゃんはそんなんじゃないよ!」

海未「し、しかし...」

にこ「海未の言う通り、私も少し疑ってたわ...」

花陽「穂乃果ちゃんは...きっとそんなこと思ってないよ...」

花陽「だってこの飛行機でことりちゃんと穂乃果ちゃんが隣なのも、ただ単に乗った順番的にこうなっちゃっただけだし...」

真姫「隣に座りたいって言えばいいのに...」

海未「花陽、はっきり言わないのは穂乃果のためにもなりませんよ」

にこ「その通りねー花陽は嫉妬してる、穂乃果にそれを知ってもらう。ただそれだけのことよ?」

花陽「だから...ちょっと考えてみるって...」

にこまきうみ「...はぁ...」

300 : 以下、名... - 2017/02/17 21:43:20.30 INPuxIlX0 221/349

日本

空港



穂乃果「はぁ~やっと着いたね~」ノビー

花陽「久しぶりに日本の白米が食べれます!」

真姫「エコノミーで往復ってこんな感じなのねー」フゥ

にこ「なによ自慢ー?」

真姫「違うわよ!」

にこ「ふんっ」

「お2人さん、帰ってからも元気やねー」

真姫「元気じゃないわよ!」

「そういえば真姫ちゃん」

真姫「なによ」

「曲はできた...?」ボソ

真姫「な、だからそれは...!」

「うちはいい曲やと思うよ」

真姫「だから違うってー!」

301 : 以下、名... - 2017/02/17 21:43:57.45 INPuxIlX0 222/349

花陽「ねぇ、穂乃果ちゃん」

穂乃果「なぁに?」

花陽「あのね、夜メールしてもいい?話したいことがあるの」

穂乃果「いいけど...今じゃダメなの?」

花陽「みんなには聞かれたくない話なんだ」

穂乃果「分かった。じゃあ夜ね」

海未「あの...穂乃果...」

穂乃果「どうしたの?海未ちゃん」

海未「なんだか...見られてる気が...」

穂乃果「見られてるぅ?」キョロキョロ

「アレ、ミューズダヨネ?」「カワイイ!カオチイサイー」
「オナジコウコウセイトハオモエナイヨ」「オシャレー!」

穂乃果「なに!?見られてる!」

海未「そうですよね...?あ、あなたもしかして何か持ち込んだんですか!?」

穂乃果「そんなことしないよー!」

302 : 以下、名... - 2017/02/17 21:44:39.47 INPuxIlX0 223/349

花陽「穂乃果ちゃんが可愛いからみんな見て...」

にこ「それはない!」

真姫「ありえないわ!」

絵里「ナイスツッコミ!」

「スピリチュアルや!」

穂乃果「なにそれ!意味わかんない!」

ことり「でも、本当に見られてるよ?」

花陽「なんでだろう...」オロオロ

穂乃果「ん...?あ、あぁぁぁぁー!!!」


モニター

アーモシモハーホシクナイノサー
ツーバーサヲータダノー
エンジェ!
ココーロノーハバターキハー
トーマラーナーイー
ミンナデオウエンシヨウ!


穂乃果「なにこれ!?」

303 : 以下、名... - 2017/02/17 21:45:15.37 INPuxIlX0 224/349

花陽「サイトにもたくさんのコメントが!」ポチポチ

絵里「再生回数も...こんなに!!」カチカチ

真姫「と、いうことは...」

「この見てる子達は...」

にこ「ファン!?」


ファンA「あの!サインをください!」

ファンB「私も!」

ファンC「私もファンです!」


海未「ひっ!?」

ことり「海未ちゃん!気を確かに!」

「すごい人気...!」

絵里「とりあえず、サインしましょう」

304 : 以下、名... - 2017/02/17 21:45:46.65 INPuxIlX0 225/349

穂乃果「...はい!これでいいかな?」

ファンA「あぁぁぁ...ありがとうごさいます!!」

海未「こ、これで、いかがでしょうか...」

ファンB「ありがとうございます!字がお綺麗ですね!」

海未「そ、そうですか?」テレテレ

ことり「はいっサインとかしたことないから...下手でごめんね?」

ファンC「そんな下手だなんて...とっても嬉しいです!!」

ことり「えへへっありがとう!」

花陽「ねぇねぇ、空港で待ち伏せされるほど人気ってことは...」

真姫「街では...」

305 : 以下、名... - 2017/02/17 21:46:21.92 INPuxIlX0 226/349

東京



ファン「あー!μ'sだ!」「え!?本当だ!可愛い~」「髪綺麗~!」「歌ってくれないかなぁ」

ファン「あの!サインください!」

穂乃果「え、えっと...あはは...」

真姫「どうするのよ...これじゃ家に戻れないじゃない」

花陽「どうにかしてファンに見つからないようにしないと...」

穂乃果「でも!こんなに人気があるってことは海外ライブが成功したってことでしょ!?うーれしー!」

306 : 以下、名... - 2017/02/17 21:46:51.74 INPuxIlX0 227/349

絵里「まだ早いわ」

海未「絵里?」

「それより、ここを離脱することが先よ」

ことり「希ちゃん...?」

にこ「そうね、なぜなら私達...」

にこ「今はスターなんですものぉ!!」


ランナウェイダランナンナンウェイダ
ナンナンナンデトツゼン?
アリガトーテオモウヒマガナイホードー
ハテナハートビー

307 : 以下、名... - 2017/02/17 21:47:25.10 INPuxIlX0 228/349

高坂家



穂乃果「はぁ...なんだか夢みたいだよ...」

花陽「本当だね...私達が注目されてるなんて...」

真姫「易々と表も歩けないわね」ハァ...

ことり「でもライブが成功したのは嬉しいね♪」

海未「ドーム大会も夢ではないかもしれませんね」

絵里「その前に」

えりまき「考えなきゃいけないことがあるでしょう?」

絵里「あっ...」

真姫「っ...」

穂乃果「考えなきゃいけないことぉ?」

308 : 以下、名... - 2017/02/17 21:48:15.24 INPuxIlX0 229/349




穂乃果「...μ'sを終わらせるか...続けるか...」


ピロンッ

花陽<穂乃果ちゃん、今いいかな?


穂乃果「あ...花陽ちゃん...」


穂乃果<うん、いいよ。話したいことってなに?

花陽<あのね、今日みんなに言われたから伝えてみようと思ったことなんだけど

花陽<私やっぱり、穂乃果ちゃんが私以外の人と一緒にいるの見ると嫌なの

花陽<どうしても嫉妬しちゃうの。

穂乃果<そうなんだ...そうだよね。当たり前だよね

花陽<ごめんね。私何も言わないって言ったのに...

309 : 以下、名... - 2017/02/17 21:49:03.01 INPuxIlX0 230/349

穂乃果<ううん。はっきり言ってくれて嬉しかった

花陽<あの、前から思ってたけど穂乃果ちゃんは嫉妬しないの...?



穂乃果「私が...嫉妬?」

穂乃果「私が嫉妬したことってあったっけ...?」



穂乃果<私はあんまりないかなぁ

花陽<そうなんだ...

穂乃果<でも、別に花陽ちゃんのことがそんなに好きじゃないからとかじゃないよ!

穂乃果<私花陽ちゃんのこと大好きだもん!

花陽<うん、ありがとう

花陽<別にね、みんなと仲良くするなとは言わないけどちょっと注意してほしいな

穂乃果<うん!分かった!

花陽<ありがとう。ごめんね

穂乃果<ううん!私こそごめんね

花陽<うん。じゃあまた明日ね。おやすみ

穂乃果<おやすみなさい

310 : 以下、名... - 2017/02/17 21:49:39.11 INPuxIlX0 231/349



穂乃果「みんなにって...誰だろう」

穂乃果「また海未ちゃんかな...」

穂乃果「なんで海未ちゃんがいつも...」ハァ...




小泉家



花陽「穂乃果ちゃん...嫉妬しないんだなぁ...」

花陽「...分かってくれないのかな」

花陽「やっぱり穂乃果ちゃんは...嫉妬して欲しいだけなのかな...」

花陽「やだな...μ'sが解散するか考えてる時に...私こんなこと考えて...」

花陽「私...嫌な子だ...」

311 : 以下、名... - 2017/02/17 21:50:09.68 INPuxIlX0 232/349

星空家



「μ's...有名になったなぁ」

「みんな...海外行ってたんだ...」

「凛は...最後の最後まで...みんなとバラバラになったままなのかな...」

「仕方ない...とは思うけど...これは凛だけが悪いことなの...?」

「μ's...凛の居場所...」

「なんで凛が...こうならなくちゃいけなかったのかな...」

「そもそも...本当は...穂乃果ちゃんが...」

「...凛...嫌な子だ...」

314 : 以下、名... - 2017/02/18 19:42:27.73 1eOo9BQL0 233/349

数日後



絵里<μ'sを続けることはありません

絵里<私達はやっぱり、スクールアイドルであることにこだわりたい!


穂乃果「限られた時間の中で、精一杯輝こうとする、スクールアイドルが好き...」

穂乃果「見つけたよ、答え」

315 : 以下、名... - 2017/02/18 19:44:23.27 nKLyTM1a0 234/349

屋上



ことり「みんな、答えは同じだよね」

花陽「でも...ドーム大会は...」

穂乃果「それも絶対実現させる!いい考えがあるの!」

ゴニョゴニョ

全員「えぇ!?」

絵里「今から間に合うの?」

穂乃果「時間はないかもしれないけど、やってみようよ!」

316 : 以下、名... - 2017/02/18 19:44:50.31 nKLyTM1a0 235/349

穂乃果「会いに行こう!」

穂乃果「直接会って、直接話した方が気持ちもきっと伝わるよ!」

ことり「でも...どうやって?」

穂乃果「簡単だよ!真姫ちゃん!電車賃貸して!」

全員「なるほど!」

真姫「なんでこっち見るのよー!」

穂乃果「さぁ、行こう!みんなが待ってる!!」


フューチャースタイル
イツカエガイタキボオーノ-
スーテーエージー
アイタイヨソノシュンカン
サイコウノ-ユメヲカタチニ-
コエガキコエル-

317 : 以下、名... - 2017/02/18 19:45:26.80 nKLyTM1a0 236/349



printemps


ワンツースリーフォー

花陽「どうしよう...みんな練習してるよ...」

穂乃果「...話しかけづらいね...」

ことり「こんにちは♪μ'sの南ことりです。ちょっとお話、いいですか?」

穂乃果「ことりちゃんさすが...!」パチパチ

花陽「...そうだね」

花陽(んぁぁぁぁぁ!嫉妬...したくないのに!!)

穂乃果(今のくらいはいいよね…?花陽ちゃん...怒ってないよね?)

318 : 以下、名... - 2017/02/18 19:46:07.20 nKLyTM1a0 237/349

lily white



海未「こんにちは」

「わたーしはスクールアイドルの使者!」

海未「あ、あなたたちと共にライブを...えっと...」

「ライブをしたいのじゃー!」



BiBi


絵里「受けて立つわ!」

真姫「μ'sの本気見せてあげる!」

にこ「さぁ、かかってきなさい!」

319 : 以下、名... - 2017/02/18 19:46:32.09 nKLyTM1a0 238/349

部室


穂乃果「ことりちゃん!衣装考えてみたよ!」

ことり「あはは...衣装の案はもうあるから...」

穂乃果「え!?そうなの!?」

花陽(むぅ...穂乃果ちゃん...私の衣装作り手伝ってよぉ...)ハァ...

穂乃果「花陽ちゃん?」ヒョコ

花陽「ん?なに?」

穂乃果「ため息ついてたけど...何かあった?」

花陽「...身に覚え、ないですか?」

穂乃果「へ?」

花陽「むぅ...もういいですっ」プイッ

穂乃果「え?え?花陽ちゃんなんで怒ってるの?」

320 : 以下、名... - 2017/02/18 19:47:06.83 nKLyTM1a0 239/349

夕方

部室


花陽「海未ちゃぁぁぁん!」

海未「花陽?どうしましたか?」

花陽「むぅぅぅ!」プクー

海未「怒ってるのですか?あ、嫉妬ですか?」

花陽「私は...嫉妬ばっかり...!うぅぅぅ...」

花陽「今日だってことりちゃんと穂乃果ちゃん2人で帰ってるんだよ!!何で!?」

海未「嫉妬してしまうのは自然なことですよ。それほど穂乃果のことが好きと思う花陽の気持ちの表れです」

花陽「そう言っちゃえば綺麗に聞こえるかもしれないけど実際は重いとか思われてるかもしれないんだよ...」

海未「それはないでしょう。穂乃果は花陽のこと大好きですから」

花陽「でも...でもいっつもことりちゃんにくっついてばっかりの穂乃果ちゃんを見ると...」

花陽「本当は海未ちゃんの言う通り嫉妬して欲しいだけなのかな...」

海未「私はそう思いますよ」

321 : 以下、名... - 2017/02/18 19:47:39.25 nKLyTM1a0 240/349



小泉家


花陽「思いきって穂乃果ちゃんに直接聞いちゃおうかな...」

花陽「だってこのままことりちゃんと仲良くしてるの見るなんて耐えられないよ...」

花陽「そもそも嫉妬させて何が楽しいのかな...」

花陽「......送っちゃえっ」


花陽<穂乃果ちゃん、ことりちゃんと仲良くするのはわざとなの?

花陽<私に嫉妬して欲しいだけなの?

322 : 以下、名... - 2017/02/18 19:48:40.63 nKLyTM1a0 241/349


高坂家


穂乃果「...は?なにこれ意味わかんない...」

穂乃果「私わざとしてる訳じゃないのに...!」


穂乃果<わざとなわけないじゃん!

穂乃果<ていうかなんでいつもことりちゃんと話してることだけ怒ってくるの!

穂乃果<ことりちゃん以外の人と喋ってても何も言わないのに!

花陽<だって何回も言ったのに直らないじゃん!穂乃果ちゃんって本当に私のこと好きなの?

花陽<海未ちゃんがわざとなんじゃないかって言ってたんだもん

花陽<実際私と話してる時より楽しそうに話してるじゃん。私にはなかなか穂乃果ちゃんから話しかけてくれないのに

323 : 以下、名... - 2017/02/18 19:49:08.60 nKLyTM1a0 242/349

穂乃果<別に話しかけてないわけじゃないじゃん!ていうか元々そんなに話したりしてないじゃん!

穂乃果<花陽ちゃんだって海未ちゃんとかにこちゃんと話してる時の方が楽しそうだよ!

花陽<そりゃ友達と話してる時は楽しいよ。でも穂乃果ちゃんは友達じゃないから特別じゃん

花陽<私よりことりちゃんの方が魅力的なんでしょ。ことりちゃんの方が頼れるんでしょ

穂乃果<何言ってるの?もう本当に意味わかんないよ!

花陽<そんなにことりちゃんがいいならいっそことりちゃんと付き合えば?

324 : 以下、名... - 2017/02/18 19:49:37.47 nKLyTM1a0 243/349

穂乃果「...は...」

穂乃果「なにそれ...」

穂乃果「なんでそんなこと言うの...」


穂乃果<花陽ちゃんなんか大嫌い


穂乃果「もう花陽ちゃんなんかとメールしない!」バンッ

穂乃果「意味わかんない意味わかんない意味わかんない!!」

穂乃果「なんでこうなるの!しかもまた海未ちゃん...!なんで海未ちゃんの言うことは信じるのに私がわざとじゃないってことは信じてくれないの!?」

穂乃果「花陽ちゃんのバカ...バカぁ...」グスン

穂乃果「バカ...うっ...うぅ...うぇぇぇん...」

325 : 以下、名... - 2017/02/18 19:50:25.03 nKLyTM1a0 244/349

花陽<ごめん。冗談だって

花陽<穂乃果ちゃん?本当にごめん

花陽<ごめんって。ちょっと言いすぎました

花陽<反省してます

花陽<穂乃果ちゃん?

花陽<ごめん...本当に冗談だから間に受けないで


プルルルル


穂乃果「花陽ちゃんからの電話なんて...出てやらないもん...」グスングスン

326 : 以下、名... - 2017/02/18 19:50:54.18 nKLyTM1a0 245/349

<キャンセル

花陽<え...

花陽<ねぇ、本当にごめんなさい!!

花陽<本当に反省してるから!

<キャンセル

花陽<本当にごめんなさい

花陽<本当に反省してます

花陽<2度とあんなこと言わないから

<キャンセル

<キャンセル

花陽<今回は本当にごめんなさい

花陽<穂乃果ちゃん返事して

<キャンセル

<キャンセル

花陽<えー...

花陽<本当にごめんって!

327 : 以下、名... - 2017/02/18 19:51:50.04 nKLyTM1a0 246/349

穂乃果「ぐすっ...花陽ちゃん...こんなに謝るくらいなら最初からあんなこと言わないでよ...」


プルルルル


穂乃果「...」

穂乃果「もしもし...」
翌日

部室


海未「それで仲直りしたのですか...」

穂乃果「うん、仲直りできたから良かったけど...」

穂乃果「海未ちゃん!!」

海未「な、なんですか?」

穂乃果「花陽ちゃんに余計なこと言わないでよ!私がわざとするわけないじゃん!」

海未「い、いえ私は花陽が困ってるようだったので...あくまで可能性の一つとして穂乃果がわざとしてるのではと...」

穂乃果「憶測でそんな事言わないでよ!」

海未「すみません...」


328 : 以下、名... - 2017/02/18 19:52:54.67 nKLyTM1a0 247/349

穂乃果「まったくもう!」プンプン

穂乃果「ライブも近いんだし、花陽ちゃんと喧嘩したくないの!分かった?」

海未「はい...」


海未(私は思ったことを言っただけなのですが...恋愛とは難しいですね...)


穂乃果「そろそろみんな来るけど、この話しみんなには言わないでね?」

海未「分かりました」

穂乃果「はぁ...」

344 : 以下、名... - 2017/02/21 23:32:50.75 E8xJfZez0 248/349

部室



穂乃果「ことりちゃん、大体振り付けはできたから、たまにはこっちにも顔だしてね?」

ことり「うん。ありがとう」

花陽(...なんで話すだけなのにあんなに距離が近いんだろう...)

「花陽ちゃん!ワシワシ~!」ワシッ

花陽「ぴっ!?ぴゃぁぁぁぁ!!」

穂乃果「あ!希ちゃん!こらー!!」

「やーん!穂乃果ちゃんが怒ったぁー!」タタタッ

穂乃果「こらー!逃げるなー!」タタタッ

花陽(穂乃果ちゃん...今のは嫉妬...?)ドキドキ

345 : 以下、名... - 2017/02/21 23:35:05.54 Ssr1QgH30 249/349

音楽室


真姫「うん。完璧ね」

ツバサ「いい曲ねー。歌いたくなる曲だわ」

真姫「ありがとう」

ツバサ「あら?あなたはツンデレキャラじゃなかったのかしら?」クスクス

真姫「な、なによー!たまには素直になってあげてもいいかなって思っただけよ!」

ツバサ「はいはいっちょっと私、あんじゅの方手伝ってくるわ」

真姫「どこにでも行ってきなさいよっ」シッシッ

ツバサ「私の代わりににこを呼んできてあげるわ」

真姫「余計なお世話よー!」

ガラッ

にこ「呼んだ?」

346 : 以下、名... - 2017/02/21 23:36:14.98 Ssr1QgH30 250/349

ツバサ「きゃあ!?」

真姫「に、にこちゃん」

にこ「何よ、人を化物みたいに...」ジトッ

ツバサ「な、ナイスタイミングね。真姫に構ってあげて」

にこ「おーよちよち真姫ちゃーん」ナデナデ

真姫「ばっかじゃない...の...」

ツバサ(あら、照れてる)

にこ「赤くなんないでよこっちが恥ずかしいじゃない...」

ツバサ「...」マガオ

ピシャッ

真姫「なんかものすごく真顔で出ていったわね」

にこ「にこが可愛すぎたのかなぁ...」ハァ...

真姫「...」マガオ

にこ「ちっ...」

真姫「ところでなんでこっち来たの?」

にこ「ん?あーちょっとね。部室空気重くて」

真姫「なんで?」

にこ「あー...」

347 : 以下、名... - 2017/02/21 23:37:01.68 Ssr1QgH30 251/349

部室


穂乃果「...」マガオ

「...すみませんでした」

花陽「もう、穂乃果ちゃんったら...そんな怒らなくても...」モジモジ

穂乃果「...」プクー

(花陽ちゃんめっちゃ嬉しそうやな)

花陽「希ちゃんもそんな悪気があったわけじゃないと思うよ!」

穂乃果「...そうかもだけど...」

(ずっと正座しとったけん足痺れてきた...)

花陽「も、もしかして穂乃果ちゃん...私にそういうことしたかったの...?/////」

「なにどえらいこと聞いとんじゃ!!」

穂乃果「なんてこと言ってるの花陽ちゃん!!」

348 : 以下、名... - 2017/02/21 23:37:53.09 Ssr1QgH30 252/349

花陽「ひっ!?」

穂乃果「希ちゃん?喋っていいって言ってないよ?」

「すんまそん」

穂乃果「花陽ちゃん?そういう話は2人っきりの時にしようね」

花陽「うん...ごめんね?」

穂乃果「花陽ちゃんの可愛さに免じて許すよ」

花陽「やったぁ!」

「あの...うちは許してくれへんの?」

穂乃果「...」ユビパッチン!

ガチャ

絵里「希ー?あなたまたやらかしたのね」

349 : 以下、名... - 2017/02/21 23:38:29.48 Ssr1QgH30 253/349

「絵里ち!助けておくれー!」

絵里「とりあえず生徒会室行きましょう?お仕置きしましょうね」グイグイ

「ひっひぇぇぇぇぇー!!!」ズルズル

ガチャン

穂乃果「はぁ...なんだか疲れたよ...」

花陽「あはは...」

350 : 以下、名... - 2017/02/21 23:41:25.42 Ssr1QgH30 254/349

ガチャ

海未「穂乃果、ライブ前日の宣伝のチラシについてなんですが...」

穂乃果「あ、はいはーい。ちょっと行ってくるね」

花陽「行ってらっしゃい」

ガチャン

花陽(...海未ちゃんタイミング悪いなぁ...)


教室


海未「A学校の生徒とB学校の生徒が違うチラシの案を持ってきたんです」

穂乃果「うんうん。いいじゃん!使おうよ!」

海未「しかしインクや紙が足りなくてーー

穂乃果「どうしようかーーー

海未「先生にーーー

...

穂乃果「じゃあ、これで解決だね」フゥ

351 : 以下、名... - 2017/02/21 23:41:56.49 Ssr1QgH30 255/349

海未「はい、ありがとうごさいました。この後は花陽と一緒に帰るんですか?」

穂乃果「いや、帰り道逆方向だから一緒に帰れないんだよ」

海未「送ったり送られたりしないんですか?」

穂乃果「まぁ、練習の後だと花陽ちゃんもきついでしょ」

ガラッ

ことり「穂乃果ちゃーん帰ろー」

穂乃果「あ、うん!海未ちゃんも一緒に帰ろ」

海未「あ、はい...」

ことり「あっ、ごめん!部室に忘れ物しちゃった!先に行ってて!」タタタッ

穂乃果「はーい」

海未「穂乃果は変わりませんね...」

穂乃果「ん?なに?」

352 : 以下、名... - 2017/02/21 23:42:33.64 Ssr1QgH30 256/349

海未「あまりことりと一緒にいるとまた花陽に嫉妬されますよ」

穂乃果「...だから最近あんまり話さなくなったじゃん」

海未「しかし一緒に帰っているじゃないですか。私はてっきり花陽と穂乃果の2人で帰るものだと思っていたのですが」

穂乃果「海未ちゃんに関係なくない?」

海未「しかし、恋人関係というものは凛の時と同じようにμ'sに影響を及ぼすんですよ」

穂乃果「μ'sが大切なのは分かるけど私だって色々考えてちゃんと行動してるよ!」

海未「ではなぜわざわざ花陽を怒らせるような行動をとるんですか?」

穂乃果「だからわざとじゃないって!」

海未「わざとじゃないにしても色々対策できるところがあるでしょう」

353 : 以下、名... - 2017/02/21 23:43:03.96 Ssr1QgH30 257/349

穂乃果「だからあんまりことりちゃんと必要最低限しか話さなくなったじゃんか!」

ガラッ

ことり「2人とも先行っててって言ったのに~間違えて下駄箱まで行っちゃったよぉ」

穂乃果「...」

海未「...」

ことり「あ、あれ?なにこの空気...」

海未「なんでもありません。さぁ帰りましょう。日が暮れてしまいます」

ことり「うん...穂乃果ちゃん、行こ?」

穂乃果「うん」

354 : 以下、名... - 2017/02/21 23:43:43.68 Ssr1QgH30 258/349



小泉家


花陽<で、海未ちゃんどう思う?

海未<そうですね、それは嫉妬と捉えていいんじゃないでしょうか

花陽<やっぱりそうかな!

海未<希もたまには良いことをするんですね

花陽<あはは...良いことなのかな...?

海未<穂乃果とうまくいっているようで良かったです

海未<凛のときは散々でしたからね

花陽<そうだね

355 : 以下、名... - 2017/02/21 23:44:27.65 Ssr1QgH30 259/349

海未<...私も少し相談してよろしいでしょうか

花陽<どうしたの?

海未<最近穂乃果からジトっとした目つきで見られるんですよね...

海未<この前は怒られてしまいましたし...

花陽<怒られたの!?

花陽(いつもと立場が逆転してる...)

海未<はい...内容までは言えませんが怒られてしまって

海未<穂乃果から嫌われてる?というか距離を置かれてるような...

花陽<うーん、ちょっと穂乃果ちゃんに聞いてみるよ

花陽<海未ちゃんは友達だからね!たとえ穂乃果ちゃんでも許す時と許さない時があるよ!

海未<あの、穂乃果を怒らないで下さいね?私が悪かったので穂乃果を怒らせてしまったので

花陽<うーん、まぁ穂乃果ちゃんに話を聞いてからね

海未<はい。ありがとうごさいます

356 : 以下、名... - 2017/02/21 23:45:21.43 Ssr1QgH30 260/349

高坂家


穂乃果「雪穂~この衣装どう?1着だけ借りてきたよ!」

雪穂「わぁ...可愛い!」

穂乃果「雪穂にサイズ合うかな?」

雪穂「うん!やっぱりことりさん凄いねーこんな衣装まで作れちゃうんだから」

穂乃果「まぁ、留学の話がくる位だからね」

雪穂「スクールアイドルになったら歌とかダンスだけじゃなくて衣装とかも作らなくちゃいけないんだよねー」

穂乃果「頑張ってね!可愛い雪穂の姿ちゃんとビデオに映しとくよ!」

雪穂「だめだめ~!」

穂乃果「あははっじゃあ、また明日ね」

雪穂「うん、おやすみー」

...

穂乃果「あ、メールきてる」

花陽<海未ちゃんと喧嘩したの?

花陽<海未ちゃん悲しんでたよ。穂乃果ちゃんに怒られたって

花陽<最近海未ちゃんに悪い態度とってるらしいね

花陽<いくら穂乃果ちゃんでも私許せるときと許せないときくらいあるよ

穂乃果「...また海未ちゃん!?」

穂乃果「私なにもしてないよ!」

雪穂「オネーチャーン?オオゴエダシテドーシタノー?」

穂乃果「な、なんでもなーい!」

穂乃果「とにかく誤解を解かなくちゃ!」

361 : 以下、名... - 2017/02/22 23:41:29.84 1QEcBN570 261/349

穂乃果<別に喧嘩したわけじゃないんだよ

穂乃果<海未ちゃんが私と花陽ちゃんのことにいちいち口出ししてくるからつい強く言っちゃっただけなの

穂乃果<海未ちゃんに悪い態度とってるつもりもないよ

穂乃果「はぁ...もうなんでこうなるの...」

花陽<海未ちゃんが穂乃果ちゃんに色々言ってくるのは多分私が海未ちゃんに相談したりしてたからだよ

花陽<海未ちゃんは私と穂乃果ちゃんのことだけじゃなくてμ's全体のことを見て穂乃果ちゃんに注意しただけなんだよ

花陽<海未ちゃんを怒るのは間違ってるよ!

穂乃果<花陽ちゃんはなんで海未ちゃんに相談するの?言いたいことがあるならはっきり言えばいいじゃん

穂乃果<いまだにことりちゃんとのことを注意されてさ、私だって変わったじゃん。ほとんどことりちゃんと話さなくなったよ?

362 : 以下、名... - 2017/02/22 23:42:27.90 1QEcBN570 262/349

花陽<話さなくなったって言ってもいざ喋ってたら距離が近いし、わざわざ言わなくていいような話を振ってるよね

穂乃果<花陽ちゃんにとっては話さなくていいことかもしれないけど私とことりちゃんにとっては必要な話なの

花陽<でもいつも一緒帰ってるじゃん。その時に2人で話してるでしょ?

穂乃果<あーもう!同じ仲間なんだから全く話さないとか無理だから!

花陽<全く話すななんて言ってないよ。ただあまり話しすぎるとなんか嫌な気持ちになるから

穂乃果<それ話すなって言ってるようなもんじゃん!

花陽<私はそう言ってないけど穂乃果ちゃんがそう思うなら話さなければいいんじゃない?

穂乃果<はぁ!?もういい加減にしてよ!花陽ちゃんと話してても何も分かってくれない!

363 : 以下、名... - 2017/02/22 23:43:04.49 1QEcBN570 263/349

花陽<穂乃果ちゃんだって言ってることと行動が矛盾してるじゃんか

穂乃果<あーーもういいです

花陽<なに?なんでいきなり投げなりになるの?

穂乃果<花陽ちゃんに説明しても意味無いもん

花陽<私は私なりの意見を言っただけだし

穂乃果<ほら、その時点で自分の考えを突き通すことしか考えてないじゃん

花陽<わかった。じゃあ解決策を考えよう

穂乃果<そんなの意味無いじゃん。ちょっとことりちゃんと話しただけで嫉妬するようだったらね

花陽<わかったじゃあ嫉妬しない。したとしても相談しないし穂乃果ちゃんにも言わない。
これでいいね?

穂乃果<どうせ無理じゃん。すぐ海未ちゃんを頼るんでしょ?

穂乃果<花陽ちゃんって海未ちゃんの言うことはすぐ信じるのに私の言うことは全然信じてくれないよね

364 : 以下、名... - 2017/02/22 23:43:35.66 1QEcBN570 264/349

花陽<そんなことない

穂乃果<あるから言ってんの

花陽<はぁ...話が進まないよ

穂乃果<あーそうだね

穂乃果<ていうかそんなに嫉妬するなら花陽ちゃんが自分で行動すればいいじゃん

花陽<穂乃果ちゃんが嫌がりそうだもん

穂乃果<なんでそう思うわけ?好きな人からされて嫌な事とかないからね?

花陽<でも嫉妬したら嫌みたいに言ってたじゃん

穂乃果<嫉妬が嫌とか言ってないよ!むしろ好きな人から嫉妬されるって嬉しいし!

花陽<じゃあ、私がしたいようにしても文句言わない?

穂乃果<言いません。はい、これでいいでしょ

365 : 以下、名... - 2017/02/22 23:44:06.78 1QEcBN570 265/349

花陽<じゃあ、毎日一緒帰ろ?

花陽<それに、練習中でももっと一緒に話したいし2人でデートとかもしたい

穂乃果<お安い御用だよ!それをもっと早く言ってよ!

花陽<確かに早く言えば良かったね。ごめんね

穂乃果<うん。じゃあ、この話は終わりでいいね

花陽<うん。明日から穂乃果ちゃんの家まで送るよ

穂乃果<わかった!ありがとう!

花陽<じゃあ、また明日ね。おやすみ

穂乃果<おやすみなさい

穂乃果「もう散々だよ!海未ちゃん海未ちゃんって海未ちゃん出てきすぎだよ!」

穂乃果「結果的に良い方向に転がったけど...でもなんかむしゃくしゃするよ~!」

穂乃果「もう寝よ!」

366 : 以下、名... - 2017/02/22 23:44:37.41 1QEcBN570 266/349

翌日


穂乃果「よーし!今日はライブ前日追い込み宣伝だー!!」

にこ「屋台も出すわよ!」

真姫「風船たくさん作るわ」

海未「とりゃぁぁぁぁぁ!!」バシッ

にこ「これ...本当にかけるつもりなの!?」

沸愛

ことり「海未ちゃんかっこいいー!」

花陽「明日ライブやりまーす!皆さん参加して下さーい!」

穂乃果「みんなー!ライブ参加してねー!」

あんじゅ「気合十分ねぇ」

英玲奈「元気な奴らだ」

ツバサ「私達も負けないわよ!」

367 : 以下、名... - 2017/02/22 23:45:13.80 1QEcBN570 267/349

......

穂乃果「皆さんお疲れ様でした!」

海未「穂乃果、そろそろ...」

ことり「穂乃果ちゃん頑張って」

穂乃果「うん...」

「ヨーシ!A-RISEμ'sニツイテイクゾー!」「アシタガンバロー!」

穂乃果「あの...!私達、みんなに伝えなきゃならないことがあるの!」

穂乃果「私達ーーー...

...

花陽「穂乃果ちゃん、帰ろう」

穂乃果「うん...」

花陽「手繋いでいい?」

穂乃果「うん」ギュッ

花陽「今落ち込んでたらダメだよ。μ'sは終わる、それはみんなで決めたことなんだから後悔なんてない筈だよ」

穂乃果「うん...後悔とかじゃないの。A-RISEも言ってたけど...やっぱりなくなるのは悲しいの」

368 : 以下、名... - 2017/02/22 23:46:10.01 1QEcBN570 268/349

花陽「そっか...」

穂乃果「これ以上は泣きそうだからやめとく...」

花陽「そうだね。女の子の涙は幸せなときに流すものだからね」

穂乃果「ふふっ...花陽ちゃんかっこいいこと言うね」

花陽「そうかな?でも本当に穂乃果ちゃんには笑顔が似合ってるよ」

穂乃果「ありがとう」チュッ

花陽「!!」

穂乃果「えへへっ」

花陽「穂乃果ちゃんこそかっこいいよ...」

穂乃果「いつも花陽ちゃんにいじめられるもーん」

369 : 以下、名... - 2017/02/22 23:47:33.73 1QEcBN570 269/349

花陽「えいっ」チュッ

穂乃果「んっ!ん...んん...」

花陽「ちゅ...ん...」

穂乃果「はぁ...花陽ちゃんのキスは長すぎる...」

花陽「息止めなくていいって言ってるのに」

穂乃果「恥ずかしいのー」

花陽「恥ずかしがってる穂乃果ちゃんも可愛いよ♪」

穂乃果「もう...///」

370 : 以下、名... - 2017/02/22 23:48:01.14 1QEcBN570 270/349

矢澤家


にこ<ダメ元だったから当たり前よ

真姫<そう...あっちでの話は楽しそうに聞いてくれたんだけど...

にこ<あんたに気を使ったのかもね

真姫<そうだったら悪いことをしちゃったわ...

にこ<ま、あんただけでも仲良くやれてて良かったわ

にこ<完全に孤立するなんて可哀想すぎるし

真姫<明日のライブは一応来てくれるらしいわ

にこ<そうなの?意外ね

真姫<でも遠くから見るだけだって。今の私達を見るだけって

にこ<あの時あれだけ怒った私が言うのもなんだけど、μ'sがまた9人にならないかな...なんてたまに思っちゃうわ

真姫<そうね...前はみんな仲良しだったもの

にこ<原因は...なんて考えちゃダメね。どっちにしろ、もう私達の活動は終わるんだし

真姫<そうね...

371 : 以下、名... - 2017/02/22 23:48:29.89 1QEcBN570 271/349

翌日


穂乃果「おっはよー!」

海未「おはようございます」

ことり「おはよ~」

海未「昨日は良く眠れましたか?」

穂乃果「うん!もうバッチリ!」

穂乃果(花陽ちゃんにいっぱいキスしてもらったから充電もバッチリ...///)ニヘ

ことり(花陽ちゃんのこと考えてる時の穂乃果ちゃんって分かりやすいなぁ)


絵里「よーしUTXまで競走!負けた人ジュースおごり!」

「負けへんよー!」タタタッ

ことり「待ってぇー!」タタタッ

372 : 以下、名... - 2017/02/22 23:48:57.88 1QEcBN570 272/349

穂乃果「...」

穂乃果「...」タタタッ!

飛べるよ

いつだってとべる!

あの頃のように!

絵里「穂乃果!」

穂乃果「...!!」

穂乃果「みんな!いよいよ本番です!今の私達ならなんだってやれる!どんな夢だって叶えられる!」

穂乃果「伝えよう!スクールアイドルの素晴らしさを!」


タノシイネコンナユメ
ソレガハジマリノアイズ
ウケトメテアーゲールココデー
モートモートシッテホシクナルヨナルヨ
サニデイソン!サニデイソン!
アシターヘノーキターイガー
サニデーソーンソンパワー

373 : 以下、名... - 2017/02/22 23:54:35.15 1QEcBN570 273/349

「...どうして」

「凛はあの場に立ってないの...」

「穂乃果ちゃんの...穂乃果ちゃんのせいなのに...!!」

「なんで笑っていられるの...!」

「凛の居場所を...返して...」


穂乃果「みんなありがとー!!」

「キャー!ホノカサーン!」「μ'sダイスキー!」
「アンコール!アンコール!」


「どうして凛は...声援をもらえないの...」

「ネェ、アソコニイルノモトμ'sのメンバーノヒトジャナイ?」ヒソヒソ

「...!」タタタッ


「...はぁはぁ...」

「なんで凛が...!」ギリッ

「穂乃果ちゃんなんて...嫌い...!!」

377 : 以下、名... - 2017/02/25 22:55:42.84 o8bqUsZu0 274/349

翌日

部室


穂乃果「ライブ成功して良かったね!」

にこ「なんだか肩の荷が降りたって感じだわ」

「お疲れ~」

絵里「まだ終わってないわよ!」

花陽「はい!連絡が来ました。ドーム大会...」

真姫「どうだったの...?」

花陽「決定しました!ドーム大会開催決定!!」

全員「やったー!!」

にこ「やったわね!」

ことり「すごいね!すごいねぇ!!」

海未「私達の力ですね!」

378 : 以下、名... - 2017/02/25 22:56:18.77 o8bqUsZu0 275/349

「じゃあ、またドームに向けて練習やね」

真姫「あの...」

穂乃果「真姫ちゃんどうしたの?」

真姫「ドームではあの曲を使いたいんだけど...」

花陽「そうだね!私達の最後の曲にふさわしいよ!」

海未「歌詞も大体できてます」

ことり「衣装は型は作っておいたよ!」

穂乃果「ほぇーみんな準備がいいんだねー」

絵里「みんなドームに行けるって確信してたのよ」

穂乃果「なるほど!」

絵里「ドームまで日もないし、さっそく練習始めましょうか」

穂乃果「そうだね!よーし!練習だー!」

全員「おー!」

379 : 以下、名... - 2017/02/25 22:56:52.98 o8bqUsZu0 276/349

夕方


「ふぅ...結構ハードな練習やったね」

絵里「本当に数日しか練習時間がないもの。仕方ないわ」

にこ「さっさと帰って、疲れを落としましょー」

「じゃあ、うちらは先に帰るね。ばいばーい」

海未「失礼します」

花陽「また明日ね」

穂乃果「ばいばーい」

真姫「私も今日は迎えが来てるから先に帰るわ。また、明日」

穂乃果「いいなぁ車ー」

真姫「恋人と一緒に帰れる方が嬉しいでしょう」

穂乃果「...えへへ///」

ことり「ばいばいっ」

海未「では私とことりも帰りますね」

ことり「また明日ね!」

穂乃果「うん!」

花陽「私達も帰ろっか」

穂乃果「そうだね」

380 : 以下、名... - 2017/02/25 22:57:31.04 o8bqUsZu0 277/349

帰り道


穂乃果「はぁ...疲れたねぇ」

花陽「穂乃果ちゃんちょっとバテ気味?」

穂乃果「まぁ、ちょっとね。ライブ続きだから練習もハードだったしねー」

花陽「でも嬉しいよね!私達にいっぱいファンができて、大会に力を貸すまでになるなんて...」

穂乃果「なんだかまだ夢見てるみたいだよ」アハハ

花陽「私もだよー現実味がないもん」

穂乃果「はぁ...」

花陽「ふぅ...」

穂乃果「今話すことじゃないかもしれないけどさ、最近喧嘩すること増えたよね」

花陽「...そうだね」

穂乃果「あんまりしたくないんだけどね...」

花陽「なんで喧嘩しちゃうのかな」

381 : 以下、名... - 2017/02/25 22:58:08.11 o8bqUsZu0 278/349

穂乃果「私達って意外と意見がすれ違っちゃうよね」

花陽「そうだね...」

穂乃果「でも最近の喧嘩は別に私も花陽ちゃんも悪くないよね?」

花陽「...?どういうこと?」

穂乃果「だってほとんど海未ちゃんが口出ししてくるから喧嘩になってたよね」

花陽「へ...?」

穂乃果「海未ちゃんが私がわざとことりちゃんに近づいてるとか...そんなわけないのに。言いがかりつけすぎだよ」

穂乃果「いくら花陽ちゃんが相談してきたからって怒ってくることないじゃんね。それで逆に花陽ちゃんに相談して悪者にされる私のことも考えて欲しいよ」

花陽「穂乃果ちゃん...そんなこと思ってたの?」

穂乃果「だって事実でしょ?海未ちゃんが横から入って来なければ私達は喧嘩なんてしなかった」

382 : 以下、名... - 2017/02/25 22:58:34.69 o8bqUsZu0 279/349

花陽「酷い...」

穂乃果「え?」

花陽「海未ちゃんを悪く言わないで!」

穂乃果「え?えぇ?」

花陽「なんで海未ちゃんのこと悪く言うの?海未ちゃんは私達のためにアドバイスをしてくれただけなんだよ」

花陽「なんで海未ちゃんの優しさが分かんないの?穂乃果ちゃん幼なじみじゃないの?」

穂乃果「なんでそんな言われなくちゃいけないの。花陽ちゃんは海未ちゃんの意見を鵜呑みにしすぎだよ!」

花陽「全部納得して鵜呑みにしてるわけじゃないよ。私だって海未ちゃんの意見を聴いて、私も考えて納得した上で穂乃果ちゃんに話してるんだよ」

383 : 以下、名... - 2017/02/25 22:59:05.11 o8bqUsZu0 280/349

穂乃果「海未ちゃんの言葉を信じる花陽ちゃんも花陽ちゃんだよね。ことりちゃんに嫉妬するのは分かるけどわざととか...そんなに私のこと信用してくれてなかったんだ」

花陽「そういうわけじゃないよ。だって穂乃果ちゃんとことりちゃん仲良すぎるからもしかしたらって思っただけだもん」

穂乃果「ていうか全部海未ちゃんが余計なこと言わなかったら良かっただけの話でしょ」

花陽「なんでそんな海未ちゃんの悪口言うの!」

穂乃果「悪口じゃないよ!愚痴だよ!」

花陽「変わらないじゃん!」

穂乃果「じゃあ何?花陽ちゃんは喧嘩して良かったって思ってるんだ?」

花陽「そういうわけじゃないってば!」

穂乃果「原因を考えたら海未ちゃんだったってだけじゃん!なんで私が悪いみたいになるの?」

花陽「だから海未ちゃんは悪くないって!海未ちゃんは海未ちゃんなりの考えがあったから言っただけじゃん!」

384 : 以下、名... - 2017/02/25 22:59:31.63 o8bqUsZu0 281/349

穂乃果「なんで花陽ちゃんはいつも海未ちゃん海未ちゃんって...!そんなに海未ちゃんがいい!?私より海未ちゃんを信用するくらいだもんね!」

花陽「別に穂乃果ちゃんのことを信じてないわけじゃなくて、海未ちゃんの意見をちょっと信じただけだって!」

穂乃果「もういいよ!私帰るから!」

花陽「待ってよ!話終わってないよ!そうやって話の途中で逃げるのやめたら!?」

穂乃果「はぁ!?余計なお世話だから!ていうか逃げてないし!今花陽ちゃんと話してても意味無いもん!」

穂乃果「本当に帰るから!じゃあね!」タタタッ

花陽「気をつけて帰ってよね!」

389 : 以下、名... - 2017/02/28 16:55:11.78 zsHuKFir0 282/349

高坂家


穂乃果「なんで花陽ちゃん分かんないんだろう。海未ちゃんのことばっかり信じてさ...」

穂乃果「...でもちょっと言いすぎたな...」

穂乃果「花陽ちゃんが友達のこと大切にする人って知ってるのに悪いこと言ったな...」


穂乃果<花陽ちゃん、さっきはごめん

穂乃果<ちょっと冷静になって考えたけど言いすぎた。ごめん

花陽<2度と言わないでね

花陽<言うなら私以外の人にして

穂乃果<つい出ちゃうんだもん

穂乃果<花陽ちゃんがいつも海未ちゃん海未ちゃんって言うから花陽ちゃんに海未ちゃんの意見が間違ってるってこと分からせなきゃ喧嘩は終わらなかったでしょ?

花陽<そんなに嫌なら本人に言えばいいじゃん

穂乃果<言ったことあるよ

390 : 以下、名... - 2017/02/28 16:55:49.88 zsHuKFir0 283/349

花陽<愚痴言われて良い気分になると思う?ましてや友達の愚痴なんて

穂乃果<海未ちゃんのことは言われても仕方ないって思ってほしいな

花陽<仕方ない愚痴なんてない

穂乃果<海未ちゃんって花陽ちゃんに色々言うからものすごく私迷惑してるんですよね

穂乃果<花陽ちゃんが海未ちゃんの考えに乗るのもすごく迷惑

花陽<だったらそれは私のせいだから。海未ちゃんは悪くない

穂乃果<海未ちゃんの考えのせいね

花陽<海未ちゃんは考えちゃいけないの?

穂乃果<憶測で予想つけて、決めつけて、いちいちその臆測を説明して、花陽ちゃんに信じ込ませて

穂乃果<超絶迷惑

花陽<私が正しいと思ったからそうしてるだけじゃん。海未ちゃんは関係ない

391 : 以下、名... - 2017/02/28 16:56:22.70 zsHuKFir0 284/349

穂乃果<そして一度決めつけたら絶対違うそんなことない、お前らは絶対こうだって

穂乃果<その考えに私が今までどれだけ迷惑してきたことか

花陽<もういい。今度言ったら別れるから

穂乃果<別に言う気ないし

花陽<つい言ったじゃ済まされないからね

穂乃果<海未ちゃん海未ちゃんってうるさいなぁ花陽ちゃんって本当に私のこと全然考えてないよね

穂乃果<何をするにも海未ちゃんが優先。私の気持ちはお構い無し

花陽<そんなに言うならさっきなんで謝ったわけ?

穂乃果<海未ちゃんのことを言ったのを謝ったんじゃないよ。花陽ちゃんに酷いことを言いすぎたことを謝ったの

花陽<はぁ...普通は悪かったって思うはずなんだけど

穂乃果<そう言えるのは花陽ちゃんが海未ちゃんのこと大好きだからだもんねー

花陽<なに?その海未ちゃん大好きだもんねって

392 : 以下、名... - 2017/02/28 16:56:55.74 zsHuKFir0 285/349

穂乃果<事実でしょ?

花陽<なに、別れたいの?別れたいからわざと言ってるの?

穂乃果<あーそういう決めつけね。その決めつけになんど悩まされたことか

花陽<もういい。今日の穂乃果ちゃんは正直うざい

花陽<言いたいことがあるなら明日言って

穂乃果<人にはすぐ逃げるって言うくせに自分だって人のこと言えないじゃん

花陽<もういいから。じゃあね

穂乃果<はいはい


穂乃果「なんで分かんないかなぁ!あ~もう!」

穂乃果「花陽ちゃんは海未ちゃんのこと信じ過ぎだよ!なんなのもう!!」

穂乃果「あぁもう~~!!!イライラする!!」



小泉家


花陽「もうなんなの!言いたい放題言ってあげく海未ちゃんには悪いと思ってないとか!!」

花陽「μ'sのリーダー失格だよ!!」

花陽「海未ちゃん海未ちゃん言ってるのは穂乃果ちゃんじゃん!」

花陽「はぁ...もうイライラする!!!」

393 : 以下、名... - 2017/02/28 17:11:42.02 zsHuKFir0 286/349

翌日

練習中


穂乃果「...」

花陽「...」

絵里(なにこの2人...今日全然喋らないじゃない...)

穂乃果「ことりちゃん、一緒にストレッチしよう」

ことり「え...でも...」

穂乃果「ほら、早くしよ?」

ことり「う、うん...」

花陽「...」

海未「花陽、ストレッチしますよ」

花陽「あ、うん」

穂乃果(あーほら、そうやって仲良さそーにストレッチするよねー)チッ

ことり(穂乃果ちゃん...舌打ちした...?)


...


絵里「じゃ、今日はここまで!」

真姫「じゃあ、また明日」

「ばいばーい」

穂乃果「ねぇ、花陽ちゃん」

花陽「なに?」

穂乃果「今日どうするの?一緒帰るの?」

花陽「そっちが決めていいよ」

穂乃果「はぁ?はぁ...もういい私帰るから」タタタッ

にこ「ちょっと花陽、あんたたち喧嘩でもしたの?」

花陽「まぁ、そんなところ。私ももう帰るね」タタタッ

海未「何があったのでしょうか...」

394 : 以下、名... - 2017/02/28 17:12:10.16 zsHuKFir0 287/349

高坂家


穂乃果「どうしようかな...花陽ちゃんにメールしようかな...」

穂乃果「でも花陽ちゃん話したくなさそうだしなぁ...」

穂乃果「でもこのままじゃずっと喧嘩したままだし...もう全部謝っちゃおうかな...」

穂乃果「さすがに別れるってことはないと思うけど花陽ちゃん本当に怒ってたしなぁ...」

穂乃果「...」


穂乃果<まだ話したくない?


穂乃果「返信見たくないし後にしよ...」

雪穂「オネーチャーン!モウスグユウハンダヨー!」

穂乃果「はーい!」パタパタ

396 : 以下、名... - 2017/03/02 19:08:21.89 oeTqbJy20 288/349

数分後



穂乃果「ふぅ...お腹いっぱい♪」

穂乃果「...あっ、メールきてる...」


花陽<わからない


穂乃果「わからないってなに...?」


穂乃果<ごめん。まだ話したくないみたいだね

穂乃果<しばらく話し掛けないから

花陽<2度と喋らないの?

穂乃果<そんなこと言ってないけど

花陽<あっそ。じゃあね

穂乃果<ほら機嫌悪くなったじゃん

花陽<なんで分かんないって言っただけで機嫌悪いってなるの?意味わかんない

397 : 以下、名... - 2017/03/02 19:09:38.73 oeTqbJy20 289/349

穂乃果<私は話す気あるけど、花陽ちゃんが機嫌悪くなるなら話さない

花陽<私はわからないって言っただけだから。思い込んだのは穂乃果ちゃんだからね

穂乃果<結局花陽ちゃんは話す気ないみたいだね

花陽<わからないって言っただけなのに話す気とか意味わかんない。もういい。そういうのめんどくさいよ

穂乃果<やっぱり今日は話しかけるべきじゃなかったね

花陽<結局そこに戻るの?じゃあ、もう話さないの?

穂乃果<仕方ないじゃん。花陽ちゃんのせいだよ

穂乃果<話しかけたら冷たい言葉しか返ってこないなんて...死にたくなるよ

花陽<穂乃果ちゃんから話しかける気ないならそれでいいけど、2度と話さないなら別れる

穂乃果<なにそれ...知らないよもう...花陽ちゃん自分勝手だよ...

花陽<別れないの?

穂乃果<別れたいわけないじゃん

398 : 以下、名... - 2017/03/02 19:10:08.89 oeTqbJy20 290/349

花陽<私のせいで死にたくなるんでしょ?なら責任とって別れるけど

穂乃果<もういい。もういい。

穂乃果<ごめんなさい

花陽<穂乃果ちゃんにとって私に話しかける=死にたくなるなら別れる

花陽<話す気もないなら別れる

穂乃果<別れる別れるって花陽ちゃん自分勝手

花陽<そうかな。穂乃果ちゃんのことを思って言ったんだけど

穂乃果<じゃあ、もういいよ。全部謝るよ

穂乃果<昨日言ったこと全部撤回する

花陽<いいって

穂乃果<海未ちゃんとこれからも仲良くしてください

穂乃果<海未ちゃんに相談するのもいいと思います

花陽<なに?いきなり

穂乃果<海未ちゃんのこと悪く言ったりしないから。ちゃんと友達だから

399 : 以下、名... - 2017/03/02 19:11:14.83 oeTqbJy20 291/349

穂乃果<花陽ちゃんが嫌なことしない。もう何も言わないから

花陽<だからね、これ以上穂乃果ちゃんが傷つかないように別れようって言ってるの

穂乃果<別れるくらいなら死んだ方がマシだよ

花陽<無理に謝らなくていいから

穂乃果<無理に謝ってるわけじゃない

花陽<いや、昨日あれだけ言ったよね?しかも私に話しかけたら死にたくなるんでしょ?

花陽<だったら別れるのが1番最善策だと思うんだけど

花陽<死にたくなるような思いさせたくないしね

...

花陽<あれ?穂乃果ちゃん?

花陽<はぁ...そうやって逃げるの?

穂乃果<諦める

花陽<諦める?どういうこと?

穂乃果<昨日のこと謝ってもダメみたいだし、花陽ちゃんの頭には別れることしか考えてないみたいだし、どう考えても今回のことは私が悪いんだし

穂乃果<何言ってももうダメなら、全部諦めるから

400 : 以下、名... - 2017/03/02 19:12:11.59 oeTqbJy20 292/349

花陽<別に謝って欲しいわけじゃないんだけど

花陽<私がさ、穂乃果ちゃんに死んでほしい思いなんてさせたいと思う?

穂乃果<だったら花陽ちゃんから話しかけてよ

花陽<ごめんけど無理

穂乃果<また自分勝手

穂乃果<私が別れる方が死にたくなるって言ったことはそんなに重要じゃなかったんだね...

花陽<そういうことじゃない

花陽<私まだ怒ってるよ

穂乃果<うん

401 : 以下、名... - 2017/03/02 19:13:02.02 oeTqbJy20 293/349

花陽<昨日の事謝ってくれたのに怒ってる

穂乃果<分かってる

花陽<穂乃果ちゃんを捨てて、海未ちゃんを守った

穂乃果<うん

花陽<穂乃果ちゃんに、私にとって恋人なんて所詮友達以下なんだと思わせるには十分なことをした

花陽<でもはっきり言うね

花陽<友達の悪口を言う奴は恋人でも容赦しない

花陽<恋人としてではなく、人として許さない

穂乃果<うん

花陽<でも恋人を捨てたのは本当に悪かった

花陽<だからしばらく、距離を置こう

403 : 以下、名... - 2017/03/03 22:52:48.98 w/4tiquL0 294/349

数日後


絵里「今まで長かったわー」

「これでうちらも完璧にやり残した事はないね」

にこ「ま、少しは寂しい気もするけど」

海未「にこがそんなことを言うなんて珍しいですね」

ことり「でもでも、本当にちょっとは寂しいよね」

真姫「別に会いに来ようと思えばいつでも来れるでしょー?」

花陽「そんなこと言って、本当は寂しいんだよね。真姫ちゃん」

「凛には真姫ちゃんの気持ちが手に取るように分かるにゃー」

穂乃果「...もうすぐ始まるよ」

404 : 以下、名... - 2017/03/03 22:53:22.85 w/4tiquL0 295/349


...


数日前


真姫「お願いがあるの!」

にこ「真姫が頭下げるなんて珍しいわね」

ことり「どうしたの?」

真姫「言っていいのかものすごく悩んだど...やっぱり、最後のステージは9人で歌いたいの!」

絵里「真姫...」

真姫「凛にも話をつけてきたわ。凛は運動神経がいいからダンスにもすぐ追いつけると思うし...」

ことり「...実は私凛ちゃんの衣装作ってたんだ」

「そうだったん?」

ことり「うん...でも私もなかなかみんなに言い出せなくて...」

405 : 以下、名... - 2017/03/03 22:53:53.71 w/4tiquL0 296/349

真姫「その...穂乃果と花陽には悪いけど...最後だし、ちょっとだけだから...」

花陽「私はいいよ。全然気にしない」

穂乃果「...」

海未「穂乃果は嫌ですか?」

穂乃果「ううん。私もいいよ」

真姫「そう...!良かったわ」ホッ

にこ「それで凛はいつから来るの?今すぐにでも練習始めないとさすが...」

ガチャ

「うん。じゃあ練習しようよ」

海未「そうですね。では屋上に行きましょう」

絵里「今日はまずストレッチからやりましょう。その後発声ね」

「え?みんなスルー?」

ことり「え?」

「ん?」

海未「きゃあ!!凛!いつ来たんですか!?」

「気づいてなかったの!?」

絵里「あまりにも淡々と話を進めるから海未のそういうノリかと思ったわ...」

「みんな気づいてないんかと思ったー」

穂乃果「じゃあ、練習行こう」

406 : 以下、名... - 2017/03/03 22:54:31.93 w/4tiquL0 297/349

練習中


「うぅ...ん...やっぱりちょっと硬くなってる...」

花陽「大丈夫だよ。凛ちゃんは元がいいから」

「そうかにゃ?でもすぐ追いつくよ!」

花陽「その意気だよ凛ちゃん!」

穂乃果(なるほどね...私と花陽ちゃんがもうすぐ別れるって思ってるから凛ちゃんも花陽ちゃんも躊躇いなく話せるんだ)

穂乃果(そして...)

海未「にこ、もう少し体を前に倒せませんか?」

にこ「ぐっぬぬぬぬ...」

海未「体...固くなってませんか?」

にこ「うぅ...最近家事が忙しくてストレッチしてなかったわ...」

「絵里ちは手伝わんでも1人でできてる...」

絵里「ま、元バレリーナだから」ドヤァ

真姫「...バレリーナってそんなドヤ顔するの?」

「絵里ちはほっといて、真姫ちゃんやろー」

真姫「えぇ。絵里は1人でできるものね」

絵里「え...1人は嫌よ...」

穂乃果(ははっ...みんな...あからさまに態度が変わった)

ことり「穂乃果ちゃん...」

穂乃果「あ、ことりちゃん手伝おうか?」

ことり「あ、うん!背中押してくれる?」

穂乃果「うん」


穂乃果(花陽ちゃんと距離を置き始めてすぐ、みんなの様子が変わった)

穂乃果(...私、このまま恋も友情も失ってしまうのかな...)

407 : 以下、名... - 2017/03/03 22:55:07.44 w/4tiquL0 298/349



...


穂乃果「じゃあ、みんないくよ」

穂乃果「1!」

海未「2!」

ことり「3!」

真姫「4!」

「5!」

花陽「6!」

にこ「7!」

「8!」

絵里「9!」

穂乃果「μ's!!」

全員「μ’sic ースタートー!!」


アァーホノカナーヨーカンカラーハジマリ
アーノゾミガーホーシーゾラー
ハーナヲーサーカセールーニッコーリエーガオーハ
コートリノーツバサガツイニーオオキクナーテー
トークヘトーヒロガルウミノー
エノヨウナンダーセーツナクテー
トキヲーマーキモードーシ-テー

イマガサイコー!

408 : 以下、名... - 2017/03/04 01:31:11.44 vood+38L0 299/349

翌日


ピロンッ

穂乃果「なに...もー昨日の今日で疲れてるのにメール...?」


にこ<バカ


穂乃果「...」


穂乃果<え?なに?

にこ<ごめん!凛が勝手に携帯いじってた!

穂乃果<え?なに、どういうこと?

にこ<早くかよちんと別れて


穂乃果「え...なに...?なにこれ...」

409 : 以下、名... - 2017/03/04 01:31:48.47 vood+38L0 300/349

穂乃果<なんで?

にこ<穂乃果ちゃんは人をダメにする


穂乃果「なに...やめて...どういうこと...」


にこ<ごめん...凛が...

にこ<あのー花陽です

穂乃果<え?みんな一緒にいるの?

にこ<うん


穂乃果「待って...私何も聞いてないよ...」

穂乃果「私...呼ばれてない...?」


にこ<ごめん、全部無視していいから

穂乃果<え?なんで凛ちゃんがにこちゃんの携帯使ってるの?

にこ<凛ちゃんはWi-Fiがないと使えないから

410 : 以下、名... - 2017/03/04 01:32:25.70 vood+38L0 301/349

穂乃果<みんな今日集まってたんだ

にこ<うん、とりあえずこの携帯ブロックしといて

にこ<夜メールするね


穂乃果「え...?ちょっと待ってよ...」

穂乃果「なんで...私μ'sのリーダー...なの...に...」ポロポロ

穂乃果「私...海未ちゃんに頼りっぱなしだったから...リーダー失格だ...」

穂乃果「私は...人をダメにする...」

穂乃果「私は...人を...ダメに...凛ちゃんをダメにした...」

穂乃果「うっ...うぅ...うぇぇぇん...」グスングスン

411 : 以下、名... - 2017/03/04 01:32:51.82 vood+38L0 302/349



高坂家


穂乃果「μ'sは...綺麗に終わることができなかったな...みんなを悪い方向に導いたのは私だ...」

穂乃果「みんなに...嫌われたのかな...?」


花陽<穂乃果ちゃん


穂乃果「は、花陽ちゃん...」


花陽<今日は本当にごめん...変なメールとかいっぱい送られてきてたよね...

穂乃果<いや、全然気にしてないよー


穂乃果「花陽ちゃんには...嫌われないようにしなくちゃ...」

412 : 以下、名... - 2017/03/04 01:33:23.39 vood+38L0 303/349

花陽<ごめんね...その場にいなかった穂乃果ちゃんは関係ないのに...

穂乃果<なんか変な話しでもしてたの?

花陽<まぁ...早く別れた方がいいとかは言われたけど...

穂乃果<えっと...それってみんなから?

花陽<ううん、凛ちゃんだけ


穂乃果「よかった...みんなからそんなこと思われてたら心が折れるところだったよ...」


花陽<あのさ、確かめたいことがあるんだけど...

穂乃果<なに?

花陽<怒らないから正直に話してほしいんだけど、私が初めてのキスの相手じゃないよね?

穂乃果<え?いや、初めてだよ

花陽<正直に言って?

穂乃果<いや、本当に

413 : 以下、名... - 2017/03/04 01:33:51.97 vood+38L0 304/349

花陽<うーん、凛ちゃんとしたよね?

穂乃果<いや、してないし

花陽<話が違うんだけどなぁ

穂乃果<いや、もういいよ。どうせこういう話の時は私のこと信用してもらえないから

花陽<いや、あのね、海未ちゃんと私は凛ちゃんに穂乃果ちゃんとキスしたって話を聞いたんだよね

花陽<だから穂乃果ちゃんと言ってることが違うんだけど…本当にしてないの?

穂乃果<してない

穂乃果<信じられないなら信じなくていいよ。疑うだけ疑えば

花陽<まぁ、いいや

穂乃果<ほんとなんでそんな人を疑えるの?本当にそういうの無理

花陽<これで分かったでしょ、私のこと

花陽<これで私のこと嫌いになったよね

花陽<別れよう

414 : 以下、名... - 2017/03/04 01:37:13.05 y/MRYjkp0 305/349

穂乃果<別に嫌いになったとか言ってないじゃん

穂乃果<もうこの話やめよう

穂乃果<私、別れ話をしたいわけじゃないから

花陽<あっそ、じゃあね

穂乃果<こういう話するなら直接がいい

花陽<はいはい。じゃあね


穂乃果「あはは...これ...もう無理じゃん...花陽ちゃん...私のことなんか全然好きじゃなくなってる...」ポロポロ

穂乃果「あはは...あははは...」ポロポロ

穂乃果「嫌われないように...しないと...どうにかしないと...」

穂乃果「一人ぼっちは嫌...」

穂乃果「一人ぼっちは嫌...」グスン

419 : 以下、名... - 2017/03/06 20:54:18.14 ivj0azBD0 306/349

翌日


穂乃果「...なんで...」


海未<もう誰もあなたに興味ありませんから。構って頂戴はやめたらどうですか?


にこ<いつまでもあんたに構ってる暇ないからw


穂乃果「...どうして...」


絵里<あなた最低よ。仲間に暴言を吐くなんて軽蔑するわ


<うちらはもう卒業するからええけど、1年生とことりちゃん、海未ちゃんにはあんまり関わらんでな


穂乃果「嫌だ...」


真姫<よくもまぁ、自分の代わりに頑張ってくれてた人に蔑みの言葉をかけられるものね


穂乃果「どういうこと...」


<全部穂乃果ちゃんのせいだ


穂乃果「嫌ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

420 : 以下、名... - 2017/03/06 20:55:26.02 ivj0azBD0 307/349

穂乃果(違う、違う、分かってたんだ。分かってた。全部私のせいだって)

穂乃果(だって、私が凛ちゃんの気持ちを弄んだから。花陽ちゃんのことを好きになったから。μ'sを壊したから)

穂乃果(私は最初から間違えてたの。分かってた。分かってた。分かってた)

穂乃果(でも、なんで。なんで、みんなが)

穂乃果(花陽ちゃんがみんなに言った?海未ちゃんの愚痴のことを?なんで?嫌いだから?)

穂乃果(私、嫌われてるから?なんで?なんで?)


ピロンッ



穂乃果「...だ...れ...」



花陽<話したいことがあるんだけど



穂乃果「花陽ちゃん...助けて...」



穂乃果<なに?


花陽<最近ね、穂乃果ちゃんがことりちゃんと一緒にいても、一緒にストレッチしてても嫉妬しなくなったんだ

花陽<好きかどうか分からなくなっちゃった



穂乃果「そんな...花陽ちゃんまで...私を一人にするの...?」

421 : 以下、名... - 2017/03/06 20:56:08.58 ivj0azBD0 308/349

穂乃果<嫌だ。別れたくない

穂乃果<たくさん約束したのに。結婚するって言ってくれたのに。キスもしたのに

花陽<そう言われても分かんないものは分かんないから...

穂乃果<きっとただの倦怠期だから。だから、まだ待ってよ

花陽<別に好きでいてくれてもいいんだけど、このままじゃダメだと思うから別れよう

穂乃果<待ってよ待ってよ。まだ別れたくない

穂乃果<お願い。この話直接したい。メールじゃ嫌だ

花陽<私は会いたくないなぁ

穂乃果<だったら電話でいいから。メールでしたくない

花陽<あのさぁ、分かんないかな?もう穂乃果ちゃんと別れたいんだよね

花陽<別れたいと思ってる人に会ったり電話したいと思う?

穂乃果<嫌だ...きっとただの倦怠期だから...

花陽<もう私は穂乃果ちゃんの気持ちに答えられないから

穂乃果<お願いだから待ってよ...倦怠期かもしれないじゃん...

花陽<あーもういい加減にしてよ

花陽<分かった。じゃあ1回だけ直接話そ

花陽<明日穂乃果ちゃんの家に行くから

穂乃果<ありがとう!

花陽<はいはい。じゃあね

穂乃果<私諦めないよ!

花陽<わかったわかった。じゃあね

422 : 以下、名... - 2017/03/06 21:11:48.53 ivj0azBD0 309/349

穂乃果「明日がきっと最後のチャンス...どうにかして待ってもらわないと...」

穂乃果「もう...どうしてこんなことになっちゃったのぉ...?海未ちゃんのことちょっと言っただけなのに...」

穂乃果「みんな...私より海未ちゃんのことが好きだったのかな...」

穂乃果「私は最初からリーダーとして望まれてなかったのかな...」

穂乃果「うぅ...みんなに嫌われたくない...」グスグス

穂乃果「誰か助けて...!」



星空家


「あははっ!やっとかよちんも目が覚めたにゃ!」

「全部穂乃果ちゃんが悪いんだよ!凛の気持ちを弄んで、あげくかよちんにまで手を出した!」

「凛の居場所を奪ったのも、海未ちゃんに悲しい思いさせたのも全部穂乃果ちゃん!」

「凛以上に苦しめばいいんだ!凛に酷いことした罰だよ!」

「あははっ!あはははははは!!」

423 : 以下、名... - 2017/03/06 21:13:02.50 ivj0azBD0 310/349



絢瀬家


絵里「穂乃果...最低よ...!」

「花陽ちゃんは恋人やったから言いやすかったんやろうけど、花陽ちゃん友達思いやもんなぁ」

にこ「当然の報いでしょ。大体、今まで好き放題やって凛を追い詰めて...μ'sをこんなふうにしたのも穂乃果のせいよ」

絵里「穂乃果はリーダーの割に海未や私に頼ってばっかり...やっぱり恋愛が絡むとダメね」

「えー?でもうちは絵里ちのこと大好きやで?」

絵里「はぁ...今はそういうこと言ってるんじゃないの...」

「でもな、穂乃果ちゃんの気持ちもわかるで。凛ちゃんと付き合い始めてうちらとも遊ぶ時間が増えて、わかりやすいくらい生き生きしとったけんね」

にこ「ふんっ結局穂乃果は自分の欲しいものを手に入れようとしただけじゃない。自分勝手よ!」

絵里「どうせもう会うことないわ」

にこ「あー清々するわ!」


プルルル プルルル

絵里「あ、ごめんなさい。ちょっと電話...」

424 : 以下、名... - 2017/03/06 21:13:28.62 ivj0azBD0 311/349

西木野家


「真姫ちゃんの家にお泊まりなんて久しぶりにゃ~」

真姫「あんまりダラダラしないでよねー」

真姫「それにしても、これで本当にμ'sはおしまいね」

「仕方ないよ!だって全部穂乃果ちゃんのせいだもん!」

真姫「あなた...みんなの信用が戻ってから元気になったわね」

「凛はいつも元気だよ!大体凛があぁなっちゃったのも穂乃果ちゃんのせいなんだよ?」

真姫「そうね。ま、自業自得よね」

「凛は馬鹿だったなぁ。穂乃果ちゃんなんか好きになるなんてさ。一生の不覚にゃ!」

真姫「凛ったら本当に調子いいんだから...」

「もうかよちんも別れたいって言ってたしね」クスクス

「あーもう凛はスッキリにゃー!」

真姫「ふふっ...」


プルルル プルルル

真姫「あら、電話だわ...」

429 : 以下、名... - 2017/03/08 23:45:02.99 VNuSaQua0 312/349

高坂家


穂乃果「どうしよう...どうしよう...」ブツブツ

穂乃果母「穂乃果ーちょっと話したいことがあるんだけど」

穂乃果「え...?なに?」

穂乃果母「あなたたちの活動ももう終わったでしょ。だから親同士で話したんだけど送別会みたいなのしない?」

穂乃果「...どういうこと?」

穂乃果母「だから、まぁ言っちゃうとご飯会みたいなのしない?」

穂乃果「え!?」


穂乃果(今私はみんなに嫌われてるから...ご飯会なんて...)


穂乃果母「もう日取りも場所も決めてるの。西木野さんの家でしてもいいって許可を貰ったわ」

穂乃果「そ、そんな...!」

430 : 以下、名... - 2017/03/08 23:45:59.09 VNuSaQua0 313/349

穂乃果母「なによ?嫌なの?」

穂乃果「そ、そういうわけじゃないけど...」

穂乃果母「もうみんなにも連絡しておいたから。明後日、西木野さんの家に行くわよ」

穂乃果「え...でも...!」

穂乃果母「あ、私達は隣の部屋で食べたり飲んだりしてるから、子供達は子供達だけで楽しんでね」

雪穂「え、なになに?みんなでご飯食べるのー?私も行きたーい!」

穂乃果母「来てもいいけど、雪穂はお母さんと一緒よ?」

雪穂「えぇ、なんでー?」

穂乃果母「そりゃあ、みんな思い思いの気持ちがあるでしょうから邪魔しちゃダメでしょ?」

穂乃果「大丈夫だよ!みんなで食べた方が美味しいよ!」

雪穂「うーん...そうだね。お母さんの言う通りかも」

431 : 以下、名... - 2017/03/08 23:46:32.25 VNuSaQua0 314/349

穂乃果「雪穂...」

雪穂「お姉ちゃんはお姉ちゃん達で楽しんでね!」


穂乃果(そんな...)


雪穂「じゃあ、私はもう寝るね!おやすみなさーい」タタタッ

穂乃果「わ、私も寝るね...おやすみ、お母さん」タタタッ

穂乃果母「おやすみなさい」


穂乃果(どうしようどうしよう...!みんなと一緒なんて...気まず過ぎるよ!)

穂乃果(大体なんでみんな行くことになってるの?私のこと嫌いならこんか誘い断ってよ...)

穂乃果(もう私に味方なんていないのに...1人でご飯食べるなんてキツすぎるよ...)

432 : 以下、名... - 2017/03/08 23:47:15.68 VNuSaQua0 315/349

ピロンッ

穂乃果「ひっ...!」

穂乃果「だ、だれ...」チラッ


ことり<穂乃果ちゃん


穂乃果「こ、ことりちゃん...!...ことりちゃんも私のこと嫌いになったのかな...」


ことり<送別会の話し、聞いたよ

ことり<穂乃果ちゃんももちろん来るよね?

穂乃果<うん...行くけど...

ことり<大丈夫だよ。今穂乃果ちゃんがどんな状況に置かれてるのか知ってる

ことり<ちゃんと送別会の時は傍にいるよ

穂乃果<え?

ことり<一人ぼっちじゃ嫌だよね...

穂乃果<もしかして、ことりちゃんは私のこと嫌ってないの...?

ことり<うん。穂乃果ちゃんはずっと私の親友だよ

穂乃果<ことりちゃん...

433 : 以下、名... - 2017/03/08 23:48:15.43 VNuSaQua0 316/349

穂乃果<でもことりちゃんも私といると嫌われちゃうかもしれないよ?

ことり<大丈夫。そんなの気にしないし、みんなそんな悪い子じゃないよ

穂乃果<そうだね…

ことり<じゃあ、また送別会の時にね

穂乃果<うん。またね


穂乃果(ことりちゃんは私のこと嫌ってなかった...)

穂乃果(嬉しい...嬉しいけど...私がみんなに嫌われている事実は変わらないし、むしろことりちゃんを巻き込んでしまうかもしれない...)

穂乃果(ううん...今までだって何度もことりちゃんを巻き込んできた...)

穂乃果(......つまり、巻き込んだ原因は...)

穂乃果(......)

434 : 以下、名... - 2017/03/08 23:48:52.18 VNuSaQua0 317/349

翌日


穂乃果(...起きなきゃ...)

穂乃果(今日は花陽ちゃんが来るから...)

穂乃果(来るから...)

穂乃果(...もう何も考えたくない...)


...


穂乃果母「穂乃果ー花陽ちゃんよー」

花陽「お邪魔します」

穂乃果母「ゆっくりしていってね」ニコッ

穂乃果「部屋、行こう」

435 : 以下、名... - 2017/03/08 23:50:17.53 VNuSaQua0 318/349


...


花陽「で、どうするかなんだけど」

穂乃果「別れたくない」

花陽「そう言われてもさ...私はもう好きじゃないし」

穂乃果「お願いだからあと少し待ってよ...」

花陽「あと少し待ってどうなるの?何か変わるの?」

穂乃果「私頑張るから...!花陽ちゃんの望むように変るから...!」

花陽「でも私はもう穂乃果ちゃんの気持ちには答えられるとは思えないんだよね」

花陽「変わるとかそういう問題じゃないっていうか...」

穂乃果「で、でももしかしたら倦怠期かもしれないし...!」

花陽「...もういい加減にしようよ」

穂乃果「えっ...」

花陽「そうやって倦怠期とか...もう認めようよ。私は穂乃果ちゃんのこと好きじゃない。諦めて」

穂乃果「でも...で、でも私...」ポロポロ

439 : 以下、名... - 2017/03/09 09:18:17.19 lsobDpTT0 319/349

花陽「はぁ...泣かないでよ...」

穂乃果「な、泣いてな...い...」グスッ

花陽「もう別れよう」

穂乃果「嫌だ...よ...私...花陽ちゃんのことが好きだもん...!」

花陽「...」

穂乃果「諦めるとか...そういうことじゃないんだもん!好きなの!好きなの...!」

花陽「...ごめん」

穂乃果「お願い...嫌だよ...嫌だ...」

花陽「今までありがとう。さようなら」

穂乃果「待って...!待ってよ花陽ちゃん...!」

花陽「ごめんね...」

穂乃果「行かないでぇ!」

437 : 以下、名... - 2017/03/08 23:54:02.59 VNuSaQua0 320/349


...


穂乃果(花陽ちゃん...花陽ちゃん...花陽ちゃん...花陽ちゃん...花陽ちゃん...花陽ちゃん...)

穂乃果(もう誰もいない。私には誰もいない)

穂乃果(私は誰かと付き合ってないと価値がなかったんだ)

穂乃果(そうだよね。元々私が凛ちゃんと花陽ちゃんと付き合い始めてからみんなと仲良くなったんだもん)

穂乃果(この結果は当たり前だよ。分かってたよ。自業自得なんだよ)

穂乃果(誰とも付き合ってない私に...価値なんてない)

穂乃果(私...本当にみんなのことが好きだった...これ以上ないくらいに...)

穂乃果(そんなみんなに嫌われたら、私これからどうやって生きていけばいい...?)

穂乃果(...もう...疲れちゃった...)

穂乃果(明後日は送別会...みんなと会う...)

穂乃果(これが最後...これで最後...)

穂乃果(私が...やるべきことは...謝ること...)

穂乃果(みんなに...謝らなきゃ...)

444 : 以下、名... - 2017/03/10 23:31:35.40 U17/QGWO0 321/349

翌日

送別会当日


真姫母「いらっしゃ~い」

穂乃果「こ、こんにちは...」

穂乃果母「今日はよろしくお願いしますぅ~」

亜里沙「雪穂!」

雪穂「あ!亜里沙もう来てたんだ!」

亜里沙「うん!もうみんな揃ってるよ!」


穂乃果(みんな...居るんだ...)

穂乃果(大丈夫...大丈夫だよ。だってこれが最後だもん)

穂乃果(覚悟...決めてきたもん)


ガラッ


ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「ことりちゃん。もう来てたんだね」ニコッ

ことり「うん!穂乃果ちゃん隣おいで」

穂乃果「うん。ありがとう」

445 : 以下、名... - 2017/03/10 23:32:22.00 U17/QGWO0 322/349


絵里「...じゃあ、これで全員ね」

にこ「さ、乾杯でもしましょうか」

「最初の挨拶とかするのかにゃ?」

花陽「誰がするの?」

真姫「たまには海未がやってみたら?」クスクス

海未「わ、私ですか?いいですけど...」チラッ

穂乃果「...」

海未「コホンッ」

海未「えー本日は送別会ということで真姫の家にご招待頂きありがとうございます」

海未「振り返ればたった1年の間に、たくさんの出来事がありましたね。スクールアイドルとして活動していくのは、決して楽なものではありませんでした」

海未「曲を作り、歌詞を載せ、衣装を着て、ダンスをする。たったこれだけのことがとても難しかったです」

海未「私にとってはどれも初体験のことばかりで、前に前に進んでいく度に、良き仲間に出会え、ラブライブを優勝するまでに...」

446 : 以下、名... - 2017/03/10 23:33:02.52 U17/QGWO0 323/349


海未「誰かさんが熱で倒れたり、誰かさんが体力がなくてついていけなかったり、誰かさんのせいでメンバーが抜けてしまうこともありましたが」

にこ「フフッ」

「クスクス」

穂乃果「...」

海未「ここまでμ'sの一員として活動できて、本当に良かったです」

海未「それでは今後一層の3年生の活躍をお祈りして乾杯いたします」

海未「にこ、希、絵里。大変お世話になりました!乾杯!!」

全員「かんぱーい!」


...


真姫「ちょっと凛!それ私の」

「ん~もぐもぐ」モグモグ

「肉や肉や!焼肉や~!」

にこ「希うるさい!せっかくのお肉なんだもの!たらふく食べていくわよー!」

海未「こ、このお肉高いんじゃないですか...?」

真姫「まぁ、ちょっとはお金掛けたけど」

447 : 以下、名... - 2017/03/10 23:33:55.75 U17/QGWO0 324/349


絵里「ちょっとみんな、お肉だけじゃなくて野菜も食べなさいよ!」

花陽「はふはふっ。もぐもぐもぐもぐ。んぐんぐ。もぐもぐもぐもぐ」

絵里「は、花陽...野菜も...」

花陽「絵里ちゃん!絵里ちゃんはお肉と白米の最強の相性が分からないの!?お肉があれば米を食べる!常識ですよ!」

絵里「ハラショー...」

「うちも花陽ちゃんに負けへんでー!」モグモグ

「真姫ちゃん!ラーメンはないの?」

にこ「う、うぷ...詰め込みすぎた...」

真姫「シェフに頼めば作ってくれるわ。欲しいものがあればシェフに頼みなさい」

海未「シェフがたくさん...すごいですね」


ことり「穂乃果ちゃん、ほら食べないとなくなっちゃうよ?」

穂乃果「うん。ありがとう」ニコッ


ことり(穂乃果ちゃん...顔は笑ってるつもりなんだろうけど...心の内までは隠せてないよ...)

穂乃果(大丈夫。笑わなきゃ。大丈夫)

448 : 以下、名... - 2017/03/10 23:34:37.79 U17/QGWO0 325/349


「ねぇねぇ、明日もこのまま遊びに行こうよ!」

花陽「いいね!みんなで行くの?」

「うーんと...穂乃果ちゃんはお店の手伝いがあるから無理なんじゃないかにゃ~?」クスクス

にこ「そうね~。お店の手伝いはちゃんとしないとダメよね~じゃあ、8人で行きますかー」クスクス

ことり「ちょ、ちょっと「ことりちゃん」

穂乃果「私は構わないよ」

ことり「でも...」

穂乃果「みんなの言う通り、私お店の手伝いあるから行けないや。楽しんできてね」ニコッ

「うん!」

絵里「穂乃果の分も楽しんでくるわ」

真姫「ちょっと、お肉追加したから要らないお皿片付けてよ」

「はいはい~」モグパクモグパク

海未「ふふっみんな仲良しですね」

449 : 以下、名... - 2017/03/10 23:35:15.36 U17/QGWO0 326/349


...


花陽「ふぅ...お腹いっぱいです」

真姫「あれだけの量よく食べたわね...」

「ね、ねぇ...お母さん達が...」

絵里「あら、お酒に酔って寝ちゃってるわね」

真姫「いいわ。このまま泊めちゃいましょう」

「え?じゃあ、うちらもこのまま泊まるの?」

真姫「構わないわよ」

「やったー!お泊まりにゃー!」

海未「お母様...お酒弱いのに...」

ことり「お母さ~ん...酒瓶持ったまま寝ないでよぉ...」

真姫「ちょっと、この方達を寝室まで運んでくれる?」

使用人「かしこまりました」

「凛はまだ眠くないなぁ...なんか遊びたいにゃ!」

絵里「私も凛に賛成よ!」

「絵里ちは暗くなるのが怖いだけやんなぁ」

海未「お可愛いこと...」クスッ

穂乃果「...」スタスタ

ことり「あっ...」

450 : 以下、名... - 2017/03/10 23:36:35.79 U17/QGWO0 327/349

廊下


ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「...ん?」

ことり「どこに行くの?」

穂乃果「ちょっとお散歩。暑くなっちゃった」

ことり「あ、じゃあことりも行く」

穂乃果「ごめんね、ちょっと1人になりたいんだ」

ことり「え、えっと...じゃあちゃんと携帯持ってって!夜は危ないから!」

ことり「えっとえっと、はい!穂乃果ちゃんのけいた「ことりちゃん」

穂乃果「これ、みんなに渡して」グイッ

ことり「えっ...?」ギュッ

穂乃果「じゃあね」タタタッ

バタンッ

451 : 以下、名... - 2017/03/10 23:37:01.90 U17/QGWO0 328/349


ことり「行っちゃった...」

ことり「あ、携帯渡してなかった...」

ことり「これなんだろう...手紙?」

ことり「みんなー」タタタッ


リビング


ことり「これ、穂乃果ちゃんから...」

にこ「なに?手紙?」

「今更...」

「とりあえず読んでみよか」ピリピリ

花陽「...」

455 : 以下、名... - 2017/03/12 22:04:24.37 qU16MDQB0 329/349


...


ことり「はぁはぁっ...!」タタタッ

ことり「ほのかちゃ...!穂乃果ちゃん!」タタタッ

ことり「穂乃果ちゃんどこ...!?どこにいるの!?」

ことり「穂乃果ちゃん!穂乃果ちゃん!!」


数分前

西木野家


「えっと...」ピリピリ

456 : 以下、名... - 2017/03/12 22:04:53.92 qU16MDQB0 330/349


μ'sのみんなへ

今更手紙を書いてごめんなさい。
どうしても伝えたいことがあって書きました。

私はみんなのことが好きでした。いつも仲が良くて、楽しそうで。そんなみんなが羨ましかったです。私はなんとなく、その輪の中に入れてないような気がしていて...

そんなとき、凛ちゃんと付き合って、私が望んでいたみんなと仲良くなるということが叶って、私はつい、私利私欲の道に走ってしまいました。
結果、凛ちゃんと花陽ちゃんの仲を悪くさせて、みんなに迷惑をかけました。

私がμ'sのメンバーの中に望まれていないのは、なんとなく気づいていました。
むしろ、嫌われていたんじゃないかなと思います。自業自得だって分かっています。

みんなと過ごした日々は忘れられません。
カラオケに行ったこと、アニメイトに行ったこと、公園で遊んだこと...本当に楽しくて、自分には勿体ない日々だと思っていました。

しかし、そんな贅沢な毎日が当たり前になって、みんなを大切にすることができていませんでした。本当にごめんなさい。

私はみんなのことが大好きです。信じてくれなんて言いません。知っておいてください。

みんなのことが大好きだから、私はずっとみんなとの思い出の場所に居ます。

楽しい日々をありがとう。
みんなのことずっと大好きだよ。

穂乃果

457 : 以下、名... - 2017/03/12 22:05:44.31 qU16MDQB0 331/349


絵里「穂乃果...」

真姫「穂乃果...こんなのこと考えてたのね...」

にこ「そんな...私達...ずっと最低なことをしてたのね...」

「でも、ずっと思い出の場所に居ますってどういうこと?」

「思い出の場所って言ったっていっぱいあるし...」

花陽「...」

ことり「穂乃果ちゃん...一体どこに...」ツルッ


ガシャン!


ことり「あ!穂乃果ちゃんの携帯落としちゃった...!」

絵里「大丈夫?画面割れてない?」

ことり「大丈夫だけど...電源入れちゃ...え?なにこれ?」

458 : 以下、名... - 2017/03/12 22:06:33.54 qU16MDQB0 332/349


海未「どうしたのですか?」ノゾキコミ

海未「これは...日記?」

ことり「そんな...穂乃果ちゃん...!穂乃果ちゃん!」ダッ!

「あ!ことりちゃんどこ行くんや!」

真姫「ちょっと!夜は危ないわ!」

海未「一体何が書かれて...」

459 : 以下、名... - 2017/03/12 22:07:05.47 qU16MDQB0 333/349


みんなと遊んだり、歌ったり練習したり。
どれも私の特別な日々。
どれも私の大切な仲間。

私の居場所。それがμ's

大切な仲間を傷つけた。だから嫌われた。
当然なのは分かってる。
でも、こんなの耐えられない。

ごめんね。ごめんね。
私が弱いの分かってる。
でも、こんなの無理だよ。耐えきれないよ。

花陽ちゃんに頼ることもできない

私頑張ったでしょ?ちゃんと笑ってたでしょ?
みんなが私抜きで遊んでても文句言わなかったでしょ?

頑張ったから、もういいよね
私、ちょっと疲れちゃった...

これからずっと思い出と一緒にいるの
ずっと、みんなとの思い出の場所に...

お父さん、お母さん、雪穂
今までありがとう
最低なことをする私を許してください

みんなのこと大好きだよ

460 : 以下、名... - 2017/03/12 22:07:33.87 qU16MDQB0 334/349


花陽「こ、これって...!」

真姫「じ、じさ、自殺するつもりなの...!?」

絵里「穂乃果!穂乃果ぁ!」ダッ!

にこ「みんなで手分けして探すのよ!思い出の場所!行ったことある場所に!」

「うん!」タタタッ

花陽「わ、私のせいだ...!私の、せい...うっうぅ...」グスン

海未「泣いてる場合じゃないです!花陽!自分のせいだと思うのなら探しなさい!行きますよ!」

花陽「う、うん...!」タタタッ

461 : 以下、名... - 2017/03/12 22:08:58.15 qU16MDQB0 335/349


...


穂乃果「だからしゅーんとーしーないでー」

穂乃果「ねーはーなし聞くよー」

穂乃果「友情ーノーチェンジ...」

穂乃果「だい...じょうぶ...だよ...」グスッ

穂乃果「よいしょっと」ガラララ

穂乃果「警備員さんとかいないかなぁ...」


...


ことり「思い出の場所...!思い出の場所!」ハァハァ

ことり「思い出の場所なら...部室?ううん。みんなと過ごした時間が一番長いのは...屋上!」

ことり「穂乃果ちゃん待って...!置いてかないで...!!」タタタッ

462 : 以下、名... - 2017/03/12 22:09:26.66 qU16MDQB0 336/349


...


穂乃果「部室...綺麗に物がなくなってるなぁ...にこちゃんが全部持って帰ったもんね」

穂乃果「...あの手紙読んだだけじゃ分かんないだろうな...ゆっくり行こ...」テクテク

穂乃果「この階段登るのも最後か...」


...


学校


ことり「正門が開いてる...!穂乃果ちゃん、やっぱり屋上に!」

ことり「あ!その前にみんなに連絡しなくちゃ!」


...


「分かった!すぐ行くね!」

絵里「みんな!屋上よ!急いで向かうわよ!」タタタッ

海未「穂乃果...!穂乃果...!」ハァハァ

「うぅ...穂乃果ちゃん...!穂乃果ちゃん!」

463 : 以下、名... - 2017/03/12 22:10:07.54 qU16MDQB0 337/349


...


屋上


穂乃果「わぁ...こうやって見るとやっぱり高いなぁ...」

穂乃果「でも、ちゃんと覚悟決めてきたからね」

穂乃果「...だってー可能性ー感じたんだ」

穂乃果「そうだーススメー」

穂乃果「後悔したくない目の前にー僕らのー道があるー...」

穂乃果「...やり遂げたよ...最後まで...」

穂乃果「頑張ったら...疲れちゃったよ...」

穂乃果「花陽ちゃん...ずっと大好きだよ。みんなのことずっとずっと大好き」

穂乃果「あぁ...私は幸せ者だ...」

穂乃果「こんな星空の中...逝けるんだから...」

穂乃果「あはは...」

穂乃果「あはは...!あはははは...!!」ポロポロ

464 : 以下、名... - 2017/03/12 22:10:48.87 qU16MDQB0 338/349


バタン!


穂乃果「!?」

ことり「穂乃果ちゃん!!」ゼェゼェ

穂乃果「こ、ことりちゃん...なんでここが...」

ことり「ごめん...ね...」ハァハァ

ことり「携帯...落とした拍子に中身見ちゃって...」ハァハァ

穂乃果「あぁ、なるほどね...」

ことり「穂乃果ちゃんダメだよ!こんなのダメ!」

ことり「なんできついって言わないの!?辛いって言わないの!?私は穂乃果ちゃんの味方だよ!!」

穂乃果「前に...私が言ったよね?μ'sに誰かが入れば誰かが抜ける...」

穂乃果「凛ちゃんの次は私の番なの」

穂乃果「でもそれに、私は耐えられない。だから...逃げるの」

ことり「そんなのずるいよ!ずるい!お願い穂乃果ちゃん考え直して!」

465 : 以下、名... - 2017/03/12 22:11:51.80 qU16MDQB0 339/349


ことり「穂乃果ちゃんが死んじゃったら...悲しむ人がたくさんいるって分かってよぉ...!」ポロポロ

ことり「私の大切な親友が死んじゃったら...悲しいよ...!悲しいよぉ!」グスグス

穂乃果「じゃあ、ことりちゃんも一緒に死ぬ?」

ことり「えっ...」

穂乃果「無理でしょ...?」ニコッ

穂乃果「大丈夫。私はいつでもここにいるの!ここでずーーとみんなと一緒にいるの!」

穂乃果「みんな大好き!大好き!!大好き!!!」

穂乃果「ここに来ればいつでも私に会えるんだよ!みんなもそれを望んでるでしょ!?」

穂乃果「私なんかいなくなった方がいいんだって!みんなそう思ってたんでしょ!?」

ことり「穂乃果ちゃん...やめて...!」

穂乃果「裏切られたからってみんなのこと嫌いになれるわけがない!でも!耐えきれるわけもない!」

穂乃果「もういいの!もういいの!私は1人がお似合いなんだ!!」

466 : 以下、名... - 2017/03/12 22:12:26.60 qU16MDQB0 340/349


ことり「...っ!穂乃果ちゃん...」タタタッ

穂乃果「な、なに...」

ことり「穂乃果ちゃん...」ギュウウ

穂乃果「こ...とり...ちゃん...離してよ...こんな所にいたら危ないよ...?」

ことり「穂乃果ちゃんが考え直してくれるまでずっと抱きしめる!」ギュウウ

ことり「聞いて穂乃果ちゃん!あの手紙読んだ後、みんな反省してたよ!穂乃果ちゃんのことを嫌いだったわけじゃないんだよ!」

ことり「今ならまだやり直せるよ!私がずっとそばに居る!」

ことり「辛かったら話して!頼って!全部受け止めるから!穂乃果ちゃんの痛みも苦しみも、全部半分こするの!」

ことり「私は穂乃果ちゃんのこと...大好き!!!」

ことり「一番だよ!私の一番大切な人!ずっとずっと一緒だから!!だから!!」


ことり「生きることを!!諦めないで!!!!」


ことり「はぁ...はぁ...」

穂乃果「ことりちゃん...」ポロポロ

467 : 以下、名... - 2017/03/12 22:12:58.66 qU16MDQB0 341/349


穂乃果「ことりちゃん...」ポロポロ

穂乃果「ことりちゃん...!」ギュウウ

ことり「穂乃果ちゃん...!」

穂乃果「ごめんね...!私弱くて...!」

穂乃果「大切な人が、大切にしてくれる人がこんなにも近くにいたのに...!!」

ことり「ううん!私嬉しいよ...!穂乃果ちゃん...ずっと一緒だよ!」

穂乃果「うん!!ことりちゃん大好き!!」

ことり「私も!私も穂乃果ちゃん大好き!!」

穂乃果「ずっと一緒だよね!」

468 : 以下、名... - 2017/03/12 22:13:27.78 qU16MDQB0 342/349


ことり「うん!穂乃果ちゃんは大切な親友だよ!」

穂乃果「うん!もうずっっっっと」







グイッ






穂乃果「離れないから...ね?」ニコッ



ことり「え」



フワッ



穂乃果「ずっと...一緒...」

ことり「おち、ちゃ」

469 : 以下、名... - 2017/03/12 22:14:23.33 qU16MDQB0 343/349


...


絵里「はぁっはぁっ」タタタッ

「お願い...!間に合って!」

バタン!

「穂乃果ちゃん!」

花陽「穂乃果ちゃん!!」

真姫「穂乃果ァ!」

絵里「だ、ダメ、間に合わな...」

海未「い、嫌だ!嫌だぁぁぁ!!」

海未「ことりぃぃぃぃぃぃぃ!!!」

海未「穂乃果ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」




470 : 以下、名... - 2017/03/12 22:16:02.27 qU16MDQB0 344/349









穂乃果「ふふっ」ギュウウ

ことり「みん、な」

ことり「な、なんで 離し て」

ことり「ほの か ちゃ ん 」



グチャッ



海未「あ、ああ、あ あ あぁ ぅぁあ 」

海未「あぁ!あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」






471 : 以下、名... - 2017/03/12 22:17:26.30 qU16MDQB0 345/349


数日後

墓地


絵里「...ことり」

「ことりちゃん...元気...?」

にこ「ことり...!ことりぃ...!」ポロポロ

絵里「ごめん...!ごめんなさい!ごめんなさい!」

「絵里ち!」

絵里「ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!!」

「絵里ち!もう帰るよ!」

絵里「あの時...!助けてあげられなくて...!ごめんなさいっ...!!」ポロポロ

にこ「うっ...うぅ...うぁぁぁん!」グスグス

「...ことりちゃん...」ポロポロ

472 : 以下、名... - 2017/03/12 22:17:53.64 qU16MDQB0 346/349


...


「穂乃果ちゃん...久しぶりだね...」

真姫「地面の下は...寒いでしょう...?」

「かよちんは...もうふさぎこんで出てこれないみたいで...」

「海未ちゃんは...きっともう...」

真姫「うぅ...うぅぅぅ...」グスグス

真姫「なんで...こうなったのよぉ...!!」


...


花陽「だってー可能性ー感じたんだ」

花陽「そうだーススメー」

花陽「ふふっ穂乃果ちゃん。大好きだよ」

花陽「うふふっふふっあはははははは」

看護師「は、花陽ちゃん...?何か面白いことあった...?」

花陽「ううん!穂乃果ちゃんが大好きだって思うと思わず笑っちゃうの!」

花陽「あはははははははははは!!!」

看護師「...花陽ちゃん...」

473 : 以下、名... - 2017/03/12 22:18:51.73 qU16MDQB0 347/349


...


海未「穂乃果もことりも死んでしまいました」

海未「当たり前です。あんな高さから落ちて、助かるわけがありません」

海未「私も、もうダメみたいです」

海未「私も、疲れてしまいました」

海未「μ'sのみんなはたくさん励ましてくれました。ずっと一緒だと言ってくれました」

海未「それでも私の心は穂乃果とことりと共にあるのです。私は穂乃果とことりのいない人生などいらないのです」

海未「あぁ...早く会いたい...」

海未「私はきっとおかしいのです」

海未「でも、仕方ないのです」

海未「全部全部、自業自得だから」

海未「穂乃果、ことり。私もすぐ、そっちへ行きますよ」ニコッ

海未「大好きです。穂乃果...ことり...」タタタッ

海未「あい して ま す」


グチャッ









474 : 以下、名... - 2017/03/12 22:21:29.94 qU16MDQB0 348/349


...



穂乃果「自業自得だとしてもみんなに裏切られるなんて思ってなかったよ」

穂乃果「私、みんなのこと信じてたのに」

穂乃果「でも、これで海未ちゃんもことりちゃんもずっと一緒だね」

穂乃果「早く、他のメンバーも来てくれないかなぁ」

穂乃果「...みんな私のこと裏切ったんだから、私が死んだ苦しみを一生背負って生きてもらってもいいけどね...」ニコッ

穂乃果「きっと私は...最初から壊れていたんだ」

穂乃果「凛ちゃんを利用したあの日から、ずっと罪を重ねてた。でももう終わったの」

穂乃果「ゆっくり...休むの...」

穂乃果「私ね、本当に本当にみんなのこと大好きだった」

穂乃果「みんなのこと信じてた」



穂乃果「友達だと...思ってた...」



終わり




475 : 以下、名... - 2017/03/12 22:23:50.18 qU16MDQB0 349/349

終わりです。
読んでくださった皆様ありがとうございました。

多少、不快感の多い物語になりました。オチが面白くないかもしれませんが、ご了承ください。

記事をツイートする 記事をはてブする